宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

天草ドライブ

釣りは休憩して自宅でまったり過ごそうと思っていた週末。
土曜日は前投稿の通りゴルフコンペがあって、なんと47名中の2位♪準優勝です!
真面目にゴルフに取り組んでいる方には申し訳ないなぁ。実際にはスコアは10数番目なんだけど、だいたいこの手のコンペは新ぺリアというルールに従ったハンディ戦で、私はハンディがいっぱいもらえた結果なんですが、このルールはまあ平等に誰でも優勝できるように決められているので、私のハンディが多いのは下手な証拠です。
ところで残念なのは、このコンペは優勝者でも最下位でも商品が平等で、くじの順番が2番目になるだけ。
最下位の人が宮崎牛貰えたのに私は1000円程度。3000円の会費だったので取り返せませんでした。悔し~。まあ名誉だけもらった(^_^;)
まあ1年以上のブランクで、さほど腕前は変わってなかったことにほっとしたけど、目的が他に2つありました。
1つは4月からほぼ毎日歩いている成果があるのかという確認。これは実感できました。18ホール回ってさほど足腰の疲労感を感じませんでした。
もう一つはゴルフで歩くというのはどれほどの距離なのかということきちんと知りたい!
ただ自ら携帯を持って歩くのは邪魔なのでカートが動いた距離ですが7.07Kmでした。実際はクラブを持ってうろちょろしたりグリーンで往復したりと、もう少し歩いていると思うのでだいたい8Km程度になると思います。普段約5Km歩くのでプラスα程度。
ただ衝撃的な話も聞きました。キャディーさんにいつも歩くから健康的なのでは?という質問をしたら、私達は歩き過ぎで体を壊す・・・そうです。なるほどね。歩き過ぎは駄目なのか。そりゃそうだよな。道具は使えば使うほど劣化するわけで、人も関節とか内臓機能についても使った分は劣化するかもな。鍛えすぎないというのも考慮しなきゃ。

そして昨日はタイトル通り「天草ドライブ」でした。
朝のうちは魚を求めてドライブするつもりだったけど、隔週で行く実家に、今回弟が急遽行けなくなったとの事でピンチヒッター。
実家では基本的にお袋さんが食事しているか薬を飲んでいるかチェックした後、養っている動物の世話。終わったら草払いなどして過ごすんだけど、昨日は昼飯ついでの長距離ドライブ。
お袋に「天草行こうか?」というと難色を示していたけれども、ちょっと強引に連れ出した。最近ちょっと何事にもやる気が失せているのを感じます。
えびのインターで高速に乗り、松橋で降りると初耳の歴史をお袋が語る。お袋のおかあさん、つまり私のばあちゃんは松橋生まれなんだそうで、海沿いだったそうだ。だけどお袋は一度もその実家に行ったことはなく、お袋のばあちゃんを見た事もないらしい。
昔の家族の有り様というのは複雑なことが多いみたいだが、とにかく私には熊本の血が入ってるんだなと思うと、急に松橋で見る方々が親戚のように思えてきた(^_^;)
宇城の道の駅で「メロン」「桑の実」を買い、その後は目的の上天草「サンパール」へ直行
ここで食事するのが目的で、お袋に「タイ茶漬け」を食べて欲しかったんだけど・・・品切れ

仕方なく
IMG_0807s.jpg
海鮮丼

マダイ刺中心の海鮮丼は歯応えがあり過ぎでお袋にはちょっと厳しかったようだけど、個人的には満足。
そして私の裏目的・・・鮮魚コーナー(^_^;)

目ぼしい魚がこれだけ
P5201474s_201805210654417d2.jpg

3匹入って300円
とりあえず手を出してみた。このブログでは「ウミタナゴ」を紹介しているけど、他にマタナゴとかアカタナゴ・アオタナゴなんていうのもいるし、調べたらウミタナゴ以外かも知れない・・・・

と思ったけど詳細な部位写真で確認してこれはウミタナゴと結論。残念。
紹介ブログの写真があまり良くないので、差し替えだけはしておこう。

他にアサリを買って帰りたかったけど売っておらず、帰りに「不知火」の道の駅で見つけて購入。
昼前に実家を出発し、夕方5時ぐらいには戻ってきました。

実はお袋は天草に行ったことがなく、躊躇していたのは相当遠いから辛いという気持ちからだったようだけど、今回行ってみて案外近い事を知り、楽しんでくれた・・・?ようです。

ゴルフ>釣り

週末に釣りに行くのが当たり前となっている私だけど、今週は気乗りしません。
毎日ウォッチしている天気予報では土日は元々雨だったけど曇りに変わり、最悪な状況からは脱出したものの風があります。
これまたどう変化するか微妙なところですが、恐らく土日ともに結構吹きます。
そうなったときの釣りのストレスは何度となく経験していて、正直面白いものではありません。
そこで・・・思い切って休憩しようかな?と。

自宅で絵を描くのも良し。魚屋巡りもいいのだが・・・・

元々嫌いではないゴルフ(練習は大っ嫌いだけど)

仕事関連のゴルフ大会があるんだけど、最近はほとんど参加することはなくお誘いも受けなくなったものの、時々はやってみたい欲が湧きます。過去には週1回年間50回を数えるほどに行っていた時期もあるので。

そんなわけで昨夕、ゴルフ大会に飛び入り参加できないか連絡してみました。
結果はOK!

というわけで今日はゴルフ行っちゃいます。
場所は「宮崎カントリー」

毎年女子トーナメントの「リコーカップ」が行われる場所で、私的には宮崎県で最もレベルの高いコースだと思ってます。
トリッキーではないが障害物が多くグリーン回りが難しいコースです。

予定では今年最初で最後(^_^;)

464.コガネマツカサ?

レア度★★★☆☆ トカラ列島(悪石島)で見た魚


イットウダイ科>アカマツカサ属>コガネマツカサ
Myripristis pralinia Cuvier, 1829
P5061420s.jpg
2018/5/6 トカラ列島(悪石島) 20Cm弱 釣り人IHさん


アカマツカサ属魚はまことに難しいようで、側線有孔鱗数とか鰓蓋膜の様子とか、とにかく区別しにくいようなので、写真の魚が「コガネマツカサ」なのか定かではありません。
だけど他に釣れたアカマツカサ属とは明らかに体表の色が白っぽくて、背筋の部分が赤く、特に眼の割合が大きくて特徴的で、そのような魚に該当するのがコガネです。
ちょっとお勉強のつもりで調べてみます。

消去法でいくと
・鰭が黄色くないので「キビレマツカサ」ではない
・胸鰭基部上方は黒い(よう)なので「ベニマツカサ」以外
・背中の鱗後部が黒くないので「セグロマツカサ」ではない
・極端に下顎が突出していないので「アカマツカサ」ではない
・背鰭・臀鰭および尾鰭の先端が黒くないので「ナミマツカサ」ではない
・鰓蓋膜と胸鰭腋部の黒色域が連続しておらず、帯状にも見えないので「クロオビマツカサ」ではない

まあ他にも「ウロコマツカサ」「ヨゴレマツカサ」「マルマツカサ」とか・・・
うむやはり難しいぞ。

同じく釣れたアカマツカサ属は
P5061428s.jpg
えっと「ヨゴレマツカサ」?違うか・・・わからん

過去に投稿しているアカマツカサ属を並べてみると
P7081033s.jpg
P7091055s.jpg
027329.jpg
P5130442s.jpg
namimatukasa.jpg

いやいやなんとも・・・

今後夜釣りの機会が増えれば、これはどんどんサンプルが増えていくでしょう。

463.ヘリゴイシウツボ

レア度★★★★☆ トカラ列島(悪石島)で見た魚


ウツボ科>ウツボ属>ヘリゴイシウツボ
Gymnothorax fimbriatus (Bennett, 1832)
P5061416s.jpg
2018/5/6 トカラ列島(悪石島)


夜中に近くで釣っていた孤高の釣り人さん※福井県から単独で大物を狙って来られた若者、が上げた珍しいウツボです。
トカラ列島でキビナゴを使った夜釣りをすれば、ウツボの仲間が何匹か釣れるのではないかと期待していたものの、5月連休の悪石島で見たウツボ属はこれ一種でした。案外と隠れ家が少ないのか、投げ釣りでも根が少なそうで引っ掛からなかったようです。
WEB魚図鑑でも該当するウツボを探すのが難しかったものの「生時には黄色い粘液を頭部に被っていることが特徴」という表記を見つけて写真を確認すると、写真の魚は微妙に頭部が黄色い。
大物仕掛に食らいついてきたので頭部は糸と絡まってぐちゃぐちゃ状態。

〇瀬渡し磯フカセ(延岡市・北浦)2018/5/13

YAIBA宮崎の月例会がある予定だった13日だけど、前日悪天のため延期という連絡が入った。
先週はトカラ列島だったので大人しくしておこうと思ったけど暇だしなぁ。
悪天とは言えどGPV天気予報を見ると県北は微妙に雨は降らない感じで風もなく、波が微妙かな?って感じ。
そこで月例会にも参加予定だった釣友KAさんに連絡して、急遽北浦の予約。あゆ丸です。

AM5時半出発し沖に出てみると・・・
P5131443S.jpg
名磯「沖の二つ」は波被ってるなぁ・・・

客は我々の他に3名で、皆敬遠している中KAさんの「行きますか!」という言葉に背中を押され乗る事に(゚д゚;)
まあ今から下がるし船長も余裕の表情だし・・・大丈夫かな?

P5131451s.jpg
早々に準備を終えて開始したKAさんに・・・(゚д゚;)

やられた~
ちなみに2人で釣りの際はジャンケンして場所を決め、3ラウンド制で競技訓練って感じで行うのですが、まあ公平に釣るためです(^^)
先に竿を出したKAさんが、アジ子がいるというので対策用に持ってきたボイル餌中心で開始。
ちなみにこの場所に以前乗ったときは足元にデカ尾長の姿が見えていたのでハリスは2号を使用(大物対策)

P5131452s.jpg
写真で判りずらいけど、私の目の前のサラシから筋が出ていて、その先にシモリがあり撒餌を打つとその辺で魚が湧いているのが判るので、ガン玉無しで漂うようなイメージで仕掛を送っていくと、竿先がビビビと反応して

P5131457s.jpg
写真はイメージです(^^)
私もこんな感じで釣れているわけですが(^^)

P5131453s.jpg
KAさんは大物と格闘・・・・残念ながらこれは拾えませんでした・・・

201805013.jpg
※あゆ丸のWEBサイトより借用
10時見回りの様子ですが、大丈夫か?と言われて「ダメです」と返事。

潮は引いていって危険というほどではないけど、うねりが大きくなって私はバケツの水を浴びせられたように波を被ったのが2回。
KAさんもバケツどころかタライの水を浴びせられたように被って心が萎えてました。

他の瀬も皆挫けたようで全員回収

島野浦の内向きに3名は乗せられたけど、我々はもう終了。
撒餌が波のせいでベチャベチャだし、雨も降りそうだったので。

そしてやめていいかな?という最大の理由が
P5131460s.jpg
適度に釣れていたから。
サイズは28Cm~35Cmが・・・7匹だったはずだが・・・あれ8匹
KAさんが追加してくれたんだな。

いつもの2人釣り対決は私が7匹でKAさん3匹で私勝利!だったけど、実はKAさんが40Cmを超す大物を仕留められており3匹の中身が濃いという感じ。どうも負けた感がある(^_^;)

10時過ぎに港に戻り、PM1時前には自宅にて片づけ&魚の下ごしらえ。これは楽だ。