FC2ブログ

宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

近場の大物

私が船の免許を取得し、釣りにのめり込んだきっかけの一因に、近所のKさんの存在があります。
船の免許はかなり強引に取得を促されました。Kさんがいなければ間違いなく持ってません。
今ではそんなキッカケを頂いてとても感謝しています。
Kさん自体も船を持っていて、何度も釣行に誘って頂いて面白い釣りもした時期があったのですが、最近疎遠でした。

仕事関連でまた何度かお会いする中で、写真をデータ提供頂きましたのでご紹介します。

2007年5月13日
20070513s.jpg

2008年2月9日
200829s.jpg

クエっ!

う~ん。釣りの醍醐味ってこれだよな(^^)
釣れた時に交わした会話を思い出すと、場所は宮崎市の沖で割と近場で、サビキで釣ったサバを半分に刻んで集魚して、餌も生きたサバを一匹掛けだったようですが、何より見せてもらったタックルが凄かったです。自分ではとても買えない価格だったような。

サイズだけだとオオニベなどもこのぐらいにはなるけど、恐らくクエの馬力は雲泥の差でしょう。
想像では岩場のガマになっているような場所に住みついていると思うので、喰ってきたらとにかく潜られないよう、浮かすまでは糸を出せないだろうと思います。つまりはまさに力と力の勝負の釣り・・・なんじゃないかな?

519.ホソトビウオ?

レア度★☆☆☆☆ 大分で買った魚


トビウオ科>ハマトビウオ属>ホソトビウオ
Cypselurus hiraii Abe, 1953
P6220358s.jpg
P6220360s.jpg
2019/6/23 佐伯・海の市場 26Cm


新しい魚との出会いを求めて行った佐伯の「海の市場」にて購入した魚は、とてもポピュラーなこれです。

トビウオは誰もが知っており利用している重要な水産資源だけれども、この魚を正確に同定するのは中々難しい。写真だけで判断するのはかなり難易度が高い。ついては写真の同定についても自信はない。決定的なこれぞという根拠があれば教えて欲しいところだ。

トビウオも日本に生息しているものは15種ほどいるようだが、一般的に獲れるのはハマトビウオ、ホソトビウオ、ツクシトビウオ、トビウオ(ホントビウオ)が主なようで、初夏の今の時期に鮮魚店で最も見かける魚だ。どの種であっても流通している名は「トビウオ」なので、まさかトビウオに種類があるなんて魚に興味を持ちだした初期(20年ほど前)は思ってもいなかった。

宮崎の販売店で見かけるトビウオはかなり大型で、だいたい40Cmを超すものが多く、他所では25~35Cmほどのものをよく見かけるので、宮崎のトビウオは成長がいいんだなというぐらいの意識だったけど、この大型のトビウオは「ハマトビウオ」ということを知ってから、かなり鮮魚店でも意識するようになったけれども、その姿を見ただけでは区別がつかない。
今回も2匹入ったパックを購入したが、自宅に持ち帰って胸鰭を広げて2種類混ざっていたことに驚いた。
P6220353s.jpg

最初に鰭に斑点がある個体を広げて「しまった。失敗」だと思った。これはアヤトビウオで、すでに購入歴がある。
そしてもう一匹を広げて安堵した。これこれ、欲しかったのはこの魚。

P6220362s.jpg

トビウオは胸鰭を広げて種類を見分ける事ができる。まずは斑点が無いことでアヤトビウオは除外となるが、
不分枝(軟条が途中で分岐していない)が先頭から数えて何本あるかで絞られる。3本が不分枝であれば標準和名「トビウオ」なのだが、2本だと「ツクシトビウオ」か「ホソトビウオ」か。
写真の魚は、写真で判りにくいと思うけど2本が不分枝で、トビウオは除外。
ホソトビウオは胸鰭の先端が背鰭基底後端に達しないそうで、ツクシトビウオだと胸鰭が長く、その先端が臀鰭後端を越える。また、腹鰭も長く、その先端が臀鰭基部を越える・・・などのことから
個人的な見立てではホソトビウオ?

手持ちの写真で他のトビウオの仲間と比較してみると

ホソトビウオ?
P6220358s.jpg

アヤトビウオ
P8120224s.jpg

ハマトビウオ
04022203.jpg

もっと見る目を鍛えなきゃなぁ・・・・他の種を購入できないかも。

暇な土日

P6230369s.jpg

今朝は初めて油津の朝市に行ってみました。月一回第四週日曜日
何となく残念。もっとポテンシャルがある地域なんだと思うけど。
日南市の若き市長は様々な企画で目立つけど、こういう足元のイベントをもっと充実させるべきだと思うけどなぁ。

7月末まで喪に服すつもりで釣りには行かない。自宅の義父のスペースの整理をしようと思ったけど、四十九日が終わるまでは家内は何も触れるなという雰囲気を醸し出しているので、暇な土日になりました。佐伯まで魚を求めて行き、南下しながら鮮魚店巡りをしたけど新しい魚と出会ったのは1種のみ。自宅にじっとしていたくもなくて絵描きも気分ではない。釣りに行かないと時間を持て余すんだな。寂しい私(^^

縞のあるスズメダイ3種

img20190525_12012376ss.jpg

最近描いたこの絵紹介してませんでした。
描いたといってももうひと月ぐらい前かな?

絵にすれば全く模様雰囲気の違うこの魚達が、なぜか全部オヤビッチャに見えてしまう怪

ほんとなら金曜日の朝は、翌日の釣行に備えてソワソワなんだけど、今はそんな気分ではありません。一応四十九日が終わるまで、大人しくしようと思ってます。

葬儀の挨拶

釣りブログですが・・・
もう少し感傷に浸らせてください

義父の葬儀では家内が喪主で、私が変わりに親族代表の挨拶を致しました。以下のような内容で締めくくりました。



遺族、親族を代表しまして、喪主に変わり一言ご挨拶を申し上げます。
私は喪主・・・の夫、・・・・・・と申します。
本日はご多忙な中、故人 ・・・・・・のためにご会葬くださいまして誠にありがとうございます。
生前は皆さまには格別なご厚情を賜りまして、誠にありがとうございました。

父は今週月曜日、不慮の交通事故により命を落とす事となりました。
朝食を終えて、日課の運動を行うべく自転車で運動公園に行く途中のことでございます。
最初、警察からの連絡ではまだ意識もあるということで、私共も重症だという認識もないまま県病院に向かいましたが、対応頂いた先生の初見では、肺が破れており呼吸が漏れているという説明と、少し脳に出血があるので、それらの処置に時間が掛かりますとのことでした。
それから2時間ほどでしょうか。再度説明しますとの案内があり、MRIの画像を見ながら脳内の出血が急激に増えて、わずかな間に脳が圧迫されているとのことで、その状態からの回復は厳しいことを告げられました。その日のうちに息を引き取る可能性もあるとのことで、その時点で覚悟したのですが、気丈にも木曜日まで長らえました。息を引き取ったのは木曜日の正午直前でございます。
残念なことは、その間に意識が戻る事はなく、同居している私共も朝の挨拶が最後となりました。

本日、このような形でお別れすることは、私共に限らず、本人も、もちろん皆さま方も思いがけない事と察し致します。たいへん残念でなりません。
昨今の新聞やテレビでの交通事故による悲惨な報道では、常日頃から悲しい気持ちにさせられますが、こうやって当事者になるとなおさら辛さが身に沁みます。被害者、加害者のお互いが不幸になります。
ぜひとも皆さまも運転の際は安全を心がけられて、巻き込まれないようにご注意ください。

楚辞(そじ)で意を尽くせませんが、あらためまして、本日はご列席頂き誠にありがとうございます。
葬儀もお蔭様でとどこおりなくおこわなせていただくことができました。厚くお礼申し上げます。これをもちましてお礼の言葉とさせていただきます。
皆様、本日は本当にありがとうございました。



何度か練習したんですが、その際も涙が込み上げてきて、きっと本番でも泣くかな?と思ってましたけど、案の定泣きました。

64651698_2332058700208499_2.jpg

約8年前に建てた半2世帯の住居ですが、アルツハイマーの義母の対応のために頼まれて始めた同居で、トイレは1階に2ヶ所。
要望で1ヶ所は写真のような小便器付でしたが便利がよくて自慢の設備です。義父との共有スペース。
義母も昨年亡くなり、娘も一人は嫁ぎ、もう一人も彼氏と同棲を始めたばかり。

昨日家内からこのトイレはアンタ専用よ、と言われ、ぐっと親爺がいない生活が現実となる事を実感しました。
8年前は娘2人も一緒で6人家族だったのに、あっという間に家内と2人。大きな家を持て余す事になりそうです。