FC2ブログ

宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

オハグロベラ雄雌の絵

img20190321_12205972ss.jpg

並べて描いてみたかった「オハグロベラ」の雄雌
この魚は全国各地で見られますけど、宮崎では県北(特に北浦)でしか見かけません。そのあたりが魚の南限だろうと思います。

雄は勇猛な雰囲気を醸し出し、大きさも25Cm程度。結構迫力があります。
雌は小さいのだろうと思っていたけど昨年末釣れた個体(絵のモチーフにしたもの)も結構大きく25Cm程度ありました。

色の変異が個体によってある魚ということが知られているので、個人的にはこの絵ぐらいがデフォルトな感じだろうと思って描いているけど、いかんせん宮崎では数が釣れない魚のなので正しいのか否か。

イトヨリダイの絵

img20190320_05132261s.jpg

イトヨリダイを描いてみました、
が、淡い色合いと不明瞭な鱗が難しく、またしばらくは絵描きからは遠ざかりたくなりました(^_^;)

最近よく見かけます。
とは言えど、よく考えたら周囲で釣れているだけなんですけどね~

カサゴ&モンゴイカ刺身

54515415_2189476821133355_4272539513651200000_n.jpg

カサゴとモンゴイカの刺身です。
一昨日釣れた分はすべて刺身にして娘家族に持たせ、写真は自分用に残したもの。飾り一切なし(^_^;)
炙りにしようとカセットボンベ・バナーを準備し火を付けたら、接続部から炎が出て危うく大火事でした。土間だったので庭に投げ沈静化するまで眺めるしか手がありませんでした。一応濡れタオルを上から被せたけど効果なし(^_^;)

○船釣り(延岡市・北浦)2019/3/16

二週連続で大ちゃんにお世話になりました。

20190316-(57)s.jpg
船名は「ぷかぷか丸」
20190316-(59)s.jpg
係留場所の浦城のマリーナには大小の個人艇が集結している。
ここは多少海が荒れても平気で、台風が来ても陸上げしなくていいようです。

先週同様に6時半待ち合わせして出発したのは7時過ぎ
雨は無いけど風が邪魔するかもしれない予報。西風なのできっと風裏の場所があると思う。

20190316-(7)s.jpg

出発してしばらくは風も弱く、ウネリも無くて絶好の釣り日和

大ちゃんは鯛ラバスタート

私は

20190316-(8)s.jpg
テンヤ仕掛けに徹します

テンヤの極意はできるだけ軽い錘でフワッと沈む感じがよいみたいだけど、数十メートルの深場の底を取る必要があるのでそれなりの重さのもの。10号と15号タイプを持っていったけど、10号は流され過ぎて扱いにくい。

しばらくはネットで見た誘いを試すが、どうも釣れる気がしない(^_^;)

大ちゃんは早速

20190316-(11)s.jpg
嫌われもの

現場で見たら尾鰭が黒く見えたので「ワニエソ」だと思っていたけど「マエソ」かな?

20190316-(17)s.jpg

でっかいカサゴも。
お腹がパンパンです。子持ちらしい。
カサゴは体内受精するようで、お腹の中で孵化するようなので、大ちゃんはお腹を絞って子供を出します。
子供は海に帰すのですが、きちんと生存するのか否かは疑問。だけどしないよりするべきかな。

知らなかった叡智です。さすが大ちゃん!海を知り尽くす男です!

なるほどね~
カサゴ属を含むメバルの仲間の多くはそうらしいです。目から鱗。意識したことなかったなぁ。研究者には常識の話なんでしょうね~

流し直しますということで、早巻きして仕掛けを回収していたら

グワッ、プチン
なんだ(@_@)

PEラインが手元から切れてしまった。なぜ??
大ちゃんが詳しく説明してくれたけど、ラインローラーとベール受けの隙間にラインが入り込んだときに起こる・・・ってことだったかな?とにかく手元で切れてしまったが、切れたPEラインは沖に走っていく(T_T)
逃した魚は大きかった(^_^;)その1

その後風波が南方から寄ってきて船が揺れだしたので場所を大きく移動

定置網付近開拓

20190316-(24)s.jpg
やっと釣れた私の一匹目は「ウッカリカサゴ」だ!
普通のカサゴに比べると色合いに違和感あり

そして次は

20190316-(39)s.jpg
これぞ標準和名カサゴ

白斑の入り方が違います

さらに

20190316-(40)s.jpg
お母さんも釣れてしまった。過去最大級かも

とりあえず
20190316-(45)s.jpg

お腹をしぼって稚魚放出

20190316-(44)ss.jpg
直接見ても小さすぎて姿が判らないほどだけど、しっかりと2つの目があり、バケツの中で泳いてます。

3匹のカサゴが釣れたあと、根掛かり?

仕方なく糸を切ろうとしたら動いた(@_@)
そして叩きだした・・・間違いない生命反応だけどとてつもなく重い!成されるままに数メートル引っ張られてまた根掛かり状態。
しばし粘ったが、仕方なく強引に引いたらリーダーの途中がプチン。終了
ハタ類の大型を夢見てしまった

これで逃した大きな魚その2(^_^;)


大ちゃんはカワハギ仕掛けを投入したが不発
だけど鯛ラバにて

20190316-(27)s.jpg
デカッ!

イトヨリの大物。50Cm近くか?
マダイの引きか?と期待していたけど、これでも充分かも。
20190316-(30)s.jpg
きっちりと写真撮影させて頂きました。
次の絵のモチーフにしようかな?と考えています。

さてここも風が厳しくなったので、この日の第二プラン・・・・イカ狙い!
20190316-(46)s.jpg
深場を狙うので自重があるタイプを買ってきました。

しばらくはあちこちと探ったものの、なかなか風のせいで船もうまく流せず苦戦

テトラの際を通った際に大ちゃんがルアーでスズキを狙い、私はその姿を見ながら餌木を引きずっていたら

ヌメッとした重み。これは?本命なのか?

20190316-(5)s.jpg
ウォーいい型だ!

しっかり重量感もあるモンゴイカ

20190316-(50)s.jpg

やばいぞ。これ絶対吐くだろ~墨

そして撮影後、やられました(T_T)

大ちゃんもスズキを諦めて餌木投入!

20190316-(54)s.jpg
(^_^;)
ショウサイフグですね~

その後私に再度、先ほどより倍ぐらいの重さに感じる引きがあり、糸がどんどん出ていく。
途中まで巻き寄せたが残念ながら外れました(T_T)

逃した魚?イカ?はこれまた大きかった(^_^;)


その後も風が南方より吹きだして、ちょっと帰路の心配もあり場所を移動したが、だんだんと強く吹きだして終了。

風の移動も多かったので腰を据えた釣りができなかったけど時間の経過も早かった。

魚釣りは釣れるに越したことはないのだが、釣れなくても大物と何度か格闘できると思い出も深まります。リベンジの意欲も。

20190316-(61)s.jpg

カサゴは30Cmほどの大物なので食べ応えありそうです。オマケにイカも(^^)

食材としてはとってもいい感じになりました。
それにしてもいろんな釣りを経験させてもらえて有難いです!

持つべきは船持つ友(^^)

カサゴ属3種

もの凄くときどき・・・絵を描いてみたいという衝動に駆られまして・・・

1枚のボードにカサゴ属3種を描きたいと思って・・・

できれば特徴とか色合いなどを、はっきり区別できるようにと。

完成しました。

img20190314_06270012ss.jpg

まあ今はほぼ満足だけど、しばらくすると反省箇所が出てくると思います(^^)