宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

メジナ狙いの仕掛

最近のブームは「中ハリス」です
私の基本仕掛は(↓)※下手な絵ですが(^_^;)



img20180224_07063760s.jpg


数回前の釣行から中ハリスを入れる事にしました。
今年になって長ハリス(5~6ヒロ)にする事にして、ウキはハリスの中に入れてしまっていたんだけど、強めの合わせをするとウキの位置がずれやすく、ハリが切れてしまうとストッパーが無くなってウキも一緒にロスしてしまいます。
ウキがハリの手前まで行ってしまう事も多々あり対策は無いかと思っていたが、中ハリスとハリスの結び目を付ける事によって改善されます。なぜに長ハリスなのかというと、道糸はフロートorセミフロートなので水面の表層を流れる事が多くて、潮馴染みを考えたらちょっと重めのフロロカーボンのハリス糸の方がより自然体だろうということと、無色透明なので魚の警戒も薄れるだろうという事だ。ところがウキが動くのはとてつもなく勝手悪いので、気になっていた中ハリス仕様にしてみた。
1ヒロハリスにしたのは魚の活性が高くなったときにはそのぐらいまで浮いてくる機会が多いので、すぐに浅棚に変更できるように。
中ハリスをちょっと太目にすることにより、先に切れるのがハリスなのでウキが飛ばされるのも減る。

ウキ止めはつけず、中ハリスと道糸の結び目がとりあえず止め変わりになるだろうと考えている。
つまりは5ヒロ部分にウキ止めがある状態だ。8mほどだろうか。
ウキは自信が水面すれすれに流れる0α(アルファ―)タイプが多いので、それを中心に0号か00号の選択。最近はウキの精度が良いのでメジナも釣れるようになったと考えている。

最初に中ハリスと聞いたとき、何ぞや?メリットは?訳が判んなかったけど、最近しっかり理解しました。

まあメジナ釣りの面白さは、状況によって仕掛を変える事であり、風が強ければ2段ウキ入れるし喰いが渋いときは棒ウキにしてみたり、色々と考えて正解を見つけたときの喜びがあるわけなので上記の仕掛通りではありません。

メジナ狙いをする方にとっては当たり前の話ですね。

それにしてもより釣る人ほど1つ1つの拘りが凄いです。
ちなみに私は竿・リールにはお金をかけません。※かけられません。
子供の頃に竿は「先調子」「中調子」という2種がある事を知って、先調子タイプが合うと感じてしまったわけでして、この先調子タイプにてまあまあリーズナブルなのがダイワの「波濤」なのです。
一番最初に使った竿はS社BB-Xだったけど、確かに軽く操作しやすいものの・・・・・中心部から折れた!爆音がして折れました。
これはかなりショックでした。軽い分薄いんだろうなぁという結論。
お金を掛けないといいつつもダイワ「波濤」がすでに5本(5代目)となってます。

「fathom」ハリスが送ってきました

fathom2.jpg
先週・先々週と立て続けの台風で釣行ままならぬ日が過ぎゆく中、変わった出来事がこのfathomのモニターになったこと。

というわけで経緯から今に至るまでの件

まずは
fathomをカタカナで言えば「ファゾム」です
ファゾムを直訳すると「ヒロ」と出ます。

ヒロって何ぞや・・・っていうのは釣り人には当たり前の用語ですが両腕をいっぱい広げた長さですよね。
日本語直訳だと「ファゾム=ひろ」なんだけど、実際には6フィート=1ファゾムなんだそうで・・・
6フィートをセンチメートルに直すと182.9Cm

普通に使う2ヒロとか3ヒロとか、正確な数字は2ヒロが182.9Cm×2=365.8Cm
3ヒロになると548.7Cmになるが、つまりは竿長5.4mと記載のものならだいたい3ヒロの竿ということだな。

ところで曖昧に使っていた「ヒロ」は私の場合ちょっと測ってみたところ164Cmです。だいたい身長と一緒というけど、私はわずかに腕が短いようです(^^)
まあ普通の基準でいうと20Cmも誤差があるわけなので、3ヒロともなれば私の場合ちょっと余計目に取らないといけないですね~
※そんなシビアな計測はしたことがありましぇん(^_^;)

何が言いたいかわからなくなってきたけど、
これから先、1ヒロ半とか、ワンファゾムハーフ!
なんて言えばカッコいいかなと思ったけど、とんでもなく面倒くさいだけだな・・・

さて
IMG_0432s.jpg
早速手配した製品が送ってきたわけです。

手配したのは10号・8号・2号・1.7号×2個・1.5号×2個・1号の合計8品です。
タダではありません。モニター価格です。定価の半額。

現時点でファゾムの製品は通販専門です。アマゾン・楽天・Yahooかな?
そこで販売されている価格よりはまあまあ安くなります。モニターの特権です(^^)
そんでもってテスターともなれば無償提供いただけるようです。こうなればテスター昇格すべく、がんがんレポート書こう。
辛口発言は駄目かな?・・・なんてつもりはありませんが。

嬉しかったのは一緒に送ってもらったステッカーでして・・・
IMG_0434s.jpg
車にも
IMG_0435s.jpg
竿入れにも

普段ステッカー・シールは貼らない主義・・・
というか気にしたことがないというのが理由ですけど、ほとんど何も貼ってません。今回だけは宣伝しますよ~

ということで経緯を説明するつもりでしたけど、まあいいか。

今現在思っているこの製品への思いですが、とにかくまず使ってみたいわけです。
お誘いを受けてちょいと申請し、あれよという間(この2週間で)にモニターということになってしまったのですが、実際にまだ使用したことがないので、一刻も早くレポートしたい気分です。

ちなみにこのメーカーはまだできて数か月のようで愛媛が本社です。
愛媛といえばポンジュース・・・松山道後温泉、ぼっちゃん・・・
なにより魚影抜群の海でしょう。そんな地で培われた糸の使い心地はいかに♪

「fathom」フィールドモニター

fathom2.jpg
fathom.jpg

最近、信頼のおける身近な釣り人方がフィールドモニターに採用されたとのことで、私も応募したところ無事採用通知を頂きました。メールによると全国から数千の申し込みあるようで当選確率は低いようですが、ありがたいです。
触れる機会があったのですが、細くてもかなり強度がありそうで、50Cmメジナを1号で釣ったという記事もありましたし、手に巻いてもヨレが出来ない楽しみなハリスです。

実はちょっと前に、申し込みしようかどうか迷ってました。
仮に採用されたとしたら何か縛りが出てきそうな。でも今考えれば何が縛りになるのか?他のハリスが使いたければ使えばいいし、モニターとして他の製品との比較をすればいい訳で、ガンガン宣伝するつもりもないけど良ければそれなりにお伝えしようと思います。

まずはこのブログでのリンク設定。PCなら画面右のバー部分の自己紹介の下にリンク用のバナーを張りました。

一刻も早く使ってみたい。そんな心境です(^^

ゼクトα

釣研のテスターでもモニターでもないんだけど、個人的に惚れ込んで使用しているウキは釣研「ゼクト」シリーズです。
何がいいかというと「釣れる」ウキなわけでして、抜群の操作性と、サイズと重量のバランスも丁度いいという感じ。
究極な事をいうと、竿やリールや糸やハリは、まあ何を使っても大差はないと思っているけどウキだけは別で、これで釣果も変わると思ってます。その前に釣る技量がもっとも大事だと思うけど。もっというと場所が良ければ釣れるけど(^_^;)

ウキも調整次第で安いものでも釣れるとは思うけど、その調整が難しいんです。ところがゼクトは調整がほぼ不要で思った感じに動いてくれる形状・バランスなんです。

なので、これが売出しなどで安いと思わず手が出てしまうし、ここ数年もっとも消費しているウキなんだけど、なんと上位ウキが発売されているではないか!最近知りました。もうガビーンって感じです。
2017102102.jpg
※釣研サイトより画像借用

ひえ~、なんて神々しいんでしょう。

「感度」と「安定性」を極限まで追求!森井陽入魂の競技専用ゼクト
だそうで。


どんぐりの感度と円錐の安定性を併せ持つ
安定した飛行姿勢、当たりの明確さ、潮乗りの良さに徹底的にこだわり、最も仕掛け絡みなどのトラブルを排除するフォルム・ボディサイズを導き出しました。ツケエの動きもロスなく伝える感度の良さも自慢です。

釣法に応じた浮力別糸穴設計
03〜G3まではウキ止めなしでも素早く当たりが出るφ2.5→2mmの糸穴径を採用する一方、半遊動での使用が前提となるB以上には、ウキ止め糸が本体下部で止まるφ2.5→0.7mmのアンダーロック構造を搭載。シモリ玉を使わずに、素早い仕掛け交換が可能です。

浮かせても、沈めても死角なし!こだわりの2カラーを全浮力にラインナップ
トップカラーにも徹底してこだわり、全天候型のライトスカーレットに加え、沈めた際に抜群の視認性を発揮するピュアオレンジを採用しました。



だそうで~す。浮力が細分化されて、ゼクトは「0・0α・00」だったけどゼクトαだと「0・01・02・03」
つまり0号~00号の間が1つ増えているんだな。その辺の微調整が更に楽になるってことだ。

個人的に気に入っているのは全誘導仕掛けでもウキ止めがあるがごとく反応してくれること。この点が特に気に入ってます。
欲しいなぁ~

定価2500円・・・・実売も高いんだろうなぁ。1980円とかだろうか・・・・

フローティングベストと竿ケースを買う

9月初旬に決算賞与が出たら・・・という記事を載せたけど、その後。

しっかりと頂けました。ありがたい。
まあ想定していた感じだったが、いざ貰うと年末の物入りとか、車検代とか税金とかお年玉とか、冬場の瀬渡し費用など色々と出ていくお金の不安が頭をよぎり、結局は半分は貯蓄に回し、残り半分をカミさんと分けて。

という事で沢山だったら釣り旅をするぞ、とか、実はちょっと釣具以外に欲しいと思っていたギターとか、そんなのは夢で終わりそうです(ギターは練習したいだけ。一切引けません)

タイミングよく釣具のBBというお店(小林市にできた大型店)が一周年セールを行っている事を知ったので、先週の釣行の前に寄ってみた。掘りだし物があれば買っちゃおうという気持ちで。

そして
PV_rodcase_135R_red_2.jpg
竿ケースと
lovefish_lfdaiwadf36052xl_1.jpg
フローティングベスト

いずれもまだ、現在使っているものも現役続行できそうなんだけど、釣られました。価格に。
とくにフローティングベストは旧モデル処分価格らしく、同型新タイプより3分の2ぐらいの価格って感じだ。
これを買うと決めたら勢いがついて残りの予算で何買おうかという気分になって、以前から使い勝手に少し不満を持っていた竿ケースを物色して、まあ普通よりは安いだろうと判断してセット衝動買い。

ネットで調べたら、価格.comあたりの際安価格よりさらにちょっと安い感じ。いい買い物した。買う必要があったかどうかは別にして(^_^;)
まあ釣りは道具集めも含め楽しいのです。

ところで私の買い物って過去の記事に紹介しているものの多くはDaiwa製品であります。
はっきり言って、好きなんです。ちょっと高めだけど納得できる仕様というか作りというか。
逆にちょっと安くて他社に乗り換えてみて失敗したって事が多々あります。つまり安心を買っているわけです。

メーカー名は述べないけど、つい最近知人が高級グローブを買って1回1時間程度の使用で縫合部分が裂けたので、販売店経由でメーカーに出したら、利用方法の問題じゃないか?と返事が返って全く取り合ってもらえなかったそうで・・・・
そのメーカーは私も大嫌いなんです。以前はいくつかのグッズを持っていたけど、とにかく見た目だけという印象。

ちなみにYAIBAのチームに入っているので、フローティングベストはYAIBAでもいいなぁと思っていたんだけど、価格はいいとして性分的に派手目デザインっていうのが苦手なんだよなぁ。YAIBAはかっこいいけど照れ臭いというか。でもいずれ大会用に買いたいなとは思ってます。ウェアも。

決算賞与無駄使い・・・・終了。あとは釣行軍資金にしよう・・買い物は合わせて3万ぐらいでした(^_^;)

このカテゴリーに該当する記事はありません。