宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

●YAIBA宮崎釣り大会(延岡市島野浦)2018/2/18

義理母が亡くなったのが1月25日で、49日はいつになるかというと3月15日です。
つまり正式な釣りが可能なのはその週末の土日だけど、3月18日はYAIBAの釣り懇親会があるのでそれがスタート。
まあでもそれまでホントに暇で、2月の釣り懇親会の島野浦にはゲスト参加する事にしました。カメラマンとして。

瀬渡し料は掛かってもいいから行きます、と宣言したが、優しい船長は「釣りしないならお金はいいよ」とありがたいお言葉。助かりました。

だいたい釣行の前日は夜9時ぐらいに床について、朝2~3時には起きるんだけど、前夜はPM9時からNHKのドラマ「荒神」というのがあり、がっちりと観てしまった結果就寝は12時前。そして目覚めたのが4時10分・・・・

(@_@;)

遅刻じゃ!やってしまいました。

瀬渡し船の「琴姫丸」がある延岡の浦城港までは高速を利用しても2時間弱だと思っていたので、3時半に出て集合時刻5:30に間に合うと思っていたけど、30分遅刻。まあ出航の6時20分には間に合うだろうと急ぎ出発。

到着すると待合所の中はこんな雰囲気
P2180530s.jpg
賑やかに、楽しそうにくじ引きしてます。瀬渡しの順番を決めるクジ

という訳で、案外早めに到着し、何事も無かったの如く受け入れられました。

という訳で出発
IMG_6889s.jpg
島野浦の瀬渡し4隻は、海上で集まって船首を付けわせてジャンケンで出発順を決めます

今回琴姫丸は3番だったので、特級瀬が集まっている沖向きの岩が点在するポイントは避けて、島野浦のフェリー乗り場周辺にまとめて降ろされました。「定弘」周辺に5名「作兵衛礁」周辺に6名で、作兵衛礁のもっとも湾奥に最後に降ろされたユッキー君とMさんにくっ付いて上礁

お二人の釣りを眺めて、写真撮影などして楽しむ

IMG_6917s.jpg
瀬の高台から眺めると隣の景色が良く見えます。今回眼レフを準備して望遠撮影ができます
かっこいい写真を写したい!

しばしMさんの様子を眺めていて、だんだんと竿が握りたくなり

「ちょっと1投!」

快く貸して頂き、眺めながら気になっていたポイントに入れてみた。
それまで餌が残らなかったのに、私が竿を握ったとたんにウキ反応も無くなり、餌も取られない。
そこでもう1投お願いします、としっかりとウキ周辺に撒餌してみると、凄い勢いでウキが消し込まれ、思わず反応。
しっかり乗ったが消込の勢いとなんともえげつない引きでシツオか?と思いつつ、上げてみたら・・・メジナ(@_@;)

やってもた(-_-)

まあ釣るために竿借りたわけではあるが出来すぎ。2投で釣れたし初魚だし。まだMさんは釣ってないけど・・・
魚はいる事が確認でき、これからがんがん釣れるんでしょう。

IMG_6922s.jpg
ハイ。魚持ってね。記念写真!いかにもMさんが釣ったのごとく(^_^;)
※ちなみに最後に長寸だけ測ったが、39Cmでした。
IMG_6986s.jpg
人の竿とはいえ、我が誓いは破れたわけですが、まあ49日に釣りをしないというのは殺生をしないこともあるけど、その期間に事故を起こしやすいという事もあるし、魚はMさんに食べてもらうという事で、お許しを。

その後ユッキー君も1匹目となる30Cmほどの魚を抱えてきたし、たぶん状態は良くなった感じなので安心。

弁当配布&見回りに合わせて私は磯場を去りました

「定弘」周辺の様子
IMG_6945s.jpg
Nさんの雄姿。いい写真になったぞ
IMG_6955s.jpg

と船上からの写真撮影を楽しんだ後は、私はドライブ

真のこの日の目的は珍魚ゲットなのであります

そこでまず向かったのは、北浦の「きたうらら」だけど・・・
まずは残念

そして蒲江
P2180582s.jpg
道の駅「かまえ」寄ったり

IMG_6962s.jpg
高台から景色眺めてみたり

IMG_6966s.jpg
おっ!米水津付近の海岸線を走っていたら「沖黒島」が見えた。一度行ったなぁ。

数か所の鮮魚店を見ながら、ついに佐伯港付近まで行ってしまった

するとお祭りのように賑わってこるこの施設
IMG_0773s.jpg

さいき「海の市場」だそうで

ついについに悲願の

P2180590s.jpg
これまた想い描いていた魚です。これがあればいいなぁと思いつつ鮮魚店廻りしていたのでした
まあホントは釣りたいんだが。

魚の事はまた後日

それでも時間を持て余していたけど

PM5時前、やっとYAIBAメンバー戻ってきました
IMG_6974s.jpg
なんだか顔が疲れているなぁ。その様子だけで釣れて無い事が判ってしまう

早速Mさんの活かしバッカンの中を見せてもらうと・・・・
あれ?私が釣った1匹だけ?

なんとその後、潮が動かずキタマクラさえ口を使わなかったようで・・・・
急激な水温の変化でしょうか・・・・

そんな中でも釣り上げた勇士3名
IMG_6995s.jpg
優勝YAさん・2位はユッキー君・3位が副支部長

そして3回のステージを終え、トップを走るのがユッキー君。3回ともに2位をキープ

IMG_6988s.jpg
対象10名中に計量持ち込みは6名と、かなり渋い結果だったようです。残念

IMG_6998s.jpg
IMG_6999s.jpg

それでも、終わった後は楽しく茹でタマゴ食べながらの反省会でした。
釣った(釣っちゃった)し、目的の魚もゲットしたし、個人的には満足な日でした(^^)/

◎瀬渡し磯(日南市・南郷大島)2018/1/20

今回は釣友IHさんのお誘い
土・日で休みだとだいたい土曜日に釣行が多いのだが、今回の予約は日曜日なので土曜日は暇。普段は実家に行くのだが、隔週で行っており今回は弟が当番なので時間を持て余し・・・・

だはは
P1200410s.jpg
大分までのロングドライブ
※この模様はまた後日

せっかくなので万札2枚握りしめて。
P1210428s.jpg
P1200425s.jpg
P1200426s.jpg
P1200421s.jpg
普段こんな買い物しないので・・・・快感♪

とくにYAIBAのグローブは衝動買いでした。オキアミや集魚剤もまとめ買いで、きっちり使い果たしてしまった(^_^;)

それにしても安いです。

さて翌朝
さすがに時期的に釣り人が多いようなので2便目に空いている場所に渡すと告げられていたようだけど、集合場所の栄松の港にAM5時過ぎに到着すると、すぐに声を掛けられたのが最近時々港や釣具店でお見かけする「チェキ松」さん。
なんと「釣研宮崎支部新春懇親大会」というのが開催されていたようで・・・・多いはずだ。

ところが大会はこの日海が荒れてくることを見越してなのか、近場にまとめて瀬上げされたようで、逆に空いているのは大島先端の特級瀬。この日お世話になった「かいゆう丸」の当番瀬は特級の「ボウズ」や水島1番を含む名礁揃い。
そして私も初の「タカ岩」に乗る事ができた。
P1210459s.jpg

沖に出るとピッチの長いウネリがあり、満潮にかけて北東の風が吹けば波が膨らむ予想にて、とにかく風が吹き出したら電話しろとの注意事項。これは午前中回収もありだ。

最初に他の方が降ろされた「ビシャゴ」は、波向きのせいかすぐにヘルプが入って場所移動。
超特級の「ボウズ」は何とか出来そうだが、我々のタカ岩は夜中に見ると瀬が高く足場は悪そうで、今回のメンバーのYAさん(♀)が登り切るか心配だったけど、お見事。過酷な瀬でも行ける能力を身に付けている(^^)/

朝6時過ぎに渡り、30分もすると夜が明けて活動開始
目の前に見える超特級の「平瀬」は竿が出て直ぐに曲がっている。さすがに特級!
P1210430s.jpg

タカ岩は足場が高くタモが届かない場所から竿を出さねばならず苦慮
P1210433s.jpg
YAさん(♀)には、たぶん一番良さげな場所に入って頂き、私は沖に向かって左の隧道を攻めてみる

P1210435s.jpg
IHさんは今回底物&スルルー。餌のガンガゼを大量に持ってこられてます

私の仕掛は
P1210451s.jpg
前日に断腸の思いで購入した高級ウキ、釣研の「フローズ」に(^_^;)

P1210462s.jpg
宮崎のお店では見かけないYAIBASASAMEのスレバリ。それにしても安いでしょ(^^
※YAIBAはSASAMEの一部ですけど、このハリはYAIBA発祥前からあるようです(^_^;)

全誘導にて中ハリス1.75号(5ヒロ)ハリス1.5号(1ヒロ)
もちろん信頼のFathomハリスです。

ウキを流すと、さすがに高級ウキ。フローズは評判通り潮なじみがよく、高い位置から見下ろすタカ岩だと、魚が咥えた反応や潮の軌道がよく判る。今まで「ゼクト」専門だったけど、これいいなぁという感じ。重量も手頃。

そして数投目に・・・・
P1210438s.jpg
魚が釣れるとタモが届かないので、下の段まで下りて入れるのが大変だけど・・・

P1210441s.jpg
40オーバー!幸先良し。ちょっと痩せてるけどお腹はプクッとしてます。

P1210443s.jpg
イェーイ

続けて2匹目は35程度の丸い個体
そして3匹目はまた40超え

と、入れ食いではないけどポツン・ポツンと釣れる

ウキが入ってから道糸を張ったり送ったり、しばし竿先のピクリとか糸が走るのを見て合わせるのだが、このタイミングが難しいんだよなぁ。YAさん(♀)苦戦してます。言葉にできればよいが見てもらうしか手がない。

だんだん満ちてきて、風も出てきた。
早々に隣の「平瀬」は回収され、ちょっと危険かもと思いだした11時前に船長に電話。

目の前の活性は高まっているようだけど・・・まあ安全が一番

直前、底物狙いのIHさんが魚と格闘しだした(@_@;)
写真に残したかったがタモ入れが先決・・・・

なんと!!
P1210453s.jpg
でっかい「カンムリベラ」

P1210458s.jpg
56Cm・2.9Kg

この魚は奄美界隈の瀬には幼魚が沢山いるけど、大物は珍しいかも。
底物だとそうでもないのかな?とにかく終盤のドラマでした。

私にとってはブログネタができる事が一番。あざっす!

11時半ぐらいには回収され・・・

港にて
P1210465s.jpg
なんと9匹釣れていた(^_^;)

自分では6~7匹の意識でした。
無心というか無意識とというか。
サイズも35~41(40オーバーは2匹)

今からの時期は他の餌取りが少なく、メジナも太って美味しい季節。
10匹前後ぐらいの持ち帰りがある釣りができるのが何より。

●YAIBA宮崎ペアマッチ懇親釣り大会(串間市・幸島界隈)2018/1/14

弟の件で今季の釣りは厳しいと思っていたけど、とりあえず落ち着いたので予定通り(._.)
※まだICUなんですが、とりあえず現状維持状態です。

という訳で今年2回目の釣りはタイトルの通り。参加者は14名+船釣り2名(計量は辞退)

YAIBA宮崎の公開サイトにはこの模様をすでに投稿致しました。※合わせご覧ください・・・
2018/1/14新春懇親釣り大会in幸島 ペアマッチ大会結果ご報告

P1140292s.jpg
朝6時集合・7時瀬渡しの予定です

まず瀬渡しの順番とペアマッチの相手を選ぶクジ引き
私は微妙な順位でした。12名中の9位。10位がいつものKAさんで、また一緒の瀬なのか??

P1140300s.jpg
今回はMA役員が自分の船で登場。YAIBAのシールが貼ってあるので「YAIBAご用達船」という事で(^_^;)
今回支部長はこの船で船釣りと瀬の監視だそうで・・・それも楽しそう。
皆の分のマダイの土産を期待してます!

P1140347s_20180115182006e36.jpg
私の乗った瀬は・・・

あれれ??
鳥島の沖瀬「太郎」・・・・って10日前と一緒。2回連続で同じ瀬とは(^_^;)

まずは記念写真をば・・・
P1140317s.jpg
絵にならない立ち姿・・・なんでだろ。痩せたら見栄えいいかな?


そして想像通り一緒だったのはKAさん。
YAIBA宮崎の門戸を共に同じタイミングで叩いた、このブログにもちょくちょく登場する連れ添いです。
そうなると個人戦も気合だ。今季ただ今私が2勝0敗だが(^_^;)

撒餌を準備していて気がついた。
オキアミブロック忘れた(^_^;)
※正確には1つは前日集魚剤と混ぜ込んでいるので、1角勝負という事になるけど、頼りないなぁ。
なんだか急に終わった気分・・・・とほほ。

とやる気を失った私と対照的に。
P1140322s.jpg
開始早々に竿を曲げるKAさん(@_@;)
P1140323s.jpg
本命だし。まあまあの型だし。

そして
P1140324s.jpg
隣の「次郎」でも竿が曲がる(@_@;)
P1140331s.jpg
曲がる・・・

あっと言う間に置いてけぼり。またも1人ボウズだ。

活発ではないけど時々ポツンと竿が曲がる。私以外

なんか・・・デジャブー。同じシーンを以前見たような。

先週との違いは撒餌。約半分で勝負と考えるとツライ。

2投目ぐらいに強烈に仕掛けをぶち切っていかれ、買ったばかりのウキをロスしたが、その後はPM1時過ぎまで全く無反応。
猛烈な餌取りがいるんだけどそれらすら釣れない・・・

前回より北方からの風が強い。風波も立っているがそれでも皆釣っているし・・・

昼過ぎに完全に考え方を変え、4Bウキと-5Bの二段ウキでドンと仕掛けを落とし、ハリも3号にしてちょっと遠投。
棚を2ヒロに固定して流すと・・・・

釣れた!
P1140336s.jpg
(T_T)

連続2匹・・・まあ今年2種目だが。

もう少し棚を落とすと

釣れた!

逃げた・・・(T_T)

タモ入れ失敗。大きさは35Cm程度か。本命だったけど・・・
3号ハリのリスクですね。

でももう釣れる気がする。そして・・・

P1140338s.jpg
やっと釣れたよ~小ぶりだけど・・・・

そして続けてコナガ27Cmも追加し2匹ゲット

でもその後波が足元まで来るようになって・・・・

不完全燃焼の終了

P1140343s.jpg
KAさんもスタートダッシュの割には厳しい釣果でした。同じ2匹だけど重量の差で今回は敗北

P1140333s.jpg
KAさんはこんな引きもあったけど呪いを掛けました~外れろ~外れた(^_^;)
※そんな事は考えてません。残念でした。

強烈だったけどもしかしてオナガ良型だったかも。ここは実績がある場所です。
※悪く考えたらサンノジかヒブダイだけど・・・

P1140345s.jpg
PM3時半の回収だったけど、瀬渡しの「ブルーマリン」が2時過ぎぐらいから沖で待機。
波が高めなのでサクッと回収できるように。結果的には30分の前倒し

結果

P1140361s.jpg
優勝したのは隣の「次郎」で釣っていたKIさん
前々回の油津大会で一緒だったトーナメンターです。上手ですね。
P1140165s.jpg
6匹の釣果で総重量4260gだけど、向かい風・寄せ潮の中で素晴らしい!

ペアマッチの優勝は
P1140359s.jpg
個人優勝のKIさんと、とにかくこの大会に強いミッチーさん

昨年に続く二連勝!

P1140363s.jpg
10日前に一緒だったYAさんは他魚の部の大物賞
とにかくお正月特別企画なので景品が良いのです(^^

そして抽選&ジャンケン大会
P1140364s.jpg
ずらり並ぶ支部持ち込み景品と個人持ち込み品

これまたくじ順は7番目と微妙な位置だったけど
P1140375s.jpg
P1140376s.jpg
ゲットしました(^^)/

さらにジャンケン大会で、最後の豪華景品
P1140369s.jpg
YAIBAのウィンドブレーカー

これも
ゲットしました!
最後に見せ場を作る私(^_^;)

ところで今回の大会には不参加ながら
Fathom仲間のMIさんが瀬渡し直前に登場。単独釣行だったようで・・・
瀬渡し前に見せてもらったバッカン乗せ。
P1140305s.jpg
自作です(@_@;)
低い瀬が得意なMIさんならでは。波にさらわれるリスク回避のナイスグッズ!
私も作ってみよう。

そして何より釣果が・・・・
26730881_1757733727855642_7.jpg
40~48を15匹
しかもPM1時回収だったようで。
我々の後便で出て、先に戻ってこの釣果。
大会全員分を合わせても、それを凌駕する結末でした(@_@;)

場所の差?いやいややはり腕前ですね。
ちょっと今後一緒の釣行は躊躇します(^_^;)
実は弟の件が無ければ7日に同行予定でした。

【釣果】
メジナ33Cm×1匹
クロメジナ27Cm×1匹
ノトイスズミ×2匹(30Cm程度)

今年はまだ3種・・・・・

●瀬渡し磯(串間・鳥島)2018/1/3

2018年初釣りはYAIBA宮崎の数名で、串間の鳥島離れ瀬、名礁「太郎・次郎」
年末にK支部長が同行者を募られて、総勢6名での釣行となりました。

串間・幸島にある瀬渡しはシステムがよく解ってないんだけど、「太郎・次郎」は瀬渡し船「マリンブルー」の割り当て瀬で、他の瀬に乗りたければ船を変える仕組み?と聞いた事があるが詳しく知りません(^_^;)

さて大潮なので明け方の満潮時刻を避けてAM8時集合だったけど、ちょっとウネリがあるようで様子を伺い、結果的には8時半ぐらい。
P1030234s.jpg

2名づつ3ヶ所へ
P1030239s.jpg

まずは幸島の離れ瀬「丸瀬」に2名
同じ町に住むKeiさんとその連れ。渡ったときはまだ波が時々足元を洗う状態。こわ~

P1030240s.jpg
私とYAさんが「太郎」

そしてK支部長とTSUTOMUさんが「次郎」
P1030243s.jpg
「次郎」は遠投して届くほどの距離で、会話ができるぐらい。

まずはお正月の儀式!
P1030250s.jpg
お神酒を海に撒いて、私も一口(^_^;)

今年もいい釣りができますように!

撒餌撒いて潮を見るけどフラフラだ。
餌取り魚はいる感じだけど完全にアタリ潮。これは全誘導は厳しい・・・・

そうこうしていると
P1030244s.jpg
TSUTOMUさんが最初のタモ。9:15分
魚はまあまあ大物のようだがメジナでは無さそう(後から聞いたらヒダリマキ※タカノハダイ)

そして
P1030245s.jpg
9:29分。同じ瀬のYAさんにヒット!!
P1030247s.jpg
これまた外道。サンちゃんでした。いずれも潮が悪い証拠だ・・・

沈黙の時間が続き

1時間ほど経過の10:34
P1030252s.jpg
K支部長が、ついに本命!
どうも目の前に湧きグレがいるようだ

さあこっちでも湧いてくれ~

おや?
P1030260s.jpg
私の前を通り過ぎて、YAさんの前で沸いたようだ(@_@;)
まずは1匹目が11:45
P1030261s.jpg
う・・・羨ましい!40Cmにはちょっと足りないぐらいのサイズ

P1030264s.jpg
YAさんの2匹目。これも湧きグレ

P1030267s.jpg
同型ぐらいですね~12:09

P1030272s.jpg
3匹目!12:33
完全にハマってます。羨ましいというより私悲しい。写真写すばっか。

P1030275s.jpg
12:57
ついにTSUTOMUさんにも・・・・

本命
やばいよやばいよ。ボウズは私だけだ。他魚も釣れないし(T_T)

P1030280s.jpg
14:31
K支部長が追い打ちの2匹目
P1030281s.jpg

もう私泣きそうだ。心では泣いてますよ~

それにしても渋すぎ。ちなみに4回は切られてます。
どうも底にくっ付くほどに仕掛を落とすとカツンと魚反応があるのだが、瀬にあたって切れる感じ。

つまりは・・・釣れれば大物だけどなぁ。

もう昼飯も食わずに撒餌撒き散らかし・・・

終了予定10分前(15:54)

ついに!

思考錯誤で最後に狙いを定めたサラシの下あたり。
ウキを沈めて張りながらガンガン撒餌を投入し・・・・

ガツンと手元に反応があった後は、横の岩にぐいぐいと突っ込むが、なんとか強引に巻き寄せて・・・・

P1030285s.jpg
(^^)/43Cm!

って事でギリギリ終了間に合った~

これにて一件落着って感じで終了これほど嬉しい一尾は無いぞ。
これぞレジェンド橋本さんのお言葉「価値ある一尾」

そんな訳で
P1030287s.jpg
記念写真

回収時、船長の話では全体的に低調で、単発で数匹釣れただけだったようです。
その中では2人で4匹釣れた我々の「太郎」がもっとも良かったようで驚かれるぐらいでした。

さて実は・・・・
ちょっと困った事が発生しておりまして、詳細はまた後日。
ただしばらくは釣りにも行けない生活になるかも知れません・・・・
実は今、連絡待ちの待機状態で、目が冴えて眠れないのです。
ブログもしばし休憩かも。

○瀬渡し磯(日南市・大島)2017/12/23

ほんとは本日(24日)に船釣りのお誘いを受けマアジ狙いの予定だったんだけど、天気が崩れるという事で急遽数日前に中止し、単独で瀬渡し釣行でした。
串間にするか南郷大島か、はたまた県北に行くか迷ったけど、無難で近めの大島。
絶好調のfathom仲間のM氏に連絡したら大島に行くという。彼は「かいゆう丸」のようで、一緒にどうかというお誘いも頂いたけど、同行者もあるようなので、私は喜代丸にした。

祭日なのでかなりの人出だろうと思っていたけど案外少なめ。今回も船長が人数を確かめて、1人の私は単独で来られていた先輩釣り師と大島太平洋向き中心付近の湾奥の「白岩」
湾奥だとたぶん時期によっては爆釣になる可能性があるけど、今の時期にどうなんだろう・・・

PC230187s.jpg
風裏だし写真の通り足場は最高に良くて波も無い。
それだけに釣れるの?って感じだがはたして。

先輩釣り師に場所を決めてもらって、私は海に向かって右側でスタート。問題は太陽に向かっての釣りになるのでウキが見えないが、まあ贅沢は言えない。

7時前になり日が出て釣行開始
PC230196s.jpg
年賀状にいいかも(^_^;)

イメージとしてはコッパメジナの巣という感じだが魚は居るのか?

撒き餌を打ってしばらくすると、沖に魚が湧きだしました。撒餌の流れが見えないけど届いているのか早朝の習性なのか判らない。だけどメジナには間違いなかろう。
しかし潮がフラフラで流れる気配もなし。
仕方ないので大き目のウキ(ゼクトMサイズ)を仕掛けて沖の20mほど付近まで投げて張って待っていると・・・・

PC230201s.jpg
強引なアタリが1匹目。これでした。

まあまあ塩焼きにいいサイズだ。とりあえずキープ
湧いているのはこのサイズなのか?

ところが次に・・・・
PC230197s.jpg
手の平ほどの夏魚。年越しオヤビッチャーです。
これが居るという事は沈瀬があるんだな。狙いはそこだ!

ウキを流してポイントに付けたいところだけど、右に左に刻一刻とウキの軌道が変わる。どこに撒餌すればいいのか・・・・

PC230199s.jpg
同乗した先輩釣り師は、さすがにいい場所を選ぶ目もあるのか隧道出口付近を攻めて頻繁に魚を掛けてます。
ただコッパが多いようだ。場所としては羨ましいところだがサイズが微妙。
私は狙いを定めた遠投ポイントで粘ります。
潮がほとんど動かないのでアタリが取れないけど、餌は無くなる・・・・
ウキ下50Cmほどでやってみたら、
PC230203s.jpg

だよね~と言う魚。

全体写真が微妙な写りだったので顔だけだが、「ハマダツ」でした。

だけど浅棚は正解で
PC230208s.jpg
メジナ32Cm

そして
PC230222s.jpg
35Cm

さらに!
PC230214s.jpg
(^_^;)

微妙なサイズなので引きは強引と言うほどではなかったけど、まあ好きな食材、年末の鍋ネタ!

PC230217s.jpg
先輩釣り師も竿が大きく曲がっていたが・・・・サンノジでした。

PC230220s.jpg
立て続けに釣れた地合もあっという間に終り沈黙の時間

私はハリスを1号に落としてみたら・・・・

瞬殺!

なにかデカバンが居る事を確信して1.75号に戻して

ウキがユラッと入り・・・・糸がサッと走り・・・・

キター!

またヒブダイ???

黒い物体が浮いてきた。デカイ

PC230226s.jpg
45Cm!

ヒブダイと同サイズでした。満足。

続けて同じような引きが同じポイントであったけど、残念ながらハリスが途中で切れてしまった。
前回でダメージ受けてたんだな・・・・

ところで私もダメージ

写真を写すためにクーラーボックスで魚をセッティングしていたら、跳ねて鰭でザクリ。

PC230224s.jpg

100円ショップで買って道具箱に忍ばせていたこれ・・・
PC230225s.jpg
最低限度の役割は果たしてくれたけど、安かろう悪かろう。粘着力無いやないかい!

それにしても親指の腹を切るの何回目だろう。血がダラダラ出ます。

結果!
PC230231s.jpg
小さくても29Cmからだけど、45Cmが大きくて他がコッパに見える(^_^;)

潮が動かない中で拾い釣りって感じだったけど、結果的にはまあまあ。
隣の先輩釣り師は結果的に持ち帰りサイズ無しでボウズだったようなので、まあポイントを早めに探り当てられて良かったかも。
またfathomの糸が、渋い中でも喰ってくるんだと最近は確信してます。
ちなみに足元だと予想通りコッパ・オヤビッチャーの猛攻でした。

大島先端付近の特級瀬や水島も、シツオ・サンノジばかりで釣れなかったと口々に言われ、45Cm釣れたというと羨ましがられたのでまあ良かったほうだと思ったんだけど・・・・

帰りに合流したM氏の釣果を聞いたら・・・

(@_@;)
45Cm級5匹含む18匹・・・・

大島でも釣れる特級瀬に乗られた事もあるが、その周囲は釣れてかなったので、やはり腕があります。

その釣果は↓

「かいゆう丸」12月13日の釣果情報


コンビニ合流し、しばし雑談・情報交換でした(^^ゞ
いやいやそれにしても釣れてたと思った私、恥ずかしいや。

このカテゴリーに該当する記事はありません。