FC2ブログ

宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

諏訪之瀬島で見てみたい、ネットに掲載されている魚

Google検索に「諏訪之瀬島 魚」と入れて画像検索して出てきた、まだ未知の魚を羅列してみます

ツユベラ
切石港・ぶっこみ仕掛・オキアミ餌

ツチセボリ
元浦港・ぶっこみ仕掛・オキアミ餌

イソマグロ
元浦港・ムロアジ泳がせ・・・これはタックル的に無理か

・・・ぐらいしか見つけきれない・・・(^_^;)

ネットに上がっているのはやったぜGT!的な紹介ばっかしだ(^_^;)

その程度のポテンシャルではないはずトカラ

ちょっとエリアがずれるけど似ていると思うので
隠し玉参考資料に頼る事にします(^^)

鹿児島大学の出版物として「奄美群島の魚類」というのが無料ダウンロードできるんです

https://www.museum.kagoshima-u.ac.jp/staff/motomura/dl.html

これに掲載されている魚数は1257種だそうで、もう釣り放題(^_^;)

この本に更に数十種乗った図鑑も最近有料ですが販売されるようです。
その名も

「奄美群島魚類図鑑」

20190216.jpg

ごくごく最近発売されたばかりで、アマゾンに紹介ページがあるものの、まだ未入荷で注文できない状態です。
※写真はアマゾンで詳細されていた画像です(^_^;)

まあこの本は入手したいが、確か販売価格が3千数百円
とりあえず今から上記のダウンロードサイトから、無料の資料を手に入れてみます(^^)

トカラ・諏訪之瀬島への想い

華の金曜日なので、いつものことながら週末の釣りの事を考えてます。今週末は昨日も記載したとおりYAIBA宮崎の定例会・今季の決勝戦なのでそれなりに楽しみなわけです。海の状況が気になり予報を見たら、恐らく波は大人しいし風も弱いし雨も降りません。
潮は中潮で最干潮が10:30ぐらいで満潮は16時過ぎ。嫌いな潮ではありません。むしろ好き。

まあそんな情報をインプットして来るべき大会に備えるのですが、明日の休みにじっくりと準備もできるので、今このタイミングでバタバタする必要はなし。
そうすると暇なので別の思考が働きます。やはり5月連休の「諏訪之瀬島」の事だよな~

P5051278s.jpg
P5051276s.jpg


昨年、悪石島に行った際に立ち寄った諏訪瀬島の防波堤の様子です。

驚いたのが湾内の海の青の濃さでした。ほぼ黒です。深みもあるので濃いのでしょうけど、影の部分などはそれだけでは済まされない漆黒の黒を感じました。つまりはこれが黒潮なんだと。
同行のIHさんの一言「さすが黒潮ですね~」というのが記憶を刻む手助けをして頂いたと思います。

写真は、またここに来るかも知れないという気持ちから参考のために写しましたが、今このタイミングでまた見直す事になるとは思ってませんでした。

島には切石港と元浦港という2つの港がありますが、写真は切石港のようで、トカラ名物の防波堤GT狙いはベイトとなるトビウオがどちらの港に入ってくるか次第のよう。つまりいずれも釣り場なんです。

どういう装備で行くかはまだノープランですけど、間違いなく私はGTは狙いませんので、写真の防波堤の際を探ったり、突端からのグルクン系狙いの釣りすることになるんだと思います。

昨年悪石島に行くことになったのはIHさんのプランでしたが、個人的にはネットで調べて一番候補はこの諏訪之瀬島なんじゃないかと思ってました。単純に情報が多かったことと、港が2つあるのでいずれかが風裏になったりするかな?という事でした。
でも実際行ってわずかながらですが情報入手した感じだと、この島の次に停留する平島が良さげで、今年はそこにしようと画策したのですが、宿の問題でこちら。そこそこ長居するので島が大きい分面白い体験ができるんではないかと思います。

ちなみに諏訪之瀬島をおさらいすると

鹿児島を発って4つ目の島(鹿児島港→口之島→中之島→平島→諏訪之瀬島→悪石島→)
※昨年は諏訪之瀬島と平島のルートは逆だったけど
だいたい9時間ぐらいの船旅です。料金はたぶん往復で14,000円程度。
週に2便なので天候により島に閉じ込められる可能性もあります(^_^;)

トカラ列島の中でも大きい島で、火山島です。
人口は100名弱のようですが、80年ほど前に大きな噴火があって一旦人家が無くなったようで、その後移住者が多い歴史的には浅い島のようですが、その分若い人も多く人口の割に子供も多いそうです。
昔はヒッピィの聖地とも言われていたよう。
宿は3件で食料品店は無く、自動販売機が3台だけ。食事は三食宿で出ます。まあそんな感じなんで、できれば現地の方とも仲良くなりたいもんです。

5月連休に向け(トカラ・諏訪之瀬島)

31889184_1748939548520420_3.jpg

今年の5月の連休は恐らく10連休になるのではないか、と実しやかに噂が広まってますが実際どうなのか?

4月27日土曜日から休みだとすると、30日の月曜日は「退位の日」で休日。
5月1日が「即位の日」で休日だけど、2日は平日やないか~い!
3日が「憲法記念日」4日「みどりの日」5日「子供の日」、そして6日は振替休日ってことになっているけれども、つまりは2日が休めるなら10連休なのね(^_^;)

仮に2日が仕事であっても前5連休・後ろ4連休ではある。何もしないのはもったいない。というか連休を考えるとスイッチが入り、思考はもうそちらに八割ぐらい向くのです。近々の釣行予定もあるけど、昨日ぐらいからほぼそちら向きです(^_^;)

という訳で様々な手配を考えると、ちょっと焦ってきた。

昨年奄美大島に一緒に行ったMARI-Jさんからは「小笠原釣行」に誘われたけど、10連休あれば日程は大丈夫かも知れないが費用負担は半端無い感じなので却下です。まず東京に行く事から始まるしなぁ。

年末に釣友IHさんとも話したけど、構想としては「大東島」を狙われてます。もう何処なのかすら判らないと思うけど、沖縄から太平洋に向けて300Kmぐらいで、フェリーで沖縄から15時間。北大東島だと空港があるので飛行機でも行けるようだけど、とにかくやはり費用がどんだけ~・・というのがネックです。

いずれもいつか行きたいけどなぁ。

今年は「貧乏暇あり」状態なのです。なぜかと考えたら高級竿を買ったからかな?
竿の使い心地は誠に宜しく、心から満足しているのだけどその代償が「金が無い」なのです。

それでも離島遠征はしたいので、2つの候補を考えました。

奄美大島orトカラ列島

魚種が豊かな感じがするのは奄美だ。前回行って知った奄美からフェリーで15分の加計呂麻島も、とても釣り向きのようで気になる。でも前回のような格安チケットが入手できるのか?

年が明けてから4月末~5月の早割チケットがあるのか気になって、いつも「スカイマーク」のサイトをチェックしていたんだけど、なんと全域3000円キャンペーンなるものが打ち出され、5月連休の特定日に3000円で行けるみたい。1月31日から予約可能だったので、その日の朝早速サイトを開こうとしたが、なんとサーバが込み合ってます、なるメッセージで開かない(+_+)
昼ぐらいにやっと開いたと思ったらすでに完売・・・世間の皆さん目ざといのね~

早割でもまあまあ安く行けるんだけど、今度は宿の問題もありいろいろ調べているうちに、やはり連休中の奄美大島というのは混んでいる可能性も大いにあるなぁと思いだして、ちょっと気持ちが萎えてきた。

ここはやはりトカラかも
どの島に行くべきか悩んでみたが、ネット動画に出てくるのが「平島」が多いので、それを見ているうちにターゲットはそこ(平島)だと思い宿を調べる。3箇所あり、勝手な印象でネットサイトの充実している「大峰荘」というところにメールで問い合わせしたが、2日経っても返事がないので電話してみたらオバチャンが出て、連休は予約がいっぱいだとのこと(T_T)
他に2ヶ所あるけれども一気にトーンダウン。
他も連絡しようとも思ったが、たぶん平島は人気があり過ぎという予感もして諏訪之瀬島の宿を調べてみた。これまた勝手な印象で「民宿ヤマキ」というところに連絡したが、電話先はちょっとぶっきらぼうな印象のオッチャンだったけど無事予約。ぶっきらぼうな中にも愛があるタイプ(^^)・・・違うかな?

という訳で諏訪之瀬島に決定!
※写真は諏訪之瀬島をフェリーから写した昨年の写真です。がっちり火山島で、港も2つあります。

たぶん4月26日(金)の夜のフェリーで出発して、5月1日の戻りのフェリーです。つまりは27~30日まで4日間どっぷりと釣りをする計画です。宿代はかかるけどそれ以外の出費はほぼゼロ。このぐらい行けば、帰ってきたときは諏訪之瀬島の事を住民ぐらいに語る人格も形成されることでしょう(^^)

小笠原・・・

来年の5月は10連休になるようで。
奄美大島に行ったときに釣り友IHさんとMARI-Jさんとせっかくだからどこかに遠征に行こうと話しあっていたが、先日連絡があり「小笠原」はどうかとのこと。

たぶん国内だと最高峰の場所かも(^^)

現時点で連絡頂いた情報によるとGWの乗船券は一斉販売が3月末頃で、キャンプ等の野宿は一切禁止なんだそうです。
つまりは宿の手配も必要なのでなかなかの負担があります。

さくっと調べてみると。
まずは飛行機はありません。
船が定期船、または不定期の客船のみ。定期船が6日に一便(繁忙期は3日に一便)。なので行けば6日間は絶対に帰ってこられないのだ。トラブルがあればさらに6日後になるようで、まずはそれが大きな壁だな。
船は「おがさわら丸」のみで運賃が2等和室(一番安いところ)でも片道25,000円。24時間かかるので、6日中の48時間は船内になる。当然東京に行かねばならないのでその費用も掛かるが、特割があったとして往復2万は最低だろう。
そして小笠原でも「母島」が良いらしいのでさらに父島から母島までの移動が往復約1万。時間にして片道2時間。
レンタカーはあるが一日約7,000円
宿は10か所ちょっとあるみたいだけど、食事込みだと8,000円ぐらいで4泊になるのかな?つまり32,000円

合計は
119000円

まあ12万ってことね。
レンタカーだとこれにガソリン代。細かい移動費とか飲料食費関係と、釣りの餌とかなんらかんらでプラス2~3万にはなると思うので、ざっくり15万だな。

15万か~

まあ・・・無理ではない。無いが。

とりあえず九州を釣り尽くすという夢もあるんだよな。
何が自分にもっとも大事なことなのか。もう少し考えてみよう。

明日から奄美

日曜日の夜にやっているドラマ「今日から俺は」
面白いなぁ。普段はほとんどテレビ見ないんだけど・・・
タイトルをそれ風のテイストにしてみました
「今日から俺は」→「明日から奄美」
どーでもいいですね(^_^;)

日々変わる天気予報ですが、直近の予報では明日&明後日は雨は降らない感じ。
何せ夜釣り予定なので雨の中は辛い。
そして気温も最低が21度。きっと過ごしやすいと思われます。
二泊三日で宿の手配をした夜から雨。翌日月曜日は昼の便で戻るけど、直前にちょい釣りしようと思ったがそれは厳しいのかも知れない。未練が残るのか大満足で終えるのかは不明ですが、まあほぼ不安な状況は無くなりました。日頃の行いかな(^_^;)

「釣具のポイント」のPointがまあまあ溜まっていたので
46079724_2011081585639547_1310672973329334272_n.jpg
手出し200円♪
46106996_2011081578972881_7538038367531827200_n.jpg
最低限の道具にしたいと思い整理して・・・これ

まあ糸とハリと餌があれば竿やリールが無くても魚釣りはできるし(^_^;)
いやもちろん別に竿リールは持って行くけど・・・

今日一日は季節変わりの風邪など貰わないよう、体調を整えて臨みますよ♪

このカテゴリーに該当する記事はありません。