FC2ブログ

宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

◎防波堤&船(延岡市・北浦)2018/12/29~30

2018年を締めくくる釣行は旅のアテンドでした(^^)

29日の朝、日南市油津駅に朝7:30にお迎え
PC293458s.jpg
初めて見る油津の赤い駅。広島カープのキャンプに合わせ昨年だったか今年初めだったか駅舎を赤く塗った事が話題になりました。
48987006_2075362269211478_7134329764038311936_n.jpg
駅の前のオブジェもカッコイイなぁ。金属マグロ!

アテンドする旅人は、私が最もリスペクトしている魚譜画家の「長嶋祐成」さん
彼のサイト(↓)を見て頂くと一目でどんな方なのか判ると思います

魚の譜uonofu

簡単に紹介すると、大阪出身で石垣島在住。魚の姿を繊細且つ大胆に描く新鋭画家で、数多くの個展や水族館関連の魚絵の委託を受けていたり、絵本を作ったり。
私が魚の絵を描きたいと思ったのは長嶋さんのサイトを見て影響を受けているのですが、魚の表情も色彩も、とても真似はできない私の絵の目標の作家さん・・・
私が石垣島に行ったときに交流できて、今回は宮崎まで遊びに来てくれたのでした。

半月ほど前に連絡があり、27~30日の三泊四日で宮崎に来るとのことだったけど、残念ながら私は28日まで仕事だったので29日から行動を伴にする約束。それまでは日南界隈の防波堤で釣りをしながら日を過ごされていて、油津駅の前の宿に宿泊されてました。

私が組んだプランは、延岡の大ちゃんにお願いして船を出してもらう予定だったけど、こんなタイミングで訪れる大寒波。
好天だけど風がかなり強い予報なので、大ちゃんとも前日から緻密に連絡を取り合っていたけれども、どうも厳しいようだ。
代理案としてはもう、魚影がある防波堤を目指すのみなのだが、この日の夜は延岡に宿をとっているので北部での釣りをプランニング。途中堀切峠などに立ち寄って景色を見てもらいながら北上。
昼前から北浦の港の中で釣りを開始

PC293460s.jpg
風裏になるだろうと思ったこの場所も、けっこう巻き込んでくるので釣り辛いのだけれども・・・

とりあえずいつもの外道君達は釣れる

PC293465s.jpg
向かう途中にも会話していたキタマクラ・・・
コヤツだけは絵を描く気にもならない。のだけど、よくよく見たら面白いモチーフなのか?いややっぱり無理(^^)

PC293468s.jpg
いつものクロホシイシモチ
・・・あちゃーこれネンブツダイでした(^_^;)

PC293472s.jpg
アカササノハベラと

PC293473s.jpg
ホシササノハベラと

おっ!
PC293461s.jpg
ちょっと嬉しいオハグロベラの雌。23Cmは大きい方じゃないのかな?これも北浦でしか見ないなぁ。

ルアーマンの長嶋さん※堅苦しい言い方なのでこれから先はユウちゃんと呼ばせて頂きます。
・・・は足元にワームを落として防波堤散策。昼飯を惜しんで釣りをする姿は、画家である前にやはり釣り人。

そして
PC293482s.jpg
この子はガンガンアタックしてくれるようです。※アナハゼ

船は出せないものの、船付場にていろいろ作業をされていた「大ちゃん」も登場して
PC293489s.jpg
大ちゃんユウちゃんのルアーマンコンビ
私は竿を引っ込めて、寒さに身を震わせながら写真撮影(^_^;)

いい魚は出ないけど、ちょこちょこと反応があるようで楽しまれてました。

しばらくここで時間を費やして

PC293494s.jpg
PC293496s.jpg
高台から景色を眺めてみたり、

PC293502s.jpg
スミエ水族館を覗いてみたり、

夜はさすがに忘年会&帰省の影響なのか、なかなかお店が空いておらず苦戦したが
地ビールの「ひでじビール」直営店に潜りこむ事ができて

PC293525s.jpg
ザ・宮崎
(チキン南蛮・地鶏・めひかり)
49140175_538091553333474_28.jpg
魚談義で大盛り上がり!

すっかり出来上がって(^_^;)

2件目の居酒屋で、ビール一杯で席を立ち、腹減ったといいラーメン屋に向かってみたり
PC293526s.jpg
ここのマスターはとんでもない釣り人でした(^^)
ラーメンも美味~い!

お開きかと思いきや・・・スナック

そこでも盛り上がってあっという間に午前様

そして更に大ちゃんは千鳥足でどこかに消えていった(^_^;)

記憶もおぼつかないほど飲んだのは10年ぶりぐらいか・・・とにかく翌朝8時出発を約束して

えっとここはどこ?という目醒めの
翌朝

南下しながら釣り場を探す事にして出発し、まず延岡新港に立ち寄ってみたところで

数時間前にボロボロだった大ちゃんから
「風無いようなので船出しますよ~」とメール

急いで船付場に向かい出発!有余は3時間程度。PM3時には宮崎空港に着かねばなりません。

PC303528s.jpg
数日の北西の風によって海は凪で、磯場も釣り人でにぎわっているが

沖は結構な風で寒いし微妙に風波でざわついている。こりゃ厳しいなぁと思っていたけど、船長大ちゃんの好誘導により大きな移動3箇所めにて

PC303529s.jpg
カサゴに

48987101_1881538678641944_2.jpg
マダイ

2018oomon.jpg
オオモンハタ
・・・・おや?
PC303537ss.jpg
ハイひょっこりはん

49050786_1881538995308579_2.jpg
ホウボウ

何とも神掛かり的釣果!
大物でリーダーぶち切れというオマケ付

大ちゃんも船長の意地
PC303543s.jpg

私?ユウちゃん釣れろ・・・と念を送ってました(^_^;)
つまりはユウちゃんの釣果が私の喜び(^_^;)

言い訳すると・・・使っていたタイラバ仕掛があまり良くなかったかな?

そんなこんなでタイラバで出る魚種はしっかり釣り上げて、PM12:30には終了

かっとびで係留場所に戻り宮崎空港まで送って・・・最後は慌ただしかったけど無事アテンド終えました。

ネット社会ならではこその出会い、このような有意義な日が過ごせる事に感謝します。
ユウちゃん・大ちゃんありがとう!

2018年最後の釣行記は有終の美が飾れました。個人的に釣果は微妙だけど、想いで深き行動ができたことが最高なのです!

◎船釣行2日め(2018/10/28)延岡市・北浦沖

私が住む宮崎県国富町から今回の釣り場の延岡までは、車で行けば一般道路だと2時間超で、高速を使えば1時間半。
この30分をお金で買うと土日割引でも片道1400円ぐらいです。
高速か一般道で行くかは気分次第だけど、今回は最初の行きは一般道。帰りは高速。そして二日目も高速でした。夜は自宅にPM8:30ぐらいに戻り、翌朝はまた朝7時に初日と同じコンビニで合流するために5時に出発。途中で釣具店にも寄りたいので。

PA282882s.jpg

万能餌のキビナゴ&前日の反省を踏まえて大きなエビ(シバエビ)を購入

そしてメンバーも4名になりました

PA282878s.jpg

私のブログではお馴染みの釣り友、IHさんとYAさん(♀)

前々日の予報では土曜日は微妙な波高で日曜日は落ち着く感じだったが、どうも変わったみたい。
船が係留してあるかなり湾奥までわずかなうねりがあるし、船で出て行った人が引き返してきた。波があるぞ~と手合図されるがどうなんだ?

PA282889s.jpg

湾の中では想像もできなかったが、確かに出てみると凄い。前日よりかなり大きくうねりがある。ピッチの長い大きなうねりなら船は木の葉が乗っかっている状態なので危険性はないが、この日は前日の夕方から吹き出した風のせいか、とても嫌な感じのパチャパチャもあり、さすがに外は厳しいようなので当初の予定の場所(前日マダイが釣れた場所)は諦めて湾内。
写真の瀬が見える「北浦」と「島之浦」の間の湾内で開始です。数艇の遊漁船もその周辺で船を流してます。

9時ぐらいから釣りを開始し、1時間半ぐらい誰にも反応がない厳しい状態。だけども移動場所もない。

やっと釣れたのが

PA282893s.jpg
チダイだ

ほぼ同時ぐらいにIHさんも「シロサバフグ」通称「金フグ」が釣れた。

その後もやっと

PA282900s.jpg
PA282903s.jpg
PA282905s.jpg

これらが釣れるが、とにかく釣れない時間が長い。
せっかく購入したシバエビも頭がかじられるだけでハリ掛かりはしない。小さいフグじゃないかな?

船長大ちゃんは意を決して場所移動。風は弱かったせいか昼ぐらいには波のパチャパチャも落ち着いてきたので、前日の場所に行ってみるが・・・・

釣れない(T_T)

どうも海が荒れて底がかき混ぜられているんじゃないかという予想。

しばし粘って再度湾内に戻ってみるが、もうこれで終了なのか?と思いきや

大ちゃんの「行っていいですか?」で南のカンパチポイントへ

朝はとても無理と感じた波の高い場所で、行ったときもまだうねりは大きいが釣りは大丈夫な感じだ。

そして魚探に魚影が移る場所にて・・・探りのジギング一投目

PA282910s.jpg

キター!\(^o^)/

大ちゃんの雄叫び~

PA282913s.jpg

カンパチ~でか!羨ましい!

でもさすが名うてのルアーマンはこれで終わらず、カンパチいれず・・・いやカンパツ(間髪)いれず(^_^;)ジグを落としてサクッと2匹目もゲット。あっという間に2匹。

そしてキビナゴ餌を落とし込んでいたIHさんも

PA282918s.jpg

さらに船の先端で、なんとスルルー釣りをしていたYAさん(♀)も

PA282921s.jpg

PA282922s.jpg


ひえ~一人置いてかれた~

ってか地合い・・・・逃した・・・のか?

私の仕掛けは落とし込みで、7本のハリにキビナゴを鯉のぼり状態にぶら下げたもので、アピール力はありそうなんだが。
生餌だったら確実に食らいついてきたんだろうけど、それにしてもIHさん・YAさん(♀)も餌はキビナゴだし。

何度か船を付け替えて、また大ちゃんが叫ぶ。1匹追加!

そしてさらに1匹

大ちゃんがスーパーで買ってきたマアジがあったのでキビナゴの代わりに付けて、誘いを入れてみると・・・

44956648_274579886502553_55.jpg

きたー!

磯竿3号だが持つのか?相当巻き上げて上で食ってきたから底にあたる事はないだろう・・・と思うので、ここは慎重に出したり引いたりしながら・・・

そして

PA282930s.jpg
げとー!

76Cm4Kgでした。めでたし

そしてカラスも鳴く時刻。ドラマのような終焉を迎える事ができ、良かった良かった。
まあでも圧巻なのは大ちゃんの短期集中。カンパチは苦手といいながらサクッと4匹上げたのは驚いた。

PA282935s.jpg

私のクーラーボックスは

PA282937s.jpg

これぞ・・・価値ある一匹です。

それにしても最後に私だけ釣れてない時間帯に、皆さんが「釣れろ~」って願ってくれている感じがとてもプレッシャー(^_^;)いやいや、有難かったですよ~

44996207_1992495790831460_2111749051945844736_n.jpg
45019856_1992495804164792_6421081132355289088_n.jpg

一日寝かせて熟成

美味しく頂きました!

2日連続の船釣行は、これを記述の本日木曜日だけども、まだ昨日の出来事のように鮮明に記憶が残ってます。楽しかった証拠(^^)

◎船釣行1日め(2018/10/27)延岡市・北浦沖

フェイスブックにていつしか知り合いになり、毎年恒例のオフ会でも皆をにこやかにしてくれる言動や、料理・片づけなども人一倍働いてくれる「大ちゃん」
釣りはかなりの手練れのルアーマンで、武勇伝も数多く持ってらっしゃいます。
以前から船釣行のお誘いを頂き、やっと実現できました。

「27か28日のどちらかで行けませんか?」と連絡してみると

「残念ながら両方空いてますから、両方とも行きましょう!」

(^_^;)過去に経験がない船釣り2連ちゃん

PA272818s.jpg

朝7時に延岡市
指定のコンビニ前で合流

PA272822s.jpg

最初から驚きの、港に据え付けられている製氷小屋
300円で27Lのクーラーボックスが満杯になるほど氷が出ます
また氷の種類も荒めか細かいかの選択可能

PA272819s.jpg

施設に車を止めると「のら」の数も凄い。写真の3倍ぐらいの数がだだだだっと集まってきた(^^)

PA272826s.jpg

大ちゃんの船!
以前から持っていたようですが最近再整備されて、係留場所も変え現在の場所へ
延岡の個人船が大集合してるような場所です

PA272825s.jpg

いつも気になるんだが、船の数ってどの地域も凄いな。だけどいつも停まったままが多いけど、皆さんいつ船を出されているのでしょう(^_^;)

PA272824s.jpg

鯛ラバの竿を新調しました。Daiwaの「紅牙」ハードタイプ。万札約1枚。リールは以前から所有

二年半前に竿は折れたまま、調達の機会を逃してましたが、せっかくの鯛ラバ釣行なので購入。他の竿で代用しようか迷ったけど。結果的には竿の効果が大だったような気もするこの釣行。

ちなみに折れた際のブログ
◎喜界島遠征2016(三日目以降)2016/5/6~8

様々な準備を終えて出発したのが9時過ぎで、まず最初のポイントは南浦の沖。
大ちゃんは基本はジギングで、落とし込み用と鯛ラバの3種の釣りがいつでもできるように準備
私は鯛ラバメインで、場所によっては落とし込みができるように磯竿3号に同軸リールを用意

到着して数投目、まず私の竿に反応

44895590_314497386051389_37.jpg

記念の1匹目は小型のオオモンハタ・・・地方名だと「イギス」

そして2匹目!

44863262_1172324762915083_7.jpg

イギスの大物。53Cmでした!

PA272833s.jpg


えっと、もう満足したかも、いい日だったかも!

「あららさん、これからですよ~」

ってことでマキマキを繰り返すと

PA272837s.jpg

アカハタ2匹・カサゴを追加

なんて日だ。これほど鯛ラバで好反応だったことは過去にあったか?とにかくアッという間に3種5匹
わずか1時間ほどの間です

ちなみに鯛ラバは

PA272848s.jpg

錘は自作です(^_^;)
とは言っても鉛のベースは売っていて、アクリルで色塗っただけだが、3年近く放置していたのでヒビも入ってます。釣れるか心配だったけど、逆にベストマッチみたい(^_^;)

PA272841s.jpg

大ちゃんもジグで・・・カサゴ

雰囲気は良かったのだが風波がだんだんと出てきた。荒れてくる雰囲気だったので早めに場所移動

・・・移動途中に

PA272844s.jpg

死骸です。甲羅の後ろが割れていて船の塗装が付いている。交通事故だな(T_T)
ここまで成長するのに何年かかったんでしょうね。

2ヶ所目はマハタの実績があるという落とし込みのポイントで開始

大ちゃんは「落とし込み」。私はお試しで「テンヤ」をやってみるが・・・

「落とし込み」・・・・ベイトが付かない※擬餌針にマアジなどの小魚が付きません
「テンヤ」・・・・購入したエビが小さすぎて歪(T_T)

仕方なく私、また鯛ラバに戻すと・・・

PA272851s.jpg
おおっ、イトヨリ

PA272856s.jpg
3匹目のオオモン。30Cmちょっと

PA272860s.jpg
マエソ(^_^;)・・・これは紛らわしいけど尾鰭下縁が白いからマエソと判ります。黒ければ「ワニエソ」「トカゲエソ」という似た種もいます。ウンチクすんません(^^)

そして・・・

44905844_2413304358896394_1.jpg

きちゃった~大本命。マダイ43Cm
PA272862s.jpg

テスト的に緑色の錘や、スカートの色も緑・白などに変えてみたが、釣れるのはオレンジばかりだ。

ベイトが付かず苦戦の大ちゃんも、何とか付いたマアジ餌で

PA272871s.jpg
PA272873s.jpg
オオニベの中の下というサイズだな。大ちゃんは子ニベと表現してました

ベイトには
PA272874s.jpg

この魚が多いようです。サクラダイ(雄)

これはマアジのように食い込まないらしいです。肉食魚もグルメなんだな。

潮のせいか喰いも落ちて、気が付くとあっという間の夕刻

日暮れのタイミングで撤収

44959278_1986483798099326_3746843896101994496_n.jpg

40Lのクーラーボックスの中はなんともいい感じ~

8種釣れたし美味いもんばかりだし、まあ二重丸の結果でしょう。
明日もまたあります

ところで

連日なので延岡で宿泊しようと思っていたけど4ヶ所電話したが断られた。

1ヶ所め「あの~今日なんですが泊まれませんか?」・・・「今日は申し訳ありませんが空きがありません」
2ヶ所め「今日なんですけど空いてませんか?」・・・「えっと・・・ああ満杯ですね~」
3ヶ所め「今日は空いてませんか?」・・・「すみません。今日は全室ご予約を頂いております」
4ヶ所め「えっと、今日は」・・・・「空いてません!」

最後の電話でぷっちん。同じ場所にかけているわけじゃないのに、あしらいが雑。なんで?
というか・・・何かイベントがあるのか、はたまた当日ってのは何がしかの理由があって難しいのかな?

まあそんなわけで自宅に帰宅。戻ってみると車で高速を使って1時間半だ。さほどの苦ではなかったな。でも翌朝も朝早く出発なのです。もう満足というか、次の日にこれ以上の結果が出るとは思えないのだがはて。

明日に続く(^_^;)

◎船天秤イサキ狙い(宮崎市・黄金の瀬)2017/7/17

元々釣り友KAさんが4名(貸切)で押えていたせいゆう丸だが、本人は行けなくなって代理人を集めて「Teamあらら」結成(^_^;)
私の連絡不行き届きにて思っていたメンバーは若干変わり、お馴染みのISO師匠とIHさんに、初顔の「弟」です(^^

orca_share_media15003795760.jpg
前日、夜釣りから戻った後に仮眠して、昼過ぎに実家に戻ると末っ子の弟も来ていたので「明日は釣り行くぞ!」と兄の権限を行使(^_^;)
ちなみに私は4人兄弟で、この間にも弟・妹がいます。

さてそんなメンバーだが・・・

気になる天候は、波は穏やかで晴天。真夏の晴天はちょっと怖い。日射病対策は万全。暑いけど長袖に首筋を厚くガード。
P7170104s.jpg

まずは港を出て直ぐのタンク前ポイントにて。
昨年から定置網が入っているので魚が獲れなくなったと嘆いていた船長だけど、最近は台風対策のために網が外してあるようで、魚が戻ってきたかもしれない、とイサキ狙いの前にマアジ探索。

最初から全員安打で良型マアジが釣れたけど、1匹づつ釣れた後はアジ子に変わり大物の気配が無くなった。
魚はアジ子を中心に凄い数いる感じだが、大物を小魚の大群が追い払ったってことだろうなぁ。
って事なので本命イサキ狙いのために沖に移動

P7170106s.jpg
久しぶりに見た紺瑠璃の海。これぞマリンブルーだな。喜界島とか西表で見る青です。黒潮が寄ってきた証拠。

棚を見つけるまでは
P7170109s.jpg
大きなカゴカキダイや
P7170111s.jpg
お馴染みアカササノハベラが釣れていたけど

棚を見つけると・・・
P7170122s.jpg
キター\(^o^)/

本命イサキ
P7170119s.jpg
30~35Cmほどが入れ食いになる。やっぱり棚だよなぁ。

ときに
P7170115s.jpg
暑さでボケていて、現地ではムロアジですね~なんて答えてたけど「クサヤモロ」ですね。

P7170124s.jpg
サバはゴマサバ。最近アニサキス話題が結構賑わったけど、簡単にはいませんよ~

もうガンガン釣れる感じだが、だんだんと飽きてきてISO師匠はシマアジ釣りたいと叫ぶ

そして!
P7170125s.jpg
おおっ!大きく竿が曲がった!

P7170127s.jpg
・・・・残念 ハゴイタ※ウスバハギ

また曲がった!
P7170128s.jpg

P7170129s.jpg
・・・・残念(^_^;) サンノジ※ニザダイ

・・・・えっと。ドンマイ

でももっと強烈な引きで・・・・ついに!

P7170133s.jpg
ドンマイ・・・

いやいやこれは高級食材!美味しいヒラソウダですよ~
50Cm程度の良型です。ちょっと羨ましい。

その後もっとも大きな雄叫びを上げたのはIHさんでしたが・・・・

釣れていたのはコバンザメの一荷。あら写真忘れてる・・・・・

雄叫びに反応して船長もピットから出てきたけど、もうなんだコヤツらは的な視線(^_^;)

P7170136s.jpg
私にはこれも釣れたが・・・・リリースです。もうお腹いっぱい

ISO師匠が本命イサキをリリースし出したので・・・終了※PM2時半。

だって

20046659_1459338564147188_95231016573025697_n.jpg

クーラーボックスに入りましぇーん。嬉しい悲鳴

十数年ぶりの船釣りで弟はゲロゲロだったけど、それでも私の半分ほどは釣ってました(^^
何匹釣れたか・・・数えてません。たぶん30匹ぐらい。

帰りにお魚を配って自宅には
大きなゴマサバ1匹イサキ4匹残しました。

さほどお腹も膨らんでないようだったけど、すべて卵・白子が入ってました!美味かったけどゴマサバがまた絶品!

もう3年分ぐらい釣れたのでイサキは満足。
有馬船長のお蔭です(゚∀゚)

○船天秤・サビキ(宮崎市・内海沖)2016/10/29

最近は船釣りがちょっと恐怖。船酔いしちゃうんです。どうも船酔いと胃腸の不調の関連があるのかもなぁ。
そんなだから一昨日の沿岸波浪予報を見て悪い予感がムンムンだったけど、まあ予想していた通りでした(T_T)

もし厳しそうだったらその時は宮崎港で船キス釣りという予定でもあり、個人的にはできればそちらに行きたいぐらいだったんだけどAM5時前にせいゆう丸船長に連絡したら、北風予報に反して風は西で、内海港前辺りは凪だそうで漁船も多く出航しているとのこと。
ちょっとゆっくり目のAM7:30出発予定なので自宅は5時半ぐらいに出て食糧・餌をいつものパターンで購入し港へ。
PA298287s.jpg
普段乗り込む内海港の奥湾は現在海底整備の為に工事が入っていて、せいゆう丸の発着も海に近いエリアで仮係留です。

船長に挨拶すると・・・「今朝はいいサイズのタチウオが釣れたよ♪」って事で
PA298286s.jpg
指4本サイズですね~
PA298285s.jpg
すんごい牙だ。

船長の朝のお遊び、キリキリパーなる船流しの仕掛でサゴシ※サワラ1匹とタチウオ5匹を短時間に確保されてました。

さて出発するとやはり・・・大きなウネリがある。しかも結構な北風。

まずは天秤仕掛。最近は市販品を使います。イトは4.5mの3本ハリ。4号イトにチヌハリ4号ぐらいかな?
まず口火を切ったのは私でした。
PA298289s.jpg
チダイ32Cm。

一投目からいい感じです。船長が潟ポイントと呼ぶその場所は、台風等の影響だけど最近全く魚影が見えずにもう何日も魚が釣れて無かったようだ。

二投目
PA298292s.jpg
本命マアジが一荷で。まあ中アジってサイズだけど。

三投目には、アジのアタリらしき引きがあって巻き上げる途中に何か大物が竿をカッタクって、仕掛ごと持って行かれた。
想像ではカンパチだ。いいぞ~

その後もポツポツと釣れる
PA298295s.jpg
同行者にオキアジが釣れ、欲しいなぁと思っていたら私も釣れた。大きな群れが入った模様。

PA298303s.jpg
マダイも釣れたけど、これは微妙なサイズなので海にお帰り頂いた。

スタートから2時間程度、個人的にはマアジ6匹・オキアジ2匹・チダイ1匹に
PA298300s.jpg
30Cm前後だけどキチヌも2匹釣れてもう満足だ。

私はなぜか好調だったけど・・・私だけ。運だと思うけどその日どの釣座に居るかで運命は判れる気がする。運が良かったんだな。いつもの道具・仕掛なので何かが良かったという気もしない。

2時間過ぎた頃には私にもアタリが遠のき
ポツンと釣れたマルアジを最後に移動
PA298309s.jpg
40Cmに近い良型

大きく南エリアに移動する事30分。この30分が最悪でした。一気に体調不良突入。もう釣りどころではなく、どうしたらこの気分を払拭できるかって事しか考えられない。

小鯵が底にいて数匹釣れたのでこれを活かして、
PA298312s.jpg
仕掛をこんなやつに変更。

オオニベかカンパチ来てね~と吐き気を我慢しながら願う・・・・

しかしながら風波も入り揺れる船の中で、完全にモチベーションはゼロです。

ただちょっと全体の釣果が少ないせいで、このままでは戻れないという船長の判断なのか、もう一回大きく移動し、

PA298324s.jpg
サバのポイント※ゴマサバだけど食い頃サイズだ。

PA298314s.jpg
ISO師匠もこの場所で悲願のオキアジも釣れました。初だそうで。

サバが暴れて4人同時に仕掛が絡み、ぐちゃぐちゃになったタイミングで皆さんも満足されたようです。
※個人的には大移動の前に満足していたので、何とか早く港に戻りたいという気持ちがあったけど、TPOをわきまえて無言でしたよ~。ってか言葉を発する元気なし。

戻りの30分もしんどいだろうなぁと思っていたが

PA298326s.jpg
コヤツがずっと船についてきます。オキアミを投げたら反応し食べて、またくっ付いてくる。港の係留場所まで付いてきた。
冬になると訪れるせいゆう丸の船長の子分「カー助」君なのかな?

癒されて、何とか船酔いは凌げました。

でも自宅までひきずって戻るやいなや3時間ほど仮眠

PA298332s.jpg
結果はこれだけ。充分です。

PA298335s.jpg
とりあえずオキアジとゴマサバは刺身で食べてみた。残りは今晩です(^^

サバも充分だけどオキアジ美味いなぁ、やっぱり。

このカテゴリーに該当する記事はありません。