宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

◎船天秤イサキ狙い(宮崎市・黄金の瀬)2017/7/17

元々釣り友KAさんが4名(貸切)で押えていたせいゆう丸だが、本人は行けなくなって代理人を集めて「Teamあらら」結成(^_^;)
私の連絡不行き届きにて思っていたメンバーは若干変わり、お馴染みのISO師匠とIHさんに、初顔の「弟」です(^^

orca_share_media15003795760.jpg
前日、夜釣りから戻った後に仮眠して、昼過ぎに実家に戻ると末っ子の弟も来ていたので「明日は釣り行くぞ!」と兄の権限を行使(^_^;)
ちなみに私は4人兄弟で、この間にも弟・妹がいます。

さてそんなメンバーだが・・・

気になる天候は、波は穏やかで晴天。真夏の晴天はちょっと怖い。日射病対策は万全。暑いけど長袖に首筋を厚くガード。
P7170104s.jpg

まずは港を出て直ぐのタンク前ポイントにて。
昨年から定置網が入っているので魚が獲れなくなったと嘆いていた船長だけど、最近は台風対策のために網が外してあるようで、魚が戻ってきたかもしれない、とイサキ狙いの前にマアジ探索。

最初から全員安打で良型マアジが釣れたけど、1匹づつ釣れた後はアジ子に変わり大物の気配が無くなった。
魚はアジ子を中心に凄い数いる感じだが、大物を小魚の大群が追い払ったってことだろうなぁ。
って事なので本命イサキ狙いのために沖に移動

P7170106s.jpg
久しぶりに見た紺瑠璃の海。これぞマリンブルーだな。喜界島とか西表で見る青です。黒潮が寄ってきた証拠。

棚を見つけるまでは
P7170109s.jpg
大きなカゴカキダイや
P7170111s.jpg
お馴染みアカササノハベラが釣れていたけど

棚を見つけると・・・
P7170122s.jpg
キター\(^o^)/

本命イサキ
P7170119s.jpg
30~35Cmほどが入れ食いになる。やっぱり棚だよなぁ。

ときに
P7170115s.jpg
暑さでボケていて、現地ではムロアジですね~なんて答えてたけど「クサヤモロ」ですね。

P7170124s.jpg
サバはゴマサバ。最近アニサキス話題が結構賑わったけど、簡単にはいませんよ~

もうガンガン釣れる感じだが、だんだんと飽きてきてISO師匠はシマアジ釣りたいと叫ぶ

そして!
P7170125s.jpg
おおっ!大きく竿が曲がった!

P7170127s.jpg
・・・・残念 ハゴイタ※ウスバハギ

また曲がった!
P7170128s.jpg

P7170129s.jpg
・・・・残念(^_^;) サンノジ※ニザダイ

・・・・えっと。ドンマイ

でももっと強烈な引きで・・・・ついに!

P7170133s.jpg
ドンマイ・・・

いやいやこれは高級食材!美味しいヒラソウダですよ~
50Cm程度の良型です。ちょっと羨ましい。

その後もっとも大きな雄叫びを上げたのはIHさんでしたが・・・・

釣れていたのはコバンザメの一荷。あら写真忘れてる・・・・・

雄叫びに反応して船長もピットから出てきたけど、もうなんだコヤツらは的な視線(^_^;)

P7170136s.jpg
私にはこれも釣れたが・・・・リリースです。もうお腹いっぱい

ISO師匠が本命イサキをリリースし出したので・・・終了※PM2時半。

だって

20046659_1459338564147188_95231016573025697_n.jpg

クーラーボックスに入りましぇーん。嬉しい悲鳴

十数年ぶりの船釣りで弟はゲロゲロだったけど、それでも私の半分ほどは釣ってました(^^
何匹釣れたか・・・数えてません。たぶん30匹ぐらい。

帰りにお魚を配って自宅には
大きなゴマサバ1匹イサキ4匹残しました。

さほどお腹も膨らんでないようだったけど、すべて卵・白子が入ってました!美味かったけどゴマサバがまた絶品!

もう3年分ぐらい釣れたのでイサキは満足。
有馬船長のお蔭です(゚∀゚)

○船天秤・サビキ(宮崎市・内海沖)2016/10/29

最近は船釣りがちょっと恐怖。船酔いしちゃうんです。どうも船酔いと胃腸の不調の関連があるのかもなぁ。
そんなだから一昨日の沿岸波浪予報を見て悪い予感がムンムンだったけど、まあ予想していた通りでした(T_T)

もし厳しそうだったらその時は宮崎港で船キス釣りという予定でもあり、個人的にはできればそちらに行きたいぐらいだったんだけどAM5時前にせいゆう丸船長に連絡したら、北風予報に反して風は西で、内海港前辺りは凪だそうで漁船も多く出航しているとのこと。
ちょっとゆっくり目のAM7:30出発予定なので自宅は5時半ぐらいに出て食糧・餌をいつものパターンで購入し港へ。
PA298287s.jpg
普段乗り込む内海港の奥湾は現在海底整備の為に工事が入っていて、せいゆう丸の発着も海に近いエリアで仮係留です。

船長に挨拶すると・・・「今朝はいいサイズのタチウオが釣れたよ♪」って事で
PA298286s.jpg
指4本サイズですね~
PA298285s.jpg
すんごい牙だ。

船長の朝のお遊び、キリキリパーなる船流しの仕掛でサゴシ※サワラ1匹とタチウオ5匹を短時間に確保されてました。

さて出発するとやはり・・・大きなウネリがある。しかも結構な北風。

まずは天秤仕掛。最近は市販品を使います。イトは4.5mの3本ハリ。4号イトにチヌハリ4号ぐらいかな?
まず口火を切ったのは私でした。
PA298289s.jpg
チダイ32Cm。

一投目からいい感じです。船長が潟ポイントと呼ぶその場所は、台風等の影響だけど最近全く魚影が見えずにもう何日も魚が釣れて無かったようだ。

二投目
PA298292s.jpg
本命マアジが一荷で。まあ中アジってサイズだけど。

三投目には、アジのアタリらしき引きがあって巻き上げる途中に何か大物が竿をカッタクって、仕掛ごと持って行かれた。
想像ではカンパチだ。いいぞ~

その後もポツポツと釣れる
PA298295s.jpg
同行者にオキアジが釣れ、欲しいなぁと思っていたら私も釣れた。大きな群れが入った模様。

PA298303s.jpg
マダイも釣れたけど、これは微妙なサイズなので海にお帰り頂いた。

スタートから2時間程度、個人的にはマアジ6匹・オキアジ2匹・チダイ1匹に
PA298300s.jpg
30Cm前後だけどキチヌも2匹釣れてもう満足だ。

私はなぜか好調だったけど・・・私だけ。運だと思うけどその日どの釣座に居るかで運命は判れる気がする。運が良かったんだな。いつもの道具・仕掛なので何かが良かったという気もしない。

2時間過ぎた頃には私にもアタリが遠のき
ポツンと釣れたマルアジを最後に移動
PA298309s.jpg
40Cmに近い良型

大きく南エリアに移動する事30分。この30分が最悪でした。一気に体調不良突入。もう釣りどころではなく、どうしたらこの気分を払拭できるかって事しか考えられない。

小鯵が底にいて数匹釣れたのでこれを活かして、
PA298312s.jpg
仕掛をこんなやつに変更。

オオニベかカンパチ来てね~と吐き気を我慢しながら願う・・・・

しかしながら風波も入り揺れる船の中で、完全にモチベーションはゼロです。

ただちょっと全体の釣果が少ないせいで、このままでは戻れないという船長の判断なのか、もう一回大きく移動し、

PA298324s.jpg
サバのポイント※ゴマサバだけど食い頃サイズだ。

PA298314s.jpg
ISO師匠もこの場所で悲願のオキアジも釣れました。初だそうで。

サバが暴れて4人同時に仕掛が絡み、ぐちゃぐちゃになったタイミングで皆さんも満足されたようです。
※個人的には大移動の前に満足していたので、何とか早く港に戻りたいという気持ちがあったけど、TPOをわきまえて無言でしたよ~。ってか言葉を発する元気なし。

戻りの30分もしんどいだろうなぁと思っていたが

PA298326s.jpg
コヤツがずっと船についてきます。オキアミを投げたら反応し食べて、またくっ付いてくる。港の係留場所まで付いてきた。
冬になると訪れるせいゆう丸の船長の子分「カー助」君なのかな?

癒されて、何とか船酔いは凌げました。

でも自宅までひきずって戻るやいなや3時間ほど仮眠

PA298332s.jpg
結果はこれだけ。充分です。

PA298335s.jpg
とりあえずオキアジとゴマサバは刺身で食べてみた。残りは今晩です(^^

サバも充分だけどオキアジ美味いなぁ、やっぱり。

○船天秤・サビキ(宮崎市・内海沖)2016/9/22

前夜には秋カンパチの大物が釣れる夢を抱いて、朝2時過ぎには目覚めて眠れなかった船釣り。
いつも出発時刻ぎりぎりに行って待たせる事も多いので、自宅を1時間半前に出発して餌の調達などして30分以上前に行ったら一番乗りでした。
余裕があったつもりなのに、集魚用のアミエビは購入したのに、付餌を買い忘れていた(^_^;)

P9227673.jpg
台風通過後、「せいゆう丸」の待ち合わせ場所は本来漁業船の避難港なので、まだ大きい船が港に居座っていて、出るためにはロープを掻い潜ってという苦労があります。

伊勢海老漁も解禁したばかりだし、今が稼ぎ時なのに、漁師さんも高齢のせいか落ち着いたもんです。なかなか船を移動してくれないようで・・

港を出ると・・・・・

やばい。

ピッチが短めの波で船が揺れる。悪い予感がします。

最近カンパチが釣れている潟のポイントに到着する頃にはすでに吐き気が(^_^;)

その周辺を魚探で探られると、さすがに台風の影響か魚影が見えないそうで。海の色も酷い濁りだ。

そんな訳で沖に約1時間かけて出発!足が遅い船なので時間はかかります。
その際もすでにグヘッって感じ。

沖のポイントに到着すると、さすがに潟よりは濁りもないが本来の深く綺麗なブルーでもない。

すぐに

P9227676s.jpg
良型マアジ!40Cm近くはある。

P9227677s.jpg
続けてこれ。結構な手応えがあったので期待したけど・・・愛称ハトポッポ。標準和名イラ。
45Cmほどある大物です。リリースしたかったけど口から内臓が飛び出して申し訳ないので食べちゃいます。
※イラは漁師も捨てる魚だったけど、最近評価が上がっているようにも聞きます。逆に楽しみ。

P9227681s.jpg
チダイも連続で釣れる。小さ目はまったく手応えなし。

P9227682s.jpg
チダイに混じって1匹だけこれ。ゴマサバです。お腹のゴマ模様が出てなくても、体の中心に縦模様の薄い黒斑点が並んでいるのがゴマサバで、それがないのがマサバです。

スタートダッシュよろしくコンスタントに釣れだしたのだが、表面は下り底が上りの2枚潮のようで、船のイカリが外れて流されだし反応が遠ざかった。再度付け直そうとされるけど風と波とのバランスが悪いようで、とりあえず大きく場所の移動を余儀なくされた。
忘れてた船酔い・・・釣れなくなると思い出す(^_^;)

P9227684s.jpg
2ヶ所目で天秤からサビキに仕掛けを変更。「ウメイロ」が3匹立て続けに釣れて入れ食いになるかと思われたが・・・・
※ちなみにウメイロは絶命した後のほうが綺麗な模様になります。
P9227696s.jpg

大きな潮目が通り過ぎたとたんに濁りが入り
P9227690s.jpg
魚が変わってこればかり。コガネスズメダイ。10匹ぐらい連続だったかな。

P9227692s.jpg
これも混じった。まだ標準和名がない通称「キビレスズメダイ」結構居るんだろうな。

これしか釣れないので、また元の場所へ。風向きも代わりイカリも掛かるだろうということで。

私の釣座は何が悪いのか、潮上で錘は最も重くして迷惑をかけないように配慮しているつもりなのにお隣の方の仕掛に絡んでしまう。それを繰り返してタイミングを逃すのだが、潮下座の方は入れ食い突入。

仕方がないので仕掛を切って、短小ハリスでの探り釣りに変更したら
P9227698s.jpg
やった。良型イサキだ。今期初イサキなんです実は(^_^;)

そんな感じでPM2時過ぎまで、まあまあ釣果にも恵まれたんだけど波のせいか体調のせいか、終日私は船酔い状態で辛かったのでした。過去最高に長い時間気分が悪かったかも知れない・・・・以前は強かったのになぁ。

P9227705s.jpg
結果

結構バランスの良い食材になりました。

P9227707s.jpg
下ごしらえして

P9227709s.jpg
アジとイサキは半身づつ刺身で頂きました(^^
美味しかったけどイサキは脂分が少ない感じ(淡泊)産卵後だからでしょうね。まあでも満足です。

今日の夜はハトポッポのフライかな(^_^;)

◎船天秤(宮崎市・内海沖)2016/8/20

急遽予定となった船釣りは、天気予報の様子だとウネリが入って厳しいのかな?と思っていたが、せいゆう丸有馬船長は夜が明けた頃には堀切峠で状況を確認して携帯にメールを入れてくれます。

「海はベタベタだよ~」

という連絡を頂いてからの出発。餌と食糧を調達してAM6時半出発と言われていたため余裕目に6時ちょっとに到着すると、他の方はすでに荷物を積み込まれて、私待ちの状態でした(^_^;)

P8207440s.jpg
大潮にて戻りの際に川に船底が付いてしまうので、船付で荷物を下すと車は移動。内海港に行って船が出てくるのを待ちます。

出発時は船長の言うとおり、かなりベタベタの海でした。

30分以上かけて水深が50m以上のポイントに到着。宮崎の遠浅の海としては、それなりの遠方。

P8207442s.jpg
ポイントに到着するまでに仕掛けを準備しておきます。
私の道具は竿が15年以上、リールも20年物なのでいつも不安な状態なんだけど、いつまで耐えられるもんだろうか・・・

さて待望の1投げ目。

あれれ・・・・仕掛けが横に流れる。

錘を追加して100号・・・・それでも流れる。

激流です。回収がむちゃくちゃ重い。

夏の宮崎の外海はそんな時があります。

P8207444s.jpg
アタリも感じなかったけど、1投目にこんな魚がくっ付いてきた。

目は飛び出して何がしかに噛まれた跡もあるが、標準和名スズメダイのようでもあるし別魚にも見える。
自宅に戻って調べたけど判らないなぁ。これはWEB魚図鑑にお願いして同定してもらうと、現在依頼中。

後ろの方に

P8207451s.jpg
ウメイロ♪

これこれ。本命はイサキだけど、実は密かな狙いがコレ。この時期食べてみたい魚の1つです。
以前釣った事があるこの魚のサイズは30Cm超だったけど、写真の魚は20Cm程度。

激流で仕掛けが絡み釣りにならない・・・という事で2~3回投入した後に場所を移動。

ちょっと浅い、岸に近めの40mほどの水深の場所。

船長いわく「おっ。魚はいるぞ」

期待しちゃいます。

潮も80号負荷で適度に斜めに落ちていく感じの良潮。

1投目から小型だけどマアジ♪

P8207459s.jpg

お隣さんがこんなやつ。これ・・・マエソじゃないみたい。顏が違うな。
って事で写真をパチリ。

私の見立てではクロエソかな?と思っているけど、これもWEB魚図鑑に同定依頼中です。

P8207467s.jpg

こんな魚も時々釣れたり、クロエバ※オキアジやチダイも混じってコンスタントにマアジが釣れます。

ほぼ船内入れ食い状態!

そんな訳で程々に釣って、午前中のうちに終了。

P8207469s.jpg
大きいのが38Cmほど、多くは25Cm程度の中・大アジです。

2ヶ所にお裾分けで持っていって、自宅に戻った時に残っていたのが11匹だったので、たぶん25匹ぐらい。

3時間程度の釣行で、満足できる釣果でした。

ところでこの炎天下なので・・・・

自宅に戻りクーラー付けてバタン

夕方魚の処理して

P8207477s.jpg
1匹は刺身に。残りは翌日の塩焼き・煮物用です。何の工夫もありませんが(^_^;)

さてお味は・・・

超絶美味い!
マアジは美味しいものの、鮮度によって臭みを隠すためにネギを入れてタタキにしたりするけど、新鮮ならば何も足さない写真の状態がいいなぁ。ワサビも要りません。醤油に付けるとふわっと脂が広がる感じがいいですね。美味しい証拠。

そう言えば

むちゃくちゃシイラが多かったです。
だいたいアジにくっ付いてきた。早く上げないと齧られちゃう状態。
何度かハリ掛かりするが、皆さん船中には上げられませんでした。私にはなぜか釣れなかった。それは仕掛が維持できるのでいい事なんだが、1枚写真を残したかった(^_^;)

×船胴付(宮崎市・内海沖)2016/4/8

木曜日に福岡に出張し、想像はしていたがまあまあアルコールを注入し金曜日には疲労モードで、そのまま熊本に移動して荷物を抱えてバタバタしていた。結局自宅に戻ったのが夜の11時過ぎで、床に就いたのが夜中の1時過ぎで、目覚めたのが3時過ぎなので正直睡眠不足と疲労感で目覚めた時から意識朦朧。釣りは止めとこうと思ったぐらいだったけど、前夜買ったこれ、やっぱり試したい。
P4091187s.jpg
夜中まで開いているスーパーで調達。サンマとスルメイカ
P4091189s.jpg
意識朦朧でもカットぐらいはできます。餌にはもったいないな。自分で食べたい(^_^;)

P4091194s.jpg
朝7時出発。すっかり明るくなりました。

胴付オンリーでの釣りに徹しようと決めていたし、正直気怠さMAXで船長には最初からいい訳。「今日は釣りましぇん」宣言。

P4091212s.jpg
アウェイ感漂う船中。
私が持ち込んだ竿はタイラバ用1本だけ。実は今度の喜界島釣行でこの竿メインにしたいと思って、検証の意味もあります。

釣場に到着すると皆さんの「さあ釣るぞ!」という気合が伝わってくる。そんな中で1人だけダラダラと・・・
船長ごめんなさいね風紀を乱して(^_^;)

最初から上りの潮が程よくバタバタと釣れる。私以外。
まずはタイラバをセットした仕掛に餌を付けてみたりしたが全くの無反応。オキアミ・イカ短・サンマ切身のいずれも無反応。
タイラバから胴付に変えても一緒で、しかも弱った体にはオキアミの匂いが突き刺すように攻撃してくるし(-_-)
もう船酔いなのか前日までの疲労のせいか、完全に皆さんの足を引っ張ってます。心の中では
「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい」と唱えてましたよ~

それにしても普通に道具持ってくれば良かった。マアジがやっぱり羨ましい!

1度何かが乗ったけど巻き取る途中でハリ外れ

船中は最初の数匹でチャンスタイムは終了。
それから長い沈黙の時間は続く・・・・

久しぶりの週末好天(曇ってはいるけど)で波も優しく、どんどん個人艇が港から出てくるけど、せいゆう丸が養魚場と称するポイントの界隈にも数隻の船があり、特に船長が嫌っている疫病神さんもいてイライラされている。その船はなりふり構わず瀬付されるようで勝手が悪いようだ。
ポイントをずらしてアンカーを入れたらイカリが瀬に食い込んで外れなくなるトラブルがあり苦労されている。
それを横目に、私は相変わらず意識朦朧だ(-_-)

隣の若者は1年ぶりの船だとかで装備もきっちり。これぐらいの気構えで臨むのが基本だよなぁ。
船竿にはサビキと、手釣り仕掛けで天秤。この方が結果的には竿頭だった。心構えが大事だ(^^ゞ釣ろうという気持ち。
隣でチンタラと・・・ごめんなさい(^_^;)

そんな私にも
P4091198s.jpg
普通の釣り人にはただのフグ・・・で私にはショウサイフグ♪
個人的にはなかなか嬉しい獲物。こうなると食べてみたいという気持ちも湧いてくる。こりゃまずい。

何が違うって?
普通のコモンフグは
PA230936s.jpg
違うでしょ(^_^;)

昼前ぐらいには完全にダウンしてしばし睡眠。
その間船中も沈黙だったが、一度狭い範囲で場所を移動するも成果はなく、また元に戻ってちょっと・・・
突然の確変。一斉に釣れだした。

私にも
P4091204s.jpg
(^_^;)

結構な沖なのにこの魚は珍しい。割と内湾に住むキュウセン(雌型)

入れ食いになるかと思われたけどその後はポツポツ

P4091207s.jpg
遠くに見えていたイルカの群れが近寄ってきて
P4091211s.jpg
船の周囲を取り囲む(^_^;)

イルカはお魚が食糧。あまり持っていかないでね~

数日前にはザトウクジラも出没したようです。

PM3時半に終了
ほんとに船中の士気に水を注す態度でご迷惑をかけました。

お隣君は
P4091213s.jpg
P4091215s.jpg
それなりの釣果。私は持ち帰りボウズ(最初から予定(^_^;))

このカテゴリーに該当する記事はありません。