宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

●フカセ釣り(日南市油津沖)2017/7/23

クラブ キザクラの釣り懇親会に誘われて真夏の沖磯(^_^;)

最近職場の健康診断の結果が出たばかりで、例年通り悲惨な判定。それを見たら運動せないかんな、とか食事気を付けようと思うんだけど、それよりなにより炎天下の釣りがチトバカシ不安・・・

P7230141s.jpg
油津フィールドでの開催。

元々「一八宏丸」で予約していたようだが船がドック入りにて急遽対岸の「くろしお丸」に変更との連絡。
集合時間は朝3時半。自宅は1時半(^_^;)

真夏のせいか参加者は少なく総勢7名。ただ今回大分から有名なトーナメンターYOさんが参加されて、いろいろとレクチャーを受けました(^^)v

P7230190s.jpg
誘ってもらったNAさんとクラブキザクラ ファミリー宮崎の代表TAさん、私、YOさんの4名で油津の名礁「ハダカバエ」
午前中は日陰になりそうだ。

夜が明けるまでYAさんから様々な指導を受けて、もう頭の中は許容量オーバー
潮の読み方とか塩分濃度の話とかウキの使い方など・・・・勉強になりました!

ただ私・・・・狙いはイサキだが・・・・(^_^;)

実はそのつもりで仕掛けを考えていたので、集魚剤もそのつもりだったしウキもお試しで仕入れてきたものがあるのだけど、話を聞いている内にメジナ狙いしたくなった(^_^;)

ので・・・レクチャー通りにやってみる。ウキはいつものゼクト0αから・・・
※キザクラの懇親会だからキザクラウキじゃなくていいのかと聞くと、今日は表彰もないので何でもいいですよ~
って事で・・・・というか持ってないので・・・・

手前に撒餌するとそれなりに餌取がいるので、潮の先に投入すると直ぐに結構な引きで
P7230142s.jpg
イスズミ35Cmほど・・・

活性はかなり高いようだけど、これを釣っている場合ではない。

クラブキザクラ ファミリー宮崎の代表TAさんP7230149s.jpg
スタートダッシュ。確か2匹目が30Cmほどのメジナ
さすがに上手でどんどん釣るけど餌取が多い感じ。
P7230150s.jpg

誘ってもらったNAさん
P7230153s.jpg
最初から良型チヌが釣れたようですが、その後は餌取が多いよう
P7230156s.jpg
2匹の良チヌの釣果

トーナメンターYOさん
お二人への指導に余念がありません
P7230179s.jpg
P7230181s.jpg
当然自らもどんどん釣り上げてましたけど、自称チヌ氏としてはチヌの顔は拝めなかったようです。

さて私はというと・・・
自分の世界(^_^;)
P7230155s.jpg
おっ!シマアジいるじゃん
P7230158s.jpg
タカベもいい食材
P7230165s.jpg
シラコダイは足元にワサワサ
P7230176s.jpg
これは厄介。アジ子の群れがやってきた

ので・・・
P7230178s.jpg
最初のレクチャーは忘れてイサキ狙いじゃ!

P7230168s.jpg
居ました。小さいけど。

大きい魚の棚を見つけたいけど手の平ちょっとのこのサイズばかり。
時々アカササノハベラも釣れるので底に近いのだろう。竿1本半(8m前後)と思われます。

一度イサキを巻き上げる途中に巨魚が追い駆けてくる姿が見えた(@_@;)
どうもアラ※クエっぽい姿に興奮。スルルーやってみたい!

私も思う潮の悪さ。トーナメンターのお二人は我慢ができず瀬変わり
P7230188s.jpg
個人的には獲物より涼(^_^;)日陰がある今の場所に居座りたい(^_^;)NAさんと2名残る事に。

P7230185s.jpg
まだ天にお日様が上らない内にパラソル準備。とにかく日陰が大事(^_^;)

日陰でも汗が滴るし苦しくなってきた。
NAさんも完全にばてたようで頭痛もするらしい。日射病じゃないか。

そんな訳で、携帯連絡網。
皆同じ意見にて12時には終了。
移動したお二人も成果は無かったようです。

P7230197s.jpg
油津の港の中には豪華客船が。近くで見たらほんとに凄い!
調べてみたらノルウェージャン・ジョイという中国の旅行者向けに作られた今年出来たばかりの最新客船のようだ。
見ての通り屋上にウォータースライダがあるけど、ゴーカート場などもあるようだし、今もっとも最新の設備とのこと。

最近毎週油津港に大型船が入ってます・・・

中国の客が来るとマナーが悪くて店を閉じるという話も聞くけどなぁ。

P7230208s.jpg
小っちゃいけど持ち帰りはこれだけ。焼き魚にいいかな。

イサキを狙って釣る事ができたので満足でした。
ただ自宅に戻ると帰宅の道中で襲ってきた睡魔のせいで、3時間近く意識不明でした(^_^;)
釣り場ではまだいけると思っていたけど、続けていたらヤバかったかも知れない(^_^;)

○夜釣りシブ狙い(串間市荒崎)2017/7/15

めっきり宮崎も極暑という事で、昼の釣りは身の危険を感じるほどだし、ピークのシブ(フエダイ)を今釣らなきゃいつ釣るの?
って事で・・・・
IMG_0287s.jpg
3連休初日は朝方釣具のチェックをして、数日前に予約を入れた室丸・串間荒崎を目指しGo!

P7150033s.jpg
PM4時に瀬渡し船出発。港はまだまだ灼熱の太陽が。目眩がしそうだけど磯に立つと期待で暑さも吹き飛びます。

ところで、乗った瀬は0番

ここは潮が高い満潮のときは姿が消える瀬だが(^_^;)
夜釣りだし1人だし・・・大丈夫なのか??ちと不安。まあ船長が大丈夫というから。

P7150034s.jpg
新兵器の竿受け。4号竿が重いから流していくときの手持ちを回避する魂胆です(^_^;)

0番は雰囲気はあるんだけどなぁ

撒餌をすると割と大きめのメジナが底にウヨウヨしているのが判るけど…狙いはシブだし。

潮はほとんど流れず波の影響で岩に当る(巻き込む)感じだし、なかなか反応が出ない。

P7150035s.jpg
日も暮れる頃になると、一見穏やかな感じの海だけど、結構大きなウネリで時々足元を波が洗うようになった。
昼ならまだ耐えられるが、あと4時間先の満潮までは耐えられそうにない(T_T)

船長!駄目です!→そうや?じゃ迎えに行くわ。どこ乗せようか・・・→もうどこでも※波ないとこ(^_^;)

って事で
P7150038s.jpg
荒崎3番

個人的には広いし下り潮なら期待できる場所で好きだ。目の前の2番の客がこっち向きって事は下りかな?

P7150043s.jpg
直ぐに反応。トラウツボ。50Cmに満たない可愛いサイズ

P7150049s.jpg
2匹目のこれ・・・レアウツボだ♪なんだろー

IMG_0290s.jpg
自分の見立てでは「ホシキカイウツボ」だが、32Cmの小さい個体です。ゴミ(海藻)だと思ったぐらい。
いずれにせよ初魚!

ってな魚を釣っている場合ではないが・・・

スルスルッとウキが沈み・・・・合わせると!

グイグイッと底に向かって走るので、強引に巻くけど残念ながら瀬切れ。8号ハリスなのに。なんだろ。

続けて同じような引き。4号竿なのでエイヤッと抜き上げると!
P7150056s.jpg
メジナだし。キビナゴ餌なのに(@_@;)

サイズは41Cmだけど見た通り栄養失調気味の個体。見た目に不味そう。なのでリリース・・・

その後波はどんどん膨らんで、安全と思われてた3番も駆け上がりの波で足元を洗うようになり、とにかく荷物が流されないように見張っている事が大事。これは満潮を超すまでは釣りになりましぇん(T_T)

PM12時ぐらいにやっと落ち着き・・・・

たぶん本来の地合の時刻。気になるのはお月様
P7160062s.jpg
空は晴天だしお月様が雲に隠れる雰囲気もなし。この明りはシブには不向きだろうなぁ。

ウキがスルッと入ったが、やっと重量感溢れる引き込みで足元まで寄せた・・・だがしか~し。またもハリスプッツン(T_T)
途中に傷があったみたい。どうもいかん。

気を取り直し集中。今がチャンスだろ!

そしてまたウキがスルスル・・・

合わせたら・・・ナニナニ!?今までと別格の強引な走りで竿を伸された(T_T)

グイグイと横に走って道糸が出ていく。大物対策で少しドラグを緩めてました。

もう瀬についたら終わりだけど、8号ハリスだし力比べでは簡単には切れるまい・・
ごり巻きしたら止まった

だけど・・・また走り出したりしてを繰り返し

ついに力尽きた魚もふわっと足元に寄ってきた。神妙にしろ!御用じゃ!めしとったり~

P7160059s.jpg
(^^)v
3000円台安タモ・・・折れるかと思った。えっと県北ならクチビで県南だとタバミだが・・・
P7160097s.jpg
タマン・・・でいいよね。

正確に測ったら61Cm・3.4Kgでした。
P7160089s.jpg

このサイズであれだけの引きだから、80Cmとか1mってなるとどんなだ?凄いんだろうなぁ

さて本命つらにゃ。

P7160068s.jpg
サイズ48Cmなかなか良型。たぶんタイワンカマスだな。

P7160079s.jpg
お腹でっぷりのこれ・・・ホウライヒメジだろうなぁ

P7160085s.jpg
ウツボが釣れだした。潮が悪くなった証拠だな。これで集中が途切れ・・・

2時間ほど岩場で睡眠。気持ちいい~

P7160095s.jpg
朝5時の回収でした。

まあ港では
P7160099s.jpg
ドヤ!

シブは全体で5~6枚上がってました。
個人的には大物一匹。これが釣りの醍醐味って感じですけどね。
でも実は同じぐらい嬉しいのがレアウツボだったりします(^_^;)

明日もすでに釣行記あり。17日船釣りの様子をお届けますです。



●夜釣りシブ狙い(日南市大島)2017/7/8

九州北部は今だに雨が残り不安定な天候なので、天気予報もあてにならない感じ。
予約していた「室丸」は、朝連絡したら波が荒れているという事で中止になり、同行の紅はるかさんと電話で打ち合わせの上、急遽かいゆう丸
P7081006s.jpg

PM2時に港という事だったが、自宅からほとんど雨だし、特に餌を購入した宮崎市内はどしゃ降りだ。GPV天気予報で見ると曇り。まあ波が無ければなんとかなるっしょ。

ヤヒョウでいいか?と船長。私も同行の紅はるかさんも好きな場所でテンション上がります。
P7081008s.jpg
我々を降ろした後は目の前の平瀬の客を回収。憧れの平瀬。

とりあえず標準的なスルルー仕掛けで開始。ちょっと下りの潮が強い。

まず姿を見せたのが・・・
P7081012s.jpg
イソゴンベ。キビナゴ喰うんだな。紅かるかさんは初魚だったようで・・・んん?変顔シリーズ?

P7081017s.jpg
2匹めも紅はるかさん。変顔Part2はメガネハギ雄。これもキビナゴ喰うの??

P7081019s.jpg
3つめの変顔は私(^_^;)スルルーが厳しいのでカゴ仕掛けにして1投目。良型アカハタ

P7081022s.jpg
35Cm程度かな?
最近のスランプ脱出となるか。

これが釣れる1時間ほど前だったが、強烈なアタリがあり、無念のハリ外れ。
その後のこれだったので、まあ最近の鬱憤は晴らせた感じ。

P7081024s.jpg
スルルーは全誘導なので、餌が底まで落ちて根掛かりするとなかなかハリス8号は切れません。そこでこの道具。巻きつけて引っぱる訳ですが・・・・これ必需品だ。

P7081029s.jpg
想像していた雨が落ちる雰囲気はなく、波もまあまあ穏やかで絶好の夜釣り環境になりました。
ただ満月の夜はシブには不向きと聞くけれども。

P7081031s.jpg
あら(^_^;)まだ変顔。コテコテのカサゴだけど、大きいほうだ。

P7081033s.jpg
そしてこれ・・・その場では難しかったが、恐らく「アカマツカサ」かな?ツマリマツカサ近縁種群
紅はるかさんが釣ったものだが、私にも釣れました。

P7091060s.jpg
判り難いシリーズ・・・これはアヤメエビス・・・かな?クロオビエビスではないかとのご指摘(^^

P7081038s.jpg
そして紅はるかさんは更にレア魚。普通のホウセキキントキではない感じ。
調べた結果、恐らく「ゴマヒレキントキ」これ羨ましい!

P7081041s.jpg
餌を時々オキアミボイルにしてみると、これが入れ食いだけど・・・
ちょっと様子が違う。結構大きくて手の平サイズで鱗がしっかりした感じのこれ、恐らく「ツマグロハタンポ」かな?ミエハタンポだそうです(^^だったら初見魚。

P7081048s.jpg
普通に多いミナミハタンポも入れ食いだが、こんな感じ。


眠くなって、AM1時ぐらいから岩の隙間で寝ていたが、
目覚めると潮が良くなっている感じ。
私が再開したタイミングで

おおっ!
紅はるかさんの竿が大きく曲がっている!

しっかりとタモに入れて白斑を確認。本命シブ(フエダイ)でした。こりゃデカイ。
P7091051s.jpg

このエリアに居るかどうか半信半疑だったけど、こうなりゃ私も!
って事で、集中。

そして!

ウキがモソッと引き込まれ、合わせたら壁!根掛かりかと思ったがグイグイ引き込むので強引に巻いて

巻いて

巻いて

足元まで何とか寄せて、ウキも上がったタイミングで

ああっ!

なんと痛恨のハリ外れ。大物逃し2匹目(T_T)/~~~

その後も粘ったけど・・・・逃した魚は大きかったとはまさにこのこと。

価値ある一尾は・・・今回は譲りますが次回(-_-)
P7091078s.jpg
おやおや、変顔は??・・・この時、重いって叫んでました(^_^;)

夜も明けて、AM5時回収
P7091090s.jpg

P7091093s.jpg
港でドヤ顔・・・私もしたかった(^_^;)
約50Cm・重量は2.5Kg

さてこのお魚、今日の夜一緒に食べませんか?(馴染みの料理店に持ち込んで)
って事で

喜んで!

AM7時半ぐらいに自宅に戻って2時間ほど仮眠し、その後この日記を作成してますけど、今から道具を片付けてからお呼ばれ致します。楽しみ~!

×イサキ狙い(日南市水島)2017/7/1

2週間ほど前にNHKの釣り番組で、俳優の「照英」氏が宮崎の沖磯・水島でイサキ狙いの釣りをしていて、釣友YAさん♀に録画を頼まれていて私自身はリアルに見て録画もしていたのに、数日後には家内が消してました。すみません(T_T)/~~~

って事で、「照英」氏が釣っていた場所は水島一瀬のインキョと呼ばれる特級場所で、波にも強いし左右に流れる潮にも対応できる場所だが、釣り兄貴と言われていたアシストは宮崎でも有名なSフィッシングのSさんで、面識はないけどいろいろと噂は聞く。まあ腕前は確かな方なんでしょう。

何釣りしようか迷ったけど、この番組の影響で決めた。イサキ狙いじゃ!
天気は良さそうだが前日の日中の最高気温は33°となっているし、数日前からは完全な夏模様なので、その影響は心配だけど・・・

P7010971s.jpg

前夜会社の飲み会があって、この日のためにお酒は控えたが、せっかく準備した道糸(巻替え用)も巻かないまま寝てしまい、朝はギリギリの時間まで寝ていていろいろ忘れて物をして・・・
特に炎天下の釣りには必須の日焼け防止のための上着を忘れて、仕方がないので露出部分にはベッタリとクリーム塗ります。
コンビニで購入。

前日予約した日南市夫婦浦の喜代丸待合所には客が13名。皆上物フカセとのことで全員を水島三瀬に上げられた。
釣り場は事前にクジで決めるのだが、三瀬だとこの半分が適正な感じだが仕方ない。
イサキ狙いであればもっとも期待できる場所だが、どうもウネリが大きいのが気になる。

P7010973s.jpg

自宅から夫婦浦までの道中はとんでもない雨量で、AM5時ぐらいには雲が切れる予報だったので心配はしてなかったが、途中で土砂崩れなどがおきないかという心配。夜明けの水島もまだドンヨリだが風上方向の空は明るい。
ただ結構波っ気がある中で、常連2人が早速のルアー。ヒラスズキの60Cmほどのものを2匹サクッと釣り上げ盛り上がる。

P7010975s.jpg
私が開始するほどのタイミングで、早くもイサキが姿を見せる。
P7010976s.jpg
その横でも・・・・でもこれは三ちゃん(ニザダイ)でした(^_^;)

P7010988s.jpg
釣り開始後、ウキの沈みを見る事なく非難。
私の選んだ場所は最悪だったようで、後ろ(沖側)の波が入ってきて足元をガンガン洗うので気が気でなりません。
潮の動きもフラフラだし動いてないので撒餌も効かない感じだけど撒けば水島特有の大物オナガやシツオが表層まで湧き上がって見えます。これが凄いんだよなぁ。

とにかく場所が悪かった・・・・(腕もだけど)

お昼(満潮ぐらい)までは何もできず、時々曲がる皆さんの竿を眺めて羨ましい思い。
イサキがボツボツ・メジナがボツッ・サンノジ安定って感じ。他魚は見ません。

満潮を超すと足を洗う事も少なくなって、取りあえず集中するも反応を捕えたのは1度っきりで、結構突っ込まれたけど何とかいなしてウキが上がるほどまで巻いたタイミングで瀬切れ(T_T)三ちゃんかな・・・

隣の釣り人も
P7010994s.jpg

P7010995s.jpg
魚は見えないけど三ちゃんでした。

結果的には・・・・やらかしました。

丸ボウズ

もうトラウマになりそう。水島難し過ぎだ。

ちなみに以前聞いた水島対策としては

メジナハリ3号
ハリス1.2号
ウキは冠付

という極細仕掛けで、とにかく張って竿先でアタリをとる感じらしいけど、つまりは魚がスレまくっていて反応を示さないわけです。
未熟な私には厳しすぎ~
※YAIBAの大会年間勝利はまぐれだったという事を、あらためて認識できました(^_^;)

●スルルー(串間市・鳥島)2017/6/17

3週連続のスルルー
紅はるかさんと一緒です。何とか成果を出したい私と、何とかスルルーの楽しさを伝えたい?紅はるかさんとの今回の戦場は串間市の幸島からでる瀬渡し「マリンブルー」にて。※正確には幸島に遊覧で渡してくれる石波港から。
エリアは串間市の市来~名谷付近の地寄の離れ瀬と、幸島・鳥島。私は両島ともに渡った事もないので、それだけでも楽しみ。

P6170882s.jpg

厳しい競争がないせいで出発時間も遅めです。朝6時待ち合わせ。
たぶんここは何時に行っても渡してくれるし帰りも自分の好きな時間に連絡すればいいようです。(良識の範囲だと思いますが)

で、期待の釣座は!

P6170932s.jpg

奥に見える島が幸島で、つまり鳥島の陸向き。2人で釣るのはちょっと微妙に狭いし平らな釣り座ではないのが苦しいけど(^_^;)

まあそんな場所がいいのかも知れない・・・けど潮・・・・雰囲気微妙な感じもする。

P6170881s.jpg
今回はキビナゴを思いっ切りばら撒いてみる所存(^_^;)

どうも「釣り具のポイント」の戦略にハマっている感じだが、まあそれは置いといて・・・
キビナゴのパックが500gで400円だったけど、写真は3Kg入り。これで2000円です。前回・前々回は500gを2個だったので、今回は3倍撒きまくります(^_^;)
ただ・・・この器はどうにかならないものか。クーラーボックスやバッカンに微妙に入らない大きさだ(-_-)

潮は緩やかな感じで、メジナ狙いならちょっと期待大なんだけどスルルーはどうだ?

・・・・数投目・・・・

P6170889s.jpg

うっ

なんか気持ち悪いぞ。ウミヘビ?いやいや鰭があるし魚類だろう。ウツボ系なら糸に絡みつくけど蛇っぽいし暴れる。
そのままぶち切ってしまおうと思ったが冷静になり、とりあえずクーラーボックスで仮眠してもらう。

そして
P6170909s.jpg
結構長いな。90Cmほどだろうか。

紅はるかさんが携帯みてふむふむ。これじゃないですか?ってのが

WEB魚図鑑→https://zukan.com/fish/internal1292「モヨウモンガラドオシ」

ああ、これですね~

それにしても
P6170911s.jpg
凄い(変な)歯だし凄い粘液

ウツボコレクター?のIHさんが羨ましがるに違いない(^_^;)

などと遊んでいたら
P6170897s.jpg
紅はるかさんも・・・遠目にも判るコテコテの「トラ」です。今日はウツボ祭りか?

目の前には餌取りが増えてきて、もうキビナゴすらが突かれて?無くなる状態だけど・・・

おっなんか釣れた・・・・
P6170919s.jpg
標準和名オニカサゴ・・・なのかな?もしかしたら「ヒュウガカサゴ」?

P6170930s.jpg
紅はるかさんも。

この魚は私が1匹・紅はるかさんが2匹でした。

それにしても潮微妙。わずかに流れている感じもあるが、横から撒きこんでくる強風に煽られている感じもするし、寄せ潮でもあります。釣れる気がしない(T_T)

P6170927s.jpg
足場悪かったから・・・疲れます。

一度だけ・・・・大きな引きがありました。横に走って残念ながらハリ外れ。たぶんヒラスズキ

後半。もうダルダルで仮眠休憩をはさんでしばらくして・・・

おっ!
P6170938s.jpg
紅はるかさんが変わったウツボ・・・・

これ、ワカウツボみたいですよ~と調べられて、あれあれ聞いた事があるな・・・
しっかりこのBLOGではお魚紹介してました(^_^;)

http://ararafish.blog.fc2.com/blog-entry-963.html

綺麗に写せたから紹介写真もいずれ差し替えます。

終了間際、奥で釣っていた方が
P6170947s.jpg
初めて見るような格闘なんだけど、何でしょう?

瀬に張り付いたようで、10分以上格闘の末

ちょうど回収にきた瀬渡し船(他船)で、引きずり出し作戦・・・かな?
P6170950s.jpg
船でバックして引っぱったものの、残念ながら瀬切れだろうか・・・

結局私は
2匹(ウツボとオニカサゴ属)で、大きな引きも1度味わったのでまあまあいいかな?って感じ。

紅はるかさんは
ウツボ2匹にオニカサゴ2匹。だけど不満だったようで・・・・
たぶん今日も行かれてます(@_@;)

P6170956s.jpg
猿のイモ洗いが有名な幸島は、今年は砂が盛り上がり干潮時間は陸続きになります。
昔はそうだったけど・・・

回収の後にちょっと歩いて行ってみました。猿は不在(^_^;)

鳥島は沖向きに名礁の「タロージロー」があるけど、そこに乗った方も残念だったようなので、たぶん潮が悪かったんでしょう。
3週連続潮が悪かったのか。いつがいいんだろう(^_^;)←腕が悪いと聞こえてきた(^_^;)
否定はしません(^_^;)

来週はスルル―は休憩。グレ狙いの大会です。天気はどうだろう。
それにしても梅雨なんだけど連続で週末釣りさせてもらえているだけでも有難い事です。

このカテゴリーに該当する記事はありません。