FC2ブログ

宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

△釣り大会(日南市・水島)2018/11/4

できるだけ速攻で記録しないと記憶が薄れると思っているんですが、どうも最近は疲労感が先に立ち数日経過してから取り掛かる釣行記です(^_^;)

今回の釣り大会は
「小山田カップ」!
宮崎県宮崎市高岡町の小山田という地区の名がつくこの大会は、元々はその辺の釣り大会だったようですが、主宰の山口さんの人望にて各トーナメントにも参加される手練れの面々が集まるようになった感じです。私は何がしかの飲み会の際に初対面で、その時にお誘い頂きました。

ってことで近所のYOさんと一緒に夜中の1時に出発
45368826_1067656863401952_1359392178937266176_n.jpg

実はこの前の日は福岡に出張し、中洲でまあまあ深酒したこともあり、それが理由?でいろいろ忘れ物してました。
その結果、検量なしのビリッケツになっちゃったんですけど詳細は後程

以前は動物が飛び出してくるとよく釣れるというゲン担ぎをしていたが、YOさんは逆でタヌキが飛び出してくると釣れないようで、前回の錦江湾のチヌ釣り大会の際はその通りとなり、今回はさらに何度もタヌキが出てきて数度の急ブレーキ。軽い接触もしたような・・・。
YOさんは「たぬき流星群」だ~と嘆き、今日も駄目だ~と意気消沈。
私も悪い予感します。もしかしたら水島だったりして・・・などとネガティブな会話を交わしつつ(^_^;)

今回の大会は参加者が20名ほどで、3か所のエリアに分けて重量による争いだけど、日南市南郷地区で行われたため「松島周辺の近場」「大島」「水島」をくじで分けます。
水島というと超特級の磯場なんだけど、個人的には今やとても苦手意識が強い所になってます。他の地域なら完全ボウズなどほぼ考えられないんだけど水島はあります。魚影は物凄いのだがとにかく渋いし、潮の流れに大きく左右されます。

でもってくじ引くと案の定(T_T)

水島であるうえに、さらに順位もビリで場所の優先順7名で最下位なのです。
なんというか・・・予言というか口に出すと形になるようで、水島だったら嫌だなという発言をタヌキ流星は見事に裏目に叶えてくれました(T_T)

ところで忘れ物その1は「ヘッドライト」
これは忘れたというより出発前に何処に治し込んでしまったか判らない状態。予備の懐中電灯すら判らず、主宰の山口さんが開催時に使用されていた複数のライトの一つをお借りすることに(ご迷惑をおかけしました(-_-))

そして致命的なのが
忘れ物その2
タモ網。゚(゚´Д`゚)゚。
・・・・終わりました。絶対忘れちゃならないやつ。

そんなこんなの波乱万丈の出だしですけど、集合場所ではfathom南九州で一緒のMI君や前回錦江湾のチヌ釣り大会でお世話になったイナモンさんに、FBではすでに友達となっているオトコYさん、以前飲み会でも会話を交わし凄い手練れだと感じているKBさんに主宰の山口夫妻、他にもネットで顔をお見かけする面々と会えて感無量。ちょっと感動的ではあります。
まあ言わば磯釣りのホンマモンの面々。なんちゃって磯氏の私には強烈に敷居が高いわけですが(^_^;)

まあなんか、嬉しいような恥ずかしいような心境で実釣

PB043006s.jpg

私は水島三瀬の中でもちょっと微妙な四瀬脇の隧道に近い、足場は良い場所で開始。
足場はよいが今年は波を何度も被っているせいかノリが凄い。気を抜くと転びそうで怖い。

水島という場所は場が荒れているというか魚がすれまくっているので基本は極細仕掛。まず掛ける事が難しいので、最初からハリスは1.5号・ハリは4号でスタートしたが、案の定目の前ですぐに湧き出す巨大なシツオ軍団も付餌には触れてくれない。そしてここには巨メジナも一緒に沸くはずなんだが、どうもその姿はない。

スタート時点では隣で釣っていて今回優しく声掛けしてもらい、これきっかけでFBでも友達となったYAさんが直ぐに竿を曲げるが、釣れたのは残念ながら35Cm程度のクロハギ。

しばらくは皆さん竿反応がなかったものの日が昇ってくると撒餌に反応してムロアジ(クサヤモロ)の大きな群れが入ったようで入れ食いになる。
PB043003s.jpg

これが邪魔してメジナ棚には届かない感じだが、合わせて登り潮が勢いを増して私の釣り座は直ぐに隣に迷惑をかける場所に流れてしまうので手の打ちようがなく、結果的に足元中心で狙ってみる。

開催時の説明では1時間おきに場所を移動するよう宣言されたものの、水島に上礁した皆の総意で前半後半で決めることになり、最初の3時間はクサヤモロとの戯れで終わった。その後場所移動だが私は隧道に最も近い場所を選択した。だんだん潮も緩んできたので、もしかしたら下りが入ったらこの場所がいいだろうと思う。

最初の3時間はタモを貸して頂ける距離に人がいたが、後半はちょっと移動しにくい場所なので簡単にお願いできない。
つまり抜きあげるしかないので釣れた際のイメージとしては低い瀬に一度乗せて、あとはハリスを持って引き上げる・・・みたいな感じだったけど、後半の開始後直ぐにメジナ特有の引き込みがあり、うまく合わせてなんとか浮かす事もできた。
当然タモがあればそのまま掬うだけだが選択枝としては抜き上げしかないので、ともかく竿を立ててみたが、見た目以上に重く抜けない。一度チャレンジして失敗し、再度試すとスポッ。残念ながら抜けた。ハリもこの時3号だしなぁ。

魚も警戒したのか浮いていたシツオの群れの姿も見えなくなったが、それでもウキが入っていくと強烈なアタリ。メジナの引きと違ってえげつない、止められない魚はまあシツオだろうと思うが、なんと連続5回、足元に潜って瀬にあたり切れる事を繰り返す。
餌を喰ってくるのは潮がいい証拠だが、何せ太刀打ちできない引きだ。
この間に他の皆さんはポツポツと中型のオナガを掛けている

PB043017s.jpg

水島でトップだった方の釣り座です。
まあだいたい三瀬だと「船付け」と言われるここが安定の場所だけど、その先に遠くに人が立つ「馬の鞍」という場所も人気

写真を写している私は・・・潮次第ポイント。まあだけど過去にキロ級の地グロもオナガも釣った事はある場所です。

PB043015s.jpg
抜き上げ限界はこれでした~標準和名「モンガラカワハギ」
小さい割に重量があるんだよなぁ

他にクロハギも釣れたけど、それも抜ききらず・・・

そんなこんなの水島は何かとアタリがあって楽しかったともいえるかも。

ってことで最初から入賞を放棄した大会ではありました(^_^;)

PB043023s.jpg
終了はPM1時半と早くて体力もそこまで消耗しておらず、港では集計の間に話が弾みます

集計未登録の私は当然ながらビリッケツ。
それでも・・・
45355550_2240947736140326_2.jpg
詰め合わせ・・・頂きました♪ ※オトコYさんの写真をお借りしてます

PB043027s.jpg
同行のYOさんは小型ながらリミット数量釣り上げ・・・詰め合わせプラス撒き餌杓も!

PB043024s.jpg
交互に写真の写しあい(^^)

45545866_2240947186140381_5.jpg
総合優勝は今朝初対面で仲良くなったばかりのオトコYさん(^^)
おめでとうございました! ※オトコYさんの写真をお借りしてます

私がもっとも好きな大島先端のヤヒョウ(ヤヒヨ)に乗られたようです。

PB043037s.jpg
喜びの雄叫び

えっとこのブログは健全な青少年向けだと思っているのだが、不適切画像?

意識の高いメンバー揃いだけど、皆さん心が広いというか楽しいというかエロいというか、とにかく賑やかで面白いメンバーの集まりでした。
45298989_2240947179473715_3234138926830583808_n.jpg

またぜひ、参加させてください(ご迷惑じゃなきゃ(^^))
この模様は南九州の釣り雑誌「南のつり」に掲載されるようです。

◎フカセ石鯛狙い(門川町・ビロー)2018/8/4

P8042141s.jpg
先週実現できなかったフナ虫を餌にしたフカセ石鯛狙いは門川の瀬渡しで沖のビロー島でした。常連のHAさんに、完全に「おんぶにだっこ」の釣りです。餌となるフナ虫も準備して頂いて、私はとりあえずパン粉一袋だけ持参し、大丈夫なのか不安に感じながらの釣行。

P8042140s.jpg
お世話になったのは「清栄丸」。10数年前にISO師匠に引きつられて「ヒラマサ」狙いをしたことがあります。その時期に2~3度行ったと思うんですが門川エリア自体にほとんど足を向けてないのでご無沙汰でした。

連れていってもらったHAさんはここの常連で、真夏の昼釣りは客も我々2名だけ。
のんびりムードでビロー島に向かいます。門川の沖にあるビローはメジナの時期だと昔は場所確保が競争状態で乗れる確率は低いけど、真夏ならすっからかんに近い状態。
朝5時半ぐらいに出発して6時に瀬渡し開始だそうで、門川ルールで瀬渡し船は最初から日によって順番があるそうで、この日の清栄丸は5番(1番から良瀬に降ろしていくシステム)だったものの、HAさんが希望する瀬に乗る事はできました。

P8042171s.jpg
恐らく・・・・

猛暑のピークではあるので対策。日陰を作るためにビーチパラソルは必須です。私は濡れタオルを頭から被るように真水とか服の上から冷気を得るスプレーとか冷えピタシートとか・・・もちろん水分補給用の飲み水もしっかり。
クーラーボックス満杯で重い(^_^;)・・・・運ぶために汗をかくという悪循環(^_^;)

餌はフナ虫で、集魚用にもフナ虫。今回パン粉も持っていったけど使わず、凍らせてあったフナ虫をパラパラと手撒きして、足元近くに普通のフカセ仕掛で流すだけです。締め込みが厳しい事を考慮して磯竿は1.5号・ハリスは3号。そしてフナ虫を刺すのに適当な大きさの手持ちのハリは尾長用の9号を使いました。
ちょっと不安だったのは今巻いている道糸が0.8号のPEラインなんだけど、足元だと瀬にあたる可能性もあり、すぐにプッツンするんじゃないかと思っていたが・・・まあ大丈夫でした(^^)

瀬に乗って先に竿を出したHAさん。開始10分程度で・・・

(@_@)

P8042163s.jpg
いやいや早すぎます~

良型メジナでした。40Cmちょっとだろうか。小さいと言われてました。フナ虫だと50Cm弱ぐらいのメジナはざらだそうで(@_@)

そして私も開始!

見よう見まねで・・・HAさんのご指導も仰ぎながら

ウキが・・・ムニョムニョ・・・?
合わせてみると・・・・

P8042152s.jpg
(T_T)
ハリセンボン

さすがに変わった魚釣りますね~・・・って、それ褒め言葉?

まあ実は釣り魚としては初めて。網ですくった事は何度もあるけど。

その後

P8042145s.jpg
またもHAさん

P8042161s.jpg
うらやまし~い。本命じゃないですか!

今日は1人1匹づつ釣りましょう・・・というノルマだったので、早くも達成じゃないですか!

ウキは3Bで、しっかりと棚を取ります。
竿一本の深さから始めて少しづつ深くすると・・・・

ウキがスススッと入ったので合わせ!
キター!

イシダイ!

やはり強いな~。メジナの1.5倍ぐらい・・・て感じかな?

P8042170s.jpg

サンバソウサイズはまぐれで釣れた事があるが、ほぼ初。約40Cmでした。

P8042165s.jpg
記念写真♪
怪しい姿ですが・・・・(^_^;)

その後もHAさんに追加の石鯛

私も

P8042173s.jpg
P8042174s.jpg
2匹目♪
顔つきカッコイイよな~

もう満足・・・・えっと時刻はまだAM8時半

早くも燃え尽き症候群・・・・暑くもなってきた。

集中力が途絶えたというか潮が悪くなったのか反応も鈍くなり、12時には回収してもらいました。

ほぼ10時半以降は暑さでダウン状態だったけど・・・・
日陰でくつろいでいても汗が噴き出す暑さですね。丸一日だとどうなる事か。

自宅でゆっくりと片付けしたりシャワー浴びたり

そして

38600460_551021295301203_18.jpg
・・・・この写真はHAさんから送ってもらったものです(^_^;)

自分でも造ったんだけど下手(写真映えしない)なので、これ使わせてもらいます。

イシダイは身がしっかりしているので細めに切ります。
身自体に旨味があり、噛むほどにその旨味が増す感じです。やはり美味い!さすがに幻と言われる魚だ。

イシダイは60Cmほどになると強烈で、専用竿仕掛でないと厳しいかも知れませんが、恐らく50Cmほどまでならフカセ釣りで大丈夫かも。問題はフナ虫の確保です(^_^;)

●fathom北九州・初例会(北浦)2018/7/15

新聞やテレビのニュースでも今年一番の猛暑が話題になっている昨日。地獄の夏磯でタイトルの「fathom北九州・初例会」が開催され、知人(大分のTAさん)にお誘い頂いて参加致しました。
参加表明したものの想像すると怖い~
ところで私は一応「fathom南九州」のメンバーなんだけど、南九州例会にはタイミングが合わず一度も行った事ないのだが(^_^;)

AM3時に受付とのことで、自宅は0時半に出発。北浦はほぼ高速道で行けるので予定の30分前には到着。

受付の「あゆ丸」待機所にて
P7152045s.jpg
(@_@)
北九州の会長のAKさんの準備というか気合いが伝わる製品展示!fathomフルラインナップ!製品特徴まで!
発売したばかりのキャップもあり、品定めさせてもらいましたけどなかなか上質です。

P7152047s.jpg
北九州の大会なのになぜか北浦開催だし、いつも利用させてもらっている「あゆ丸」なので、TAさん以外は知り合いもいないし個人的には人見知り性分だと思っているんだけど、まあちょっと気は楽でした。
確か15名の参加。皆さんの格好が気にある。冬は防寒着だが夏はどうなんだろう。

P7152051s.jpg
北浦瀬渡し6艇中、ジャンケンは4番
ちなみに瀬渡し順は私&TAさんが2番目。北方面に向かえば、一番なら「青バエ」か、南方面だと「沖の二つ」になると思われたけど2番目の我々は・・・・

P7152069s.jpg
トマスの1番でした。

ちなみに前回乗ったのがトマスの2番で、荒海とコッパに打ち砕かれて痛い思い出の場所なんだよなぁ
悪い予感がひしひしと。

P7152057s.jpg
やっぱり(^_^;)

餌取が多い事を考えて今回撒餌も付け餌もボイルにしたけど、釣れるのは手の平サイズのコナガばかりだ。
とりあえず混じった25Cmをちょっとオーバーする2匹はキープしたが、大型は出ません。

トマスの2番では
P7152058s.jpg
時々大きな竿曲がり
目の前の瀬に阻まれて2回ほど切れた姿が見えました。

P7152060s.jpg
TAさんは瀬際を丁寧に攻めてますが、コッパに阻まれて私と状況は一緒。
違いは夏磯に立ち向かう姿勢というかスタミナというか。

確か前夜祭にも参加されているが元気だ~。私は炎天下の釣りを想像するとアルコールを体に入れるのがとても怖く、お誘いを受けたものの断ったのに(^_^;)

しばらくは活性が高かった餌取だが、だんだん寄せ潮となり餌も取られなくなった。撒餌には多少反応するがかなり深く仕掛を落としてやっと取られる程度。ハコフグなどのホバー魚が姿を見せる。潮も動いていない証拠だな。

P7152062s.jpg
弁当が運ばれてきました。申し込んでないけど大会で「込み」だったみたい(^^)
なかなか美味しく食べやすい弁当だ。基本的に私は釣りの際はコンビニおにぎり2個程度。豪勢な昼飯になってしまった。

P7152064s.jpg
釣れる気配がないと、だんだんやる気が薄れ・・・・

涼を求めて日陰を探すが、
いやそれにしてももう、岩自体が触れないほど熱い。さすがにフナ虫の姿も見えない。

だんだん眠くなってきたが、これって熱射病の症状?だんだん意識が遠のく。
う~ん寝ちゃいかん←雪山じゃないっての(^^)

・・・・寝ちゃいました。パラソルの下で。
目覚めたらすっきり。熱射病ではなかったな。睡眠不足。なったことないので判んない(^_^;)

P7152066s.jpg
隣ではまた竿が曲がってましたが、残念ながら釣り上げられたのはバリ※アイゴでした。

終了はPM2時。

結局コッパのみの釣果。船中で釣果を聞いたが皆さん渋かったようです。

P7152072s.jpg
港につくと集合写真用にステージ作成

P7152073s.jpg
会費は安かったけど、幹事の方々の粋な計らいで豪華賞品

P7152078s.jpg
なんとお立ち台まで!手作りだと思うけど凄い。メダルに盾もあります(@_@)

1匹のサイズで競いましたけど、私の釣った魚は釣れたときは27Cmだったはずなのに、港で測ったら縮んでいて25Cmの規定ぎりぎり。
計量に持ち込みできたのが6名だけで、私は同サイズのTAさんと仲良く5位でした(^^)

P7152079s.jpg
景品もたくさん。これにfathomハリスも頂きました!

実は今年は思うところがあってfathomハリスのモニター更新をしていなかった私だけど、大きな理由は様々なハリスを検証してみたい(1つのメーカーに精神的に縛られたくない)だけなので、グループや人の繋がりは大事にしたいと思います。

それにしてもfathom北九州の会長AKさん・SUさん、そして誘って頂いたTAさん、頑張ってらっしゃいます。お誘いありがとうございました!

△瀬渡し磯(延岡・北浦)2018/5/27

5月26日、梅雨入りしました。

てなわけで梅雨グレ狙いじゃ!
梅雨入りしたのにその翌日は晴れ予報だったので・・・
P5271477s.jpg
北浦の朝は晴れやかだけど、来る途中の北川周辺は怖いほどの霧でした。正確には雲の中って感じ。
山の雲が滝のように降りてくる景色・・・凄いな。

P5271479s.jpg
この朝日は幸運の朝日なのか、はたまた・・・

P5271482s.jpg
沖は想像以上に荒れていて、とりあえずトマス瀬(というところ)に渡されたが・・・
10投ぐらいしてみたけど・・・駄目だこりゃ。
仕掛は揉まれるしウキの軌道も定まりません。表層にコッパらしき姿は見えるけど。

P5271484s.jpg
釣れてもこのサイズ・・・・

道糸が瀬にあたって切れてしまったので、1時間弱で心折れました。
「せんちょー。場所変えお願いします!」・・・・前回同様「あゆ丸」です。

弁当配布の9時過ぎまで竿も出さずに日陰に退避。想像してたけど結構朝から日差しが強い。昼釣りが厳しい季節になりました。

P5271486s.jpg
干潮に向かう方向だけど、波はだんだん膨らんでくる感じ

回収時も船が揺れて怖かった・・・・

P5271495s.jpg
地獄から天国
湾内は他船が移された方で溢れており、我々(この日のあゆ丸は4名でした)は島野浦の防波堤へ

いいですここで。もう疲れました。まだ10時ぐらいだけど(^_^;)

P5271498s.jpg
撒餌に反応するのは、コッパ・オヤビッチャ・・・夏の防波堤ですね。
遠投するも横風で道糸がふけて釣りずらいので。

フカセ終了!あとは胴付仕掛で遊ぶっ!

P5271500s.jpg
なぜか島野浦防波堤には多い「オキゴンベ」が最初に登場

P5271504s.jpg
アカだと思ってたけどホシかな?・・・ササノハベラ

P5271506s.jpg
カサゴ

P5271510s.jpg
これは典型的なホシササハベラだ

P5271511s.jpg
全国スタンダードだけど、案外宮崎県南には少ない標準和名「スズメダイ」

P5271515s.jpg
ニシキベラは私の世代だと「出たなショッカー!」って感じ

P5271518s.jpg
これも幅を利かせてますね。「ナガサキスズメダイ」

P5271519s.jpg
ニシキベラ同様に悪の権化的魚「キタマクラ」

でました!
P5271524s.jpg
この釣りの目的の・・・変魚
オハグロベラ!私的には宮崎で2個体目。しかも嬉しい雄型
P5271521s.jpg
いやぁなんて憎々し・・・もとい、エキゾチックな模様なんでしょう(^_^;)
黒目が小さいのが特徴だろうか。どうも間抜けな印象です。
これも本州・瀬戸内海あたりだと普通種らしいけど、宮崎だと稀だと思います。

そしてびっくり
P5271531s.jpg
写真では判りずらいと思いますが、かなり大きいです。多分30Cm超
オバケオトメ標準和名「オトメベラ」

P5271539s.jpg
とりあえずコッパもパチリ

P5271543s.jpg
シラコダイもパチリ

P5271548s.jpg
わずらわしい金魚「クロホシイシモチ」もパチリ

パチってパチって、13種か。
とにかく釣れるには釣れる。100%釣れるんだけどこの13種が入れ代わり立ち代わりでした。
ササノハベラは20匹ぐらい釣れたかもしれない(^_^;)

オハグロベラとデカオトメが嬉しい日だったかも。

P5271556s.jpg
PM4時半回収
結果まる一日、のんびり楽しく釣りできたので良しとしよう。

P5271553s.jpg

〇瀬渡し磯フカセ(延岡市・北浦)2018/5/13

YAIBA宮崎の月例会がある予定だった13日だけど、前日悪天のため延期という連絡が入った。
先週はトカラ列島だったので大人しくしておこうと思ったけど暇だしなぁ。
悪天とは言えどGPV天気予報を見ると県北は微妙に雨は降らない感じで風もなく、波が微妙かな?って感じ。
そこで月例会にも参加予定だった釣友KAさんに連絡して、急遽北浦の予約。あゆ丸です。

AM5時半出発し沖に出てみると・・・
P5131443S.jpg
名磯「沖の二つ」は波被ってるなぁ・・・

客は我々の他に3名で、皆敬遠している中KAさんの「行きますか!」という言葉に背中を押され乗る事に(゚д゚;)
まあ今から下がるし船長も余裕の表情だし・・・大丈夫かな?

P5131451s.jpg
早々に準備を終えて開始したKAさんに・・・(゚д゚;)

やられた~
ちなみに2人で釣りの際はジャンケンして場所を決め、3ラウンド制で競技訓練って感じで行うのですが、まあ公平に釣るためです(^^)
先に竿を出したKAさんが、アジ子がいるというので対策用に持ってきたボイル餌中心で開始。
ちなみにこの場所に以前乗ったときは足元にデカ尾長の姿が見えていたのでハリスは2号を使用(大物対策)

P5131452s.jpg
写真で判りずらいけど、私の目の前のサラシから筋が出ていて、その先にシモリがあり撒餌を打つとその辺で魚が湧いているのが判るので、ガン玉無しで漂うようなイメージで仕掛を送っていくと、竿先がビビビと反応して

P5131457s.jpg
写真はイメージです(^^)
私もこんな感じで釣れているわけですが(^^)

P5131453s.jpg
KAさんは大物と格闘・・・・残念ながらこれは拾えませんでした・・・

201805013.jpg
※あゆ丸のWEBサイトより借用
10時見回りの様子ですが、大丈夫か?と言われて「ダメです」と返事。

潮は引いていって危険というほどではないけど、うねりが大きくなって私はバケツの水を浴びせられたように波を被ったのが2回。
KAさんもバケツどころかタライの水を浴びせられたように被って心が萎えてました。

他の瀬も皆挫けたようで全員回収

島野浦の内向きに3名は乗せられたけど、我々はもう終了。
撒餌が波のせいでベチャベチャだし、雨も降りそうだったので。

そしてやめていいかな?という最大の理由が
P5131460s.jpg
適度に釣れていたから。
サイズは28Cm~35Cmが・・・7匹だったはずだが・・・あれ8匹
KAさんが追加してくれたんだな。

いつもの2人釣り対決は私が7匹でKAさん3匹で私勝利!だったけど、実はKAさんが40Cmを超す大物を仕留められており3匹の中身が濃いという感じ。どうも負けた感がある(^_^;)

10時過ぎに港に戻り、PM1時前には自宅にて片づけ&魚の下ごしらえ。これは楽だ。

このカテゴリーに該当する記事はありません。