FC2ブログ

宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

○瀬渡し磯フカセ(日南海岸)2019/1/12

釣友KAさんとの今季釣り対決第二弾。日南海岸(鶯巣漁港)のエイト丸でした♪

予定日の12日(昨日)は微妙な天気の予報で、雨の中で釣るか本日に延期するか迷ったけど決行しました。
雨の中でも風が無ければ、雨天翌日に来る風の中よりは釣りが成り立つのではないか?という判断。
また12日ならまあまあ期待できる「双子岩」に乗れるが、延期したら繁忙期にも関わらず空いている微妙な瀬になる事が予想される・・・・

というわけで
P1123658s.jpg
「双子岩」

港に行く間も雨は弱まったり強くなったり。港でも微妙で着替えするのが少し辛い。
そんな中
P1123627s.jpg
初対面のIW君!
ずっと前からフェイスブックでは友達で交流があったんだけど、会うのは初で、私の車を見て判ったらしく声掛けしてくれました。
彼は数年前にヨーロッパの料理人修行をしていて、その時に様々な美景色の写真を投稿されていて、感性豊かで素晴らしい青年だと思っていて、宮崎にて料理店に務め、いつかその店に食べに行きたいと思っていたのでした。思いがけない出会い♪

出航AM7時

さすがの悪天で客は総勢6名だけ。近場に2名降ろされて、我々(私とKAさん)は双子岩で、IW君ともう一名はさらに奥の釣り場でした。

撒餌を混ぜたり仕掛けを準備するのも一苦労する雨中の作業。

先に開始したKAさんには直ぐにアジ子が釣れる。以前も最初にアジ子で、潮が良くなればメジナという感じだったので、粘りが大事ですよ~と伝えつつ私も開始

予想に反して、雨に加えて風も結構吹く。

斜め後ろからの風なので、ちょっと高台の双子岩だと道糸が膨らんで釣りづらい。糸が風に押されるが潮は微妙に逆方向という感じなのでなかなか馴染まない。
そして撒餌に反応してボラが集まってきた。

よく見るとかなり広域にボラの軍団がいる。個人的にはボラの下にメジナがいると思っているので嫌いな光景ではないのだが、尋常ではないほどのボラ・ボラ・ボラ・・・・

もうこうなったらボラでも釣るか、という感じで糸を張って待っていたら・・・

P1123642s.jpg
釣れた(@_@)

釣った・・・というより「釣れた」です。ボラだと思った・・・・

ウキが沈むでもなく、チョコンと突いているんじゃないか?という感じの動きで、突然走り出したりして合わせるでもなく竿に乗ってきます。

まず釣れたのが38Cmで、その次も38で、さらには42・・・やった!今年初の40Up、そしてその次の写真の魚は35だけどなかなかの肥満体型。脂乗ってるのかな?

戦略的ではないがポツン・ポツンと釣れる。
KAさんも釣れるのだがなぜかミニミニサイズ。立った場所の問題なのか仕掛けの問題なのか。合わせたわけでもないけどほぼ同じ感じの仕掛だし、後から聞いた状況による判断というか考え方も一緒なので、釣果の差といえば「新しい竿」でしょうか(^_^;)
・・・なんて茶化しながらワイワイと釣り、雨の中でも楽しい(^^)

P1123633s.jpg
雨中でレンズも曇りぼやけてますけど・・・

KAさん大物ヒット!

P1123637s.jpg

格闘します!メジナなのか??

P1123638s.jpg

残念

シロメジナでした(^^)

私の写真も写してくれました!

IMG_20190112_094039.jpg

これは本命です(^^)

満潮が10時過ぎで、それから昼ぐらいまでの間にポツ・ポツ釣れたメジナも、風波の勢いで一見早い潮の動きのように思える流れでウキが沖に出ていくけれども餌は残る状態になり、表層はボラで埋め尽くされているけれど、時々はコツンとついばむ感じの反応はあるが、それでも餌が付いて回収される。咥えて直ぐに離すのか?
時々はスッと引き込まれるが

P1123646s.jpg
ショウサイフグ・・・・

P1123650s.jpg
怒ってます(^^)私怒られてます。

PM4時回収だけど、3時過ぎには撒餌も配り終えて終了

P1123629s.jpg
本日の集魚剤はこれらでした。普段よりちょっと豪勢め

付餌は以前残ってた専用のパックものやハードタイプを使ってみたけど、結局釣れるのは撒餌の中に溶け込んだオキアミが一番良いような気がする。

P1123652s.jpg
終わった頃にやっと日が射してきた

P1123655s.jpg
最近のウミドリは大胆。カメラ向けてもピクリともしません。

P1123657s.jpg
本日のひょっこりはん

P1123659s.jpg
苦労したかいもあって、まあ何とか形になりました
26~42Cm・40Upは一匹

ただやはりストレス解消というわけにもいかぬ、どうにも納得できない釣り

どうも下りの潮が入ってきて水温も急激に低下したのかもしれない海の状況で、他所もほとんど釣れてませんでした。つまり私の釣果は良かったほう。

49413738_384283752379738_24.jpg

港にて撮影会

エイト丸船長に写してもらいました

KAさんとの対決は完全勝利(^^)
これ見て悔しがっていることでしょう。まあでも前回負けたので現在一勝一敗です。今季中にあと1~2回一緒に行けるのかな?

2匹はお裾分けして、残りは自宅に戻り下処理しましたけど、一番大きなメジナはまだとても小さい卵があっただけ。他はまあまあ立派な卵・白子が入ってました。いよいよですね~

この日の魚

メジナ・数匹(コッパ~42Cm)
アカササノハベラ・数匹
ショウサイフグ・数匹・・・今年10種目、前回釣れたような記憶も(^^)
マアジ(20Cm程度)・数匹・・・今年11種目
イスズミ・・・今年初魚だったのに写真を残してなかった(+_+)

×瀬渡し磯(日南海岸)2019/1/5

新春第二弾の瀬渡しは日南海岸。鶯巣漁港の「瑛翔丸(エイト丸)」
雨が降るかも知れない予報のため前回エイト丸を利用した際に知り合って同行予定だったNAさんはキャンセルとなり単独行動でした。予定していた瀬は「トビセ5番」で一人では持て余してしまう大き目の岩

自宅からは1時間ちょっとのもっとも近い瀬渡しです。
出航2時間前に出発して、行く途中に久しぶりに立ち寄った365餌釣具店では、同じタイミングで店に寄られたお客さんから「ブログの方ですね~」と声掛けされたり、内海地区の遊漁船「せいゆう丸」の有馬船長が船でくつろいでいたので立ち寄り雑談したり、港では一昨日釣行を伴にしたトーナメンターTAさんがいたりして釣行前にリラックスできウキウキ気分

AM6:30出航の際はまだ暗くて、初の場所は雰囲気も判らずどきどきだったが、明けてみると釣座は沢山あるし、どこに構えるべきか迷う。
P1053588s.jpg
雰囲気はいいし、どこでも釣れそう

P1053593s.jpg
沖に向かって左エリア

P1053594s.jpg
右エリア

P1053597s.jpg
岸向き

事前の情報だと棚が浅いので沖向きの沈瀬に対してウキ下は1mぐらいで試してみる

まず釣れたのは

P1053582s.jpg
カサゴはとても多いと聞いていたが、相当浅い感じだ

P1053585s.jpg
アカササノハベラも活性が高い
多少のうねりがあるし濁りもあるので底が見えないが、ここは相当浅いようだ

沈瀬の先には表層にバチャバチャと生命反応が出ているので狙ってみたが
P1053584s.jpg
このサイズだけのようだ・・・(T_T)
ここもコナガの巣なのか・・・・厳しいなぁ

P1053590s.jpg
これも混じる。シツオ君(ノトイスズミ)

P1053589s.jpg
この竿の真価が見たい(^^)

撒餌を丹念に打って大型魚が寄ってくることを願うが
少しは大きくなったものの
P1053600s.jpg
手の平以上、足裏未満

P1053606s.jpg
メジナ・クロメジナ両方混じる

P1053610s.jpg
キープしようか迷った挙句に、結局リリース、を繰り返し

沖の表層にはウキグレなのか群れの様子が伺えるので、遠投して狙う
思いっきり投げて、糸を張った状態で待っていると2回強烈な引きがあったがハリ外れ
そして・・・3度目の正直!

P1053605s.jpg
サンノジ(T_T)

浮いていたのはこれなんじゃないの?以前堀切峠の下で足元にこれの大きな群れを見た事があるが、メジナみたいに浮いてるんじゃないのか??

多少うねりがあり足元のサラシはいい雰囲気だが、その中を流してみると一度大きなアタリがあり格闘したものの残念ながらハリ外れ

P1053603s.jpg
そこで釣れたのはカゴカキダイのみ。これは結構美味しいらしいし、福岡あたりでは鮮魚店で売っている

手を変え品を変えて粘ったが、結局キープサイズは釣り切れませんでした
今の時期は場所がどこでも狙い方次第で何匹かは釣れそうなんだけど駄目ですね~

フェイスブックにはがんがん知り合いが好釣果写真をアップしていて、私もその釣果に憧れているわけですが(T_T)

今日は自分の判断や仕掛などを見直す良い機会となりました。実力無いなぁということは痛感しつつも、気づきも結構あったかも。
次回につなげたい・・・というか明日も行きたい(^_^;)

釣れた魚は

・カサゴ(2019年‐7種目)
・アカササノハベラ・・・・5匹ぐらい
・ノトイスズミ(2019年‐8種目)
・クロメジナ・・・・10匹ぐらい
・ニザダイ
・メジナ・・・・5~6匹
・カゴカキダイ(2019年‐9種目)

△瀬渡し磯(串間市・荒崎)2019/1/3

2019年を占う初釣りは串間(室丸)でした!

メンバーは、YAIBA宮崎のKA支部長・同じ町のYOさん・トーナメンターTAさん
※皆さんトーナメンターです。私以外は(^_^;)
P1033551s.jpg

船長から指示を受けた港は宮之浦港で出航はAM6時
私はYOさんと一緒に自宅をほぼ4時に出発でした。到着は10分前だったので約1時間50分

期待して沖に出たのだが・・・
49419664_1845251985601134_7.jpg


最初に近場を下して2便目で出るということだったが、なぜか1便で出た客が戻ってきた。しかも一之瀬などに乗せられた客も、我々も乗り込んだ後に再度見に行かれると、足元を波が洗っているので全員回収。駄目だこりゃって感じです。うねりが大きい(T_T)

船長お任せの我々の予定は「大黒瀬の割れ」だったが、到着直前のうねりも結構大きく、乗れないことはない程度だったけど大波を想定し断念。

一旦荒崎方面の黒井港に荷物共々降り、とりあえず本来そちらで待機されていた客を渡されてから、我々は再アタック。

9時ぐらい

私とYOさんが近場の「ナッケ」でKA支部長とTAさんが荒崎入口の「無名瀬」

我々の場所は満潮になれば海に浸かってしまう平瀬で、到着時はまだ時々軽く足元を洗う感じだが危険な感じはない。
まあ磯に渡れただけいいかという思いもあるし、何より新しい竿を早く試してみたい。

実釣
浅いのでハリスは1.5ヒロ程度から開始。0号ウキに、上部にガン玉を付けて、馴染んだら沈んでいく感じに調整したが、今年最初の魚は
P1033553s.jpg
(T_T)・・・竿先にいい反応が出たのに。

相当浅いのか・・・

2種目は
P1033554s.jpg
本命と言えば本命(^_^;)
マイクロコナガというべきか、コッパというとコッパに失礼なぐらい小さい(^_^;)
まずいここ・・・小魚の巣かもしれない

沖向きに釣っていたが横風にラインが煽られるので釣りづらく、潮同調も難しそうなので座を岸寄りに変える
49196518_2084097755004596_1.gif
49304699_2084097721671266_3.jpg
YOさんが写してくれた写真です

一応釣れた写真だけど、釣ったのは
P1033561s.jpg

40Cmぐらいはあったけど。

ただ、この魚を釣った時に竿の良さを実感しました。竿自体がクッションの役割なんだな。ほとんど暴れる事なくスッと上がってきます。同調子だけど想定していたより随分と先調子に近い感覚で、重みが増すほどに胴に乗ってくる感じ。これ心地いいかも(^^)
大きい魚でも糸が切れる不安がありません。

P1033563s.jpg

まあまあサイズのサンノジも釣れたが、これも楽々

P1033566s.jpg

こんなのも釣れて五目達成

YOさんは

P1033557s.jpg
足元の餌取りを蹴散らし何とか本命1尾を上げたいと粘ります

昼を過ぎてやっと潮の感じが良くなり、まあまあサイズのメジナをゲット
49342282_1845252038934462_5.jpg

そろそろと思っていた矢先に私の釣り座は足元に波が寄せてくるのでYOさんの横に付かせてもらって・・・

私にもやっとこさ

49204687_1845252088934457_6.jpg
大きく見えるでしょうが撮影効果(^^)

ほとんどYOさんと一緒ぐらい。40Cmにはちょっと満たないぐらいでした

新竿に「鱗付け」※っていう言い方最近しりました、も無事終了
更に波が上がってきたのでPM2時半回収と言われていたが1時50分ぐらいには竿をたたんでました

餌取り多すぎ、潮悪し、

今回の言い訳です(^_^;)

まあ何とか1匹釣れたので良しとすべし

我々が回収された後に、一緒に回収の無名瀬メンバーは、瀬の前を見たら凄い濁りだったので厳しかったんじゃないかと思ったけれども、さすがの手練れ二人組

P1033571s.jpg

これはKA支部長の釣果。さすがです。ただ大きさは36Cm止まり。

釣れた魚は6種

・アカササノハベラ
・クロメジナ
・アイゴ
・ニザダイ
・ニセカンランハギ
・メジナ

持ち帰りは1匹・メジナ38Cmのみ

何とも不満残る釣りでした。一応明日も予定してます(^^)天気がどうだろう・・・・

○瀬渡し磯フカセ(串間市荒崎)2018/12/23

先月から22日土曜日に予約していた「かいゆう丸」だが、同行予定のNAさんからは所用にて行けなくなったと連絡があり、一人で行くつもりだったものの結果的には波が落ちないとのことで船止め。
別場所でも、と思って個人的にはホームと思っている串間「室丸」に連絡したがやはりその日は船止めで、翌日の確認をしたら
「まあ、出てきたら~」というちょっと微妙なニュアンスの返答だったが、行ってみたらかなりの客。
厳しいかもよ~っていう事だったのか。船長からは、今日はトセンベイでいいか?と言われたが、もちろんです。竿が出せたらいいしトセンベイは近場なので安いし(^^)

PC233417s.jpg
トセンベイは港を出て直ぐの、割と大人数を収容可能な瀬。ここに別場所移動待機の4名と終日組が4名降ろされた。
波の心配もない場所なので終日の釣りは可能だと思う。
ちなみに以前同じ瀬に乗ったことがある初老の常連さんと、知人つながりで顔見知りになっていたJさんも乗っておられて声掛けしてもらい会話が弾む。

仕掛を早々に投入されたJさんが、早朝一発
PC233419s.jpg
中々の手応え。
上がってきたのは35Cm程度と思われるメジナでした。魚いるやん!

でも私、のっけから
PC233421s.jpg
悪い予感。先週に続きこれ地獄か?

沖目を狙っていたJさんにサヨリが釣れだしたので私も狙う

PC233423s.jpg
いいサイズだな。30Cm超え

これが釣れるなら食材でしっかり確保しておこう。沖に向かって投げて、完全に仕掛を張って待っていれば手元に反応が出るので簡単。
それにしてもサヨリってこんなに太ってたっけ?ちょっと違和感。

そうこうしていると瀬渡しの室丸が寄ってきて「移動する?」って聞かれ了承。

サヨリは釣れ続ける雰囲気だがやはりメジナ釣らなきゃ。

トセンベイに乗っていたメンバーのうち私を含む5名が場所を移動。沖瀬に向かいます。

私は
PC233427s.jpg
初の荒崎4番

過去に0・1・2・3・6・7番は乗ったことがあるのでもうすぐコンプリートだけど、5番だけは絶対乗りたくない瀬(怖い)

期待の4番だけど潮の通りからはちょっと外れているし、何より干潮に向かっているのに波がきつい(うねりが大きく)

お蔭で足元は

PC233437s.jpg

濁りまくり(^_^;)

これ駄目でしょ・・・チヌならいいかもしんないけど。

想像通り餌が残る。表層には撒餌に反応してカタクチイワシの群れが見えるが棚をいろいろと探っても1時間以上は何もおきない。
何より潮も動いていない。干潮時刻は昼12時半ぐらいなので、いよいよ難しいかな?と思っていたが、手にコツコツ反応が出て・・・

中々の手応え。負けんぞ~
PC233430s.jpg
リカバリ~・・・じゃなくてデカバリ~(T_T)

44Cmでした。

続けて!

PC233436s.jpg

う~ん。35Cmほどで手応えも良かったけど。

その後また沈黙が1時間ほどあり、濁りは益々強くなる。

ここで大きな決断。

周囲を眺めて沈み瀬があって濁りが弱い場所をピンポイントで狙う事にする。遠投だけど・・・

直ぐに結果は出ました!

PC233440s.jpg

魚も波を避けてるんだよな~きっと。これが釣れれば申し分なし。

そして続けて

上の魚より1.5倍ぐらいの強さと重量感のメジナ!

釣れたのは40up!

足場が悪くて波も押し寄せてきて写真を写す余力なし(^_^;)

そしてさらに・・・・

今度はまた1.5倍増しで重量感たっぷりのあたり!

浮いてきて見えたのは・・・(@_@)

40upのメジナと比べても二回りぐらいのデカバンだったけど足元で瀬にあたり、切れてしまった(T_T)

残念。放心状態です・・・・

再開しようとしたらデカ波がきて身の危険を感じ、これからいいところだったけど未練を残しつつも終了。
いつでも回収してもらえるように身支度。

だいたい片付けたとたんに暴風と雨も降りだした。

PM1時には終了でした。それから1時間ちょっと雨の中で振り返り。粘ってたら後数匹は釣れただろうなぁ。
まあ40up満足したからいいや。

PC233444s.jpg
時々波が駆け上がってくる場所なんです(^_^;)
回収時に写した写真

PC233446s.jpg
回収時は雨も激しく・・・・

PM3時には港に到着し、雨の中サッサと帰宅準備し撤収~

※写真は室丸サイトより借用・・・とりあえず写真パチリ
image404.jpg

早かったので魚を処理する暇もありました

PC233450s.jpg
持ち帰りはこれだけ。メジナは生きてます。

神経〆して、身を取り、きっちりと骨抜きもして・・・

PC233452s.jpg
大きい方のメジナの片身とサヨリを刺身にて。

メジナはまだ脂分が微妙な感じ。美味しいけど。
ただサヨリが驚くほどに身に甘味があり美味しかったです。

ところでこのサヨリ

太いので気になっていたけど、フェイスブックに乗せた写真を見て天才MS君が反応してくれました。
「ナンヨウサヨリですね」

自分でも調べるつもりだったけど、やはり!
違和感は思った通りでした(^^)

嬉しい~1種追加。出会った魚501種目!

ところで魚の年齢だけど、鱗の年輪をみたらだいたいわかるようで、木の年輪のように環線という輪があるそうです。
そこで釣れた魚の環線を見たら、小さい方がだいたい4年ぐらいで大きい方は7~8年という感じかな?
成長してくれてありがとうね~。残りも美味しく頂きます。

●YAIBA定例会(門川町・沖瀬)2018/12/16

今季初参加のYAIBA定例会
今年はYAIBA宮崎の釣り企画は4回の予定です。定例会が3回で前2回(11月・12月)が予選。最後(2月)が決勝で、それとは別に1月にペアマッチ大会があります。
予選で上位5名の入賞者が決勝にて争い、今年の優勝者が決まるのだけど、まずは予選会で5位内に入ることが目標(^^)

場所は幸島(市木)のマリンブルーの予定だったけど、この日の天候は小雨&波が上がってくる予報にて前日の連絡網にて急遽門川開催になりました。11月も門川だったので2連続。いつ行っても厳しさを感じる門川なのですが・・・

瀬渡し船の「磯八丸」は仮眠可能な待合所があります。
PC163347s.jpg
朝5時集合。気の知れたメンバーなので雑談に華が咲きます。瀬順などをくじ引きで決定
私は微妙な5番

ちなみに当初参加予定は14名でしたが、急な変更に対応できたのは9名でした。

PC163358s.jpg
期待の船中。門川の沖は割と距離があるのでディーゼルの振動が眠気を誘う(^_^;)

くじ順の1・2番がまず地の松バエに降ろされて、3・4番が沖の松バエ先端
そして私はNA会員と一緒に沖の松バエの陸側。広い場所なので主催者K支部長もここに降りて一緒に竿出し

夜明けとともにまずは1匹の顔を拝みたい私とNA会員は急ぎ準備を終えるとサッサと開始するが、K支部長はエギング。

しかし・・・潮は立ち位置に対して向かってくる潮で、足元から横に流れる。その潮にウキをゆだねても瀬際にくっ付くのでやりずらい。
そうこうしているとK支部長もフカセの準備をして我々の隙間にて開始

そして

(@_@)

PC163369s.jpg
PC163371s.jpg
いやいや、なぜそんなに簡単に(@_@)
腕の差を見せつけられました。

NA会員も
PC163362s.jpg
・・・やられたか~
PC163364s.jpg
残念。バリですね~

その後もバリはちょこちょこ。
だけど私は釣れない。

渋いだろうという想定で全誘導仕掛にしているのが理由かも。タナぼけしているな。

そうしているうちに潮が上がってきて足元を時々波がさらうようになった。危険な感じではないのだが釣りづらい。

PC163376s.jpg

早々に波裏に移動していたNA会員は良型カワハギが釣れていたが、唯一の土産

見回り船が「危険だから場所変えしましょう~」というので、粘れば釣れそうな気もしていたけど、とりあえず移動

ここ行きましょう・・・と言われた場所は
PC163394s.jpg

げっ。岩斜めってるやん。滑らないのか?雨も降りだしたが・・・

PC163392s.jpg
まあなんとか(^_^;)

K支部長は別の場所に移動し2名で再開

ここ・・・

PC163382s.jpg

巣でした(^_^;)
手袋が裂けているのは気にしないで(^_^;)

とにかく遠投して、やっと時々25Cmのコナガ君がポツンと釣れる・・・

そして完全に満潮の潮止まりの時間帯になると

PC163390s.jpg
ハリは無くなったりこれが釣れたり。

というかこれしかいないじゃね?と2人で嘆きあい。

結果

PC163395s.jpg
回収船の中は、雨だし疲れたし~という目も虚ろなメンバー方

PC163403s.jpg
私規定ぎりぎりのサイズを4匹で、何とか5位内入賞
PC163404s.jpg
ちと恥ずかしいサイズ

優勝者のカゴは
PC163400s.jpg
燦然と輝くデカ尾長

ちなみに二位と三位は

PC163397s.jpg
PC163398s.jpg

というわけで計量持ち込みは4名のみ。従いまして私、4位でした(^_^;)
嬉しいような恥ずかしいような。もっとデカバンで勝負したかった・・・

PC163414s.jpg
優勝は我が地区長の役員YOさん!おめでとうございます!

写真は左から、3位のKANさんに、優勝のYOさん、2位のTAさんです

PC163413s.jpg
持ち回りの優勝トロフィー

最後に腹鰭がぽきっと折れたのはご愛嬌。もともと折れてはくっ付くを繰り返すのです。

PC163416s.jpg

次回は1月20日(第三日曜日)のペアマッチ大会。これは景品が楽しみな大会です。

このカテゴリーに該当する記事はありません。