宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

○ぶらり雑魚狙い(県北方面)2017/10/9

三連休の初日は飲み会後の気怠さで一日を棒に振り、二日目は同僚の結婚式。
三日目は実家に行こうと思っていたが、弟が行くというのでお任せして、ぶらぶらと県北方面に竿1本抱えて行ってみた。

行くと決めたら地合時刻は・・・
満潮がAM8時半ぐらいなので、釣れるのは9~11時ぐらいかな。急がなきゃ。
と自宅を7時半ぐらいに飛び出すと、高速を使って約1時間で日向市。
餌を買おうと思っていた釣具のポイントはまだ開いてないじゃないか・・・・商売っ気ないよな。祭日なのに。
そこでもう一軒。あてにしていた釣具のエース
PA090759s.jpg
開いているどころか売出しやってます♪朝早いのに客も多いぞ。頑張ってるよポイント。見習ってくれ。

PA090762s.jpg
今日の釣りでは不要のウキを衝動買い。二割引きなので1244円は安いです。それでも高いウキだけど(^^

まずは門川の庵川漁港にて
PA090764s.jpg
お気に入りの場所には人が入っているので、手前で開始。
PA090760s.jpg
磯竿にこの胴突仕掛。虫(ゴカイ)を付けてテトラの足元狙ったり遠投したりして。

PA090766s.jpg
やっとキタマクラ1匹。駄目っぽい。

PA090767s.jpg
場所を移動しても・・・・キタマクラ

移動します。

続けて釣りたかったM大延岡フィールドがある赤水地区に行ってみたが人が多いので、思いっきり動く事にした。

PA090769s.jpg
北浦・須美江漁港

時期が良ければヒメフエダイの幼魚などで賑わっている場所だけど、濁りも激しく魚影も見えず・・・竿も出しません。

PA090795s.jpg
本命の場所・熊野江防波堤

釣れなくてもここで粘ろう

と一投目・・・・・

なんと

PA090771s.jpg
えっと~これ。私の貧弱なデータベースから引き出した答えはタコベラ・・・?

と思っていたけど帰る前にタブレットで確認したら違うみたい。
これはもしや、オハグロベラ?

というかこれがオハグロベラなのか!これ釣りたくて瀬戸内の釣行を考えていたのに、宮崎で釣れてしまった(^_^;)

いずれにせよ初魚。My釣魚332種目にして出会った魚441種目です。
もう満足

その後怒涛の連続釣果
PA090777s.jpg
PA090778s.jpg
PA090782s.jpg
PA090788s.jpg
PA090791s.jpg
PA090794s.jpg
カサゴ・オヤビッチャ・ハタタテダイ・ブダイ・カゴカキダイ・オトメベラ

タコベラだと思ってM大のDrムラニィに連絡すると、欲しい(標本用に)というので他魚も活かしていたが、失礼な言い方だけど一見任侠世界の親分さんみたいな人とその子分のような二人組が訪れてちょっと怖かったが、水汲みバッカンの中を見て生きているハタタテダイにとんでもない反応。

「これ欲しい!」と言われる。売れば5~6千円するだろう?とか聞いてくるが「えっと・・・知りません(^_^;)」
「売ってくれ~!真剣に行ってんだよ」

「・・・・えっと、じゃぁどうぞ(^_^;)お金は要りません」

というと子分に「おい車からバケツとブクブク持ってこい!」
・・・・準備周到なのね。

売るんですかと聞くと「俺は売らん。水槽に入れるんだ」

そして、タダは駄目だ。いくらだ?と言われるので、考えたあげくにじゃあ餌代の1000円くださいというと、

子分に「おい!2000円差し上げろ」ってな感じで・・・・(^_^;)

右腕には包帯巻いてるし、刀で切り付けられたような縫い傷が頭部から口元あたりまで。まるでその道の方のような(^_^;)
でも愛情感じる語り口でした。

申し訳なかったけど飯をおごってもらったつもりで頂きました。
ネットで調べたらハタタテダイの相場って、だいたい3000円程度みたいだ。

昼になり、反応が鈍くなって
PA090797s.jpg

これが釣れたのを機に終了。

その後北浦・宮之浦にある「きたうらら」にて
PA090799s.jpg
鉄火丼弁当買って食べ(ここは美味しいです)

PA090800s.jpg
M大延岡フィールドに釣れた魚をお届け。

すみません。ハタタテダイはかくかくじかじかで無くなりました。代わりに「きたうらら」で揚げみ土産を買ってきたよ~ん。※頂いたお金で(^_^;)

写真はムラニィ初の新種登録魚なんだそうで。※学生時代のものです。
魚の研究者は自分で点描絵を描くんだよな。英語表記でなんて書いてあるかさっぱりだが。

オハグロベラは門川でも時々出ているようです。案外ブダイとかオトメベラも喜んでくれました。
最近出ている新種の話も聞かせてもらったけど、まあそれは公開しちゃ駄目だろうな(^^ゞ

○フカセ練習(串間市恋が浦)2017/9/23

そろそろフカセ釣りに馴染んでおきたいと思うが沖磯に渡るには早すぎるかなど、次回の釣行を悩む日々(^^ゞ
釣り友IHさんに連絡して、私的には数年ぶりの「恋が浦」に行く事になった。今の時期はシマアジが釣れる事で有名な防波堤だが、はて・・・

P9230566s.jpg
夜明けとともに釣る・・・を目指してAM4時半に出発したが、到着時には先端にすでに5~6名の釣り人
YAさん(♀)とISO師匠も参加の4名での釣行となりました。

行く途中に子猫が飛び出してきてひいてしまったかも。ちょっとブルー。音はしなかったけど・・・
ISO師匠を途中拾って行ったが、その話から発展して道中に見たことがないのは猪ぐらいかな?と話していたら、帰りになんと子イノシシ2匹が道路を横切る姿が見えた!ちょっと嬉しい。
・・・・えっと、全く釣りに関係無しですね(^_^;)まあこんな日でしたということで・・・

さてタイトルの通り、フカセの練習です。
個人的には今年新調した磯竿(Daiwa波濤1.5号)を使いこなしたいという気持ち。昨年は1.2号で伸される時があったので、沖磯向けにちょっと強めの竿で対抗しようという今年の戦略です。軟らかい1号の竿も欲しいところだけど優先順位。

P9230572s.jpg
ちょっと遠投を考慮してゼクトのMサイズ。0号にガン玉をつけて沈下をちょっと早めに調整の全誘導仕掛け
馴染んだらゆっくり沈むのが基本

潮流を探って直ぐに・・・
P9230574s.jpg
居ますね~小さいけど。幸先よし。

そして2匹目に・・・・

ドキューン!

P9230577s.jpg
約48Cmのシツオ※ノトイスズミでした(^_^;)

目の前にテトラが張り出しているのでどうしても強引なやり取りが必要だが、早くも竿の検証ができました。
力負けしません。

その次に
P9230579s.jpg
クロメジナなのでとりあえず写真。

うむ。準備体操は終わったので、あとは大型のメジナかシマアジ来てね~

と願うが

撒餌が効いてコッパ入れ食いになる(T_T)

それにしてもちょっと波があり、時々大きな膨らみが近づいてきて怖い。満ちから引きだったので落ち付いてくると思ったが、だんだん大きくなる。この場所はサーファーの多い場所なので、彼らには都合が良さそうだが。
そうそうここってキムタクがお忍びで時々現れる事が知られているのだが最近どうなんだろう。
キムタクって最近干されている感じ強いなぁ。いい役者さんだし解散についても悪い事したわけじゃないのにね。

ところでメンバー・・・
P9230582s.jpg
YAさん(♀)がなんか釣ってる(@_@;)

しっかりタモに入って・・・
P9230585s.jpg
おお!良型メジナ。記録更新らしいです。最近は安定的に釣られてます。

P9230586s.jpg
スルルーで挑んでいたIHさん!スゲー

P9230589s.jpg
60オーバー

P9230603s.jpg
更に!

P9230607s.jpg
70オーバー。思わず皆で記念写真(^_^;)

P9230609ss_20170924034608770.jpg
防波堤でこれ、出来すぎでは(^_^;)
その後も70オーバー1匹追加されたそうです。(私が退席後)

私は・・・・コッパ飽きて
P9230598s.jpg
撒餌に湧く魚を掛けてみると

おおっ!

実はレアかも知れないヤクシマイワシ属、初釣魚です。

ISO師匠には
P9230616s.jpg
コバンアジも。

防波堤内側では
P9230622s.jpg
ミナミハタンポ

これもまだ釣った事がない「ツマグロハタンポ」ではないかと常日頃気になってます。鱗の密度で判るんだけど、ミナミハタンポのよう。

そんなこんなで、皆で釣れた魚を再度整理すると

・メジナ(コッパ多数・30Cmオーバー2匹?)
・クロメジナ(コッパ多数)
・ノトイスズミ
・ヤクシマイワシ
・コバンアジ
・ミナミハタンポ
・ヒラスズキ(3匹)
・オニカサゴ類
・タイワンカマス
・オキザヨリ
・マサバ

10種以上

どうも疲労感もあってお昼には私とISO師匠は終了
ヒラスズキを食べた事がないので1匹貰ったんだけど、自宅に戻る頃には最悪の倦怠感でさばく根性もなく、結局ご近所にお裾分け(^_^;)
道具だけサクッと洗い、その後は寝てました。そして夜中にすっかり目が覚めヒラスズキ後悔してます(^_^;)

※IHさんが我々が撤収したあとに釣った1匹を、差し上げますよと連絡頂きました(^^ゞ

○防波堤投げ胴突(延岡市赤水)2017/8/26

今週は何釣りしようか悶々としていたが、1人で鹿児島の阿久根あたりに行ってみようと画策していた。キンチャクダイを釣りたい。
金曜日の朝には色々と頭で思い描いていたけど、夕方になったらちょっと挫け気味。夏バテなのか気力が無いし腹痛も。
そんな中「紅はるか」さんからメール。明日の予定はありますか?って事で体調は不安ながら土曜日の夜に瀬渡し夜釣りする事になった。朝早く鹿児島に出かけるのも憂鬱に感じていたので、ゆっくり寝て昼前から準備すればいい・・・

金曜日の夜は食事を済ませたら気分の悪さから直ぐに床に入り相当早めの就寝だったので、目覚めも早く朝のPCチェックをしたところ「瀬渡しは風向きが悪く大雨が予測されるので・・・・」というメールの連絡が入っていて、天気予報を見たら確かに不安定なようだ。
そんな訳でとりあえずリセット。雨の中の釣りも辛いので電話にて正式に中止の申し入れをしたあと・・・さて、持て余す。さすがに鹿児島に走るのも面倒だ・・・・

そんなとき延岡のルアーの達人「大ちゃん」からメール
21146726_1309478155848002_2.jpg
これ食べられるでしょうか?

2017082701.jpg

・・・・やりとりしている内に、現地に行く事に・・・・車で約二時間の延岡市赤水地区。のんびり防波堤の釣りができるかも知れない。

日向市の釣具店で胴突(カワハギ狙い)仕掛け・3号の錘とキスゴ虫(朝鮮ゴカイ)を30g

赤水と言えばM大学の延岡フィールドがあるエリアなので、そこで働くDrムラニィに電話してみたら・・・
P8260416s.jpg
なんとイベント初日だそうで。

大学生が手作りの水族館企画。大ちゃんと土々呂の港で落ち合って、その足で行ってみました。

P8260412s.jpg
魚以外も充実してます。来客も多くて賑わってます。

P8260413s.jpg
P8260414s.jpg
うむ。メッセージ色強い作品だ。

水槽1つ1つが学生さんの作品らしいです。水族館というより魚をモチーフにした動く絵画みたい(^^
一般の方の評価で実習評価の点数が変わるとか(^_^;)

近くで釣っていたのに企画を知らなかったという大ちゃんも満足なようでした!

さて釣りは施設のすぐ目の前の防波堤
P8260423s.jpg
大学生のOG君も見学

足元ではすぐにいつものニシキベラ・クロホシイシモチ・ネンブツダイ
まあそうだろうなぁ。なので遠投してみる・・・・
P8260417s.jpg
ジャリ子ちゃんか。こればかりなのかな?

P8260420s.jpg
ハナタレエバ(ヒイラギ)君もいるのね。

防波堤沖向きのちょっと根掛かりしやすいという方向に投げてみたら
P8260422s.jpg
おお、オオモンハタ。手の平だけど。

P8260427s.jpg
トラギスも。ヒイラギと一荷

ほぼ入れ食いだ。面白すぎ。

P8260429s.jpg
おおっ!

ちょっと前に話題になっていた「アオハタ」。これ天草あたりには多いけど宮崎では初めてだ。

P8260433s.jpg
だんだん活性が高まって、ついには付餌すべてにヒイラギ

※ヒイラギは大ちゃんが喜んで持ち帰ってくれました。美味しいんだけどベトベトだよね~

P8260435s.jpg
またヒイラギか?3匹

あれ?ウリボウか?

上げてみると、なんだスミヤキ(コトヒキ)か・・・・

あれ?普通のコトヒキは・・・
001961.jpg
ちょっと違うぞ。ラインが。
P8260436s.jpg
縦筋が真っ直ぐだ。

これはもしや。

大学生のOG君が目の前の施設に持ち帰り判定

ヒメコトヒキみたい。ラッキー初見魚だ!

P8260439s.jpg
大ちゃんのルアーには朝と違って反応が薄かったようですけど、私の釣果に一緒に喜んでもらってます。ありがたい。

短時間であっという間に9種でした。30gの餌はあっという間に無くなりました。
1種は初見魚で大満足

P8260443s.jpg
設備に戻ったらアオハタ君はしっかり活かさせてました。改めて見ても綺麗な魚だ。

水槽の中には
P8260445s.jpg
設備の近くで獲れたというムラソイも。これ釣りたい魚の1つ。

結果的に面白い日、でした。満足。

●フカセ練習(宮崎港・都農漁港)2017/6/25

磯釣り大会(小山田カップ)の予定は悪天のために中止というのが土曜日の昼前には決まり、天気予報も土・日ともに悪天だったので諦めていた釣りだが、日曜日の朝予報を見たら、昼前には回復するみたいだという事で、まずは”せいゆう丸船長”に連絡すると、船の手入れが忙しいとの事。もしお暇ならどこか連れていってもらいたいなぁという目論見だったけど(^_^;)

その後IHさんに連絡したら「宮崎港」に行くよ~という返事。

しばらくは迷っていた。期待できる獲物のイメージが湧かない・・・・

AM11時前になって自宅付近の雨も小降りになり、自宅でのんびりしていたが再度IHさんに連絡したら「(宮崎港は)濁りはないですよ~」とのことで、とりあえず向かってみた。
先日購入した磯竿を使ってみたいので、フカセ釣りをすることに決め、途中で集魚剤と餌1500円分ぐらい購入。

IMG_0243s.jpg
濁りが無い理由は、水門が閉ざされてるからなんだな。

ボラの姿は見えるけど、撒餌しても何ら反応なし。時刻もド干潮で潮も動かないし川と遮断されたら魚も入ってこないだろうな。

IHさんはシロギス数匹にサビキでアジ子数匹。ちょっと不満なようです。

2時間ぐらい何も起きないので・・・
IMG_0242s.jpg

「移動しますね~」と、青島・内海方面に行かれるそうで・・・

私も・・・・反対方向の都農・・・

防波堤でフカセが出来る場所を考えたら、・・・・じゃないかな?

PM3時過ぎに到着
IMG_0247s.jpg
時々小雨。やりずらいなぁ

まずもっとも湾の内側で始めたんだけど、どうもしっくりこない。
足元にキラキラと見える小魚の魚群があり、何だろうと思ってノベ竿を取り出して探ってみると

IMG_0245s.jpg
おお、スズキ最少記録かも。

続けて釣れたのが「ニシキベラ」で、スズキの子とニシキベラとフグ類(主にキタマクラ)とカゴカキダイ若魚って感じなのでノベ竿終了。

4時半ぐらいに防波堤中央で釣っていた2人の釣り人が引き上げたので、そちらに移動してみる。
その2人が釣っていた場所からちょっとずれた所に筏が置いてあって、その脇辺りに魚がいるような気がする・・・

移動して4~5投目。

私は撒餌してウキとの同調を確認したら、あとは指でジワジワ出て行くのを押えつつ、目は景色を追っているのでだいたいアタリは向こう合わせなんだけど、よそ見していたら竿ごとカッタくるアタリ!
目の前に見ていたボラかな?横走りする・・・・

体が180度向くほどに湾の中を横に走って、また元に戻る途中、すっぽ抜け・・・残念。ボラでも抜けるか。

まあやっとまともな反応があったし集中。するとすぐ

IMG_0248s.jpg
手の平ほどのキチヌ。これはウキを見ていたけどスゥーと引き込まれて合わせました。

ただこのサイズでも結構横に走ったので、もしかしたら前のはこれの大型??

同じ場所を攻めて・・・

ガツン!

ウォー。これはデカイかも。外れた魚と同じ動きだ。

そして
IMG_0253s.jpg
40Cmにはちょっと届かないかな?メジャーが無い(^_^;)

なかなかのファイトでした。まあキープサイズだよね。

続けて釣れたのはまた手の平サイズで・・・

更に
IMG_0255s.jpg
ショウサイフグ(T_T)

キチヌ終わったかな?それにしても地合ってのはあるよな。最初の外れからショウサイフグまで5回連続で反応。

その後数投釣れず、終わった感がある中、地元の中学生グループ(7~8名)が寄ってきて・・・
面倒だなぁと眺めていたら、また手にガツン

先ほどより足元に近かったため防波堤の下溝に突っ込まれて一度は根掛かりして諦め・・・

中学生たちはワヤワヤと「何が釣れてるんですかぁ?」「スゲー!」とか、ぐるりと取り囲まれて恥ずかしい状態(^_^;)

「チヌだろうねぇ・・・駄目かな?」なんて答えていたら・・・穴から出てきた!

中学生が「でけー!」などと大騒ぎで「掬っていいですか?」という事でタモを預けて・・・

無事に取り込んで・・・・

納得の40Cm超え・・・(かな?)

喝采を浴びて照れ臭くも心地よい気分になり、満足したし少ない撒餌も切れてきたので終了。

IMG_0257s.jpg

ニュー磯竿はキチヌでスタートを切ることができました。
何より釣れると思ってなかった(^_^;)

△サビキ・投げ釣り(日南市大島)2017/5/20

朝、日課のFaceBookを見ると次々とゼッケンの写真・・・大分の米水津でシマノジャパンカップの予選会が20・21日と連続であるようです。しかも本日(21日)はマルキューのM-1カップも北浦界隈であるようで磯釣り界は大賑わいの様相。
そんな私もFB書き込みしました・・・

「周囲はジャパンカップとか、Gコンペとか大いに賑わっているけれども、私はアジ子を釣りに行きます。気分は南蛮食べたい(^^」

という訳で
P5200508s.jpg

・・・本音は魚種です。アジ子は土産があればいいなぁ・・・ぐらい。

まず2本投げておいて何でもいいから釣れろって感じ。さらにはノベ竿で足元の小魚を狙います。
サビキはいつでも釣れるだろうから最初は魚種じゃ!

P5200507s.jpg
ISO師匠は最初からサビキモード。足元にはチラホラとキンギョ(クロホシイシモチ)軍団が見えるので遠投サビキ仕掛け

あれ?

釣れない・・・かも。

アジ子いないかも。

全く雰囲気がありません。

そしてやっと1匹目が・・・・

P5200505s.jpg

師匠のサビキにシロギス(@_@;)

私の釣座から足元を覗くと、黒星をかついだ魚とかサギの仲間らしきものが見えるので、ノベ竿の餌が底にあたるぐらいまで調整して、見えている大きめの魚の目の前に落とすと

P5200510s.jpg
(@_@;)

シロギスの見釣り(^_^;)
餌もオキアミなのに・・・

足元なので殺気を感じたのか居なくなって2匹で終了・・・・

師匠にはポツポツとアジ子・・・ときどきこれ

P5200512s.jpg
シマアジのヒヨッコ

PM1時が満潮でその前後は定説通り活性が低かったが、ノベ竿の見釣りで
「クロホシイシモチ」「ニシキベラ」に

P5200515s.jpg
今年初じゃないかな?オヤビッチャ
P5200520s.jpg
これまた初かな?ナガサキスズメダイ

これから先は嫌でも釣れる魚達だけど

クロホシイシモチはいくらでも釣れるので、投げ釣りの仕掛の餌をクロホシイシモチにしてみると・・・

P5200526s.jpg
(@_@;)

引きもしなかったのに魚が入れ替わってました(^_^;)
オキエソ・・・

地合時刻となったのか師匠にはアジ子が入れ食いとなり、私も仕掛けを準備・・・
さあ釣ります!

P5200530s.jpg

が、

あれあれ?


終った。

この3匹だけ??

しばらく放置していたら竿先がグワングワンとしなり、

シマアジが5匹くっ付いてきた。

その後もシマアジはポツポツ釣れるのにマアジが釣れない(T_T)

P5200532s.jpg
ちょっと嬉しいサビキのオマケ。久しぶりのアカエソだ。これまたヒヨッコだけど。

そんな訳で目的の魚はとても貧果だったけど、まあ9種にはなったし今年初も混じったし、
何よりのんびりできた・・・・
土産はアジ子10匹シマアジ20匹シロギス2匹・・・ぐらいでした。

「せいゆう丸」の有馬船長から電話があり、珍しい魚が獲れたというので
帰りに頂きました。

P5200542s.jpg
イタチウオ

見るのは初。海のナマズって感じ。尾鰭無いんだな。固い棘もありません。

電話では40Cmぐらいと聞いていたが50Cm弱、想像以上にデカかった。
時間が合わないので青島の365つりぐ店経由で頂いたけど、釣り上げた方が調べてこれ美味しいと情報を得て、再度連絡があり持ち帰りたいとの事だったが無理言って頂きました。大変申し訳ありません(._.)
今後出会う機会があるかどうかも判らないしなぁ・・・

きちんと調べて後日ご紹介致します!!

このカテゴリーに該当する記事はありません。