FC2ブログ

宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

メジナを食する

昨日釣れた太ったやつを今日の夜炙り刺身にしようと思い、バーナーを準備し包丁を研いで台所に行くと(@_@)

IMG_0952s.jpg

3匹まとめて入れていた袋を確認すると、はやりこれ、デブチン君じゃん。刺身にしたかった(@_@)

・・・まあ、これはこれでいいか。

自ら出している脂分が凄い。汁も極ウマ!

もう一匹を造りました

大葉とニンニクも準備して

IMG_0954s.jpg

身が包丁にまとわりついて切りずらい。脂分が多い証拠です。これはうまいぞ!

マゴ家族が遊びにきており、最初に箸をつけたマゴの手が止まらない(^^)

「お~い。ジイサンにも残しておいてね~」

あっという間に無くなりました。甘味が強く感じるいい刺身でした♪

煮魚も、うまし!

クロマグロの贅沢刺身

50485336_2095782160502822_7.jpg
本マグロ(クロマグロ)なんて魚は贅沢の極み

昔は宮崎で水揚げされてもそのまま中央(関東)に運ばれるので食べる事は出来ない魚、なんて言われていた。
最近は流通が発達しているせいか、その関東に運ばれた魚が逆輸入状態で、まあ割と口にすることができる。

一昨晩は新年会で、テーブルにこれが(@_@)
この盛りで一皿3000円弱だが、もちろん数名で突く。この量のクロマグロであれば3000円は安いのかな?とも思う。最近見たテレビ番組で、クロマグロのカマの刺身が一貫で3万とか言っていたので、それを思えば格安だ。

クロマグロと言えば初競りで大間産の278キロのものを「すしざんまい」の社長が3億3360万円(1キロあたり120万円)で落として数年ぶりに話題になっていたが、噂ではこの魚以外は競り落としていないらしいし、社長のコメントでお金の工面が大変ということを言われていたけれども、当然これは相場とはかけ離れた異常な価格だし、まあこのニュースが拡散されることを期待する、つまり宣伝目的なのは明らか。それも戦略でしょう。
それにしても「すしざんまい」というお店は宮崎には無く、以前単身赴任で福岡に居たときは中洲のど真ん中エリアに昼間から空いている店舗があったが、赤身が一貫160円ぐらいだったと思うけど、そればかりを十貫ぐらい、お酒のあてで頼んで食べていた時期があった。赤身なのに真っ赤ではなく、旨味も上品で程よい脂身で美味しかった。それが癖になって何度か通った。
昨年末にその店に行ってみたが閉まっていた。移転なのか潰れたのかは定かではないが、以前通った店が無いのは寂しい。

写真の刺身も赤身の部分が美味しかった。大トロにあたる部分はほぼ脂という感じで、マグロの、上品なそれなりの味わいなのだが、口に残る脂分がちょっと辛い。1切れで満足というかそれ以上はもういいですという感じ。赤身部分なら何枚でもいける。
まあまあ安い設定のマグロなだけに、味も感動するほどではなかったけれど、それもでマグロはマグロ。もちろんキハダあたりとは別格な味わいだ。

そんな、プチ贅沢な一昨晩でした。

ヒゲナガエビ(タカエビ)づくし

PA202774s.jpg
笠沙で食べた「タカエビ定食」♪もうエビづくしですね~

PA202777s.jpg
揚げ物
PA202776s.jpg
刺身
PA202775s.jpg
焼き物

当然美味かったです♪

タカエビは「ヒゲナガエビ」の鹿児島での地方名です。
笠沙に行ったとき町の入口付近に看板があり、名物なんだなぁと思ってました。その後地元の「わかしお」さんが教えてくれたアレコレ。
タカエビは深海で獲れるエビで、だいたい水深400mもの場所が漁場なんだそうです。「わかしお」さんは地元の定置網漁だけど、休みのときにタカエビ漁労船見学をされるようで、エビ以外の深海の魚は捨てられてしまうので、それを頂く事ができるようです。

ブログは「お魚三昧生活」→「タカエビ漁同行
※どれも名前も知らない魚ばかり(^_^;)

タカエビ漁は朝2時過ぎに出発して漁場まで2時間掛かるらしく、最近は鹿児島名物にもなっている「キビナゴ」の方が近場で獲れるし実入りがいいらしく、漁師さん達の本音はそちら専門に移行したいらしいが、特に年末にかけてエビは発注があって獲らないわけにはいかないようだ。
漁師の高齢化によって市場もだんだんと縮小・合併の問題などあり、エビ漁に限らず漁師さんは苦労されているみたいです。※漁師さんも、か。どうなるニッポン。

ところでエビって

子供の頃はあまり好きじゃなかったな。皮向きが特に苦手。
舌バカなので今でもエビの種類による味の違いって判りません。イセエビ・クルマエビ・ブラックタイガーの味の・・・何が違うのか?
これはソバも一緒です(^_^;)

ただ最近はうどんを食べるときはエビ天うどんだ。出汁はいい味だしているもんな。イセエビの味噌汁は美味いな。
実は最近、魚が苦手になってます。釣るのはいいけど食べるのは苦手。致命的ですね(^_^;)
変わりにエビ・イカはだんだんと好きになっている気がする。ただ、イカは種類によって食感とか味が違う気がするのだが、エビの場合はマヨネーズをかけて焼けばどれでも美味~って感じ。

グルクンの刺身

日曜日に釣れたグルクン※ニセタカサゴ
PA212790s.jpg

丸い筒のような胴体で身がしっかりあったので、これは刺身で食べてみたい!
自宅に戻る約3時間の道中、戻ったら直ぐに刺身をとり、一刻も早く食べてみたいと思ってました。
磯場で内臓と鱗は処理してます。

PA212816s.jpg
雰囲気的には鮮度が落ちれば身崩れする感じ。
沖縄でこの魚がから揚げなど、手を加えられるのはその辺の理由(つまり刺身にはよほどの鮮度がないと崩れてしまう)なんでしょう。

醤油なしでも全く臭みはなく、わずかにもちっとした食感に甘味も感じる。これ美味しいやつじゃん!

自宅ではすでに家族は夕食を終えていたので、1人で一匹ペロリと頂きました(^^)

何に似ているかというと・・・新鮮なトビウオだな。

とにかく脂っ気はほとんど無いのでもたれる感じはありません。写真の量があっという間。

ところでグルクンは総称で、実際には複数の魚を指しますが、以下のような魚達です。

タカサゴ
P4179971.jpg

ニセタカサゴ
P5041486s.jpg

ササムロ
P5050569s.jpg

ユメウメイロ
P4179963.jpg

ウメイロモドキ
P5051314s.jpg

今回釣れたニセタカサゴと、下で紹介している写真のニセタカサゴでは色合いが違いますが、釣れたては青っぽく、水汲みバッカンなどでしばらく放置しておくと赤身を帯びてきます。

これらの魚のほかに、

イッセンタカサゴ
クマササハナムロ
ハナタカサゴ


下の3種・・・コンプリートできるでしょうか(^^)

居酒屋 七万石

43527269_1962207727193600_6835154977992736768_n.jpg

土曜・日曜とオフ会でがっちりと酒を浴びて中1日の一昨晩は高千穂に出張し、またも飲んでしまった(^_^;)

宮崎県外の方へのご説明ですが、宮崎市から高千穂町は車で約3時間弱なので連日の仕事ならだいたい宿泊です。
そして一昨晩は宿の都合で延岡市に宿泊でした。

個人的には世の中にお酒が無くなっても生きていけるタイプで、自宅には一切アルコールがありません。
基本的には弱いのです。

ところが飲みだしたら愉快な気持ちにはなるので雰囲気は嫌いではありません。出張で連れがあるならお店に入ります。
そして写真は、入った居酒屋「七万石」の料理。生きアジの刺身です。さすがの鮮度に食感。

ところでこのお店→ 居酒屋「七万石」

延岡の中心街にあって目立つので、以前から時々行ってます。
お店が広く収容能力があるので大人数でも入れるし、メニュー数が多く早くて安いし、特に焼酎のキープは酒店で買う価格と変わらないし、鮮魚もあります。
アジ1匹の写真の刺身盛りがなんと、1皿1000円を切ります!
10品ぐらいは食べたし、お酒もビール・焼酎でしっかり飲み散らかした感じだったけど2名で5,000円ちょっとだ。

昨年、FB(フェイスブック)で友達申請が来た方が「延岡で七万石」というお店をしてます・・・と紹介され

(@_@)

何度も行った事ありますよ~

と告げたもののその後出張がなかなか無くて、やっと一昨晩訪問の機会を得たのでした。

そして、気持ちよくなって初対面ながら、お忙しい中で挨拶&釣り談義。
「いいスナックないですか~?」って帰りしな尋ねると、これまたリーズナブルで綺麗で雰囲気のいいお店を教えてくれました。

それにしても連続飲み会にて・・・
ちと今朝はヤバヤバな体調ではあります。飲んでるときは調子いいんだが(^_^;)

このカテゴリーに該当する記事はありません。