宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

リュウキュウヤライイシモチとカスミヤライイシモチ

先日釣られたヤライイシモチ属
P5061410s.jpg
以前喜界島で見たリュウキュウヤライイシモチと思われる魚
P5071887s.jpg

並べたら違いが見えるかと思ったけど・・・・同種かな。
カスミヤライイシモチじゃないかと思って調べてみたが、カスミ・・・だと褐色の8本の縦帯が無地幅より狭いそうだ。そして尾柄部に幅の広い黒色横帯がある・・・とのことで、写真の魚たちもそのように見える。
だけどリュウキュウヤライイシモチの場合は黒色横帯ではなく眼球より大きな黒円班があるとのことで、成魚だとそれが不明瞭となるらしい。写真の魚達は帯というより黒班がぼやけた感じだし、縦帯の幅も微妙だ。
なによりサイズだがリュウキュウ・・・の場合20Cm前後になるようだけどカスミだと12Cmほどらしいので、そのサイズからも、いずれもリュウキュウヤライイシモチなんだろうなと思う。

クラカケトラギスとアマノガワクラカケトラギス

クラカケトラギスを見ると、アマノガワクラカケトラギスなのではないか?と思ってしまう今日この頃でして、とっても気になるので絵に描いて違いを理解したい(^_^;)
img20180404_06451673s.jpg

なるほどね~

そうすると、先日の魚は・・・・
P3310983s.jpg
クラカケトラギスですね~

そして
70770s.jpg
釣り友IHさんがWEB魚図鑑に投稿されている写真 ※お貸しください(^_^;)

う~ん。はっきり判ると思ったが案外難しいぞ。これ別種なのか?遺伝子レベルではちと違うらしいですが(^_^;)

トカゲゴチ?

今朝はせいゆう丸の日記にコチの写真が掲載されてましたので、しっかり見てみます。
tokage2.jpg
※せいゆう丸サイトの写真をお借りして、顔部分をアップした画像です。

昨日の落書きと照らし合わせると・・・
P9307730s.jpg

・両眼感覚は狭く→吻は長くて→胸鰭に斑点がある→体の横帯が無い(目立たない)→トカゲゴチ

って事になるが、最後の横帯はあるようにも見えるのでワニゴチかも知れない。体長も50Cmって事を考えると。

気になるのでGoogleで様々なワニゴチ・トカゲゴチの写真を見ると、やっぱりトカゲゴチに見える。
見逃している別種かも知れないけど・・・

コチの仲間の同定

昨日昼間、せいゆう丸船長から携帯にメールをもらった。

「50Cmほどのマゴチの仲間のようだが違和感がある魚が釣れた」と。

せいゆう丸の今日の日記に写真を載せるからと言われてたけどデジカメを忘れられたようで、まだその姿は確認できてない。

50Cmを超えるコチの仲間だと「マゴチ」か「ワニゴチ」と思ったが、山渓の図鑑「日本の海水魚」には、イネゴチ50Cm・エンマゴチ50Cmという表記もあるので選択肢は増える。

そこで取り出した私が初めて買ってもっともワクワクした本
turigyo.jpg
釣りサンデー社発刊1999年
今では収録魚種が微妙な数なので、めくる機会が減っていたけど、う~ん。やっぱり面白いな。

さてコチの検索・・・・
まったくこの記載の通りなんだけど、学習のために書いてみる
P9307730s.jpg

ふむふむ

P9220585s.jpg
昨年ISO師匠が釣ったこれ。
両眼間隔は広いし背鰭の小斑点は目立たないからたぶん「マゴチ」

2014051009.jpg
2014年の私の獲物。これもマゴチ

tokagegochi.jpg
→両眼間隔が狭く
→吻が長くて
→胸鰭に斑点があり
→体の横帯が無い

から、トカゲゴチ!

てな事になる訳です。

マゴチとは違和感があるという、昨日釣れたその魚の写真が楽しみだ。
まず大きさで振り分けたらワニゴチ・イネゴチ・エンマゴチのいずれかじゃないかな?
胸鰭見るだけでワニゴチかイネゴチが区別できるが確認できるだろうか・・・
エンマゴチは釣魚検索に掲載はないけど、その独特な、歪な顔立ちで区別は可能だと思われる。

サッパと仲間たち

・・・と仲間たち、なんてタイトルにしたら、「ガンバと仲間たち」思い出した。
と思って検索したら、昨年映画化されて、こけてたんだな。色んな評価があるみたいだが、まずは若い世代が「ガンバ」知らないだろって事があるかも。中老の私が子供の頃のアニメだもんな。だからって私が映画館でこれを見たいかというと微妙だし。

えっと、磯瀬渡しが微妙なので、土曜日は何釣りしようか模索中だけど、今の時期ならではの宮崎港の釣りが、もしかしたら面白いかも。

タイトルのサッパ狙いの初見の外道と捕まえたい。宮崎港で出る可能性がある魚を描いてみた。
P9287719s.jpg

こんなラフ画を描くと「さかな君」を思い出すが、天才MS君とさかな君の共通点は、こんな絵をちょこちょこと描いてます。
魚類分類学の学生さん達は点描で魚をスケッチして特徴を覚えるんだそうですが、描いてみてわかるのは、見ているよりもずっと細かい特徴が理解できることだ。リアルに描くのは絵の趣味の部分で、こんなラフ画は知識習得のために必要かもしんない。

サッパの仲間はこれ以外でも出る可能性があり、実は宮崎港は魚種が多くてホットな場所のようだ(^^

サッパ
PB140107s.jpg

コノシロ
99092609.jpg

このカテゴリーに該当する記事はありません。