宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

ひえ~

YAIBA宮崎のサイトにこんなのが↓

2017033001.jpg

完全にメンバーを煽ってる・・・
ってか

油断できないが何もできん(^_^;)

こうなったらその日潮が悪い事を祈るべし(^_^;)

西表(イリオモテ)島の学習

まずはどの辺?って事を知ってもらいたいのだが、ネットで拾った画像を掲載すると著作権に引っ掛かりそうなので描いてみました。
img20170331_04315829s.jpg
適当ですんません( ̄д ̄;)

尖閣諸島よりも南です。目の前は台湾です。台湾の方がアクセスいいかも。宮崎からも飛行機で定期便が出てるしな。

西表と書いてイリオモテ?ってなぜ呼ぶ?
って事を以前このBLOGに書いたら、その答えをIHさんが教えてくれました。沖縄地方では西を”イリ”と呼ぶんだそうで東は”あがり”なんだそうで、つまりは太陽なんですね。西に沈む太陽は入る訳です。イリです。

西表と言えば「イリオモテヤマネコ」という天然記念物の野性の山猫がいることを、どうも子供の頃からの知識として植え付けられてますよね。今の学習でもそうなんだろうか?
イリオモテヤマネコに限らず固有の動物が多数生息しているこの島は、日本のガラパゴスという愛称もあります。
沖縄から八重山地方の島々は隆起サンゴでできているケースが多いけど、この島の形成は別のようで、河川があり(つまりは豊かな水があり)生息する動物や魚も独自の進化を遂げたようだ。
つまりは魚も固有の魚類なんてのが居るわけです。有名処では浦内川で見つかったウラウチフエダイという魚など希少で、文献※魚類学会の鈴木寿之さんの資料によると、

オグロオトメエイ、ナミダカワウツボ、ボラ科の1種(属は日本初のもの)、アカメ属の1種、アトクギス、シミズシマイサキ、イソギンポ属の1種、イソハゼ属の1種、コクチスナゴハゼ、ホタテツノハゼ属の1種、ウラウチヘビギンポ、コマチハゼ

という12種は日本産と言えど浦内川でのみ報告がある魚なんだそうだ。しかも確認された魚は360種類(@_@;)

魚の話題についてはまた別の機会にしたいけど、それほどに豊かな自然があるエリアなのです。

結構行ってからその土地の事を知り感動するタイプ、というか予習をしないほうだけど、まだあと2週間あるし明方は暇なのでいろいろと調べてるけど、調べるほどに楽しみが湧きますね。
そんな中でもとても気になった宿があります。その名は「民宿かまどま荘

宿や釣り場を検索していて、目の前に海があって直ぐに竿を出せるところ無いかな?なんて調べている内に「船浮」という地区のことを知った。沖縄についで大きな西表島なのだが、なんと島を囲む道路が無い。つまり島一周なんてことができない。それどころか「船浮」に至っては道路が無いのだ。島の中で分断されている地区がある。行くためには船。
ちょっと驚いたが宮崎でも島野浦地区などは人家がある島なので条件は一緒か。でも島内なのになぁ。それほど島が大きく森があって開発が進んでいない地区。それでも観光地化は進んでいて、リゾートホテルなどもできてゴミ問題などは深刻らしいけど。

その船浮にある宿「民宿かまどま荘」のFaceBookページを見ていたら、その情景を味わってみたい!という気になったが、なんと5月末まで予約がいっぱいという記事。諦めて別の宿を手配しました。

手配した宿は民宿「カンピラ荘
目の前が海という条件で調べていたんだけど、上原港近くにあるこの宿は、たぶん隣接のガイドをしてくれるカヌーショップもあり、目の前に浜と港もある。
昨日電話したらとても優しい声の奥様?が出られ、1部屋2名の共同バストイレ・朝食付きということで予約できた。
1泊が3700円(安い!)車泊の覚悟もあったけど、安いので16・17日と2連泊する予約を入れました。
16日の朝に石垣島から定期船で渡り、その日は夕方までどこぞで釣りをして夕方入る事になるだろうか。
まだ連絡がとれてないが翌日はマングローブとか沖の船釣りとかを、併設の「三拝伝※みぃふぁいゆぅ」っていうツアー案内のところに頼めたらいいなと思っている。
電話番号が一緒だからそちらも申し込めないかと思ったが宿は宿だけの受付らしい雰囲気だった。せっかくなのでオフショアの釣りもしてみたいもんだ。

調べれば調べるほどに期待の増す西表島だが、はたしてどのような珍道中となることか(^_^;)

ショアフリップとエアーシンカー

昨夜は仕事帰りに釣具店(^^

普段は品物を眺めヨダレを垂らすだけだが、昨日は買いましたよ~

まずは

ショアフリップ

P3309532s.jpg

飛ぶ鳥を落とす勢いで絶賛販売中の「マイクロフリップ」姉妹品
沖のマイクロフリップに対して、陸からのショアフリップ・・・ってわけです。

マイクロフリップは過去に数個は購入して試しました。率直な感想だがまあまあ釣れます。
喜界島で使って、アカハタは結構釣れました。防波堤で投げてもオキエソが何匹も釣れました。
ただ、謳い文句の潮が動いてなくても釣れる・・・てのはどうだろう。私は釣れませんでした。
私的解釈としてはマイクロフリップにセットされているハリを玉虫色に光るマジョーラフィルムってやつで巻いてあって、これが効果的なんだろうなと思っている。それが擬ベイトの演出をしているんだろう。

最近は買ってません。その理由は基本的にタイラバの船釣りの興味が失せた事が大きいけど、タイラバとこれのどちらが釣れるか?って事になると、さほど変わらないっていう印象で、小魚の反応がいいのはこちらだが、逆に大物の機会を逃すんじゃないかと思う。
そして高価であること。これは致命的。
タングステンという金属を使っていて、コンパクトに重量のある道具が作れるけど高いようだ。だから販売価格も高い。
もっとも重量があるタイプだと2000円を超すのでお手上げ。
マイクロフリップが、というよりはタイラバに対して興味が失せたのは、結局釣れる魚がマダイ・オオモンハタ・アカハタ・カサゴ。
主に4種だから。宮崎では・・・・。もし島だったらもっと面白いだろうけど。

と、興味が薄れていたこの道具。最近はショアジギングというのも良く耳にするけど、ショア専用として売り出されていた。
元々ネットの釣具通販サイト「Gear-Lab」発祥で、最近は釣具のポイント他量販店に普通に置いてあるが、ほとんどルアーに興味がないのでスルーしていたものの、昨晩はちょっと悩んで、買うことにした。
まず購入欲が湧いたのは安かった事。これはタングステンじゃないんだろうな。
700円台だが普通に販売されている様々なルアー郡の中でも安めだ。
購入したのは西表島に備えて・・・・です。どうも西表島の釣りはルアーが面白いらしいので。
ただ苦手なんだけど。

構想としては今持っているエギングの竿を利用したルアーを試したいと思っていて、ルアーについては現地調達しようと考えているんだけど、これも検証してみたいと棚の品を見ていて手に取りました。

そして

エアーシンカー

P3309535s.jpg

仕掛が立つ錘です。YAIBAのチームに入ったお蔭で、株式会社ささめ針のカタログを送ってもらえるので、それを眺めていたら発見。これ欲しいぞと思っていたがポイントに売ってました♪
釣具通販サイト「Gear-Lab」でも次世代オモリPOCKという製品があり時々は買って利用していたが、根掛かりしにくいというのが特徴。
つまり完全砂地でなくても攻めていけるツールです。
実は日本にいるキスの仲間5種のうちに、西表島で3種釣れるかも知れない・・・なんて野望も抱いてまして、その時にこれが活躍するのでは?なんて事を妄想しているわけなのです(^_^;)

ところでこれらの道具を検証すべく、土曜日に宮崎港でのシロギス釣りを敢行しようと画策中。
たぶん沖は波があるから「せいゆう丸」は欠航だろうと思って船長の有馬さんに連絡し導いたのでした。「キス釣り連れてって・・・」って感じです。でも風も強いかも。その時は中止です。

情報収集(石垣島・西表島釣り旅に向け)

4月15~18日の4日間(3泊4日)で石垣島~西表島に行く予定で、現時点で決まっていることは初日に石垣港で釣りをすること。
夜には石垣島在住の長嶋さんと食事をすること。そして翌日はフェリーで西表島に渡って18日朝まで釣り三昧という事です。
もちろんレンタカーは借りるけど宿は現時点で手配してません。野宿?車泊?

釣り友IHさんからお誘い頂いて行くんだけど、IHさんは爬虫類研究家でもあるので西表島には何度も行かれていてお詳しいようだ。
爬虫類を求めて行かれてたので釣りは初らしいけど、以前から釣りも一緒にできていればと後悔されている。
私は今回は人生で最初で最後かも知れないけど、足軽なIHさんは今後何度か行かれるのだろう。

まずは目的の一つ「長嶋さんと会う」ということ

長嶋さんは私が描く魚絵のお手本の方だ。「魚譜画家」

BLOG「uonogu 魚の譜
プロフィールサイト「魚の譜 Uonofu

実は私が絵を描こうと思ったキッカケはこのサイトを見つけた事からだが、その後よく出入りしている「WEB魚図鑑」にも写真を投稿されだしたので会話できるようになった。そうはいっても直接話をしたこともなく、お会いした事もない。
絵はよくサイトを覗いているので知っているし気になっているが、長嶋さんは私の事はほとんどご存じないでしょう。

プロフィールサイトによると

Yusei Nagashima
長嶋祐成
1983年大阪市生まれ。
京都大学総合人間学部卒。
エスモード・ジャポン東京校卒。
アパレル・インテリアのアーティストブランド勤務を経て、
2009年6月〜2016年4月までコミュニケーションデザイン会社に勤務。
現在は沖縄県石垣島にて魚譜画家活動に専念。


という方で現在34歳って事だな。
ネットで知る限りの情報だが、京都の水族館に魚の紹介のための挿絵を描かれていたり画集を出版されている。奥さんも一緒に石垣島にいらっしゃるようだが、何せ京都大卒で男前で絵が上手いと言う人だ。BLOGの文章も知性満ち溢れている。
石垣島に居住されて創作活動をされていることが素敵だなと思う。判らないけどスローライフを求めてという事だろう。

とにかく長嶋さんと一緒に港で釣りをして、夜は食事をしながら絵のこと、魚のことなどを語ってみたい。

さてはて翌日からの事

フェリーは→安英観光 大原港行き

えっと、往復2980円なり。朝は7:10・8:00・8:30のいずれかだろうな。朝まず目まで石垣港で釣りして8:30ぐらいの出発だと9:30に西表に到着。1時間はかかるんだな。そしてレンタカーは・・・

西表島やまねこレンタカー
オリックスレンタカー

があるけど、やまねこレンタカーで調べてみると、車の空きはまだあるみたいなのでとりあえず仮予約しました。(平行作業・・・つまり今予約した)
ただ料金が判らないのが不安だな。

さて釣りについては今からボチボチ調べてみます。

3月の魚たち(2017年)

今月の釣行予定はもう無いので、3月に釣れた魚をまとめておきます。

3月4日の鹿児島・桜島の袂にて

P3059218s.jpg
1・イラ
この日はイラ祭りでした(^_^;)釣魚カウント今年その14

P3059225s.jpg
2・アカササノハベラ
これはもう写真不要と思いつつ、とりあえず写してしまうんだな。

P3059247s.jpg
3・マアジ
1匹だけ釣れました。これが沢山釣れるならそれも嬉しい食材になるけど。
釣り魚カウントその14です。小さくてもマアジ

P3059251s.jpg
4・カサゴ
姿は見ていたけど自分で釣った今年初のカサゴ。つまり釣り魚カウントその15です。

P3059258s.jpg
5・メジナ
唯一釣れたメジナ。結構なサイズが居るもんだ。

P3059261s.jpg
6・クサフグ
嬉しくもないのだが、もしかして今年初魚ってことで、カウントその16です。

P3059265s.jpg
7・アカオビハナダイ
錦江湾の、特に桜島周辺には多い魚だ。これは自分で釣ってないのでノーカウント

P3059234s.jpg
8・ヨコスジイシモチ
これも珍しい魚でもないけど、久しぶりだったな。カウント17

3月11日の瀬渡しは串間・荒崎

P3119327s.jpg
9・ニザダイ
不味い魚でもないんだけどあまり持ち帰りたくない。先月も釣れているのでノーカウント

P3119333s.jpg
10・ゴマサバ
えーと、これをゴマサバとするにはちょっと無理がある(マサバかも知れない)が、とりあえず。カウント18

P3119336s.jpg
11・コバンアジ
姿が見えていたので自分で釣りたかった~。師匠の獲物

P3119354s.jpg
12・クロメジナ
メジナとクロメジナはこの時期の対象魚だから釣れて当たり前(^^

3月19日の島野浦の釣り大会では姿を見たのはメジナ&クロメジナばかりでした

3月25日は鹿児島・垂水の釣りイカダ


P3259496s.jpg
13・ネンブツダイ
雑魚でも貴重な今年の初釣り魚。カウント19

P3259510s.jpg
14・イサキ
これも小さ過ぎだろーと突っ込まれそうだけど小さくてもイサキはイサキ。カウント20

P3259517s.jpg
15・トラギス
溶岩の隙間にこの魚がいてもなかなか気がつかないだろうな。そんな模様。桜島周辺には多い魚の1つ
これは自分の釣魚ではありません。

P3259506s.jpg
16・マダイ
小さめだけどマダイです。この時期に何が釣れたのかという記録なので。

という訳で今月は16種でした。
まあフカセ中心の釣りなのでこんなもんかな。いよいよ本格的に魚種集めスタートです。

個人目標260種に対しては20種。つまりまだ240種
遠い道のりだ。

たぶん4月に、一気に50種ぐらい増やせるに違いない(^_^;)それでも190種か。ちょっと目標が無謀過ぎたな。

Daiwa波濤

私が磯で主に使っている竿は「波濤」です
hatou.jpg

これの1.25号で、現在4代目となります。

この竿を使いだしたキッカケは釣り師匠から中古の初代「波濤」を頂いた事から始まり、その当時は「波濤」シリーズは高級竿で定価だと7~8万だった。

波濤は一旦生産終了し、その後機能はそのままでリーズナブルという謳い文句で復活した。
その時に迷わず買ったのが2本目で、初代の竿と軽さや竿先のしなやかさは変わらない印象だった。ただ竿を伸ばすときにガイドを合わせる目印が無いとかスタイルとか、まあ安いなりだったけど充分満足。
何より2万円程度という、手に届く価格が嬉しかった。
さらに数年後には価格が変わらずスタイリッシュになって思わず購入。それが現在の竿で、その後もう1本予備竿まで買い4代目として利用している。2代目もまだ普通に使えるので3本は現役。

竿の価格はピンキリで、Daiwaで比較すると「リバティークラブ」というシリーズはOPEN価格だけど数千円だし、「トーナメント ISO AGS」で7万ちょっとだが、たぶん一般的な磯師の竿に対する投資は4~5万なのかな?という印象だ。
私の場合は「波濤」で満足しているのでこれ以上の竿は求めていない。

昨日、釣具店にて竿を眺めていたら、新しい「波濤」が目に付いた。
おっ!新しくなったのか・・・
20107032701.jpg
※Daiwaサイトより

マツダの車の赤のような深い高貴な赤色だ。カッコいいぞ。

定価は3万弱で、実際の販売価格は2万円ちょっと。今朝ネットでも調べてみたが店舗価格と差はないようだ。
ロックオン!

でもなー。まだ石垣島が控えているし甑島も。

ここは我慢だよな。

釣具店を覗いたのは、ルアー竿で安価で良さげなものがないか、
石垣島から西表島に行って釣りをするならルアーの頻度が高くなるかもなという事で、適切な竿が欲しいなと思っているのです。
エギングの竿もあるが・・・
スズキ用の長めの竿もあるけど運搬の問題はあるしな・・・

これまた迷って、まず現地でレンタカーとか、もしかしたら遊漁船とかで費用が掛かる事を考えたら節約しなきゃ・・・って、財布の紐を結び直しました・・・・(^_^;)

●釣りイカダ(鹿児島県垂水市)2017/3/25

磯釣りから魚種集めへのシフト第一弾です(^^ゞ
この時期どこも厳しいと思いつつ、水温が比較的高めであろう桜島周辺。気楽に釣れるのは・・・と考えて「釣りイカダ」を予約したのが水曜日。釣友IHさんと同行でした。釣ジョ(女)YAさんも誘ったけど前日連絡あり体調不良のよう(風邪気味?)

朝5時半に港という事で、IHさん宅を3時に出て約2時間。5時には到着したが、どしゃ降りの中に結構な車が並んでます。
雨は覚悟していたけど、予報では降ったり止んだりって感じだが・・・・

P3259487s.jpg
イカダに渡る船の中は荷物と人でごった返し、客の誰かが言った言葉がぴったり

脱国船みたい・・・(^^実際もっと過酷なんでしょうけど、雨の中そんな気分

垂水のイカダは溶岩イカダと海潟イカダ、があり、電話予約で溶岩を指定したけど港の人数の調整は無理みたいで、名簿は付けるけど予約の確認など無し。雨もせいもありドタバタだ。

※ちなみに予約は「Fishing富士丸

P3259492s.jpg
結局は促されるまま「海潟イカダ」に。

最初に降ろした「4番」というイカダはチャーターだったようで10名ほどが一気に降りたが、我々は2名で「3番」というイカダ。
写真は横の「2番」で5名だから、なぜか2名で占有。ゆっくりできる。予約していた溶岩方面じゃないのが悔いるけど(^^

P3259493s.jpg
屋根があるので何とか雨は凌げますが風も強いし、何より寒い!防寒着じゃなくカッパにしてしまった事を後悔・・・

とりあえず天秤仕掛けでスタート

直ぐに
P3259501s.jpg
餌釣れた♪

違うタイプの餌も・・・
P3259496s.jpg
標準和名ネンブツダイだけど、ちょっと様子が違うような。目の中央を通る筋が薄いからかな?
疑問を持つが私よりもずっと知識の濃いIHさんが「変異の範囲ですよ」って事で同定終了(^_^;)
まあでも実は、今年初ネンブツダイかも♪
嬉しい1魚種追加なのだ。これでイカダに来たかい有り。

P3259508s.jpg
そんな訳で天秤に加えてマアジ1匹掛け

狙いは

カンパチ
もしくはヒラメ
根魚でもいいなマハタ・ニジハタ・クエ!
まあこの際マトウダイでもアカヤガラでも・・・
もうエイでもよろしい。とにかく1種欲しい

P3259510s.jpg
天秤にコンスタントにアジ子が釣れる中、これが混じった。ウリボー!嬉しいかも。今年の魚種1種追加
小さくてもイサキはイサキです(^_^;)

のんびり竿を眺めていると
P3259511s.jpg
おいおい、それはちょっとあつかまし過ぎだろ。

P3259514s.jpg
ガン飛ばしてきやがったぜこのヤロ

潮が流れ始めてIHさんはウキ釣りを始めたら

P3259506s.jpg
おお、マダイ。小さくて照れてらっしゃいますけどこれぞ真の本命

他に投げ釣りにて
P3259517s.jpg
P3259525s.jpg
ポツン・ポツンと魚は釣れるので、雨だけど飽きません。
釣りは釣れるのが基本!だけど2名とも狙いは見たこともない魚!

P3259521s.jpg
天秤の後は胴突したりサビキしたり。

結局釣れるのは
P3259529s.jpg
エサばかり

お昼は
P3259520s.jpg
またまたまた、お弁当を頂きました!
体調不良だというのに、IHさんの分だけでなく私の分まで♪
もの凄~く美味かったですよ!(BLOG見られてると思うのでお世辞・・・冗談ですホントにウマッタです!)

沖を眺めていたら
P3259523s.jpg

むむむ?

P3259523ss.jpg
はちゃ~こりゃ駄目だ

結構な数がいます

PM2時回収なので1時過ぎぐらいから片付け

P3259530s.jpg

釣れましたか?アジ子ばかりです・・・

そんな言葉が飛び交ってました。

生エサ(アジ子)は最初から最後までずっと元気でした。5~6時間冷や汗だったでしょう
でも元気なままなので美味しく頂きます(南蛮サイズだもんね)

結局雨は止まず、寒さもあって修業の釣りとなりました。屋根があったのはかろうじて嬉しかった。というか無ければゾッとします。

宮崎までの帰りの車中。4月の石垣島の打ち合わせ。役割分担など。
充実した会話ができました。実は裏目的はそれだったのでした。

イカダでのんびり釣りながら打ち合わせという予定だったけど、釣っている時は駄目ですね。
たぶんIHさんもですが釣りに夢中で、わずかでも石垣島の事を話そうなんて思ってませんでした(^_^;)

ダブルブッキング(T T)

次回のYAIBA宮崎定例釣懇親会(ファイナル)の詳細を確認したところ・・・

4月16日・・・

え?16日?19日じゃないの?※勝手に思い込んでました。

16

16

16


ウソ~!

石垣島じゃん(T_T)

やってもた~

ダブルブッキングじゃ。

不参加だと年間勝利が怪しくなってきたな(T_T)

明日は鹿児島の釣りイカダ

週末が近づきましたが、明日は「鹿児島・錦江湾釣りイカダ」を予約しました。

IMG_4352.jpg
こんな感じです
http://ararafish.blog.fc2.com/blog-entry-86.html

この写真は2014年1月12日のもので、3年前です。月日は川の流れよう、ですね。

Fishing富士丸」一昨日予約しました。
鹿児島錦江湾・桜島の袂にあり、料金は2000円で楽しめます。
時間は朝5:30~昼2:00

先週をもって磯釣りは何となく終わりの気分で、これからは周年の目標の魚種集めに注力したいと思っていて、そうなると今の時期はなんだろう・・・・
という事でイカダだろうと思ったんだけど、たぶん昨年も同じ発想で宮崎県北のイカダに行ってました(^_^;)
http://ararafish.blog.fc2.com/blog-entry-825.html

海水温は陸よりだいたい1ヶ月遅れということで、今がもっとも冷たい時期です。つまりは魚の活性ももっとも低いので釣れません。
そんな時はショアフィッシングは選択肢が少なく、船か沖のイカダがいいだろうと思ってるんだけど、昨年は失敗感があるので今年は鹿児島です。桜島周辺は基本的に水温が高いと思われ、また予定の溶岩イカダは水深が30mで沖の魚が狙えるわけです。

前回はマダイ・メジナ・イサキ・アイゴなど
だけどそれらはどうでも良くて、とにかく1種の珍しい魚と出会いたいのです。

まだボワンとしか考えてないけど、たぶんサビキor胴付メインで、釣れた小魚を餌にしてハタ類を狙うという釣りになろうと思ってます。

問題は天候・・・雨だよなぁ。一応屋根はあるんだが。

やる気のない店員にイカリ

自宅の釣具や遊び道具(ゴルフバッグなど)の荷物が増えて整理がつかないので、昨年から倉庫を買おうと思っているんだけど、優先順位的に後回し状態だった。それなりに高額だし。
でも庭(軒下)に放置してある道具がいよいよ錆びついてきたりしてどうにかせねばと思っていて、月曜日にはホームセンター廻りをしたが、想定していたサイズの倉庫だと、金額的にも想定の倍近くするので躊躇っていて、この際納得のいく品を選ぼうと、その後も時々ホームセンターを見かけたら立ち寄っている。だいたいは外に置いてあるのでサクッと見ることができるのがいい。

昨日は仕事で都城市に行ったが、その際見かけたホームセンターで見つけた堀だし物
IMG_0137s.jpg
現品だけど通常価格よりは安いし程度も良い。何よりサイズがぴったりだ。
予定の予算よりは3万ぐらい安くなるので「これだ!」って事で、もう購入することにして店員に声掛けに行った。

店内にて・・・・
手持ちがないのでカード払いが出来るか確認し、倉庫が欲しいんですが・・・・と伝えると、レジにいた方は担当外なのか、専任らしき若いお兄ちゃんが出てきて、まず質問したのが配送の件。

「国富町なんですけど配送は大丈夫ですか?」

「国富町?・・・宮崎市ですか?・・・・・できません」

え?

「国富町は宮崎市じゃないですよ、ここからだとその手前」

「田野町はまあ、なんとか大丈夫です」

「田野町がいいなら国富いいんじゃない?」

「・・・・・配送に聞かないと判りませんし有料になりますよ」

(心の声)最初出来ないって言ったじゃないか。なぜ国富だと有料って判るんじゃ!
「じゃあ聞いて?」

「今いません」

カチン

諦めました。話にならん。

私も営業職だがこの対応には何ともやるせない気分になりました。まず販売する意欲の欠片もないもんな。
国富町を知らんというのもどうかと思うが、それならまず調べる努力しろよって話だ。
しかも倉庫と言えばお店の中でも結構単価の高い製品じゃないか?処分しようという品を買ってあげるって言ってるのに品物の確認すらせず・・・

会社が大事なのは人なのか、システムなのか知らんが、こんな人材だと客離れするんじゃない?そんな人が集まって魅力ある店舗なんて作れるんだろうか。それとも若い人ってこんな感じ?

YAIBA定例会優勝の余韻

2017032010513596b.jpg
YAIBA定例釣懇親会サードステージの島野浦

参加者は11名と、ちょっと少なかったですね。
3連休の中日だったからとか、宮崎市からは遠いせいでしょうか?県北は瀬渡し料金も高めだしなぁ。
いろんな要素があったんでしょうね。
串間から来られた2名は宮崎県の南の端から北の端なので、車でたぶん3時間ぐらいかかります。
宮崎からはずっと高速道が通ったので早くなりましたが、まあ色々と寄り道して2時間弱。

それにしても島野浦一帯は全国でも、もっとも難しいエリアとして紹介される事が多いのですが、何が難しいかというと魚が見事にスレている。つまり繊細って事でしょう。
そんな中でだんだんと細仕掛け主流となって、魚は大物がいるのになかなか上がらないという事で、難しさに拍車をかけてます。

2017031901.jpg
私は大雑把に仕掛を言うと、

道糸1.7号ハリス1.5号を2ヒロ半の全誘導。ハリはメジナの4号でした(YAIBAの渋グレ)
ウキは00号ゼクトのSサイズ。

いつも難しい事は考えてません(^_^;)

撒餌と同調すること、と潮流を見つけること・・・ぐらい

後はお魚任せです。

今回はクロメジナばかりだったけど、これまた中々渋かったです。
ウキは馴染んだらゆっくりと沈む演出を心掛けます。

島野浦の魚は餌を喰っているのか、潮に巻き込まれているのか判らないぐらいジワジワ沈みます。
しかも餌が残るので判断が難しいのですが、充分にウキが沈んでから、時々竿先で聞くように心掛けると、そのタイミングで手元に魚信が伝わってくるので合わせてみるんです。
ウキが見えないほどに沈んでからは竿先を眺めて、聞くとき以外は少し糸を弛ませ、スッと真っ直ぐに伸びた時に合わせます。
今回は2匹は竿で聞き、2匹は糸を見て、そして1匹のみクロメジナらしいスコンとウキが消し込まれたアタリに合わせました。それで5匹。でも成功率も半分ぐらい。
メジナだと2段スイッチって感じの引き込みで合わせられるのですが、クロメジナは色んなパターンがあり真に難しいです。

何より、場所が良かったと思います。魚が居る場所で釣らせてもらえたのが良かった。

魚が居て、何とか攻略できたことが嬉しく、その見返りの優勝はとても喜ばしいのです(^_^;)

燃え尽き症候群(^^

P3209481s.jpg
今だに余韻残るYAIBA大会定例会の優勝

優勝トロフィーも我が家で預かる事になり、玄関先に飾ると喜んでくれたのはマゴちゃんだけ(^_^;)
胸鰭は最初から折れてました。決してマゴの仕業ではありません。
眺めていると「修復」って事を考えちゃうんだなぁ。難しいかな?

さて3連休は実は結構釣り以外ではダラダラというか、微妙な体調不良を感じていて寝たり起きたりしてました。
特に肩痛は釣行時には全く感じなかったのに、昨日はまた復活。不思議ですね~
人は二箇所同時に痛みとか痒みとか感じられないらしいので、つまりは他の苦痛があったっけ?
あったと言えば最初の船上ジャンケンのプレッシャーぐらいだが・・・痛みではないな。

いい結果で終れたので、磯メジナ狙いの釣行もとりあえず一区切り。
来月のファイナルと5月の甑島があるけど、それ以外の瀬渡しはもう終了予定です。
気分的にも満足。もしYAIBAで釣れてなければ今週末も何処か行こうという事になると思うのですが、なんというかオリンピックで金メダルを獲得した感じ?全然重みが違う?

とにかく燃え尽き感があります。

さてこれからしばらくは石垣島釣行に向け、小道具の整理とか釣法とか考えてみたいと思ってます。
まあ週末は暇だから何がしかの釣りはすると思うんだけど、磯フカセ釣りはいいかな・・・

◎YAIBA定例釣懇親会(島野浦)2017/3/19

今季第3ステージのYAIBA釣り懇親会は、会としては初フィールドの島野浦でした。
個人的には3度目で、初めて行ったのは飲み屋の釣り大会で、ほとんど初心者だったけど、当時は無知で良く知らず失礼したものの宮崎の磯釣り界の重鎮、レジェンド橋本さんと横並びで釣った思い出があります。その時は他魚の部で優勝。
2度目は大荒れの日で、コバンアジが1匹だったなぁ・・・

さて今回は(^^)

集合5時に瀬渡し船「琴姫丸」の待機所に付くと、すでに3名の方が。お二人はそこで泊まっていたそうで、それも楽しいかも。
会費を払うとまずは参加賞を頂きました!
P3199375s.jpg
おおっ。使った事ないぞ。カタログ見たら定価で1100円もするじゃないか。嬉しいYAIBAグッズがまた1つ増えました。

瀬に乗る順番のクジを引くと、なんと1番
最初に乗せる瀬が有利なわけです。

・・・・どうも最近自分でも思うんだけど、「持ってる」と思いますです(゚∀゚)

そんな訳で瀬渡し船が集まって出発の順番を決めるジャンケンも、無理やり私が担当(^_^;)

P3199385s.jpg
人に任せて楽しそうに談笑しているイケズなメンバー(^_^;)
o0960054013893781776ee.jpg
島野浦の場合、4艇の船が鼻面を突き合せ、ジャンケンするんですね。

私・・・・2番「持ってる」ってほどではないかも。
まあでもいいほうか。

それにしてもフルスロットル!
P3199386s.jpg
ほぼ、レースです。実は船長達楽しんでるんじゃなかろうか(^_^;)

参加ボートは(^_^;)
P3199412s.jpg
千津丸・・・釣り筏も運営されてます
P3199413s.jpg
大黒丸・・・「琴姫丸」と同じ浦城港発
P3199430s.jpg
清福丸・・・「千津丸」と共に須美江港からでます
P3199439s.jpg
琴姫丸・・・我らが船

そして最初にクジの順から4名。丸バエに乗礁
P3199404s.jpg

目の前に見える隣の瀬は平バエ。ジャンケン1番船が最初に乗せたのがそこで、もっとも条件のよいエリアなんだろうなと期待

ところが・・・・

初めてから30分以上、皆が同じ方向に向かって撒餌を入れるけど一向に魚の反応が無い。餌も取られない・・・
駄目な日なのか??

ちなみに乗った4名の中での瀬割ジャンケンは3番
もうほとんど「持ってる」とは言えず・・・

だけど3番が良かったのかどうか
P3199395s.jpg
キター(o‘∀‘o)*:◦♪

オナガ(クロメジナ)40Cm弱
オナガだけに引き味最高!

その後、ジャンケン2番の山口さん
P3199396s.jpg
P3199397s.jpg

立て続けに2匹!これは入れ食いになるのか??

そしてジャンケンビリの釣友KAさんも
P3199421s.jpg
P3199424s.jpg

しばらく間を置いてついに、ジャンケントップの河野さん
P3199407s.jpg
P3199411s.jpg

全員安打!

入れ食いではないけどポツン・ポツンと釣れます。隣の瀬もコンスタントに竿が曲がるなぁ

ルールとしては、11時に再度ジャンケンして、勝った方から好きな場所に入るという事にしていたけれど、

11時までの間に私w( ̄o ̄)w

規定の5匹釣り上げちゃいました(^^)v
でも・・・全部オナガなんだよなぁ。型もほとんど一緒

ちなみに私が竿を曲げる姿、自分では撮れないし、河野さんにお願いして写してもらうべく、釣れたら叫びます!なんて言って、実際釣れたときに写真が気になりカッコいいポーズなんて考えていたら瀬切れしてしまった。オナガをあなどるなかれ(._.)

昼前から活性が落ち、っていうかノルマ達成の私はやる気が失せて、っていうか夜12時から起きていたせいか、
もうほとんど撒餌消化の釣り・・・気合一切無し

追いつけ追い越せのKAさんは集中し1匹追加。同点越えの大きなアタリはあえなく瀬切れ・・・
私が午前中入った場所で河野さんは1匹追加

P3199429s.jpg

そんなこんなで終了2時50分があっという間

P3199416s.jpg
釣れたオナガはどうも痩せてます。全部が38Cm程度なのに5匹の重量が3670gだから、1匹あたり734g
今時期の地グロなら1kgぐらいにはなるのになぁ・・・

P3199443s.jpg
お片付け。ヤイバの大会だけに、バッカンもヤイバヤイバヤ・・・ヤバイ

P3199435s.jpg
最近の海鳥たちは、撒餌が主食?近寄り過ぎでちょっと怖い
えっと・・・・水で流すからちょっとよけてね~

P3199444s.jpg
お疲れ様でした!

まあまあ魚の顔を拝めたので、回収時の話を聞いたら他所はほんとに厳しかったみたい

P3199455s.jpg
計量!規定数量は私だけ(@_@;)

P3199458s.jpg
って事で・・・・

なんと上位4名が同じ瀬のメンバー

という事で
P3199467s.jpg

やっちゃいました、優勝!・・・やっぱ「持ってる」かも

P3199471s.jpg
え?これ持ち帰り?・・・次回持って行かねばならないようだけども(^_^;)

P3199472s.jpg
茹でタマゴで祝賀会(^_^;)

連続15週目

12月初週~3月2週目まで週末に欠かさず釣りに行けております(^_^;)

連続釣行は今日のYaiba定例会を入れて15週!
そして瀬渡しは12回目になると思います。いやいやいやいや・・・・

風が強かったり途中で雨って事もあったけど、週末は基本的に釣行できた良い年です。

そして本日も、風はありそうだけど波は大人しいようだし、楽しみですね~

肩が痛いのはちょっと気になるし、突然熱が出るんじゃないか?って不安も拭い去れない状態ではありますが病は気からといいますので、盛り上げていきましょう。

FBの情報では、すでに現場に到着して休憩室仮眠の方も。

私は後1時間ちょっとで出発(予定AM2:30)集合予定は5時で、瀬渡し時刻は6時

世間では幼稚園・保育園の卒園式とか、3連休を利用してのバカンスとかそんな感じですが、私は子供も成長し、家族それぞれバラバラに用事を持つので、釣りに行かないと暇なんです(^_^;)

飲み会断念

昨夜は飲み会の予定だったが、朝からわずかに感じた肩痛が激しくなり、どうも熱が出る予感もあり参加を見送った。
もし今現在熱が出ているようならインフルエンザも考えられるけど、それは大丈夫なようだ。
特に風邪の諸症状の咳・くしゃみ・鼻水なども無い。ただ肩痛は前日にも増して激しくなっている。ちょっとしたアクションで激痛もある。
明日は竿を持つ手だが大丈夫だろうか・・・・

水曜日の飲み会の後遺症かも知れない。最近はお酒を飲んでも翌日二日酔いという感じでもないのにその次の日に体調が悪くなる感じだ。もともとお酒の量は飲めないし晩酌もしないのに、健康診断ではいつも肝臓の状態が微妙に悪い。
微妙というのも曲者で、精密検査の必要があるのかどうかというぐらいだが、とにかく肝臓はちょっと弱いんだと思う。

3連休突入だが、明日のYAIBAの釣り定例会しか予定はないので、今日はしっかり準備し、明後日は片付け。
明日は釣れても釣れなくても、しっかりと楽しめる釣りをしたいが、不安な肩痛。

延岡・南浦周辺

今週は一昨晩の飲み会に続き、今日も夜は飲み会で、明後日の日曜日はYANBAの定例会があって気忙しい。
もちろん楽しみなのが日曜日

詳細は→第5期 定例③南浦大会

現在暫定1位なので、まあこのまま突っ走れればって気持ちです。1回目のマグレが、2回目の全体貧果にて持ち越され、全4回の定例会なので今回重要。差を広げられたら総合優勝有りえるわけですが(^_^;)

ところで瀬渡し船の「琴姫丸」は初めてで、そのエリアもよく判りません。
島野浦とはなっているけど、私の認識では島野浦瀬渡し船だと「千津丸」「大黒丸」「清福丸」の3艘なんだろうと思っていた。
どうも島野浦も瀬割じゃんけんで決めていくんじゃないかと思うけど、3艘で競っている感じの情報を見たことがあったので。

船が出る浦城港は島野浦の定期船も出る場所だが、その界隈からだと南浦エリアも対象になるんじゃなかろうか。
南浦だと瀬渡船が1艘で、「加徳丸」っていうのがあるけど、とにかくこのエリアを釣り場としてあまり認識してなかった。

地図を見る限り、結構出入りが激しい磯場で、魚も付いているんじゃないだろうか?
琴姫丸」が得意なエリアが判らないけど、個人的には初体験エリアには違い無いので楽しみだ。
GPV気象予報では、波は弱く風は微妙に北風があるかも知れないけど、たぶんそんなに強くない。
まあまあの釣り日和でしょう。

ちなみにこの辺

岩の山女魚と鮎

昨晩飲み会だったのでBLOG更新できず(^^ゞ。ちなみに明日も飲み会・・・

IMG_0081s_20170316192737eb0.jpg

仕事で西米良村に行ったとき、昼食で立ち寄った「西米良温泉ゆた~と」で

入口に置いてあった石の絵(写真)

岩肌の色を見事に生かした絵だ。さりげない感じもいいなぁ。

こういうの、大好物です。

OLYMPIC(オリムピック)のウキとか・・・

子供の頃、竿のメーカーと言えばオリムピック
近所にある釣具店に大きな看板があったのを思い出す。

さて先週日曜日、実家で釣具の手入れ
IMG_0096s.jpg

池の水は湧水で、水質検査をするとわずかに鉄分を含む弱アルカリ水なので、ご近所さんが水汲みにくるのだが、道具の片づけ中に目の前の家のおっちゃん(娘さんが同級生)が来て釣り談義をちょこっとして

IMG_0100s.jpg
こんなものを持ってきてくれた。棒ウキや錘を沢山

おおお!懐かしいメーカーだ。ウキもあるのか。

そんな訳で、今オリムピックってどうなってるのか。

メーカーのサイト→http://www.olympic-co-ltd.jp/index.html

皆まで見たわけではないが、ザックリと言えば竿にはこだわって今でも作っているんだな。結構ルアーロッドにシフトされてるんだな。そっち方面では有名なのかな?
私は磯釣り中心なので「がまかつ」とかシマノ・ダイワしか最近は浮かばないのだが。
磯竿もあるみたいだがチヌを意識した竿のようだ。

その名も「Integra怒涛磯

定価で71,000円~74,000円、ネット相場で50,000円前後

微妙な価格帯だなぁ。ちょっと投資するには勇気がいるなぁ。
天邪鬼な私としては、周囲ががまかつ・シマノという竿が並ぶ中で、使ってみたい衝動も沸くのだが、せめて30,000円切ってほしいな。

さて続けてリールも持ってきてくれたおっちゃん

IMG_0113s.jpg

おや?
IMG_0111s.jpg
BB-Xじゃないか。

しかもなぜにこれだけ左ハンドル仕様?

両親と同世代のおっちゃんだからもう80歳前後だと思うけど、実家界隈のオジサン達は、親父もそうだったけど釣りと言えば近所で野鯉を狙うのが基本で、時々は遠征しアジ子を狙ったり船釣りしたり。
そして魚の土産もお互い様だったが、まあ道具を見たら何釣りにはまってられたのか判ります。

けどBB-Xは・・・何?

メジナの味醂干し

IMG_0116s.jpg
釣行翌日も休みで余裕があるときには造ってみる干物

今回は味醂干しにしてみました。

味醂1:醤油1の漬けタレに約2時間
干して胡麻を振りかけるだけ・・・・・

日曜日の夕方干して、昨晩食べてみた。焼いた写真もセットで載せようと思ったけど、焼き方が下手で断念。
お味は・・・・

美味~!


と、言うほどではありません(._.)

なんというか・・・倍ぐらい漬けても良かったかな?物足りない感じ。魚が大きすぎたか。

不味くもありません。美味しい部類だと思います。ただ感動するほどではありません。

味醂干しというと門川の物産館などで購入するカワハギの、軽く炙るだけで手で引き裂いて食べるやつ、みたいなものを想像していたので、何か違うんです。

雨も降っているので湿気も多いのか、乾燥が足りないかな。

やはりプロの味には敵わん。秘伝のタレ、とか配合とかあるのかな?

40年前の記憶

IMG_0093s.jpg
実家近くの川(えびの市)

お袋さんが亀が欲しいというのでホームセンターに行き銭亀を買って、そう言えば昔(小学生の頃)、亀と言えば写真のあたりで沢山の亀が日向ぼっこしてたなぁと、ちょっと寄り道して、思い出の橋の上から覗いてみた。

亀が居たのはもう少し上流だったけど、写真の場所は子供の頃のホームグランド

40年前の景色とほとんど変わらない。写真左にジャリ工場があるがそれも一緒。1つ後輩が工場の会社の息子だったけど今は会社を継いでいるのだろうか・・・

写真では判りずらいけど堰(せき)があり、その手前にブロックの敷石がある。たぶん当時はかなり新しかったが、もう少し水量が減ると歩いて中央まで行けるので、そこから上流(手前)に向けてルアーを投げた。当時はルアーと言ってもスプーンだけ。
リールもルアー専用の道糸にカバーが付いたようなやつで、竿も指掛けがあるようなタイプ。釣りキチ三平の影響で、お年玉で買ったと思う。

初めて釣れた魚がイダ(ウグイ)のそこそこデカイやつ。それが釣れたのがここで、その後何度か通ったけど、ある日40Cmぐらいはあろうニジマスが釣れ、網も無かったのでラインを握り岸に戻ろうとしている途中で、口切れ。
興奮して親父に話したら、「逃した魚はでかい」・・・・この言葉を覚えたのもその時だ。

もう一つ思い出したこと。ここからたぶん2~300mほど上流に屠殺場(とさつじょう)があった。牛の屠殺をする小さい建物で、表には焼き場があって頭の骨などが転がっていたし、建物の中には牛の革が重ねて置いてあったりした。血まみれの景色。
普段は外から見えないように扉も閉まっていたけど、隙間から覗き見できたし陽射しが入り暗いけどぼんやり中の様子も見えたので、小学生の頃の自分達にはおぞましい景色だけど興味津々怖いもの見たさで、時々覗いていた。
たぶん中学になる頃には建物自体が無くなった。

好天の昨日は、橋の上流を見たら竿が出ているのを見かけた。棒ウキが見え、時々周囲に撒き餌を投げる姿も見えたけど、狙いは鯉かな?鮒かな?

・・・・40年か。早いな。

○瀬渡し磯(串間市・荒崎方面)2017/3/11

親の命日は忘れても、この日だけは忘れられない東日本大震災の日。
昨年爆釣し串間市荒崎の瀬渡しの中でもお気に入りとなった「無名瀬」に乗れるという事で、期待と杞憂の気持ちが交差します。
縁担ぎの「行きの道中で動物が出てきたら釣れる」・・・についてはバッチリ。たぬき2匹ウサギに猫。

そして波も穏やかで、ちょっとした波でも難しい無名瀬に降り立つ事ができました。
P3119344s.jpg
※瀬替わりの際に写した干潮前。乗った時はほとんど岩肌が出てません。

P3119320s.jpg
P3119321s.jpg
P3119322s.jpg
近すぎて1枚の写真に残せませんが、全体でこんな感じ。
座る場所もないので私もだけど、1回り年上のISO師匠は更に辛そう。最初からうんざりされてます(^_^;)

狭いスペースで撒餌・仕掛けを準備し終えたのがAM7時半ぐらいで、撒餌を打つと目の前には数匹のフグの姿。
最初は反応鈍かったが、撒餌が効いてきたらウキの反応はないのにハリが無くなる(T_T)

沈瀬狙いで遠投し、やっと30分ほど後に
P3119324s.jpg
もう写真は残さなくていい魚だが、もしかして今日の価値ある1匹かも知れないしなぁ

まあでもこれ多し
P3119329s.jpg

そしてウキが気持ちよく消し込まれ、今日のテーマの「棒ウキ早掛け」の機会もないまま手に乗ってきた~
P3119327s.jpg
負けんぞ~と渾身の溜めで釣り上げたサンノジは45Cmありました。腕痛し。

これから期待できるぞ・・・と思っていた矢先、小魚が湧いてきた。最初はトウゴロウイワシ系だと思っていたが・・・
P3119341s.jpg

勘弁して~
P3119333s.jpg
最悪餌取魚

サバ子だ(T_T)

コヤツらは・・・
潮が変わっても居座るし底まで餌喰いにくるし遠投しても足が速いから直ぐに追っかけてくるし・・・・

終りました。爆釣さようなら・・・・・もう帰ろうかな。師匠も元気がありません。

でも、転んでもただでは起きない師匠(^_^;)サバ子と一緒に表層を泳いでいたこの魚を釣り上げた
P3119336s.jpg
群れの中から、快挙です。(^^ ※コバンアジ
姿が見えたときから私も狙ってたのに~

まだ9時過ぎだし、このままここに居座るのは辛い。しかも北東から結構強めの風が吹いてきて完全に心は折れました。
もう撒餌もせず海を眺めることしばし。意を決して船長にダメ元の電話。

「あの~、瀬替わりさせて~!」県北は見回りの船長から促される事も多いけど、県南では初体験。船長の反応は?

「え~!?いいけど1時間待ってね」

って事で、たぶん全く環境の変わる「ビンダレ瀬」
随分遠いけどイキな船長の計らい。普段は遠いのでほとんどここまでは行かれません。

P3119348s.jpg

福島港を出て直ぐの沖に向かって左にあります。
以前串間市の街中にある、その福島港から出る瀬渡船で行った事があるんだけど、料金は安いものの時間は12時までだった。そのせいで客が少ないらしいので普段は空いている事が多い瀬だけど・・・

P3119350s.jpg
深さはあるし目の前に沈み根がボコボコあるのが見えるけど、魚影は見えない・・・どうでしょ。

乗礁後、直ぐに漁船が近づいてきて、文句言われるのかと思ったら・・・

「この前、その前に網を入れたら3kg50Cmのクロが獲れたぞ。魚はいるぞ!」

う~ん。嬉しい情報だけど釣れなかったら虚しくなるよな~。なんて思いつつ開始・・・・

いました!何よりサバ子がいない!

P3119351s.jpg

30Cmほどだけど、お腹の立派な産卵直前メジナだ。これは数も期待できる。

P3119354s.jpg

一回り小さめ(27Cmほど)のコナガも混じり面白くなってきた!

棒ウキ早合わせも数匹は成功。だけど、すぐに反応が悪くなった。早掛けでハリ掛かりしない事が続き、ウキを変更。

P3119356s.jpg
小型で自重が無いので抵抗も少ない、かも。だけど操作が難しい~

棒ウキのようなスカッとした反応ではないけど、抵抗感が減った感じの沈みで向こう合わせにて数匹追加。

P3119361s.jpg
師匠は最初の苦戦を引きずっているのか・・・

と思ったらどうも体調が悪いみたい。風邪だろうと言ってました。
ほとんど竿を出さず。

いい感じで前に沖に向いて流れていた潮も2時ぐらいで止まり、合わせて喰いも止まりました。
土産もできたので早めの片づけ

成果は
P3119372s.jpg
30~35Cm8匹

最初のサバ子の猛攻を考えたら、結果はとても良かったと言える。
それにしても今年の荒崎方面はブレークしないまま終わってしまいそうだ。

なぜかどこも厳しいなぁ。魚が少ない訳じゃなさそうだけど。姿は見えるし。

3・11

釣行出発10分前

ふと日付を見たら3月11日か。東日本大震災の日ですね。

もう6年前なのか。早い。今でも当時の生活が出来ていない方にはこれしか言えませんが、何とか乗り切って人生を切り開いてくださいませ。

釣り友KAさんは当時単身で仙台に居ました。3月末には家族で仙台に引っ越しする予定だったんです。
彼は震災後の決断で引っ越しを取りやめて、家族は宮崎で生活する事になりました。

ちなみにその後大分・熊本と仕事では移動されてますが、何と昨年熊本着任したばかりの時に熊本震災にも遭遇されました。
普段はKAさんの行く所に震災有り・・・なんて言ってますけど、正直怖い経験を2度もされて、肝っ玉も座ってるんじゃないかと思います。そんな経験は人生で1度でもしたくないけど、こればかりはね。

あっという間に出発時刻になりました・・・・・

今季8度めの串間・室丸

3時出発に向け1時に目覚めてしまった。何時に寝たのか?夜8時です(._.)
5時間眠れてます(._.)

恐らく今季最後の串間瀬渡し。その後は夜釣りに行くかも知れないけど。

さて準備しよ。実は今日はすでに乗る瀬を聞いているんです。
普段は瀬の指定をすることはありません。希望すればある程度叶えて貰えるのかも知れないけど、お任せした方が新しい瀬の開拓もできるし、前日の状態から考慮してもらえる可能性あるし(常連になればだけど)

昨年2月に乗ったここ↓

◎瀬渡し磯(串間市・荒崎)2016/2/19

足場としてはちょっと狭いし斜めだけど、前回の攻め方をしっかり記憶してるもんね~
釣れるといいな。昨年より1ヶ月近く遅いけど・・・吉とでるか凶とでるか

また味わいたいこの釣果!
P2190773s.jpg

磯釣りカウントダウン

明日は串間の瀬渡しを予約してます。
来週はYAIBAの釣り懇親会
YAIBAの大会はもう1回ある予定なので、たぶん今年の本格磯釣りは残り3回です。
5月の連休に甑島に行けばフカセでしょうから、正式には4回かな?

なんて言ってても気分次第で行くでしょうけどね。

3月下旬はあまりいい思い出がありません。たぶん水温が最も低下します。低下しても落ち着けば魚の活性が上がるというのは、どうも違う気がします。宮崎の海は上り潮下り潮を1日の内に繰り返すから水温も定まりません。
上れば南からの温度の高い海水が入るし下れば北の冷たい海水。そして温かくなれば魚も活発に動き出すと思われます。

今年はそこそこにメジナも釣れたので、もう気分は他魚に移ってます。心は石垣島なんです(^^ゞ

まあ明日はサクッとメジナを干物にできるほどに釣っちゃおう。(こんな事書くときは良い事ありません(^_^;))

明日のGPV気象予報では朝9時は
2017031101.jpg
波の心配なし

2017031102.jpg
風は北東風で陸地は穏やかだけど海上はちょっとある感じ

・雨は降らないし大潮
・だいたいだけど満潮はAM6時で干潮が12時。地合は想像だけど8~10時もしくは14~16時って感じかな。

スポーニング(産卵)終盤のメジナはどてっとしたお腹で動きが鈍い印象。動きまわらないのでアタリも小さい。なんてことを考えて棒ウキ早合わせという事を実践したいと思ってます。
P2259185s.jpg

先週の「イラ祭り」はこれの練習でした。小さいアタリに即反応にて、メジナじゃないけど感覚は掴みました。全誘導。
棒タイプは楽しい~

2月の魚たち(2017年)

忘れかけてました2月の魚(^_^;)

2月はオールフカセ釣り。当然魚種も限られるのですが、とにかくメジナが釣りたいわけです。

P2049010s.jpg
1・メジナ
2月最初のメジナは40Cmオーバースタートでしたね。がっちり本命!

P2049013s.jpg
2・イスズミ
典型的なイスズミです。ノト・・・ではありません。
これは今年初。1月から数えて釣魚カウントその12

P2049018s.jpg
3・ニザダイ
人が釣ったのは見たけど自分では今年初なので釣魚カウントその13

P2049020s.jpg
4・クロメジナ
コッパはいっぱい釣れるんだが、これは32Cmで引き味は40Cmのメジナだと思った。

P2199121s.jpg
5・シラコダイ
前月も釣れたけど、冬の磯場の足元の代表種ですね~

P2199139s.jpg
6・タテガミギンポ
自分の釣魚じゃないけど、磯場の足元にはそこそこ居るのかな?

おぅ~

6種なのね~厳しいな。

今年度釣魚種目標260種に対して、残り

247種・・・遠い道のりだ。

先週の釣りで、イラ・ヨコスジイシモチ・マアジ・カサゴ・クサフグを追加できているので実際には残り242種

4月の石垣島・5月の甑島に期待。

383.オオメハタ

レア度★★☆☆☆ 鹿児島・錦江湾で獲れた魚


ホタルジャコ科>オオメハタ属>オオメハタ
Malakichthys griseus Döderlein, 1883
P3059298s.jpg
P3059303s.jpg

今朝、目覚めてから最初の作業はこの魚がワキヤハタ、なのかオオメハタなのかという事を調べる事、からでした。

鹿児島錦江湾の釣行の際、とくに桜島に行く時には必ずトイレ休憩などで立ち寄る「道の駅垂水」に鮮魚コーナーがあり、沢山置いてあるわけでもないけどこの魚はだいたいある。いつも買おうか迷うのだがついに先週日曜日に買いました。
4匹入って509円はちょっと高めだと思うけど、たぶん美味しい魚だから仕方ないか。
P3059274s.jpg

以前も突っ込んだ事があるが「メバル」って・・・
まあでもその地域の人に通じる表現が大事なんだよな。目が張っているから「目張」・・・見た感じそうだからメバルでもいいのだ。
だけど私的には鹿児島メバルと命名する事にする(^^

さてこの魚を購入する際に浮かんだ名は「ワキヤハタ」
以前調べた事があるのにオオメハタという名は浮かばなかった。どうでもいいけどワキヤハタってのが代表っぽい。
そして持ち帰り図鑑などを眺めると、印象がオオメハタだ。目がデカイという事だけだが。
そこで今朝はこの魚がいずれなのか、きちんと調べる事にした。
確実なのは側線有孔鱗数で、オオメハタは41-47でワキヤハタは48-51なんだそうだが、苦手だ。
だけど写真判断だが数えてみたら45ぐらい・・・この時点でオオメハタだ。
そして決定的なのが図鑑に表記されている「臀鰭基底が短い(臀鰭最長軟条よりも短いか、ほぼ同長)」という事。
最初は???だったけど、WEB魚図鑑に登録されている魚をよくよく見ていると

判った!

P3059298sss.jpg
こういうことだ

もう間違いありません。購入した魚はオオメハタ。まあ見た印象でも目が大きいのだ。

さてオオメハタの生態だけど、棲息しているのは100m以深(~600m)新潟県沖から南の深い海にいて、底曳き網で獲れるようだ。
漁獲量はさほど無く、地域によりけり。購入した魚はラベル表記の通り「道の駅垂水」の直ぐ近くにある牛根漁協発なのでその界隈で獲れたものだと想像できるが、錦江湾は水深がもっとも深い所で230mと聞いた事があるし(調べたら237mだそうです)、桜島の周辺で船釣りをしたことがあるが目の前が島なのに水深が80mって事もあった。つまり湾全体が深いのでこんな魚が獲れるのだ。
遠浅の宮崎だと100mの深さは、恐らく10海里(約18Km)ぐらいは沖に出ないと無いし、そのぐらいだと黒潮の影響を受けるので底曳き網は難しくなる。

食通を唸らせる「ノドグロ」ことアカムツと同類のホタルジャコ科なので、口の中が黒いのかな?と思い写真を写したが、同様に黒い。
オオメハタよりは鹿児島の呼び名「メバル」であったり全国的には「シロムツ」で浸透しているようだ。
美味しいんだろうと思っていたけど間違いありません。
P3079316s.jpg
ハッカクと一緒にバター焼きで頂きました。

その地域ならではの魚、というのを集めて周る旅というのも面白いかな?またワキヤハタも錦江湾で獲れるようなので探し出してみたい。

382.トクビレ

レア度????? 北海道土産でもらった鮮魚


トクビレ科>トクビレ属>トクビレ
Podothecus sachi (Jordan and Snyder, 1901)
P3059292s_20170308043100954.jpg
P3059281s.jpg
P3059284s.jpg
P3059296s.jpg
2017/3/5 52Cm北海道土産


(@_@;)エイリアン・・・・
北海道に旅行に行かれた釣友IHさんが土産で持ってきてくれました。ハッカク。
トクビレが標準和名だけど、ハッカクという方が馴染みのある魚。馴染みと言っても北海道の方々ならではだけど。

数年前に娘と北海道旅行をした際に、ホテルの寿司屋で見かけた「ハッカクの刺身」というメニュー。ハッカク?珍しいので食べようかと迷ったけど、写真を残してないのでたぶん食べてない。名前は記憶したが味の記憶は乏しいもんな。まあ食べてなければ覚えていないのも当然。

頭部を輪切りにしたら八角形なのでハッカクと呼ばれるらしいけど、標準和名のトクビレも、鰭を広げたら判るが素晴らしく大きな(写真のような)鰭を持っている。特鰭だ。だからトクビレという名の由来。
ハッカクという呼び名が世間で広まっているけど、北海道ではその地域によって様々らしい。またハッカクとは雄の事を指すという記事も見かけた。写真の魚は雄だが、雌だと鰭がここまで発達せず、サイズも30Cmほど。雄だと50Cmになるようだ。
北海道の魚として出回っているが、分布は日本海側だと島根県浜田、太平洋側だと相模湾以北にはいるそうで、水深80~300mに生息しているそうだ。餌はゴカイ・ユムシなど。
P3069305s.jpg
肉食系の魚の腸は綺麗だ。臭いも少ない。
この魚は腸が前方の狭いエリアに集中していて、後方部がほとんど身なので結構量が取れた。
P3069309s.jpg
なかなか脂分も多いようだ。
皮は鎧を付けているようで固いし棘も並んでいて扱いずらいが、案外手で皮向きができる(カワハギのように)ので、さほど苦労はしなかった。

食べてみると
P3069312s.jpg
一口目は全く味を感じなかったけど、噛み砕くうちに旨味が出てきて、その後身が溶けるような食感を味わった。
これは美味いと言える。大きく個性的でもなく旨味が主張しているって感じでもないが上品だ。

P3079315s.jpg
刺身の残りを家内がバター焼きしてくれたが、筋部分がぽろぽろと剥がれる感じは「ホッケ」の塩焼きの感じに近い。
刺身でも美味いので、当然の如くこれも美味かった。

漁獲量は少なめで北海道ならではの魚だったらしいが、交通手段の発達とともに関東のスーパーなどでも時折売っているそうだ。だんだんとメジャーになってきた魚だ。九州ではほとんど出回ってないと思うけど。

北海道と言えば、サケとかカニとか昆布とか、ルタオとかロイズとか白い恋人とか、北一硝子とか、他には???
まあ観光地でもあるので数多くの土産物があるけど、私には最高のお土産でした(^^

●防波堤フカセ(鹿児島・桜島)2017/3/4

先週は土曜日に仕事があり釣りできず、日曜日にIHさんをお誘いして桜島釣行。YAさん(♀)も一緒です。
1月に行って面白く感じた桜島の12番避難港(高免港)

その時の記録は・・・「●防波堤フカセ(鹿児島・桜島)2017/1/8

そのときの釣果↓
P1088856s.jpg

ネット情報では大型メジナも釣れる場所ということで、結構人気港なんじゃないか?という香りもするし、メジナが釣れなくてもチヌはいるだろうという事で、早めに出て夜明けの干潮過ぎ朝まず目狙い。
天気予報は夕方ぐらいから雨ポツポツ、という感じだったんだけど。

P3059211s.jpg
AM3時にIHさん宅を出発し約2時間半。まだ暗い内に到着したものの車はズラリ。夜明けを待って待機されてるんですね~
結局前回と同じ左側にある港の海に向かって左岸で小さい防波堤だけど、そこしか空いてません(T_T)

準備する間に明けてきて・・・・

P3059219s.jpg
IHさんは先端で遠投投げ釣り
私とYAさん(♀)は内側でフカセです。まあ何か釣れるでしょう。

P3059220s.jpg
私の釣座

開始二投目

早速チヌか!?・・・・



P3059218s.jpg
イラでした。まあまあの型。35Cmぐらいか?結構引いてくれたんだけどな・・・

そしてその後
P3059225s.jpg
アカササノハベラにクロホシイシモチと超定番数匹

前回気になっていた港の右奥。最初は車が待機していて、ちょこっとエギングされていたけど直ぐに引き上げられて空いたので場所を移動。希望していた場所です。
P3059227s.jpg
写真では判りずらいけど、釣れる雰囲気はあります。

移動後の1種目は
P3059234s.jpg
ヨコスジイシモチだ。雑魚ではあるが貴重な今年の釣魚種追加

その後

大きい引きがありハリ外れ!きっとデカバンチヌだぞ

ウキ沈んだ!合わせて!

今度こそチヌか!?

P3059236s.jpg
(T_T)

どうもイライラします(^^ゞ、イラだけに・・・

そして






3匹目、今度こそチヌ!

イラでした。

4匹目、チヌ・・・じゃないよね

イラです

5匹目、イラだよね

イラでした。

6匹目、判ってる。イラ



P3059258s.jpg
いるじゃん

ついにメジナ潮

なのに

P3059237s.jpg
10時過ぎからポツポツと振り出した雨が激しくなってきました。

おいおいスーパーコンピュータ予報、どした!?

IHさんは
P3059242s.jpg
時々こんなですが、上がってくる魚は

P3059246s.jpg
カサゴカサゴカサゴ・・・

桜島周辺はこれ多し。竿が大きく曲がっているのは錘のせい。

YAさん(♀)は
P3059259s.jpg

雨の降り始めには休憩されてたけど、私のメジナ釣果の後に俄然やる気モード

そしてメジナゲット!粘りの勝利。

更にこんな魚も

P3059265s.jpg
アカオビハナダイ、♀個体・・・じゃないかな?
1匹だけ足元に見えていたこの魚を、クロホシイシモチの群れの中から見事に釣り上げられました(@_@;)
イラやまし~、いやウラましい。

昼には激雨
P3059254s.jpg

ビショビショだし寒気もしてきたので車中休憩

手弁当!昼食タイム

P3059256s.jpg
皆の分を作ってきてくれました!感謝です。
アウトドアの手弁当って、ほんとに美味しいな。

子供の頃、親父と釣りに行くときはいつもお袋がオニギリを握って持たせてくれていたのを思い出しました。

小降りになったときに

P3059247s.jpg
P3059251s.jpg
P3059261s.jpg

こんな魚も追加して
結果的には7種。何がしか釣れ続けるのは楽しい

そして最後にイラっしゃったのも( ノД`)

イラ( ノД`)

P3059271s.jpg

YAさん(♀)が持ち帰って食べるとのことでキープしてました。最大41Cm
メジナが29Cmです。

まあ魚釣りは釣れるってのが基本ですよ(負け惜しみ)

楽しかったけど負けた感がある・・・・

帰りに道の駅「垂水」にて

P3059272s.jpg
売っていたら買おうと思っていた鹿児島メバルとイモ
最近のサツマイモはあなどれません。物凄い甘味です。これはもうスイーツ。

そして実はもっとも嬉しかったのがIHさんの北海道土産!

P3059292ss.jpg

さてこの正体は??

また明日(^_^;)

※FB(フェースブック)ではすでにご紹介してますが、明日詳しく生態なども調べてからBLOG公開致します。

結構楽しかった「イラ祭り」でした(^^ゞ

イラ祭り

イラっしゃいませ

昨日の釣行記ですが、今朝は早出のため時間がないのでとりあえず

P3059271s.jpg

同行者が持ち帰る、というので

イラ祭りでした(T_T)

普通のフカセの仕掛けなのに、もうこれしか釣れない。産卵なのかな?魚が集まるということはそういう事だろうなぁ。

明日、この模様はお届けいたします(^^

にほんブログ村、にて

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

↑これなんですけど

結構いろんなBLOGに貼ってあるので試してみた(登録してみた)

約1週間前に登録し、

2017030601.jpg

ちょっと小さくて判りずらいでしょうが・・・

サブカテゴリにおいて昨日の時点で

3位!

なのです。

一昨日から3位なので、まあ成長は止まったと言えますが、それにしても嬉しいというよりはありがたい感じです。
誰かが見てくれていると思うと気が引き締まりますね。

日記的な感覚ですので、まあその日の気持ちを綴れればいいぐらいの内容なんですが(^_^;)

訪れてもらった方すみません。ほんと。内容が無くて・・・

該当の記事は見つかりませんでした。