宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

甑島瀬渡し前日です

まだな~んも準備してましぇ~ん(^^ゞ

釣友KAさんに誘われた(夢の)甑島釣行

瀬渡し船は「フィッシングナポレオン隼1号」・・・だそうで
main001_new.jpg
※HPより

出てるかどうか、KAさんの電話待ちで、
出るなら本日PM3時ぐらいに自宅を出発し、船が出る串木野着は夜の12時着を目指します。
明日朝2時には出航のようで、
2時間前後船で過ごさねばならないようですが、
瀬で過ごす時間は30時間ぐらい・・・(@_@;)
同じ場所でそれほどの時間を過ごすのは初めてです。何を準備していいか判らん・・・
途中で餌を買ったり温泉に行ったり食材調達など。釣友KAさんは熊本から来るのでAZ阿久根店で合流するつもりだが、何時合流かはまだ打ち合わせしてません。

それにしてもこれほどに、何も気持ちが入ってないのも珍しいかも。西表島のせいですね。
これから道具の準備と合わせてモチベーションも上げようと思っております(^_^;)
釣り場情報も全くです。下甑の磯場は4月に解禁になったという事ぐらいしか知りません・・・

389.ウキグチイットウダイ

レア度★★★☆☆ 石垣島で出会った魚


イットウダイ科>ウケグチイットウダイ属>ウケグチイットウダイ
Neoniphon sammara (Forsskål, 1775)
P4169735.jpg
2017/4/15 石垣島石垣港


私は疲労感で早々に釣りを断念して車でウトウトとしていたとき、IHさんが興奮気味に魚をぶら下げて寄ってきた。
「ウケグチイットウダイですよ~」
さすがだ。同定能力も見習わないといけません。

まあこの魚は割と固有の特徴を持つ。その名の通りウケグチ(受け口)だ。つまり下顎がちょっと長い。だけどこの魚を見て
「ほら、長いでしょう?」というIHさんの発言には同意できなかった。そうだっけ?そう言われればそうかな?
魚を見る機会が多いほどに些細な特徴も見分ける目が出来るんだなと思う。天才MS君は即座に魚名を述べるときがあるが、私などとは別格の判断力がある。
ウケグチもだが、背鰭棘鰭膜には大きな黒色斑があるのも特徴
和歌山以南には生息しているようだが、WEB魚図鑑に投稿されている個体はほとんどが奄美や沖縄。
沖縄では普通に食用にされるようだ。

ヤイバ宮崎(島野浦大会)H29.3.19の動画

忘れないうちに・・・

よだきんぼの「テゲテゲ日記」シーズン2(アメーバ版) のハラさんが私のための?(^_^;)動画を作成してくれてます。
優勝できた大会。
この結果のお蔭様で今季の総合優勝もできました。
最終戦を石垣・西表島釣り旅とダブルブッキングしてしまって表彰式も本人不在という、迷惑を掛けてしまったのですが・・・

それにしても編集上手!!

388.アヤメエビス

レア度★★☆☆☆ 石垣島で出会った魚


イットウダイ科>イットウダイ属>アヤメエビス
Sargocentron rubrum (Forsskål, 1775)
P4159733.jpg
2017/4/15 石垣島石垣港


夜釣りで釣れる代表的な魚に「テリエビス」というのがいて、ときにはうんざりするぐらいでそれしか釣れないから終わるって話を聞いたこともあるが、その中にレアな、こんな魚が混じると面白い。
個人的には夜釣りがとても苦手だ。理由は暗いのが辛い。たぶん目が悪いのが1つで暗い中で釣れた魚に対して色彩の感動が無い事があるかも知れない。写真を写しても上記のような影位置になってちょっと苛立ちも感じる。相応の機材を持ち込むのも理想だがそこまでの情熱があるかどうか。そもそも釣れるか否かかという状態でそんな道具を持って行く事が面倒だ。
ところが、最近行動を共にすることが多いIHさんは夜が得意で、寝る間を惜しんで釣りをしているしきっちりと結果を残される。
写真の魚もIHさん獲得魚だ。まあこのサイトで紹介する魚は自分で見て触れて写して、というのが基準だから1種ゲットではあります。
他力本願です(^_^;)

WEB魚図鑑に投稿されている数を見てレア度を勝手に評価しているけど、アヤメエビスは割と多め。
投稿の場所の多くは沖縄とか奄美とかだけど分布は広い(太平洋側)。宮崎からも投稿がある。
身体的な特徴は、パッと見た感じでは尾鰭・背鰭・臀鰭の内側が黄色が目立つが、もっと判り易いのは尾鰭の上下両葉が赤い。他のエビスの仲間は全体が赤い。※一部除く
もっと細かく判断するなら背鰭・臀鰭・尾鰭の基部に黒色斑がある。
体側背部にある黒色の縦線が1または2本である。
背鰭の鰭膜が深く切れ込む、そうだ。
写真の魚を見たらもう、一点の曇りもなくアヤメエビスだな。

テリエビスとの比較写真
P4159733.jpg
P9117630s.jpg
背鰭の様子(模様)が全く別ですね。

387.ヒトスジタマガシラ

レア度★★☆☆☆ 石垣島・西表島で出会った魚


イトヨリダイ科>ヨコシマタマガシラ属>ヒトスジタマガシラ
Scolopsis monogramma (Cuvier, 1830)
P4159691.jpg
P4159687.jpg
2017/4/15 石垣島新川漁港 約18Cm ムシ餌投げ釣り
P4169842.jpg
2017/4/16 西表島白浜港 約18Cm トリックサビキ


2017年4月の石垣・西表島釣り旅では、唯一いずれの島でも釣れた魚だ。
いずれも岸からで浅い足元のエリアでの釣果で、南の島に行けば普通にその辺にいる魚なのかも知れない。
過去に見たタマガシラの仲間は標準和名「タマガシラ」と「カメンタマガシラ」の2種だけだが、なぜだろう・・・タマガシラの仲間は見て直ぐに・・・タマガシラって感じる。魚らしいしっかりしたフォルムと優しい出で立ちに甘いマスク。優男って感じだな。
魚名の「ヒトスジ」の由来は3番目の写真の、体の中央上にある暗い帯の部分が由来なんだろうと容易に判るが、1・2番目の魚はその帯も怪しいももの、やはりヒトスジタマガシラだと判るのはその形のせいだろう。全く色彩が違うのに別種とは思えない。
WEB魚図鑑の投稿を見ると、本土では愛媛県愛南町からあるが、それ以外は奄美以南でタイ・ベトナムまである南の魚だ。この仲間としては大きくなり30Cmほどまでは成長するよう。
魚の知識で頼りにしているご意見番の天才MS君が作っているBLOG「魚のブログ」によると鰓蓋には鋸のような棘があるそうだ・・・・

顏をアップしてみると・・・・
P4159685s.jpg
なるほど
P4159685ss.jpg
赤い線の部分です。あるな。釣れたときは気がついてませんでした(^_^;)

沖縄では普通に食用として市場でも出回っているそうだ。

統計をとってみた

まだ紹介していない石垣・西表島の魚を含め、釣った魚の統計をとってみた。
2017年4月27日現在

私が釣った魚は
310種

宮崎で見た魚は
284種

喜界島で見た魚は
98種

石垣・西表島で見た魚は
50種

宮崎・喜界島・西表島のいずれでも見た魚
ニセカンランハギ
カスミアジ
ホオアカクチビ
オキフエダイ

386.マトフエフキ

レア度★★☆☆☆ 石垣島で出会った魚


フエフキダイ科>フエフキダイ属>マトフエフキ
Lethrinus harak (Forsskål, 1775)
P4159695.jpg
P4159680.jpg
2017/4/15 石垣島新川漁港 (上)約20Cm(下)約17Cm

石垣島の投げ釣り(ムシ餌)で釣れたが何匹か同時刻に釣れたのでレアな魚でもないかも知れないが、写真下の個体はマトフエフキという判断はできず問い合わせた。上の個体を見ると体の中央に大きな輪郭がぼやけた黒班があり、それと判る。
写真を並べてみたら確かに形がほぼ一緒で、特徴の1つでもある尾鰭端の赤みが似通っている。また下写真の個体もうっすらだが中央に黒班らしい黒味もある。
下の写真の体全体にある模様は興奮班だと思われ、釣れて直ぐのときとしばらく置いた状態では様子が異なる。この模様は同定の基準にはならない。あまり大きくはならない種のようで、25Cm程度らしいが、50Cmになる個体もあるようだ。
手持ちの図鑑では鹿児島県以南の生息となっているが宮崎でも記録はある。WEB魚図鑑に門川の漁師、海猿さんが投稿されている。宮崎で釣れればかなり珍しいと思うが居るにはいる。

それにしても似たようなフエフキの仲間は多い

マトフエフキ
P4159695.jpg

シモフリフエフキ
P4159708.jpg

アミフエフキ
amimehuehuki.jpg

ホオアカクチビ
IMG_3026.jpg
P4170020_20170423063721e16.jpg

ムネアカクチビ
IMG_3309.jpg

イトフエフキ
03101607.jpg

ヤエヤマフエフキ
P4170014.jpg

並べてみるとそれなりに違いがあるが、今回の釣行で随分揃った。他にイソフエフキ、アナミフエフキ、キツネフエフキ、などもあるがぜひともコンプリートしてみたい。だんだんポケモンGoみたいになってきたな(^_^;)

●185円の釣行(日南海岸)2017/4/22

毎日石垣・西表島の写真をBlogの編集のために眺めているので、まさに昨日のことのように感じて頭の中の時系列が狂ってしまったような朝をいつも迎えているが、忘れない内に先週土曜日の事も記録・・・(^^

旅の後の3日間は記憶にも残らない仕事をこなして、あっという間に土日で、日曜日は実家に戻る予定があるが土曜日は暇。
絵を描くという選択もあるが天気がいいのでもったいない。そこで・・・

とりあえず釣具店に行って・・・
それから何するか考えてみる。道具は一通り持ってきた・・・

P4220174s.jpg
投資額185円

これで1日遊ぶべし

日南海岸の伊比井浜左脇にある岩場
P4220155s.jpg
結構荒れてるなぁ
P4220156s.jpg
狙うはこのタイドプール

ノベ竿・玉ウキ・袖針2号

そうそう、これが本命・・・
P4220152s.jpg
2匹目
P4220160s.jpg
3匹目
P4220170s.jpg
4匹目
P4220171s.jpg

・・・・飽きた・・・・
全部一緒じゃ。(タネギンポ)

ちょっと移動し
P4220190s.jpg

P4220180s.jpg
P4220182s.jpg
P4220185s.jpg

交互に釣れるが・・・・

飽きた。

釣行時間約30分
入れ食いと言えば聞こえはよいが・・・・

その後港で「せいゆう丸」船長に声掛けしたりして、とりあえず日南海岸で暇を持て余してました(^_^;)

さて明日からは石垣・西表島で釣れた魚の詳細を調べる作業します(^_^;)
ところでそろそろ甑島釣行のリサーチもしなきゃ。30日~(5月)1日の1泊瀬泊まり釣行に誘われてます(^_^;)

石垣・西表島釣り旅2017・・・index

P4169903s_20170425041543ec2.jpg

石垣・西表島釣り旅2017の備忘録その1・・・移動
2017年4月15日

石垣・西表島釣り旅2017の備忘録その2・・・石垣島での釣り
2017年4月15日昼~16日朝

石垣・西表島釣り旅2017の備忘録その3・・・西表島での釣り1日め
2017年4月16日

石垣・西表島釣り旅2017の備忘録その4・・・西表島での釣り2日め
2017年4月17日

石垣・西表島釣り旅2017の備忘録その5・・・最終日
2017年4月18日

石垣・西表島釣り旅2017の備忘録その5・・・最終日

2017年4月18日
最後の日のこと。これで終わりの旅行記です。ほんとは一週間ぐらい滞在したら満足なんだろうなぁ。

2時過ぎに石垣島からの飛行機で戻る予定なので、お昼には西表島を立たねばなりません。
宿をam8時ぐらいに出発して、定期船が出る大原港付近でちょっと竿出して帰る予定だったが、道中のヒナイ川の河口にある船浦橋(通称、海中道路)の上から水面を眺めると
P4180077s.jpg


(@_@;)

大きな魚群があちらこちらに!

我々大興奮!ここで釣らなきゃどこで釣る?
というか、西表島のポテンシャルを始めて目の当たりにしたかもしれない。最終日なのに。

とりあえずIHさんと釣具を降ろして私は橋の袂の駐車スペースに車を置きに行く。
P4180082s.jpg
P4180097s.jpg
景色もいいなぁ

橋に戻ると
P4180090s.jpg
おっ!何か引き上げてる(@_@;)

P4180095.jpg
ニセクロホシフエダイだ。30Cmには満たないが結構な大物

この群れはルアー反応がいいらしい。

結局まだルアーでは釣ってない今回の釣行。とりあえず1匹という思いで投げてみるが・・・

釣れません(T_T)

見えてる魚は難しいです。ってかルアーが難しい~

IHさんの1匹以降は反応が悪く、見切りをつけて港へ移動。

ほとんど有名な観光地は廻ってないので一か所だけ立ち寄ってみる

サキシマスオウノキの根
P4180104s.jpg
何だこれ?(@_@;)

板状の木の根っこです。写真では判りずらいと思うけど、大きいです。
P4180101s.jpg
マングローブの根元にある巻貝も、これまたデカイ。長さ10Cmほどはあると思います。
これはあちこちで見かけたけど食べられないのかな?(^_^;)

サキシマスオウノキの観察ができる橋の上から
P4180107s.jpg
地元の老人と思われる方が釣りをしている。

その風貌は仙人(^_^;)言葉は通じるかな?恐る恐る声掛けしてみる。

「サヨリ釣りだよ~。潮が動いたらどんどん釣れるよ~」・・・失礼しました。普通に会話できました(^_^;)

P4180108s.jpg
一見普通のサヨリだが、ちょっとばかり幅があるこの魚はセンニンサヨリかも知れない。
琉球半島で見られるサヨリです。

P4180112s.jpg
港に荷物を置いて車を返しにいきます。

IHさんを置いて1人でレンタカーの受付に行ったが、またも・・・

最初の受付のオッちゃん・・・
「その客ちょっと待って」明らかに敵意

はぁ?その言い方はなんだ。待つもなにもちゃんと検査してとこちらから言ってるのに。餌などはこぼしてない自信はあるし臭いも無いと思っていたが・・・

そして別の高齢の方が、「臭いがしますね。今回は許しますが」
どうもこの事務所喧嘩売られてる。

もう二度と使わんぞ。石垣島のレンタカー屋との態度の違いがアカラサマだが、まあ唯一の西表島の不満になりました。

そんな気分なので最後に竿を出す気持ちも薄れ、最後の追い込みのIHさんを覗くと
P4180123s.jpg

(@_@;)

P4180114.jpg
おおおおおっ!ギチベラ!羨ましい~
P4180120.jpg
不明なスズメダイ
P4180126.jpg
今回初のメギス。南には多いけど宮崎にはいません。

そんな訳で・・・・えっと・・・・この日はIHさんの一人舞台でした(^_^;)

この日釣れた魚は4種類
内、私が(私も)釣ったのは・・・・ゼロ(^_^;)
新しく出会った魚は2種

さてはて50種目標だった今回の釣り旅、結果は

44種!おしい!
実際はIHさんが更に夜釣りで2種ほど釣って写真に残してないと思われます。IHさんのカウントでは46種でした。

それにしても私は・・・駄目駄目です。
リベンジ誓います。これは一生に一度ではもったいない。

P4180136s.jpg
帰りの定期船は行きより小さいけど、窓が水面に近くて面白しろかった。

P4180146s.jpg

日本のほぼ最南端で唯一のジャングルの島という感想の西表島は、本土では見ない大きなトカゲとか独特の鳥や動物の鳴き声など、じっとしているだけでもワクワクする島でした。
ただ、行く前から調べて知った闇の部分。※観光地化による環境破壊とかそれに合わせて流入する人の増加は、地元の前大さんでも危惧されているようで、もし数年後世界遺産になんてことになれば、更に人が入ってきてグジャグジャになるんじゃなかろうか?それを見越して外部からの投資が進んでいるようですが、何とも言い難い切なさも感じました。

終わり

石垣・西表島釣り旅2017の備忘録その4・・・西表島での釣り2日め

2017年4月17日
早く起きて、沖釣りの前にちょこっと防波堤の釣りをしましょうと打ち合わせして寝た前夜だが、残念な事に起きる事が出来なかった。二人とも・・・(^_^;)
しっかりと睡眠もとれたので、三拝云「みぃふぁいゆぅ」のツアーをとことん楽しむことにします。ご主人の前大さんは本来蟹取り名人で、そちらの案内をしたい感じだけど、とにかく沢山の魚種が釣りたいという我々に困惑されていたようだ(^_^;)

P4179925s.jpg
西表島の環境は多数の川が流れ込むので雨が降れば濁りもそれなりで、南国の白い浜のイメージではないが、それでも宿から歩いて5分の船付はこんな感じ。風が強くて水面が波だっているので微妙だけど、静かなら綺麗だろう。

P4179927s.jpg
ダイビングツアーが多いんでしょうね。そんな船ばかり。

P4179929s.jpg
目の前が定期船が着く「上原港」なので、船の往来が多い場所です。

P4179931s.jpg
am9時半過ぎ・・・出発!

P4179932s.jpg
魚偏に夢と書いて「ドリームフィッシュ」・・・いいね!

P4179943s.jpg
水深40m弱。ここでまずはグルクンを狙います。島ドル・アユさんも一緒なのが嬉しいエロ親父の私(^_^;)

仕掛けは上カゴにアミエビ撒餌にグルクンサビキ。グルクンサビキは幹糸が太いけど、たぶん掛かったグルクンを喰らう大物までも仕留めようという仕掛です。

最初の30分ほどはせっせと撒餌
船釣り1匹目は・・・私!
P4179950.jpg
ヤシャベラっちょ君です。ザ南国魚って感じ。嬉しいけど以前釣ってるんだよなぁ

P4179971.jpg
小ぶりだけどコテコテ本命のグルクン。標準和名タカサゴです。

そして大物グルクン
P4179963.jpg
サイズも35Cmほどか。宮崎のイサキ釣りの感覚。その名もユメウメイロ

P4179952s.jpg
P4179955s.jpg
アユさんが写してくれました♪絵にならんけど(^_^;)

一度、この魚らしきそれなりの引きの途中に、それをカッタクって咥えて逃げた大物がいました。正体不明。仕掛けもブッツン。

ちょっと場所を移動したら
P4179982.jpg
P4179986.jpg
P4170005.jpg
上の2つは30Cm超えで下が25Cm程度だが、別魚に見えるもののすべてサザナミトサカハギ

大きさで形が変わり性別で色が変わるんだろうなぁ。
こればかり釣れる。引きは楽しいがリリース魚(食べてもまあまあらしいけど)

IHさんに羨ましい魚
P4179998.jpg
ヒレグロベラ

そうそう、こういうのが嬉しいんですよ我々は(^_^;)

さて活性が無くなり場所を移動。リーフの際に船をつけてルアーを投げろ!とのご指示
P4170010s.jpg
ルアー持ってきてない(@_@;)
とりあえずIHさんが持っていた1個。二人交互に投げるも・・・・反応なし。これGTとか釣るやつじゃん。
色々体験させてもらえる今回の釣り旅!

駄目だと判断されるや、今度は長距離。西表島からは5海里程度と思われる波照間島付近の深場にいって、集魚剤無しのイカ短冊天秤釣りにて・・・

P4170019s.jpg
なぜかIHさんばかりにあたりがある。

餌の付け方?誘い方?前半は私が良くて後半がIHさんという流れです(^_^;)
しかも圧倒的にIHさんが釣るのです。どーゆうこと?

そんな訳で
P4170026s.jpg
P4170027s.jpg
う、うらやましい(^_^;)

P4170014.jpg
ムネアカクチビと迷ったヤエヤマフエフキ
P4170020_20170423063721e16.jpg
ホオアカクチビ
P4170016_2017042306372046c.jpg
ナンヨウカイワリ(43Cm)

風波がある中、日暮れギリギリまでお付き合いくださいました。6時ぐらいに港に戻り・・・
持ち帰り釣果はこれだけ
IMG_0542s.jpg
大漁ではないけど食材として丁度ですね(^^

1時間後に三拝云「みぃふぁいゆぅ」に来いとのご指示(^_^;)

なんと!
P4170031s.jpg
P4170034s.jpg
P4170035s.jpg
P4170037s.jpg
これもツアー込み?チョー嬉しい美味しい

今回の旅は食事は貧祖だろうと覚悟していたが、毎日充実している!
刺身美味いしナンヨウカイワリのナメロウなんて他所じゃ絶対食えんし、おまけの島らっきょう、大好き!

さらには・・・・

P4170039s.jpg
えっと(^_^;)

宿でナンパ?したお二人も一緒にお食事。
お二人とも一人旅で、保母さんの○カさんとドイツ人ハーフのTOさん。
TOさんはミュンヘン在住。1ヶ月の長期休暇での日本旅だそうでお医者さんだそうです。日本人はなぜ有給をきちんと利用しないのか?と怒られました(^_^;)
それにしても私、顏が腫れあがってるな(^_^;)鼻の下は伸びてます(^_^;)

もっとお二人と飲んでいたかったがIHさんは釣りに行きたそうだし、ここは我慢の最終夜。

夜の港にて

P4170046s.jpg
なかなかライトが明るいので釣りやすい

P4170051_20170423071144756.jpg
キュウセンフエダイ
P4170059.jpg
ロクセンフエダイ
P4170061.jpg
ベンガルフエダイか!残念ヨスジフエダイ
P4170067.jpg
IHさんのこれテリエビス別種なのか?残念テリエビス

と、強風の中だけどポツポツと釣れて魚種も増やせて楽しめました。

とても充実した日でした。惜しむらくは仲良くなったお二人と情報交換しなかったな(^_^;)

そんなわけで

この日釣れた魚は12種類
内、私が(私も)釣ったのは7種類(^_^;)
新しく出会った魚は7種

石垣・西表島釣り旅2017の備忘録その3・・・西表島での釣り1日め

2017年4月16日

西表島にam9時半ぐらいに到着。いよいよ目的の島!
P4169786s.jpg
港はさすがに整備されているが、大いなる自然に期待

P4169855s.jpg
港にはレンタカー従業員が待機してくれていて、送迎のお兄ちゃんは愛想良かったが受け付けのオッちゃんはいろいろ嫌味を言う。どうも釣り人を敵視している感じ(^^・・・つまり餌の匂いとか始末が悪いという事を遠回しに言われるので、ちょっとウキウキな気分に水を差されます。

気を取り直し早速目的地を目指しGo!

隆起サンゴの島と違って大陸の様相。沖縄に次いで2番目に大きな島だし山の高さもあります。
P4169789s.jpg

車を走らせるとすぐに、電線に写真の鳥

IHさん「あれ、カンムリワシかも・・・」

おっ!イリオモテヤマネコと並ぶ特別天然記念物!凄いと思ったが数匹居る(^_^;)
でも調査資料では西表島に100羽ほどと石垣島に100羽程度の個体確認されている程度なんだそうだ。やっぱり希少だ。

さてさて

まずは何を・・・とりあえずカヤックを借りて川を狙いましょう、という事で、目指すはレンタルカヤックができる「ロビンソン小屋」を目指す。
お金はかかってもツアーで申し込んだほうがいいとも思ったが、IHさんの爬虫類研究仲間の情報だと、魚影が濃いので何処でも釣れるらしい(^_^;)ので、ここは節約して2人乗りのカヤックで挑戦・・・のつもりが・・・・

IMG_0535s.jpg
お店が開いてないし誰もいない・・・

ところが

ロビンソン小屋の目の前がなんと!宿泊予定のカンピラ荘に、その隣が翌日の船釣りに連れていってもらう三拝云「みぃふぁいゆぅ」だ。

IMG_0536s.jpg
IMG_0537s.jpg

それぞれの位置関係をきちんと把握してなかったが、いずれもWEBで調べてファンになっていたので、何とも感慨深し。
三拝云には夕方行きますと伝えていたが、中を覗いたら主人のオジーこと前大さんとサポーターのアユさんがいる(@_@;)

実は何日も前からFB情報など見ている内にお二人をリスペクトしていたので、こんなに早く会えるなんて。有名人に会った感覚です。
とくにアユさんは美人で個人的には島アイドル、つまりシマドルなのです。
メール等で連絡をしていたので「宮崎のあららです」と挨拶すると、お二人とも判って頂いていたようで、とりあえずカヌー・カヤックのレンタルをしてくれる場所が無いか相談してみると、浦内川の方ならあるかも・・・ということで、軽い挨拶の後、再度夕方行きますと伝えて、そこから車で10分程度の浦内川を目指す。

P4169798s.jpg
写真では判りずらいと思うけど、広大なマングローブ林に目を奪われます。

橋の袂に遊覧船乗り場があり、カヤックが沢山置いてあるのも見えるので、そこに行ってみた。
P4169825s.jpg

レンタルOK
1時間と1日があるが、1日の場合でも2名乗り用で7000円という事で、早速乗り込む

P4169826s.jpg

・・・・・

二人とも初めてなのだが特に指導もなく・・・・


P4169801s_201704220530247f8.jpg
とりあえず見よう見まねでやるしかない(^_^;)
広い川を右に左に・・・真っ直ぐ進まん(^_^;)

浦内川の本流は広すぎてポイントを絞りにくいので支流に入る。

P4169805s.jpg
この辺良さげじゃないですか?

P4169808s.jpg
乗り場で聞いた橋のポイント辺りを中心に、IHさんはルアー。私はとりあえず餌(ムシ餌)で攻めてみます。

まあ攻めるっていっても狭いカヤックの中で要領も得ず、まともに狙うこともできないしネットで見たマングローブの釣りは幻想世界なんだなと思い知らされ(^_^;)

木にルアーを掛けたり体を動かせない状態での仕掛け作りに、当然オシッコもできないし(^_^;)

もし誰か見てたら「プッ!何やってんだ?」って感じでしょう。

やっぱり最初はガイド付けるべきだったな、と反省しかけた頃に

((((;゚Д゚)))))))
なんかきた!!

P4169809s.jpg
P4169810s.jpg
抜き上げて・・・写真撮影もままならぬ狭さ・・・

P4169812s.jpg
30Cmほどだけど・・・

ミナミクロダイ!本命の1つです。
クロダイ(チヌ)との違い、判るかなぁ??それはまたいずれご紹介します。

ええっと、テッポウウオ・マングローブジャック・ターポン・・・とかホントにいるの?って感じだが、とりあえずこの1匹は私的には大満足です。苦戦しただけに。

その後1時間以上粘ったものの雰囲気はなく・・・

3時間以上オールを漕いで疲労感もあり終了。

P4169799s_201704220530238d7.jpg
船着場のこのエリア

よく見たら魚がいっぱい

カヤックで釣れなったIHさんはその怒りを岸でぶつけます。

P4169832.jpg
まずはこれ、オウムハゼインコハゼという魚だそうで

P4169836.jpg
なんと、トントンミー(ミナミトビハゼ)まで釣ってしまった。

ここの方が釣れるじゃん。

さてはて私はミナミクロダイの喜びに加えて、その日YAIBAの大会の結果がそろそろかなという時刻にKAさんに連絡を入れて総合勝利を確認したため腑抜け状態。満足してしまった・・・

でもって場所を移動しお気楽釣り

P4169856s.jpg
西表島でも最南端に位置する白浜港にて

IHさんは遠投ぶっこみ&胴付&トリックサビキにて
P4169852.jpg
不明なスズメダイ
P4169842_20170422061439d2e.jpg
前日も釣れたヒトスジタマガシラ
P4169859.jpg
ニセネッタイスズメダイ
P4169862.jpg
クロハギ
P4169866.jpg
ニセカンランハギ
P4169871.jpg
ハクセンタマガシラ
P4169874.jpg
カスミアジ(若魚)
P4169876.jpg
アイゴ(^_^;)
P4169879.jpg
フタスジリュウキュウスズメダイ
P4169884.jpg
ハタタテダイ
P4169890.jpg
トゲチョウチョウウオ
P4169893.jpg
オニハタタテダイ(@_@;)
P4169898.jpg
タカサゴヒメジ
P4169867.jpg
オキフエダイ

怒涛の14目!

私は・・・
P4169850.jpg
ヨメヒメジ

1種のみヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

すみません。こんな秘境でこの不甲斐なさ・・・

P4169903s.jpg
楽しい時間はあっという間

P4169901s.jpg
IHさん。もう満足なのでは?
それでもマングローブに悔いが残るよう。後半年内にもう一度行かれる気がする(^_^;)

取りあえず宿に入り

「三拝云」に最近併設された「うまんちゅ」カフェにて明日の打ち合わせ&食事

P4169911s_20170422064126e53.jpg
雰囲気はとっても宜しいです。明日お世話になるオジーとアユさんにもしっかり挨拶。
昼はツアーガイドで、暇なときのお昼と夜はカフェ

P4169912s_20170422064127bd3.jpg
P4169913s.jpg
P4169915s.jpg
カフェなのに料理美味し!

カフェなのか飲み屋なのか?
コーヒーも美味いそうで、旅で来られた同宿の先輩が絶賛されてました。

前日は夜釣りで昼のカヤックの疲れもあり、ビール&泡盛飲んでこの日は終了。

この日釣れた魚は18種類
内、私が釣ったのは2種類(^_^;)
新しく出会った魚は8種
意外だったのは宮崎も見かける魚が結構多いこと・・・

1種のみ前日とダブりなので、この日までで27種

まああれですよ。ミナミクロダイでOKな日でした。島ドルのアユさんと会えたのも嬉しいし(^_^;)

石垣・西表島釣り旅2017の備忘録その2・・・石垣島での釣り

2017年4月15日昼~16日朝

さあいよいよ釣りします。いやそれにしてもやっぱり南国。宮崎の初夏の感じだ。湿気も凄い。

P4159674s.jpg
まず向かったのは石垣在住の長嶋さんと合流予定の石垣港サザンゲートブリッジの袂にある釣具店。
とりあえず地元ならではの釣具は無いか探してみます。開放的な作りのお店は結構広い店内に所狭しとあらゆる道具があります。石垣島で岸からの釣り物でメインというと「タマン」・・・フエフキダイ系です。それらの道具は特に充実。

長嶋さんがちょっと遅れてPM3時半ぐらいの到着になるとの事だったので、店の前の橋下で釣りを開始。
2017041503.jpg

私はとりあえず棒ウキ仕掛けにて。IHさんは投げ釣りの準備を始めてます。
数回投入しましたが丁度干潮時刻で反応無し。そうこうしていると、ついに長嶋さんが原チャリに乗って登場。
まだ魚の姿を見ぬままに、釣果の期待ができる新川漁港へ移動。

P4159706s.jpg
P4159676s.jpg
P4159701s.jpg
P4159700s.jpg
P4159677s.jpg

干潮で水深がほとんど無いので、遠投ぶっこみ仕掛けにて。
宮崎から持ち込んだムシ餌投入です。動きのある餌には敏感な南のお魚ちゃん達よ、それ、喰ってみろっ!
ちなみに長嶋さんはルアー

そして栄えある1種目は
P4159680.jpg
最初から迷える魚、まさにフエフキダイ系だが・・・
何となく網目模様があるのでアミフエフキだろうと思ったが、ご意見番MS君の見解ではマトフエフキ。
サイズは20Cmほど。でも明確なマトフエフキは・・・
P4159695.jpg
サイズは一緒ぐらいなのに表面の様子は随分と違います。特に中央の黒斑は明確
まあでも確かに言われてみたら形が全く一緒だな。

次に釣れたのが連続で・・
P4159687.jpg
P4159691.jpg
模様や雰囲気が違って別魚かなとも思ったけど、ヒトスジタマガシラ
これはIHさんのみで私は釣れなかった。まあ初めて見る魚として2種目

P4159708.jpg
だんだん日が落ちて来る中、やっと別種。鰓縁が赤いのが特徴のシモフリフエフキ

数はポツポツだがこの場所では3種で終わり、まずはホームセンターに行ってみる。
P4159710s.jpg
クーラーボックスを持ってきていないので、氷&発砲箱を調達するためです。なぜか釣具店では見かけなかったので・・・

そして食事
IHさんが知っている、淡水魚水槽が沢山置いてあるという「シュリンパー」というお店に向かったが予約でいっぱい。
翌日石垣島トライアスロン大会があるようで、街の中が観光客と合わせかなり賑わってます。そのせいかな?
そこで地元の長嶋さんに頼り
P4159712s.jpg
ちょっと外れの赤暖簾・・・店名は「えいこ鮮魚店?」

単品でいくつか
P4159715s.jpg
石垣牛~
P4159717s.jpg
シャコ貝づくし寿司~
P4159718s.jpg
アーサのかき揚げ~・・・アーサってなんだっけ?※調べたらヒトエグサというアオサのよう
P4159720s.jpg
長嶋さん一押しのマグロを使った・・・名前忘れた(^^
P4159721s.jpg
〆のチャーハン

すべてが美味しいお店でした。

えっと・・・車の運転があるのでアルコールは入れてません(^_^;)
飲みの欲を喰いに変換(^^

話も尽きぬがもう夜10時近く。
長嶋さんとはここまで。お会いできて良かった!私の絵の師匠です(^^
普通なら寝る時間ですが・・・ここからが本番?

P4159725s.jpg
最初の場所に戻り・・・

P4159733.jpg
アヤメエビス
P4169735.jpg
ウケグチイットウダイ
P4169739.jpg
定番ユカタイシモチに・・・
P4169751.jpg
ミスジアカヒレイシモチ

をIHさんが釣る!

私?もちろん車の中でうたた寝。夜弱いんです(^_^;)

まあ翌朝になれば
P4169758.jpg
ヒブダイ・・・嬉しくない
P4169766.jpg
P4169771.jpg
形は違えど・・・オジロスズメダイ・・・というご意見
P4169776.jpg
オビブダイ(若魚)

まだまだ釣れそうだが、8時半にはレンタカーを返す予定だったので泣く泣くこの場を引き上げます

P4169778s.jpg
定期船乗り場近くでも釣具店を見つけたので立ち寄って

P4169779s.jpg
離島ターミナル

P4169781s.jpg
同じ船の利用に対し複数のチケット販売会社があるのが面白いな。

ここから西表島までは船で約40分程度。上原港までの料金は3000円弱
ツアー客が多いなぁ

P4169783s.jpg
2017041502_20170421060514db4.jpg
結構豪華な感じの船だ
P4169784s_20170421060614516.jpg
ラウンジみたい(^_^;)

結果、石垣島で釣れた魚は10種類
内、私が(私も)釣ったのが5種類
新しく出会った魚は7種類かな・・ヒブダイ・ユカタイシモチ・オビブダイはあるので

さて西表島に乗り込みます。
すみません。続きはまた明日(^_^;)

石垣・西表島釣り旅2017の備忘録その1・・・移動

2017年4月15日

今朝の備忘録の記載はやめておこうと思ったが、とりあえずできるところまで。
グダグダと思いだした事を逐一書き留めておこうと思いますので長文になると思います・・・

まずはスタートの事

朝7時に出発でした。
P4159649s.jpg
同行のIHさんと落ち合ったあと、まずは宮崎市内の釣具のポイントへ。
西表島でムシ餌などの調達が厳しいだろうと思い大量に購入。そこから鹿児島空港まで、2時間ちょっと掛けての移動です。

P4159652s.jpg
最初からトラブル発生でした(^_^;)

私の荷物検査でバックの中にライターが6本(@_@;)そしてポーチにも2本の計8本。
きっとマゴちゃんの仕業です。
もう切れて使わなくなったライターをひとまとめに置いてあるので、遊びに使われたんでしょう・・・
とにかくこれは1本残して没収(^^ゞ

搭乗手続きを終えてラウンジ待機

P4159655s.jpg
年中遠方の釣旅をされているIHさん。
さすがにカードの色も違うので、優待者特典のラウンジ利用ができるわけです。ビールお酒も飲み放題だ。飲まなきゃ損なので朝からビール2杯頂きました(^_^;)
これから起こる未知なる出来事に乾杯!

P4159656s.jpg
天気のチェック・・・八重山地方は雨雲が覆っているけど大丈夫なんだろうか。

P4159663s.jpg
鹿児島から沖縄まではソラシドエア。乗り継ぎです。

P4159665s.jpg
さすがに週末土曜日だけあって那覇空港も賑わってます。この辺りだと辺野古問題が発生しているエリアって事が想像できないぐらい。

P4159671s.jpg
石垣島にはPM2時ぐらいに到着。空港は随分と大きく美しくなってます。以前来たのは2007年1月だから、もう10年も経過しているけど、その時の場所とは違います。バス停をちょっと大きくしたぐらいの感じでした。

P4159673s.jpg
夜は車で寝る(夜釣り)予定だったので、ちょっとグレードを上げたレンタカーを借りました。
翌日の朝まで借りて石垣港に乗り捨てできてガソリンも入れて返さなくてもいいので便利~※という契約。

さあまずはこの旅の目的の大きな1つである「長嶋さん」との合流。
長嶋さんは昨年から石垣で活動されている職業画家です。→魚の譜
合流して一緒に釣りをして、夜は一緒に食事の予定。個展前の忙しい時期なのに申し訳なし(._.)

とにかくまずは釣具屋直行・・・・

続きは明日。石垣島でいよいよ釣ります。

引き戻された日常

もうしばらくは竿を見なくていいと思えるぐらいにずっと旅の期間に釣りしてました(^^
一昨日の夜のもう12時近くぐらいに旅から戻ったけど、昨日は現実に引き戻され、夜は魚の写真を整理。
今朝から備忘録を付けて行こうと思ったけど、今朝はかなり疲労感を感じます。
落ち着いて、しっかりと記録したいので、もう少し頭が働くときに掲載致します(^^ゞ

石垣・西表島釣り旅ー船釣り

昨日は終日船釣りでした
2017041804205253b.jpg

現在42種。あと8種だけどなぁ〜
今日は帰ります

石垣・西表島釣り旅ー西表島白浜港

今日はマングローブのカヤック釣りをしましたが、ミナミクロダイ?ナンヨウチヌ?が1匹釣れたのみ。
その後写真の白浜港で小物釣りを楽しんでます。日本のほぼ最南端。2017041618023860c.jpg

嬉しい連絡もありました😀

石垣・西表島島釣り旅ー石垣島の釣りは

車中泊してます。
夜1時ぐらいに疲れて寝て、4時に目覚めた
201704160418290e9.jpg
12種釣れてます。
魚の紹介は旅が終わってから😀

石垣・西表島釣り旅ー那覇空港

20170415121141aef.jpg
那覇空港です。約1時間待ち

ちょっと予定より遅れるみたい。

ビール2杯飲んですでにホロ酔い気分。早くも目的が変わりそう😅

石垣・西表島釣り旅ー鹿児島空港

201704150917349a2.jpg
ラウンジで休憩

バックの中になんとライターが8本😅
マゴの仕業かーーーー

石垣・西表島釣り旅の朝

※GPV天気予報より
20170415.jpg

到着飛行機の到着の頃には微妙に雨雲が切れる感じの石垣島。そして翌日に向けて好天となる感じだが風は強そうだ。

いよいよ本日出発で、今朝2:30です。
昨晩は遠足前の気分でもなく、前日の飲み疲れと仕事疲れでサクッとPM9:00にはダウン致しました。
2時に起きてしっかり5時間の睡眠はとれてます。

朝6:30に出発して鹿児島空港を10時に発の飛行機。
最初の難関は手荷物だが、すべてを受け入れてくれるんだろうか。

魚種50種目標だが、それはすべての釣りがベストコンディションで出来た場合という事にして、気持ち半分悪天半分ぐらいかな?
だから25種・・・・ぐらいの気持ちで臨もう。バカンスなんで(^_^;)

明日のYAIBA宮崎定例会ファイナルラウンドも気になる~
私が総合優勝できるのか、抜かされるのか。
大会予定の串間の瀬渡しの室丸のページの写真を分析すると、釣果写真は先週日曜日で止まっていて、今週は天候のせいで出れてないんだろうが恐らく釣れるのはピンポイントのよう。現在2位の釣友KAさんの場所次第だな。
昨日電話でプレッシャーをかけておきました(^^ゞ

さあまだ準備を終えてません。そろそろ手をつけなきゃ・・・・

昨日と今日と。

ついに明日から石垣島・西表島釣り旅です。最後の2日間は早かったな。昨晩は飲み会だったし(^_^;)

昨日は倉庫が設置されました(゚∀゚)

設置前・・・
IMG_0150s.jpg
設置後・・・
IMG_0156s.jpg

う~んいい感じ。釣具が整います。

さて昨日は釣り・魚に全く関係ないが・・・

この昼食
IMG_0152s.jpg
いくらだと思います?安くは見えるでしょうが・・・

300円税込の高菜丼

宮崎港の食堂「渚」にて。
丼物の半分ぐらいが500円内で、1000円出すとイクラ&ウニ丼があります。
ここは安い・美味い・でも人も多い(^_^;)

そして夜は
IMG_0157s.jpg
会社の新人歓迎会&半期の慰労会

4人分のお造り。全部でこれが8皿あったかな?
まあ、お頭付というのは雰囲気的に良いが天邪鬼の私は養殖マダイの味が微妙です。
でも皆ウマイウマイと食べてたので余計な事はいいません(^_^;)

2次会にも行って歌いまくり・・・

今朝は・゚・(つД`)・゚・

今日に限っては仕事もバタバタと忙しく記憶にも残らぬ時間を過ごして・・・・

さあ明日の準備の詰め

IMG_0149s.jpg
リールはこれぐらいかな・・・

一週間は長かったけど、残り2日はあっという間でした。

まだ準備終わってないけど・・・眠し。

やらかしました。砂にはまった・・・

今日は珍しく平日の休みで、土曜日からの釣り旅に備えて道具の最終チェックをしようと思っていたが、ずっと引っ掛かっていた不安材料を克服すべく朝方海に向かった。
ショアジギング用のジグを購入したものの、竿とのバランスがどうだろうか?投げられるんだろうか・・・
専用の竿は無いので磯遠投4号の竿で出来るんじゃないかと思ったら、行く前にぜひ試しておきたいと思い、砂地の近場である一ツ瀬川の河口に行ってみた。
IMG_0519s.jpg


砂地に車で乗り入れるのは危険だとは思っていたが、結構草も生えているし車道も形成されてたので踏み込んだものの100mほど入ってタイヤが滑る感触。Uターンできる場所もない・・・これヤバイかも・・・

そして
IMG_0514s.jpg
やってもた。゚(゚´Д`゚)゚。

車を止めて、ゆっくりとバックしたのだけど進みません。

前輪に周囲にある雑木などを挟んでみるも虚しい結果・・・・

仕方ない。JAFか・・・

カードに番号書いてあるよな。
カード取り出して・・・・
携帯携帯・・・・・

携帯が無い((((;゚Д゚)))))))
自宅に忘れてます・・・

落ち着け、冷静になれ・・・

おっ!タブレットあるしLineできるじゃん。

嫁よ出てくれ~(私は嫁と娘とだけLineやってます(^_^;))

ホッ、つながりました(=゚ω゚)ノ

JAFも4駆車の準備に時間が掛かるとのことで1時間半待ち

その間、せっかくなので本来の目的ショアジグのテスト・・・

いい感じです。魚の反応はないけど。

きっと西表島ならビシバシ魚が突いてくれるに違いない(^_^;)

はまった場所も間接的に(嫁にLine電話にて)伝え不安だったが、きっちり1時間半丁度到着して頂きました!

IMG_0517s.jpg

引き上げて頂き

IMG_0518s.jpg

爽やかに手続きを終えサクッと戻って行かれました。

あの~費用は?

会員だから大丈夫(無料)ですよ~


今年はJAFの手続きを継続するか迷ってました。
家内・娘と私3名で年間費用が8000円という事で、費用対効果を考えるとどうだろう、って感じだったけど万が一に1回でも誰か呼び出す事になったら元は取れるなと思い直し3月末に納めたばかりだが、早くも元が取れました(^_^;)

いや正直丁寧な対応で助かりました。JAF様神様ホトケ様ぐらいの気分です(^_^;)

それにしてもこの砂地を駆けまわる4駆の軽トラ数台見かけたけど、4駆の実力はこんなとこで発揮されるんだな。
以前は乗ってたんだけど保有期間中1~2度かな。4駆の恩恵を受けたのは。

ハリの選別

(石垣島・西表島釣り旅に向けて)

今朝は遠征に持っていくハリを選別作業。
目覚めるとまず天気予報をチェック。だんだん状況は良くなっている気がする・・・が、当日だってコロコロと変わるもんな。
まあどんな天気でも臨機応変に楽しむべし

P4119646s.jpg
ハリ眺めながら釣法も妄想が広がってきた。考えすぎて片頭痛が起こりそう(^_^;)

たぶん2つ以上同時が基本のような気がする。投げとウキとヘチ探り。できるのか?

焦るなよ。二兎追うものは一兎をも得ず、だよね。

とりあえず

P4119648s.jpg
これぐらいにまとめた。

忘れたら現地調達すればよいのだ。

50歳オーバーにして、楽しみ過ぎて知恵熱が出そう(^_^;)

ルアーの整理

(石垣島・西表島釣り旅に向けて)

ルアーの整理・・・
釣った(釣れた)事もないので、何を使ったらいいのかさっぱり判らんが・・・・

とりあえず3個ほど買い足して
P4109642s.jpg

現在手持ちの品はこんな感じ。釣ったこともないのに数だけはちょこちょこ増えてます(^_^;)

エギなど不要な品は抜いて
P4109644s.jpg
もって行くのはこれぐらいにしました。

餌釣りが釣れると思っているタイプなので、結局使わないかも知れないけど・・・(^_^;)

日に日に変わる天気予報

昨日BLOG雑記をしたちょっと後に天気予報を見たら、旅行中の15~17日まで雨に変わってる(T_T)
昼間見たら17日は曇りで今朝はもう少し良くなって16日昼過ぎから曇り。
あと6日の間にどのように変わるのか、気が気でありません。

今日は実家に行くけど途中で釣り具店でルアーを買ってみよう!

旅行前になると・・・

あと一週間で待望の釣り旅だが、昨日からの気分は最悪です(T_T)
体調です。肩痛に若い頃には無かった感じの倦怠感です。やだやだ年をとるって。

今日は珍しく土曜日の仕事で、しかも早出だが、昨日は我慢できず早く仕事を切り上げがっちりと睡眠をとったので、現時点では少し回復はしたものの残っている不調感はある。ほんとにいつの間に年取ったんだか。
とにかく来週は万全の体調に戻さなきゃ。

さて西表島の準備は来週水曜日に代休を頂いているのでその日にするとして、現時点での情報は天候は波も弱く風も雨も無いような雰囲気の週間天気予報だ!コンディションは良さそう。
中潮のようだが干潮時間が夕方で随分潮が引くようなので、カヌーの釣りは場所を考えないと干潟になってしまうのかも知れない。

何釣りができるのかを考えて、竿を何本持っていくか・・・結局使わない竿を何本も持っていってしまうんだよな・・・

石垣島・西表島の釣り旅スケジュール

IMG_0147s.jpg
昨日の夕方は職場も定時退社の日で余裕があったので、今度の旅の同行者IHさんと詳細スケジュールの詰めを致しました。
宮崎南駅付近に新しく出来た釣具のポイントと、その横に一緒にできたコメダ珈琲店は打ち合わせの場所として最適。
ちょっと釣具を見て、その後コーヒーを飲みながらの会話。

そんな訳で公開スケジュールであります(^_^;)※現地でBLOG見て思い出すという目的もあります。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
4月15日(土)宮崎→石垣島

7:00 星野さん宅出発→鹿児島空港
9:00~ 飛行機(那覇乗り換え)
14:30  石垣島到着・レンタカー移動
 ・石垣島の釣具店
 ・新川漁港か浜崎マリーナにて小物狙いの釣り
 ・石垣島在住の長嶋さんと合流
19:00? 長嶋さんと食事
21:00~ 夜釣り?・・・車泊

4月16日(日)石垣島→西表島

8:30~9:30 西表島到着・レンタカー移動
 ・浦内川かヒナイ川でレンタルカヌーを借りて釣り
18:00~ カンピラ荘着 
 ・目の前の上原港で夜釣り?

4月17日(月)西表島で船釣り

9:00~
 ・カンピラ荘の下の「三拝云」にお願いして沖の釣り
夕方
 ・浦内川に行くか飲むか(^^

4月18日(火)西表島→石垣島→宮崎

朝一番で出発して石垣島で少し遊ぶか早朝の西表島を狙うか?

昼過ぎの飛行機で出発しますが、鹿児島空港到着はPM9:00ぐらいになるとのこと
3時間ほど那覇空港で待機
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

会話の中で新しいキーワード
ロビンソン小屋

有名らしいですね~ここのご主人のロビンソンさん

大泉洋が出演・・・というか出世作の「水曜どうでしょう」でここ絡まれたようだけど、テレビほとんど見ないし「水曜どうでしょう」も面白いと聞くが、とにかく有名なようだ。
西表島のレンタルカヌーショップの元祖というか老舗らしいが、とにかくご主人の人柄がいいようだ。

ところでまた、西表島の闇を垣間見る文章を見てしまった。

カヌーの商売も今は多くのガイド・ショップが乱立していて河口はカヌーだらけなんだそうで、釣りをしていても構わず横を通り過ぎたりするらしいので、静かに楽しくという雰囲気でもない(ときもある)ようだ。
観光地化して当然ながら環境はくずれて、地元のサービスもビジネス化・パターン化しているようだが、敷いたレールの上の遊びって楽しみ半減だよな。天邪鬼なのでそんな遊びはしたくない。

まあ今や西表島と言えども普通の観光地なんだろう。

テッポウウオを釣るには

今朝は頭が「テッポウウオ」です(^_^;)
西表島に行って何を釣るのかと、メインはやはりテッポウウオなのか?と。

連れていってもらうIHさんが最初から口に出されたターゲットがテッポウウオなのです。この魚が西表島にのみ生息していることはいつしか知識として刻み込まれていたけど、子供の頃に大分の水族館に行くと展示の魚の中にこれが居て、口から水を吐き出して昆虫などを落として食べる習性がある事が記憶に強烈に残っている。イシダイの輪潜りとこの魚の展示、ついでに電気ウナギ。

なもんでちょっと落書き
2017040501.jpg
ちょっと大人しすぎのフォルムになってしまったけど、もっと歪な印象だ。

テッポウウオが居るのは西表島の中でも浦内川の結構奥の方のようだ。たぶんピンポイントなのでガイドが無いと難しく、しかもカヤックで行かないといけないらしい。西表島ではカヌー・カヤックのいずれのガイドもあるようだが、自然探索にはカヌーで、釣りだとカヤックのようだ。源流は一緒の構造だけどカヤックの方が漕ぐヘラが左右にあるとか、ちょっと安定性ある構造らしい。基本カヤックはカヌーの一部らしいけど。そんな事も最近知った(^_^;)

釣り方は主にルアーで、カヤックで行くのであれば荷物は最小限という事で必然的にルアーになる。
そして釣れる魚もマングローブジャックと言われるゴマフエダイとかヒラアジ幼魚系にナンヨウチヌ、そしてこれ、という感じらしい。

苦手なルアーだ。そしてカヤックに乗ったままで釣る(投げる)という事に余計に不安は感じるが、せっかくだから釣ってみたいなぁ。

ところで4月の西表島は案外と雨も多くて川も濁っているらしい。悪天の日が多いという情報もあるので大いなる期待は禁物だ。
一生一度、ぐらいのつもりで行く覚悟だったけど、今回は様子伺いという事になるかも知れない。
釣れたら終わり。となるか魂奪われてもう一度、って事になるのかは行ってみてのお楽しみ。

385.ハガツオ

レア度★★★☆☆ 宮崎の魚(門川獲れ鮮魚店で購入)


サバ科>ハガツオ属>ハガツオ
Sarda orientalis (Temminck and Schlegel, 1844)
P4019616s.jpg
2017/4/2 マルケイ水産購入※門川獲れ 22Cm

暇を持て余して行ったマルケイ水産では、とりあえず買いたい魚がある。マイワシだ。
まだBLOGで紹介できていないが釣った事もない。もちろんスーパーの鮮魚コーナーなどではよく見かけるが産地が微妙なので買わない。宮崎県北の北浦は日本でも有数のマイワシの漁業基地だが、獲れるのは随分と沖の方で防波堤などで時々は稚魚が廻ってくるのかも知れないけど遭遇した事はない。カタクチイワシやウルメイワシは多いのだが。

マルケイ水産では行けば3回に1度ぐらい見かけるのだが、小さい個体が多いのでそれ1匹だけを買う事にいつも躊躇していて今だに手に入れていない。今度こそ・・・という思いでお店に入ったが先週はいなかった。いつも夕方近くに行くので魚が随分少なくなっているんだけど安く手に入れられる。しかも売れ残りというのは変わった魚が多い。この日もそんな感じで何匹かの長物(アナゴ類)とかアンコウの小型とか。4~5匹の昨日紹介したガンゾウビラメと3匹ぐらいこの魚があった。
これ!?・・・なんだ?とりあえず買って見る事にする。

レジにいるハタチちょっとぐらいかな?と思うオネーさんにカゴに入れた2匹を渡すが魚によって値付けが違うようで、この魚はいくらなのか判らなかったようで横奥で魚を処理する店主?に大声で聞いたけれども判らないらしく「これはタダでいいです」
やった!つまりはヒラメの値段だけだ。それにしても勝手にタダと決められる権限を持つこのオネーさんは店主の娘さんなのか?
どうでもいいな。2匹で160円は缶コーヒー1本ぐらいだ。得々気分で自宅に戻るが、それにしてもこの魚なんだろう・・・

自宅に戻り調べてみる。見た事はないが頭に描いたのは「ニジョウサバ」
背鰭と尻鰭の後ろに小離鰭(しょうりき)が並んでいるのでサバ科であろうという想像はしていたのだが、ニジョウサバを調べてみると全く別物だ。困った時の「WEB魚図鑑」で探すものの該当する魚が判らない。
小さい割には精悍な顔立ちだなと、そんな魚はどれだろうと比較してみるが、ヨコシマサワラとかカマスサワラとかが顔は似ているけど尾鰭の形など全く別なよな。そして最終手段の天才MS君にメールで質問。

即答でした
「ハガツオの子ですねー」

ええええっ!ハガツオ?模様違うじゃん。全く想像できなかった。
ハガツオでGoogleの画像検索してみると確かにいっぱい出てくる。そうなのね~
つまり小さいときは写真の断片的な縦縞が大きくなるにつれてつながるんだな。そう言えば写真を写したとき・・・・

P4019637s.jpg
歯があるのは気がつきました(^_^;)

写した時は歯があるんだなぁ・・・ってぐらいの感想。とにかくすっきりだが、それにしてもMS君恐るべし。何でも判るね。サバの小さいのは得意ではないと言ってるけど、これは簡単なほうなんだそうで。そうなの?

すっかり雑談で終わってしまいそうだが、ハガツオの事について。
昨年は夏の時期に日南市の沖瀬水島ではこの魚が結構釣れた話を聞いてうらやましかった。釣ってみたい魚の1つだ。
その名の由来は当然歯があるから。「歯鰹」
成魚で1mほどになる。獲れれば流通するが漁獲高はさほどではないようだ。とても美味なようで小さくてもそれなりの味わいなんだそうだ。つまり買った魚でも煮付けなどは美味しいのだろう。

該当の記事は見つかりませんでした。