宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

385.ハガツオ

レア度★★★☆☆ 宮崎の魚(門川獲れ鮮魚店で購入)


サバ科>ハガツオ属>ハガツオ
Sarda orientalis (Temminck and Schlegel, 1844)
P4019616s.jpg
2017/4/2 マルケイ水産購入※門川獲れ 22Cm

暇を持て余して行ったマルケイ水産では、とりあえず買いたい魚がある。マイワシだ。
まだBLOGで紹介できていないが釣った事もない。もちろんスーパーの鮮魚コーナーなどではよく見かけるが産地が微妙なので買わない。宮崎県北の北浦は日本でも有数のマイワシの漁業基地だが、獲れるのは随分と沖の方で防波堤などで時々は稚魚が廻ってくるのかも知れないけど遭遇した事はない。カタクチイワシやウルメイワシは多いのだが。

マルケイ水産では行けば3回に1度ぐらい見かけるのだが、小さい個体が多いのでそれ1匹だけを買う事にいつも躊躇していて今だに手に入れていない。今度こそ・・・という思いでお店に入ったが先週はいなかった。いつも夕方近くに行くので魚が随分少なくなっているんだけど安く手に入れられる。しかも売れ残りというのは変わった魚が多い。この日もそんな感じで何匹かの長物(アナゴ類)とかアンコウの小型とか。4~5匹の昨日紹介したガンゾウビラメと3匹ぐらいこの魚があった。
これ!?・・・なんだ?とりあえず買って見る事にする。

レジにいるハタチちょっとぐらいかな?と思うオネーさんにカゴに入れた2匹を渡すが魚によって値付けが違うようで、この魚はいくらなのか判らなかったようで横奥で魚を処理する店主?に大声で聞いたけれども判らないらしく「これはタダでいいです」
やった!つまりはヒラメの値段だけだ。それにしても勝手にタダと決められる権限を持つこのオネーさんは店主の娘さんなのか?
どうでもいいな。2匹で160円は缶コーヒー1本ぐらいだ。得々気分で自宅に戻るが、それにしてもこの魚なんだろう・・・

自宅に戻り調べてみる。見た事はないが頭に描いたのは「ニジョウサバ」
背鰭と尻鰭の後ろに小離鰭(しょうりき)が並んでいるのでサバ科であろうという想像はしていたのだが、ニジョウサバを調べてみると全く別物だ。困った時の「WEB魚図鑑」で探すものの該当する魚が判らない。
小さい割には精悍な顔立ちだなと、そんな魚はどれだろうと比較してみるが、ヨコシマサワラとかカマスサワラとかが顔は似ているけど尾鰭の形など全く別なよな。そして最終手段の天才MS君にメールで質問。

即答でした
「ハガツオの子ですねー」

ええええっ!ハガツオ?模様違うじゃん。全く想像できなかった。
ハガツオでGoogleの画像検索してみると確かにいっぱい出てくる。そうなのね~
つまり小さいときは写真の断片的な縦縞が大きくなるにつれてつながるんだな。そう言えば写真を写したとき・・・・

P4019637s.jpg
歯があるのは気がつきました(^_^;)

写した時は歯があるんだなぁ・・・ってぐらいの感想。とにかくすっきりだが、それにしてもMS君恐るべし。何でも判るね。サバの小さいのは得意ではないと言ってるけど、これは簡単なほうなんだそうで。そうなの?

すっかり雑談で終わってしまいそうだが、ハガツオの事について。
昨年は夏の時期に日南市の沖瀬水島ではこの魚が結構釣れた話を聞いてうらやましかった。釣ってみたい魚の1つだ。
その名の由来は当然歯があるから。「歯鰹」
成魚で1mほどになる。獲れれば流通するが漁獲高はさほどではないようだ。とても美味なようで小さくてもそれなりの味わいなんだそうだ。つまり買った魚でも煮付けなどは美味しいのだろう。

該当の記事は見つかりませんでした。