宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

小山田カップ・・・?

先月5月6日に気の知れた釣り仲間での飲み会ということで参加したときに、隣町(高岡町)にお住いの愛称グッさん?という方と知り合いになり釣り談義で花を咲かせていたが、どうもこの方が実はなかなかの「達人」だったようで、小山田カップなるものを主催されているようで参加しませんか?ってお誘い頂いた。その場でFB友達申請というか交換して、突然案内しますからお見逃しなくって事で・・・

2017050601.jpg


先週だっけ?突然案内がありました(^_^;)

とりあえず冷やかし参加申請・・・・・

話によると元々地元の釣りグループの大会だったようだが、だんだんと規模が大きくなって、各所から名の知れたトーナメンターの皆さんも集まるようになったそうだ。年6回開催されて、最終戦で王者を決める・・・らしい。けどね。

YAIBA宮崎のメンバーも数名参加予定で、賑やかな会なんでしょうね。
高校生アングラーのトミー君も以前から参加していて、今回もエントリーしているようです。

私としては個人的にやりたい釣りを中心に置いて、狭間でというか行きたい気持ちというのが湧いたら参加するというスタイルを貫きたいので、まあ大会についてはタイミングが合えばって感じ。今回は参加表明しているが、メジナフカセの世界には軍資金の問題もあって、あまり深入りしないつもりです。
今は気持ちがスルルーなもんで、真剣に対処できるか心配(^_^;)
失礼が無いように、また交流を大事にしていきたいと思いますです。

410.シモフリフエフキ

レア度★★☆☆☆ 石垣島で釣れた魚
MY釣魚315種目


フエフキダイ科>フエフキダイ属>シモフリフエフキ
Lethrinus lentjan (Lacepède, 1802)
P4159708.jpg
2017/4/14 石垣島新川漁港 約15Cm


4月の石垣・西表島で釣れた魚のフィナーレです。昨日紹介の魚が最後のつもりで他に抜けが無いか調べたら、案の定抜けてました(^_^;)
石垣島の旅の初日の最後に釣れた魚で、日暮れに釣れたので写真も薄暗い感じだ。
この魚が釣れる前にマトフエフキという似通った魚が釣れていたので同種だと思っていた。
現地の長嶋さんが写真を見てシモフリフエフキですね~というので、写真を残しておいて良かった・・・

特徴は鰓蓋後縁が赤色になる域と胸鰭基部にもわずかに赤色域があること。写真の魚は薄暗がりで写したせいか、その赤がくっきりだ。他のフエフキダイと比べてわずかだが体高があり、ハマフエフキの若魚と見間違えられやすいようだ。
成魚でも40Cmほどの中型のフエフキの仲間。現地では普通に食用にされる。
「シモフリ」の由来は写真では判り難いが、体表の側線上部に白斑が散りばめられていることだろう。
長嶋さんの話ではその辺で普通に釣れる、馴染み深いフエフキのようだ。市場での取引は割と安めのようだが、それでも結構美味しい魚という評価。

該当の記事は見つかりませんでした。