宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

潮騒はるか青巒の「ヤヒョウでウヒョー!」

KIMG0323s.jpg

紅はるかさんがブログを更新されてました。
→ 2017/07/08 大島 ヤヒョウ ★★☆

ブロガー同士の釣行は写真の写し合いなので、とても有難いです。
※上の写真は「潮騒はるか青巒の」サイトよりお借りしました(^^
自分大好きなので、こんな写真は有難いばかりです。それにしても最近顔が腫れてきたなぁ(太ったって事です(^_^;))

最近着ているものも気になります。トーナメンターみたいにメーカーの模様が入ったもので揃えてみたい気もするんですけど、いかにも素人っぽく感じさせて隙を突く・・・っていうのもありかと。(何を目指してるんだか)

419.ツマリマツカサ近縁種群

レア度★★★☆☆? 宮崎で釣れた魚
MY釣魚321種目


P7081033s.jpg
P7091055s.jpg
2017/7/8 日南市大島 (上)紅はるかさんが釣った個体(下)私が釣った個体


夜釣りの写真は難しく、撮影機材を調達して見ようかと思ったりしている今日この頃です。
そんな訳で同じ環境で釣れた上2つの個体は、色合いは写り方でまったく違いますが、特徴を見るに同じ種でしょう。
そしてこれが判んないんだなぁ。
私が初めてナミマツカサを釣った当時は、マツカサの仲間は研究が進んでいなくて分類が極めて難しい話だったが、それも10年以上前で、今もたぶん混乱しているようだ。ツマリマツカサという名は当時は聞いた事も無かったけど、その学名からひも解くと・・・
Myripristis greenfieldi Randall and Yamakawa, 1996

1996年に、Myripristis (アカマツカサ属)のgreenfieldiという魚名を、ランドール博士と、恐らく高知大学の山川武さんの連名で発表されたもので(想像)、アカマツカサと違うのは鱗の大きさで、ちょっと小さいらしい。

なのでこのブログで紹介しているアカマツカサと並べてみる

(上)今回のツマリマツカサ近縁種群(下)アカマツカサとしている個体
P7081033s.jpg
027329.jpg

下の個体は喜界島で釣れたものです。

んで??
これは並べても無理だし、下の写真の魚がアカマツカサなのかも疑問に感じてきた(^_^;)
強引に違いを述べるなら、ツマリマツカサのツマリとは・・・詰まっているって事なのかな?そうであれば下のアカマツカサと比べて体高と長寸の比率が違う感じはする。つまり詰まっているマツカサだから?
しかも「近縁種群」・・・ってつまりは判らんって事か?

該当の記事は見つかりませんでした。