FC2ブログ

宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

429.ハナオコゼ

レア度★★★★☆ 愛媛で獲れた魚


カエルアンコウ科>ハナオコゼ属>ハナオコゼ
Histrio histrio
P8140343s.jpg
2017/8/14 愛媛宇和島の防波堤 約25Cm 釣り人IHさん


魚に見えます?これだけじゃ目も口も何処にあるのか判らないな。

釣り場でIHさんが見つけて、見釣りで釣り上げました。あくまでも釣魚にこだわるIHさん。私なら網で掬うところ(^^
そして「ハナオコゼ」ですよ~とのこと。カエルアンコウとは違うのか?
その場でIHさんから受けた解説では、カエルアンコウは生息域は底で、写真のハナオコゼは海面の流れ藻とかブイとかについているんだそうだ。WEB魚図鑑によれば「カエルアンコウ科魚類は多くの魚種では小突起や小棘でおおわれるが、本種の体表はなめらかである。体には多数の皮弁がある。」らしい。

私の知識としては「カエルアンコウ」というのは、以前は「イザリウオ」という和名だったけど、差別用語という事で改名した、というぐらい。実物を見た事もなかったので深く携わる事もなかった。つまり無教養です。

カエルウオは種数が多いが、ハナオコゼは一属一魚。つまりはブイなどにくっ付いているのを見かけたらこれだと思えばよい。
それにしてもなぜオコゼ?
由来・語源辞典によれば、オコゼとは古名を「おこじ」といい、「おこ」は醜悪なさま、愚かなさまを意味するそうで、まあ写真を見ても毒々しく醜いと言える。でもよく見たら何とも愛嬌もあるし、とくに進化した胸鰭は魚類ではなくて爬虫類っぽい。
この魚は泳ぐのは下手だけど、鰭を上手に使って歩くという事が知られている。物をつかむ事もできるそうだ。
P8140341s.jpg

大食漢で目の前の獲物は何でも食い尽くすそうで、自らと同等の大きさのものにも喰らい付くらしい。
食べて美味しいらしいけど普通は食用にはされず、観賞魚として人気があるようだ。ただその食性から餌の確保など、ちょっと上級者向けのよう。

該当の記事は見つかりませんでした。