宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

442.カワリハナダイ

レア度★★★★★ 宮崎にいる魚


カワリハナダイ科>カワリハナダイ属>カワリハナダイ
Symphysanodon katayamai Anderson, 1970
PA100805s.jpg
2017/10/9採取 せいゆう丸 約22Cm


わざわざ私のために取り置きして頂いたこの魚は、「せいゆう丸の日記」で問い掛けられたような気がしたので電話したら、あげようと思って冷蔵庫に保管しているよ~
とのこと。10月10日の夕方、お会いして無事に頂けました。

せいゆう丸に掲載されている写真を見て、過去携わった似たような魚と言えば「アカオビハナダイ」なので、それ起点で探ってみると「ヒメハナダイ」が似ている気がする。ハタ科で調べてこれ以外に似た魚が無い事から、たぶんそれかな?と伝えてみた。
ちょっと気になったのは、ヒメハナダイは体長12cm程の小型種だという事だが、まあ基準であって大きい個体もいるんだろうなと思っていた。

他に頂いた魚の問い合わせで天才MS君に、ついでに確証を得るために写真を見てもらうと、即答で「カワリハナダイ」です、との事だ。他の「ハナダイ」と名がつく魚達と違ってハタ科ではなくカワリハナダイ科だそうで。出てこないはずだ。

ネットで調べてみるとさすが天才MS君はしっかり押さえている。彼が管理公開しているサイトにて紹介されているこの魚の事→魚のブログ「カワリハナダイ」

ふむふむ。歯の形状でハタ科とは区別されていて、フエダイに近い魚なんだな。まだしっかりと系統的位置が定まってないんだな。
つまりは今はカワリハナダイ科なんだけれども、いずれは何がしかに吸収されるかも知れないな。

とても美味しいそうです。赤い魚は基本美味しい、というのが持論だけど、自然な赤ではなくてパッションカラー系というのはどうかと思うけど、MS君の食味評価では、魚というよりエビのよう。甘味があってモチモチ。ノドグロの仲間というかホタルジャコ科グループのワキヤハタに似ているそうだ。

さてこれ、レア度で言えば最高点かな。WEB魚図鑑に投稿されている数も極めて少ない。沖(深場)の岩礁エリアに居るようで、時々は釣れるそうだが、投稿数が少ないという事は釣れない→個体数も少ないということだろう。

該当の記事は見つかりませんでした。