宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

ゼクトα

釣研のテスターでもモニターでもないんだけど、個人的に惚れ込んで使用しているウキは釣研「ゼクト」シリーズです。
何がいいかというと「釣れる」ウキなわけでして、抜群の操作性と、サイズと重量のバランスも丁度いいという感じ。
究極な事をいうと、竿やリールや糸やハリは、まあ何を使っても大差はないと思っているけどウキだけは別で、これで釣果も変わると思ってます。その前に釣る技量がもっとも大事だと思うけど。もっというと場所が良ければ釣れるけど(^_^;)

ウキも調整次第で安いものでも釣れるとは思うけど、その調整が難しいんです。ところがゼクトは調整がほぼ不要で思った感じに動いてくれる形状・バランスなんです。

なので、これが売出しなどで安いと思わず手が出てしまうし、ここ数年もっとも消費しているウキなんだけど、なんと上位ウキが発売されているではないか!最近知りました。もうガビーンって感じです。
2017102102.jpg
※釣研サイトより画像借用

ひえ~、なんて神々しいんでしょう。

「感度」と「安定性」を極限まで追求!森井陽入魂の競技専用ゼクト
だそうで。


どんぐりの感度と円錐の安定性を併せ持つ
安定した飛行姿勢、当たりの明確さ、潮乗りの良さに徹底的にこだわり、最も仕掛け絡みなどのトラブルを排除するフォルム・ボディサイズを導き出しました。ツケエの動きもロスなく伝える感度の良さも自慢です。

釣法に応じた浮力別糸穴設計
03〜G3まではウキ止めなしでも素早く当たりが出るφ2.5→2mmの糸穴径を採用する一方、半遊動での使用が前提となるB以上には、ウキ止め糸が本体下部で止まるφ2.5→0.7mmのアンダーロック構造を搭載。シモリ玉を使わずに、素早い仕掛け交換が可能です。

浮かせても、沈めても死角なし!こだわりの2カラーを全浮力にラインナップ
トップカラーにも徹底してこだわり、全天候型のライトスカーレットに加え、沈めた際に抜群の視認性を発揮するピュアオレンジを採用しました。



だそうで~す。浮力が細分化されて、ゼクトは「0・0α・00」だったけどゼクトαだと「0・01・02・03」
つまり0号~00号の間が1つ増えているんだな。その辺の微調整が更に楽になるってことだ。

個人的に気に入っているのは全誘導仕掛けでもウキ止めがあるがごとく反応してくれること。この点が特に気に入ってます。
欲しいなぁ~

定価2500円・・・・実売も高いんだろうなぁ。1980円とかだろうか・・・・

TEAM・YAIBA宮崎支部釣り懇親会は延期でした

2017102101.jpg
詳しい事は・・・
11月12日yaiba宮崎・第6期ファーストステージのご案内

先週、WEB魚図鑑関連オフ会と日程がダブってしまったYAIBAの釣り懇親会は11月に延期となり、釣り友KAさんは不参加予定だったけど、ライバル(^_^;)の不参加はちょっと気が抜けた感じでもあったので、ぜひ延期大会は参加してもらって優勝争いをしたいところです(^^

ところで気になっているのが、YAIBA宮崎の創設者でご意見番の「ご隠居」さんが退会されるとのこと。私が参加して今年3年目になるんだけど、仲良くなった方が退会されるのはちょっと寂しいですね。まあ釣りは本来孤独な遊びではあるわけですが。

せっかく入った唯一のチームなので、私的には表舞台は苦手だけど、裏方として盛り上がるように頑張りたいと思います。
まあ「ご隠居」さんもチームを抜けれられた理由は判りませんけど、今まで尽力されて、一つの役割を終え区切りという事だろうと解釈しております。でも人としての縁が切れるわけではないので、またお話する機会もあるでしょう。フカセ釣りに対する心意気は、実に尊敬できる方です。

該当の記事は見つかりませんでした。