宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

ミギマキ

昨日は予約していた串間の瀬渡し船「室丸」も、低気圧の接近で出ない方がよかろうと船長に言われ、防波堤に行こうか迷ったけど予報では風も強そうだし波も高いので断念。
朝からお絵かきしてました。

ちなみにどんな感じで作成しているかというと・・・
IMG_0536s_201711190808124fe.jpg
鉛筆(HB)でザックリと下書き。だいたい10~15分

IMG_0537s_20171119080815ced.jpg
下塗りは立体感と全体の流れを意識して・・・

img20171118_10311603s.jpg
細部を塗り込みます。もう限界かな?とか飽きたら終了。だいたい3時間かな?

昨日はその後、

昼前に自宅を出てISO師匠と一緒にラーメン
IMG_0538s.jpg
宮崎市清武町の福茶ラーメン「味噌ラーメン」です。

普段はニララーメンを食べるんだけどお試し。美味しいけど味噌専門店には負けるかな?って感じ。

そしてM大のイベントに行き、Drムラニィや学生のOG君に会い
IMG_0543s.jpg
こんなもん買いました。骨格標本です。
500円で販売していたけど薬品の金額を考えたらとんでもなく安いそうで・・・・
確かに東急ハンズなどで見た標本は数千円~数万円だったな。
他にポスターなど買って・・・

先月購入したスーツを取りに行き(忘れてました(^_^;))
最後にマルケイ水産に行ってレア魚探し。珍しい魚は不発。

自宅にて、買ったポスターを貼ってみました。
IMG_0544ss_20171119082615eb0.jpg

朝描いたばかりの「ミギマキ」いるじゃん♪
カツオとかマダイとかが無いのがDrムラニィらしいな。結構レア魚ばかり。それでも宮崎らしい魚のセレクトです。

【お知らせ】2017/12/17「磯釣り大会in油津」渡船・一八宏丸 開催致します!

詳しくはYAIBA宮崎広報サイトにて

2017/12/17「磯釣り大会in油津」渡船・一八宏丸

今冬2回目のYAIBAの釣り懇親会です。場所は油津
昨年は私は準優勝でした(^^ゞ

キロ前後のメジナが3匹立て続けで釣れました。
それにしてもこの場所・この時期は沸きグレが一帯に出てきます。湧きグレは産卵の前に、捕食のために集まっているんだろうと想像できますけど、表層で何食べてるんだろう・・・オキアミを普通に入れてもなかなか渋いですよね~

この時期のポイントは「アミ」だと思います。餌の工夫が大事ですね。

PC188736s.jpg
油津の沖瀬も、今年は最近までシマアジが爆釣していたようで、期待できますよ!

ヤマトイトヒキサギ

img20171116_06255619s.jpg
鱗の表現が難しいけど、まあなんとなくそれらしく描けたかも(^^

イソゴンベ

img20171115_06452173s.jpg
この魚って、なぜか釣り大会などがあり終了間際に「この魚なんだろう?」と問われる事が多い。
誰かが1匹持って帰ってくる感じ(^^ゞ

割と手応えがあるというか大きく、デフォルトサイズが25Cmぐらい。
ゴンべの仲間でもっとも多いのはオキゴンベだけど、それはだいたい20Cmに満たないサイズのものが多い。

一度覚えたら忘れられない魚だけど、過去に私も宮崎で釣ったのは2匹ぐらいかな?そんなに釣れません。
そして私自身はまだ食べた事がないのだが、とても美味しいらしい。

○YAIBA宮崎釣り懇親会(串間市荒崎一帯)2017/11/12

10月の大会が延期になり、今季初の釣り懇親会は串間市の荒崎一帯でした。
すでに昨夜、YAIBA宮崎の広報ブログにて結果は報告済みです。

2017/11/12「磯釣り大会in串間」渡船・室丸

PB121046s.jpg
AM5時に集合。コンビニでゆっくりしていたらちょっと遅刻してしまった(^_^;)

PB121050s.jpg
参加賞です。先週も使った新製品V11。オキアミ似のパレットが・・・・きっと深い意味があるはず(^_^;)

PB121059s.jpg
私と同時期に「fathom」のモニターになったMAさんが、メンバーにfathomの良さをアピール!
「いいハリスだよ~」

PB121062s.jpg
くじ引きで支部長・副支部長が最初の瀬

私は釣友KAさんと二番瀬
低くて大潮だと姿が消える瀬でした。

PB121065s.jpg
丁度太陽が頭を出した時間

実釣は7時半ぐらいから・・・

PB121069s.jpg
基本セットはこれでスタート
まだ活性が高いと判断しfathomLEVEL1.75でスタートです。つまりちょっと太目で掛けた魚を大事にしたいのです。

先にスタートしたKAさんに直ぐに釣れたのはシツオ

そして私にも
PB121073s.jpg
手の平ちょっとのシツオですが、おおっ!これはレアシツオ。テンジクイサキだ。

実釣前に足元に撒き餌をがっちりと巻くのが私のスタイルだけど、撒餌は流れず下に落下していきます。魚の活性は高くてすぐにヒブダイの大物が表層まで浮いてきた。もう掬えそうなぐらい・・・

3匹続けてシツオを釣っている間に、KAさんが大きな竿曲がり
PB121075s.jpg
うわっ。やられたか!?
PB121076s.jpg
おや?アディダスラインが(^_^;)

私にも
PB121078s.jpg
小型だけど・・・

PB121079s.jpg
おっ?これはテンジクイサキではないな。標準和名イスズミでしょう。

PB121086s.jpg
外道オンパレード

ちょっとハリが小さすぎだろうか。
PB121090s.jpg
4号→5号。試しのピンク。ほとんど使った事がないんだけど・・・

PB121088s.jpg
直ぐに結果がでました。魚が大きくなったぞ。
ちなみにニセカンランハギはちょっと興味が湧きます。もしかしたら別魚?カンランハギの可能性もあるので。

潮が動かないので遠投したりして探っていると・・・・・
PB121092s.jpg
やっと釣れました!30Cmちょっとでしょう。KAさん、どうよ~

PB121095s.jpg
あら?釣ってるじゃん。サイズも一緒ぐらいだ。

でも続けて・・・・

どうだ!
PB121096s.jpg
きましたよ~今冬初の40Cmオーバー

だけど、なんとも痩せてるなぁ。食欲は沸きません。

風が強く潮は全く動いてない状態で、この後は続きません(餌取ばかり)

PB121101s.jpg
ナガサキスズメダイ

PB121104s.jpg
コモンフグ(KAさん)

PB121109s.jpg
ノトイスズミ40Cm超

PB121116s.jpg
ヒブダイはちょっと小さめ(KAさん)

PB121122s.jpg
バリ※アイゴ40Cm

PB121124s.jpg
イトフエフキ(KAさん)

PB121131s.jpg
オキゴンベ(KAさん)間違った・・・イソゴンベでした(^^

雑魚の小物・大物交互に釣れます。
釣れぬはメジナばかりなり・・・コッパもいません・・・

PB121128s.jpg
竿はずっと曲がってるんだけどなぁ

PM2時が満潮のようだけど、昼ぐらいには時々だけど足元を波が洗う(@_@;)
PB121146s.jpg
もう水面ぎりぎりです。

3時回収だけど2時前にはお片付け。メジナが釣れる雰囲気もなく・・・

それにしても外道は凄かった・・・
実はぶち切られ(高切れ)1回に潜られて切られる事5回。何せトルクがあり過ぎます。まあでもヒブダイか大型シツオって感じだけど。それにしてもfathomハリスは強いですよ~瀬で擦れる感覚はあっても切れません。切れるのは口元ばかり。

一般客より1時間早めの回収で、40Cm強サイズも釣れたので上位入賞期待していたけど

PB121156s.jpg
ガビ~ンこんなに釣れてるの?

皆さんそれなりでした。
KAさんと私微妙だったので、きっと場所が悪かったのでしょう。腕は?腕も?でもそれを認めてしまうとKAさんもそうだという事になってしまうので、まあ場所なんですよ。でもこの場所の常連の「南のYO-KO」さんはいつも爆釣されているけどなぁ(^_^;)

という訳で・・・
PB121175s.jpg
優勝の3名

箸にも棒にも掛かりませんでした(^_^;)
PB121166s.jpg
まあでも、まあ苦しかったけどこんだけは釣れたし・・・
40Cm超は嬉しいですね~

PB121177s.jpg
今回は参加者が少なかったけど、魚の反応は良かったです。1ヶ月延期で思いがけず釣れだした場所にはまったという感じです。

串間市荒崎一帯はスタートが早くて後半も遅くまで釣れるんだけど、それにしても早いですね~
しかしまだメジナ、痩せてますよ。

最後にちょっとfathomの良さをば。
今回1.75号だけの使用でしたけど、最初2ヒロでだんだん短くはなったけど、道糸が飛ばされたときの1度のみの消費でした。つまり4ヒロの消化。これは私の普通の約半分です。つまり根ズレで中間が切れる事が少ないという事です。
また伸びる感覚もあるのでヒブダイなどの強烈な引きこみに負けません。しいて言えば道糸が切れてしまったのが1度あったけど、ハリスの強さに負けてしまうのでバランスは注意しないとウキを飛ばしますね。
40Cmちょっとぐらいのメジナなら難なく1.75号は上がります。
お勧めですよ~

ぜひサイトを覗いてみてください↓
fathom2.jpg

スマ

img20171110_05182896s.jpg

今朝は「スマ」を描いてみました。

スマというより「ヤイトガツオ」という呼び名が馴染む魚ですね~

沖釣りでこの魚の大きな群れに出くわした事があり、餌無し(ハリだけ)でガンガン釣れた事があります。最近そんな事ないなぁ。
身は柔らかいけどカツオ類ではもっとも美味な魚とも評されます。

上手く描けたと思ってたけど、PCに取り込んでみたら暗いし綺麗な色も出てないなぁ。ちょっと残念。

447.ミナミイケカツオ

レア度★★★☆☆ 宮崎で獲れる魚


アジ科>イケカツオ属>ミナミイケカツオ
Scomberoides tol (Cuvier,1832)
PB051035s.jpg
2017/11/4 門川獲れ鮮魚を販売するマルケイ水産で購入 約23Cm


まずは以前調べていたこの魚の特徴について
成魚では、体に楕円型の暗黒班が縦に1列5~8個並ぶ。イケカツオは二列でミナミイケカツオは一列。またイケカツオの方が口が大きく、上顎後端は眼の後縁の下あたりに達する。ミナミイケカツオは瞳孔の後縁の下あたりという違い。
3Cm程度の幼魚のうちなら黒斑が黒目より大きいとミナミイケカツオ,黒目より小さいとイケカツオということで判断できるようだ。

という訳でこの魚はイケカツオかミナミイケカツオのどちらかだろうと思って購入したが、上記の特徴から察するにミナミイケカツオ。
薄くて判りずらいけど、体の暗黒班が一列で口が小さい。
成魚になると50Cm程度のようだ。茨城県以南の太平洋側に住むそうだが、成魚になるほど南方にいるようだ。
宮崎で販売されている個体はだいたい25Cm前後の成長途中という感じ。沢山販売されている魚ではないが、時々雑魚が入ったドル箱の中に何匹か混じっている。

写真を写す際に驚いた特徴
PB051040s.jpg
背中にある棘が互い違いに向いていて、まあクロスしているという感じだ。
前回釣りのオフ会があった際にルアーマンの大ちゃんが、「棘がクロスしている魚知ってます?」と聞いてきた。
その時は検討もつかなかったんだけど、この棘を見てピンときた。この魚の事を言ってたんだなぁ。

そこで直ぐに大ちゃんに連絡した。イケカツオって魚をネットで調べてみてくださいと。
間違いなかったようで、これですとの返事を頂いた。以前港でこの魚の幼魚群れが集まっているのを見たことがあるそうだ。

食べてはいないけど、ネットで調べた感じだとアジ類の身に近いようで美味いけどちょっと淡泊という評価を見た。
これまた安定的に獲れる魚ではないので安値取引されているそうだ。つまり安くて美味しい魚の1つ。

クロメバル

img20171107_06430216s.jpg
昨日描いたクロメバルです。

宮崎にはメバルいませんね~。私も初めて見たのはこの絵のモチーフ写真の魚が初めて。2015年11月です。
釣れたのは愛媛県

大分県では普通に釣れるようだし、熊本や鹿児島にもいるようだけど宮崎では見ません。
海はつながっているから釣れた情報はあるのかも知れないけど、私は聞いた事がありません。
ちなみにウミタナゴとかカレイ類・アイナメなども少ないというか聞いた事がなく、ムラソイは出るけど極薄。もしかしてだけど宮崎って陸の孤島ならぬ海の孤島なのかも知れないなぁ。でも南方魚は結構あるか。

さて今週ですが、今朝はお絵かきは休んでノホホンとPCを眺めて遊んでます。

金曜日に所用で福岡に行き、その夜は釣り友KAさんと博多で飲む予定で、翌日は有明あたりに釣りに行こうと思ったけど、その翌日の日曜日がYAIBAの釣り懇親会(今季初ステージ)という事で2日連続の釣りも疲れるなぁと思い、せっかくの福岡なので糸島に牡蠣喰いに行く事にしました。楽しみの連続であります。

GPV天気予報による日曜日の状況は、たぶん雨はないけど風は北から強くて、串間市荒崎辺りは風で波を抑えてくれそうだけど、乗った瀬次第で風の影響はもろに受けそうだ。・・・・場所次第・ジャンケン次第だな(^^ゞ

446.ゴテンアナゴ

レア度★★★☆☆ 宮崎で獲れる魚


アナゴ科>ゴテンアナゴ属>ゴテンアナゴ
Ariosoma meeki (Jordan and Snyder, 1900)
PB051023s.jpg
2017/11/4 門川獲れ鮮魚を販売するマルケイ水産で購入 約45Cm


前日投稿したトビハタに続き、購入魚3種の内の2種目です。
数匹残っていた中で1匹だけ小ぶりの個体があってそれを購入。重量売りなので小さい方が安いのです。
ただドル箱の下の方にあって潰れていて、特に顔が判別できるのか?というぐらいにグッシャリしていたけど、明らかに他のアナゴ類とは違う白っぽい魚体色。上顎が出ていることと、最大の特徴である目の上下の小黒点もぼんやりだけど見える。
マルケイ水産では割と毎度置いてあって珍しい魚という印象ではない。ただ普通のアナゴよりは少な目という感じだ。

WEB魚図鑑記載の分布は「青森県~九州、種子島までの各地沿岸、東シナ海。~澎湖諸島、中国、海南島。」
普通に何処にでもいるってことだな。
成長しても60Cm程度

漁業対象魚としてはまとまって獲れないので価格は不安定で、割と安めらしいが美味しい魚だそうだ。
料理はアナゴ料理と同様。

ゴテンの名の由来は「御殿」で、仕えた女官の眉墨の様子がこの魚の目の周囲の雰囲気に似ていることから名づけられたようだ。
地方名としてはギンアナゴとかシロアナゴ(兵庫県明石)などと呼ばれているよう。

445.トビハタ

レア度★★★★☆ 宮崎で獲れる魚


ハタ科>トビハタ属>トビハタ
Triso dermopterus (Temminck and Schlegel, 1842)
PB051010s.jpg
2017/11/4 門川獲れ鮮魚を販売するマルケイ水産で購入 24Cm


三連休の最終日に、いつも覗くマルケイ水産に寄ってみた。時間が遅かったせいか棚に並ぶ魚は少なかったものの、この魚が数匹散らばっていた。トビハタ。

本当は釣りたい魚で、時々乗せてもらう遊漁船せいゆう丸で、恐らく狭い範囲なんだけどポツンと釣れている。せいゆう丸が更新されている日記を日々見ているが、この魚が釣れていると羨ましい。いつか自分で釣りたいと思っていた。

マルケイ水産に居たのはまだまだ若魚サイズで、写真の魚が24Cmだが、20~25Cmほどの個体が置いてあった。だいたい7~8匹というところ。結構まとまって獲れるんだな。若いうちは群れているんだろうか?
釣魚としてはだいたい40~50Cmほどが釣れていて、単発で釣れているので群れてはいないんだろうと想像する。成魚で50Cmほど。以前せいゆう丸船長に余っている魚があれば欲しいとお願いした事があったが、美味しいという話が船内では広まっており、だいたい持ち帰りされるそうだ。
まとまって獲れる魚ではないので、市場だと雑魚扱いで安いらしい。実際この魚も別に2匹の計3匹買って合計200円ちょっと。小さいとは言えど安すぎ。きちんとした目利きができれば安くて美味しい魚を手に入れることもできるわけだ。これは買い得です。

南日本、小笠原諸島。西部太平洋、西オーストラリア。沿岸浅所~深所の岩礁域にすむそうだが琉球半島にはいないそうだ。

この容姿からハタ科の魚とは思われず、変わった、メジナのような魚が釣れたという話を何度か聞いたが、だいたいこれだ。

444.ミナミイスズミ

レア度★★★☆☆ 宮崎で釣れた魚
My釣魚333種目


イスズミ科>イスズミ属>ミナミイスズミ
Kyphosus pacificus Sakai and Nakabo, 2004
IMG_0459s_2017110407103884a.jpg
2017/11/3 串間市荒崎 25Cm


宮崎でイスズミの仲間は3種いて、標準和名だと「イスズミ」「ノトイスズミ」「テンジクイサキ」で、いずれも釣人はシツオと呼ぶ。
釣れた際に興奮するのか威嚇なのか、糞を垂れるので失禁の男で「シツオ」なんだろうけど、糞まみれになるから基本的には喜ばれないどころか酷い仕打ちを受けることもある可哀そうなグループなんだけど、これを見分ける釣り人は少ない。
だけど好んで食べる人もいる。以前、ルール無視の瀬渡しをする南郷の「つかさ丸」※今はたぶん廃業されている、の船長が、「シツオが釣れたら持って帰ってきて俺にくれ」と言われていた。とても美味しくて好きなんだそうで、何で釣り人は捨てるのか?と愚痴ってらっしゃった。

ところで3種だと思っていた宮崎のイスズミ属なんだけど、もしかしたら4種目なのか?と思う個体が釣れた。
その名も「ミナミイスズミ」だ。写真の魚がその個体だ。
WEB魚図鑑によれば、ノトイスズミは本種にそっくりであるが、本種では鰓耙数が26-29と多く(ノトイスズミは21-24)、吻が長く少し尖るのも特徴ということ。鰓耙(さいは)って鰓(えら)の内側にある、吸い込んだ水の中から異物と食物を分離する濾過(ろか)器官なので、取り出すためには魚を殺さないといけないんだけど、そこまでして見分けるつもりもないので、つまりこの個体がミナミイスズミだという確証は得ていない。

シツオ3種の同定にはまあまあ私は自信があるんだけど、時々悩ましい時がある。
この個体がそうで、まず体色が普通のイスズミではない。イスズミは煌びやかな感じだ。
するとテンジクイサキなのか?と背鰭・臀鰭(しりびれ)の形を見るが、それも違うようだ。
そうなるとノトイスズミなんだが、それにしては明るい感じだし吻(くちさき)の長さもノトイスズミより随分長いように感じる。
そして持ち帰った写真でネットにあるミナミイスズミと比較してみるが、うむ、だいたい近いかも。
そんな訳でとりあえずミナミイスズミとして紹介致します。

WEB魚図鑑に投稿されている魚を見ると、小笠原や父島などの離島とか、奄美・与那国・西表などの南方が多く、本土からは無い。南の離島でフカセ釣りなどすると、これが群れて寄ってきて、それを狙ってサメが寄ってくるという話は良く聞く。
南の磯場ではとてもポピュラーな魚だが、本土にはたぶん生息しないんだろう、ぐらいに思っていた。

でも今まで何度かこんな迷いの経験はある。普通のイスズミなのかノトなのか?
そんな時の選択枝として、ミナミもあると考えたほうが良さそうだ。

4種を並べてみると
IMG_0459s_2017110407103884a.jpg
IMG_0460s.jpg
(上)ミナミイスズミ(下)イスズミで、これは明らかに体色が違う
P9230577s.jpg
この汚れた感じこそノトイスズミ
PB155807s.jpg
テンジクイサキは背鰭・臀鰭(しりびれ)が広がります

こうやって並べてみると、尚更別種って感じがするなぁ。

ヒブダイ

img20171105_07001255s.jpg
一昨日釣れた「ヒブダイ」をモチーフにして描いてみました。
この魚はよく釣り場で「キブダイ」とも呼ばれますけど「ヒ」ですね(^^
数匹でハーレムを作り、1匹のオスが居なくなると残りのメスの中の1匹が変体してオスになる特徴があります。オスは明るい青色です。
ブダイの仲間としてはもっとも美味いと言われます。
本土の太平洋岸から奄美・沖縄・石垣と分布が広い魚です。
「イガメ」と言いますけど、いがむ」からきてるそうです。
いがむとは、犬が歯をむき出ししている状態のことで、ブダイ科の歯はその様子に似ているからなんだそうです。

△瀬渡し磯(串間市・荒崎)2017/11/3

2週連続の台風の影響で今季瀬渡し磯釣りのスタートもちょっと遅れ気味。意地でも行きたい3連休だけど土日は波が高くなりそうなので昨日3日が逃せない・・・・のだけど・・・・

前夜
IMG_0440s.jpg
飲み会&カラオケ・・・

急な誘いだったけど外せないメンバーだったので・・・・(^_^;)

水曜日に準備して、道具は積み込んで出勤(仕事)。
そして普通は飲み会の後は安宿に泊まるんだが、安いとは言えどもったいないので車泊を選択。
勤務地の近くの駐車場は街中なのでエンジン音も迷惑だろうから微妙な寒さに耐えつつ数時間の睡眠。
スーツのまま釣り場に向かったのでした。初体験かも(^_^;)
※遊び靴を忘れており、釣りの帰りは普段着に革靴という、危ない風体でコンビニに行ったり(^^

IMG_0445s.jpg
出発は朝7時
いつもの室丸2便めです。1便ですでに10数名出発済で、2便指定というのは低い瀬なのか他船が来てないときに、そこに乗せるかですが、今回は後者。それにしてもピーク時(釣れている噂が立っているとき)と変わらない人出だ。

朝の港にて
「あららさんですよね~。ブログ見てます!」とお声掛け頂いた。
「は・はい・・・」最近時々はあるシチュエーション。嬉しくもこっぱずかしいなぁ。
魚絵のことやファゾムのハリスの事を聞かれました。うーむ最近の記事までしっかり見て頂いているヘビーファンに違いない(^_^;)
※すみません(^_^;)

「えっと・・・今日初使用なんで、判らないんですよ。良さげですけどね~(^_^;)」

ってなわけで、できるだけきちんと評価して掲載したい今朝の釣行記なのですが、前日飲み会の影響やいかに(^_^;)

声掛け頂いたTAさん達
IMG_0447s.jpg
いい雰囲気だ。

私は最後に載せられたここ
IMG_0501s.jpg
瀬の名は明かしません。釣れなかったので(^_^;)
これ見てこの瀬は釣れないなんて事になると困るので(私じゃなくて船長が)

結果は自己評価△でしたが、これは腕であり潮であり、ファゾムのせいではありません(^_^;)

という訳で餌&仕掛けはというと
IMG_0450s.jpg
今年発売されたマルキューの集魚剤使ってみます。V11
なんか「く」の字型の、オキアミサイズの固形物が入っているが、なんなんだ?ちょっと気色悪いぞ。

IMG_0451s.jpg
ウキはいつものゼクト0αに、今回はファゾムLEVEL1.5で開始

今回の場所は実は何度めかなんだけど潮の通しがあまり良くないなぁといつも感じているんだけど、この周囲だけが濁りが溜まっているように見える・・・魚影も濁りで見えません。巷で釣れているシマアジもダメっぽい。そんな時って・・・・

IMG_0457s_2017110407103690c.jpg
コッパグレだろうな。想像の通りだ。3ファゾムサイズ(^_^;)
※ファゾムはヒロの事ですが、当ブログではあえて7Cm=1ファゾムとさせて頂きます。ハリスのタイコ直径が7Cmなので

沈み瀬が多い所だが、多すぎるんだろうなぁ。コッパの隠れ家が沢山あるし、濁っているという事は外敵から身を守るには適切だし。外道好きとしては願ったりってもんだ。※大物はもっと好きだが。

4匹目だったかな。別魚
IMG_0459s_2017110407103884a.jpg
悩ましいシツオ。3.5ファゾム
何が悩ましいのかは最後に。

IMG_0460s.jpg
続けて、悩ましくないシツオ。3ファゾム

IMG_0462s_201711040710416cd.jpg
これが入れ食いになる。クロメジナ。3.5~4ファゾム
IMG_0487s_20171104071050287.jpg
4ファゾムぐらいだと引きも強いし、刺身に良いかもしれないけど・・・
昨夜の付けが・・・・つまり戻って作業したくない(^_^;)・・・のですべてリリース。

最干潮まではコッパ・足裏のクロメジナが釣れ続け・・・

1時間ぐらい喰いが悪くなって私も昼食休憩

潮はほとんど動かないというか、風に翻弄されている感じだが足元にはフォバー系魚が見えだした。
チョイ先には海ガメも。これはもう本命は期待できません。

こんな時こそ雑魚じゃ!
IMG_0467s.jpg
3ファゾムのオヤビッチャって、大きいでしょ?宮崎スタンダードサイズ

IMG_0471s.jpg
ファゾム忘れた。8ファゾムぐらい。ヒメダツでしょう。

IMG_0469s.jpg
微妙だけど・・・ノトイスズミでしょう。

IMG_0480s.jpg
セダカスズメダイ。2.5ファゾム

そして・・・ドッキュン
目の前をうろちょろしていた
IMG_0491s_20171104071051532.jpg
約7ファゾムのヒブダイ。正確に測って48Cm

そんなこんなで魚数は3~40匹。主にクロメジナでしたけど、本命のシマアジ・良型メジナは駄目でした。
今季初の瀬渡しは、潮は最悪だったものの魚種が多く釣れたのはこのハリスが水中で悟られてない証拠です。巻ぐせが付かないので固い印象でしたけど、メーカー・ユーザーともに「しなやか」と表される理由は言葉では言い表せないのですが判りました。まあ一言で言えば確かにしなやか。
猛烈な勢いでウキを引き込んでくれたヒブダイも、押したり引いたりしながらの格闘戦でもLEVEL1.5で何ら心配なく上がってきました。強さも兼ね備えていることは検証できました。

ところで・・・・
悩ましいシツオのこと
IMG_0459ss.jpg
これが最初に釣れたシツオです。
実はかなり判断に苦しんで、自分の中では標準和名「イスズミ」だろうと思っていただんだけど・・・

次にこれが釣れちゃいました。
IMG_0460ss_20171104082831c0d.jpg
あら、これこそイスズミじゃん。そうなると前のはノトイスズミなのか?

そしてこれが・・・
IMG_0469ss_20171104082833b81.jpg
この吻の短さこそがノトイスズミ。

じゃあ最初のは・・・

ミナミイスズミ!

他にテンジクイサキってのもいるけど鰭が違います。
個人的にはシツオは宮崎では3種と思っていたけど4種目登場。
これらの区別ができると、釣りも更に楽しくなりますよ~

ところで昼過ぎから風が向いとなって波バシャバシャ。足元を洗いだしたので回収1時間前には片付けを終えて海を眺めておりました(^_^;)
IMG_0498s.jpg
fathom2.jpg

サザナミダイ

img20171101_06091534s.jpg
連続投稿♪
昨日描いたサザナミダイ。

昨年(2016年)5月に喜界島で釣れた70Cmの魚がモチーフ。
これが釣れた直前、私の持っていた鯛ラバの竿が根掛かりにて折れ、心も折れて釣り終了だと思っていたら、地元のガホーさんがこの竿を使えと自分のものを貸してくれました。そしてすぐに強烈な反応。
ガホ―さんも「これはGTだ」というのでその気になり、しばし格闘して浮いてきた魚に???

シロダイの親玉?その時初めて知った「サザナミダイ」と言う名。
ほぼシロダイなんだけど顔※ホッペの部分に細波(サザナミ)模様があります。

その模様をはっきり表現したいんだけど、未熟で描けません。
いつも真横からの絵を参考にして描くけど、今回ちょっとわずかに頭部が前傾斜と、なんとも絶妙に難しいアングルで描いてしまい、前日同様に苦労した・・・

お陰様で昨晩・今朝はちょっと絵描きは休憩という気分になってます(^_^;)

クマドリ

img20171031_06284594s.jpg
一昨日描いたクマドリの絵

表面に固い鎧をかぶったモンガラカワハギ科の魚は模様も特徴的で絵画向きだ。
本土で釣れるのは主にメガネハギ・ツマジロモンガラ・そして標準和名モンガラカワハギが多いが、南の離島に行けば種数も増える。
その中でも異色というか地味なのに派手というのがこれだ。

実物はもっとオレンジの筋がハッキリとした綺麗な魚なのだが、表現が未熟でした。
これはまず鉛筆画の段階から苦労した。どうもフォルムがピタッと決まらず色を塗りながら修正。
色もこれぞという混ぜ合わせができずに何度も塗っては水を掛けて落として、紙がぬたっとなると放置して乾かして、割と重圧な色彩になった。摸写した写真が立体的だったせいで、絵もそのように見える仕上がりになりました。

フェイスブックに投稿したら割といい反応を頂いて、苦労した甲斐があります。ただ同様に描く事が困難かも。
たまたまこんな感じに仕上がったので(^^ゞ

該当の記事は見つかりませんでした。