宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

448.キダイ

レア度★★☆☆☆ 宮崎で獲れる魚


タイ科>キダイ属>キダイ
Dentex hypselosomus Bleeker, 1854
P1200413s.jpg
2018/1/21 門川獲れ鮮魚を販売するマルケイ水産で購入 約22Cm


2018年初の「出会った魚」。448種めのコレクトです。
数日前に登録するつもりだったけど、義理母の事があり購入してから10日も経過してしまった。

10日前の21日はまず、大分方面に向かって朝11時ぐらいに自宅を出発し、
延岡市須美江のファミリー水族館に立ち寄って、北浦の「きたうらら」で弁当など購入した後に大分県佐伯市の「カワノ釣具店」
その後は一気に高速で宮崎に戻り、いつものマルケイ水産に行って写真の魚を購入したのでした。
さすがに冬は魚種が少なく、これ以外に気になった魚はカマス類数匹とマアジの子の中にカタボシイワシがあったが、何割かを占めていたのはこの「キダイ」で、その多くが30Cm程度。
そして小型の写真の魚があったので1匹だけをレジに持っていったけど300円弱。この辺の魚は微妙に高いな。
グラム売りのお店だが、タイ類はたぶん高値なんだろう。

ところでキダイは珍しい魚でもないが宮崎で釣魚ならば珍しい。
時々はスーパーに並んでいるけど宮崎獲れとは書いてあっても細かいエリアが判らない。
このお店はだいたい門川から持ってこられるからこの界隈だ。

普通のタイの仲間に比べるとちょっと深めに生息しているようで、50~200mの砂礫底に生息するそうだ。
宮崎は、とくに宮崎市中心部の沖は遠浅で、5海里以上でやっと50mの深さに達するか否かぐらいだ。
つまり釣り人には馴染みは少なく、深場が近い宮崎県北だと漁で獲れる。
マダイの代用品として利用されることも多く価格も安いようだが、宮崎では馴染みの魚というほどではない。
「キダイ」よりは「レンコダイ」という呼ばれ方が浸透している。

ちなみに写真比較してみると
マダイ
IMG_5394.jpg
チダイ
000889.jpg
キダイ
P1200413s.jpg

写真で比較すると、個体の問題もあるかも知れないけど、ちょっとカッコ悪いズドンとした形だ。

月刊「南のつり」2018/3月号

雑誌に初釣りの際の事が記事になっており、私も写真登場しているようなので購入しましたら、なんと表紙がKさんで、特集記事の中心だし、他にも知った方の記事が複数。表紙・・・いい笑顔されてますね~(^^
私はP72に登場してます。ちょこっと。
IMG_0638.jpg

Kさんは一度飲み会の席で初対面だったんですが、会話からもスペシャル釣り師という事が伝わってきました。
その後フェースブックなどで見ても、素晴らしい釣行を重ねられてます。

さて私は・・・
img20180129_18400333s.jpg
こんな感じ(^^ゞ

「東京湾大調査!お魚ぜんぶ獲ってみた2」

2018012901s.jpg

昨夜、テレビ東京で放送された番組です。
宮崎では流れてませんでした・・・・が、今朝YouTubeで見る事ができました。まあ違法でしょうから直ぐに消されることでしょう。

この番組は上の案内には名前が掲載されていないけど、知人のDrユッケ君が監修で、番組の中でも終始メイプル超合金カズレーザー氏の横で、白衣を着て解説をしてます。

ちなみに1回目は昨秋の放送でした。
その時に書いたこのブログでのコメント

「東京湾大調査」を観ました

1回目より深く楽しい内容になっておりました。
そして続々とレア魚が登場するのが楽しい番組でした。

明日まで休み

金曜日に通夜。土曜日に告別式を終えて、昨日は香典の整理など。あまり告知しなかったせいでポツリポツリと聞き付けた近所の方などがたずねて来られます。
家内と義理父は手続きとか支払とかで出かけ、私は自宅で留守番。何もする事はないのですが来客があれば対応する役目です(^_^;)
IMG_0751s.jpg

賑やかな事が好きだった義理母のために、祭壇はちょっと明るめというか派手目の花を飾ってもらいました。
終盤でマゴ代表として甥っ子(義理姉の長男)が読み上げた送る言葉は参加者の涙を誘い、その後に親族代表として私が挨拶したけど、まあ緊張するタイプなのであまり覚えてません。ゆっくりとしっかりとは心掛けたけど(^_^;)

火葬場では私のマゴちゃんが
・「あれ、ホネだよ~」
・「あのホネはばあちゃん(家内)のお友達?」
・「僕もホネになるんだよ~」

そして自宅に戻ってきた骨壺を見て、「ホネが見たい!」と騒ぐ始末。

異様にホネに執着を見せているのでした。

時々ふと、元気だったときの姿を思い出すたびに、わずかに涙腺が緩みます。

今週の出来事(2018年1月第四週)

今週末は連続の南郷瀬渡し
来週は知人の船に乗せてもらってアジ狙い
その次はFathomの釣り大会で
その次がYAIBAの釣り懇親会

と予定満載でしたが・・・・・駄目になりました。

同居している義理の母(家内の母)が今朝逝きました。
アルツハイマーで、昨年秋にはついに歩くこともままならない状態にて入院してました。
薬の調整にて少し回復が見込まれていて、そろそろ退院という感じだったんですが、火曜日の夕方連絡があり倒れたとのこと。
脳外科の病院に移されて脳出血とのことでしたけど、結局その日のうちに脳死状態ということで、人工呼吸器を外せば死んでしまうとのこと。
それから2日経過し、心臓も止まりました。今朝早い時間でした。

という訳で今日は仕事を休んで打ち合わせ。数日は忙しいだろうと思います。
そして当然のごとく殺生もできないので四十九日が過ぎるまでは大人しくしておきます。

次に釣りに行けるのは3月の第三土曜日以降ですね・・・

筋肉痛

日曜日の釣りの影響で筋肉痛です(T_T)
階段の登り降り・・・とくに降りるとき・・・

大した運動量でもないんだけどなぁ。そんな歳です(T_T)


鍛えなきゃ。

※追申
この記事見た方から、歳は関係なく、ただの運動不足じゃ!と言われちゃいました(^_^;)

◎瀬渡し磯(日南市・南郷大島)2018/1/20

今回は釣友IHさんのお誘い
土・日で休みだとだいたい土曜日に釣行が多いのだが、今回の予約は日曜日なので土曜日は暇。普段は実家に行くのだが、隔週で行っており今回は弟が当番なので時間を持て余し・・・・

だはは
P1200410s.jpg
大分までのロングドライブ
※この模様はまた後日

せっかくなので万札2枚握りしめて。
P1210428s.jpg
P1200425s.jpg
P1200426s.jpg
P1200421s.jpg
普段こんな買い物しないので・・・・快感♪

とくにYAIBAのグローブは衝動買いでした。オキアミや集魚剤もまとめ買いで、きっちり使い果たしてしまった(^_^;)

それにしても安いです。

さて翌朝
さすがに時期的に釣り人が多いようなので2便目に空いている場所に渡すと告げられていたようだけど、集合場所の栄松の港にAM5時過ぎに到着すると、すぐに声を掛けられたのが最近時々港や釣具店でお見かけする「チェキ松」さん。
なんと「釣研宮崎支部新春懇親大会」というのが開催されていたようで・・・・多いはずだ。

ところが大会はこの日海が荒れてくることを見越してなのか、近場にまとめて瀬上げされたようで、逆に空いているのは大島先端の特級瀬。この日お世話になった「かいゆう丸」の当番瀬は特級の「ボウズ」や水島1番を含む名礁揃い。
そして私も初の「タカ岩」に乗る事ができた。
P1210459s.jpg

沖に出るとピッチの長いウネリがあり、満潮にかけて北東の風が吹けば波が膨らむ予想にて、とにかく風が吹き出したら電話しろとの注意事項。これは午前中回収もありだ。

最初に他の方が降ろされた「ビシャゴ」は、波向きのせいかすぐにヘルプが入って場所移動。
超特級の「ボウズ」は何とか出来そうだが、我々のタカ岩は夜中に見ると瀬が高く足場は悪そうで、今回のメンバーのYAさん(♀)が登り切るか心配だったけど、お見事。過酷な瀬でも行ける能力を身に付けている(^^)/

朝6時過ぎに渡り、30分もすると夜が明けて活動開始
目の前に見える超特級の「平瀬」は竿が出て直ぐに曲がっている。さすがに特級!
P1210430s.jpg

タカ岩は足場が高くタモが届かない場所から竿を出さねばならず苦慮
P1210433s.jpg
YAさん(♀)には、たぶん一番良さげな場所に入って頂き、私は沖に向かって左の隧道を攻めてみる

P1210435s.jpg
IHさんは今回底物&スルルー。餌のガンガゼを大量に持ってこられてます

私の仕掛は
P1210451s.jpg
前日に断腸の思いで購入した高級ウキ、釣研の「フローズ」に(^_^;)

P1210462s.jpg
宮崎のお店では見かけないYAIBASASAMEのスレバリ。それにしても安いでしょ(^^
※YAIBAはSASAMEの一部ですけど、このハリはYAIBA発祥前からあるようです(^_^;)

全誘導にて中ハリス1.75号(5ヒロ)ハリス1.5号(1ヒロ)
もちろん信頼のFathomハリスです。

ウキを流すと、さすがに高級ウキ。フローズは評判通り潮なじみがよく、高い位置から見下ろすタカ岩だと、魚が咥えた反応や潮の軌道がよく判る。今まで「ゼクト」専門だったけど、これいいなぁという感じ。重量も手頃。

そして数投目に・・・・
P1210438s.jpg
魚が釣れるとタモが届かないので、下の段まで下りて入れるのが大変だけど・・・

P1210441s.jpg
40オーバー!幸先良し。ちょっと痩せてるけどお腹はプクッとしてます。

P1210443s.jpg
イェーイ

続けて2匹目は35程度の丸い個体
そして3匹目はまた40超え

と、入れ食いではないけどポツン・ポツンと釣れる

ウキが入ってから道糸を張ったり送ったり、しばし竿先のピクリとか糸が走るのを見て合わせるのだが、このタイミングが難しいんだよなぁ。YAさん(♀)苦戦してます。言葉にできればよいが見てもらうしか手がない。

だんだん満ちてきて、風も出てきた。
早々に隣の「平瀬」は回収され、ちょっと危険かもと思いだした11時前に船長に電話。

目の前の活性は高まっているようだけど・・・まあ安全が一番

直前、底物狙いのIHさんが魚と格闘しだした(@_@;)
写真に残したかったがタモ入れが先決・・・・

なんと!!
P1210453s.jpg
でっかい「カンムリベラ」

P1210458s.jpg
56Cm・2.9Kg

この魚は奄美界隈の瀬には幼魚が沢山いるけど、大物は珍しいかも。
底物だとそうでもないのかな?とにかく終盤のドラマでした。

私にとってはブログネタができる事が一番。あざっす!

11時半ぐらいには回収され・・・

港にて
P1210465s.jpg
なんと9匹釣れていた(^_^;)

自分では6~7匹の意識でした。
無心というか無意識とというか。
サイズも35~41(40オーバーは2匹)

今からの時期は他の餌取りが少なく、メジナも太って美味しい季節。
10匹前後ぐらいの持ち帰りがある釣りができるのが何より。

今週の出来事(2018年1月第三週)

今年に入って突然の弟の病の件があり、私自身も何事にも気力が湧かない今日この頃。
ブログも放置というかネタ作りが出来ない日々が続いております。
とりあえず目覚めると暇は暇。なので今週あった事をまとめておきます。

「イプシロン3号」の夜行雲
IMG_0631.jpg
釣り・魚の話題ではないけれども、17日の明方、日々のルーティンワークにてPCに向かいFBを眺めると、宮崎/鹿児島付近の空の投稿多数。時刻は6時15分前後だ。
「何だこの雲?大地震の前触れか?」などと投稿者は口々に騒いでいる。

もしかしてと、私も外に出て空を眺めたら、東の方向に写真のような雲がありました。
何だこれ?確かにゾッとした。
部屋に戻って早速写した写真を投稿しようと思ったら、すでに解決の投稿が続々。イプシロン・・・・

「イプシロン」って何ぞやと調べてみたら内之浦から6時ちょっとに打ち上げられたロケットだったんですね。
その軌跡らしいけど、ざっくりと私が理解した範囲で解説すると、ロケットが打ちあがった際に発生するチリや温度差で出来た雲が、風に流されて形が歪になって写真のような姿になったもので、普通の雲と比べると格段に上空(80Km程度)で発生しているから、暗い中でも太陽の光の反射を早めに受けて見えるそうだ。またプラズマが発生し、自らも光っているそうだ。

ところでこのイプシロンだけど固形燃料ロケットという事で、内之浦からは固形燃料ロケット、種子島は液体燃料ロケットが発射されるんだという事を知った。なぜロケット基地が分れているんだろうとぼんやり思った事はあったけど、知らなかった。
そしてこの固形燃料ロケットの怖さは、ICBM(大陸間弾道ミサイル)に応用できる小型ロケットになりえるということで、固形ロケットの技術においては日本はかなり先進国なんだそうだが、つまり北朝鮮に対して技術の格差を示すものなのだ。なんだかこの時期に、挑発的な感じもするなぁ。
政治的臭いが漂うんだけど、それにしても最近は新聞もまともに読まず(老眼にて)テレビニュースも見聞きしないからロケット発射の事など全然知らなかった。思いがけず明方の天体ショーが話題になった今週の出来事の一つ。

「うなぎの稚魚」不漁
なんと前年の1%とか数%とか、とにかく獲れて無いらしいが「絶望的不漁」なんて見出しもあるぐらい。
シラスウナギを密漁すると厳しい処分が下されるけど、私の親父が大学生時代には、食糧確保のために河口で捕まえて食べていたそうで、その当時はとにかく簡単にいくらでも手に入るものだったようだ。
一説によると今年の不良は黒潮の大蛇行の影響なんだそうだが、直近の蛇行の様子だと、確かに四国の足摺岬から先に大きく曲がっているものの、鹿児島/宮崎だと例年通りと感じる。現時点でたぶん宮崎も少ないという情報もあったので、これは黒潮云々と言う話ではなさそうだ。稚魚の絶対量の問題かも。
そうなると当然ながら養鰻にも影響しうなぎ屋も大きなダメージを受けるわけで、今でも高額なうなぎだけど、今年からは恐ろしい価格となる事は容易に想像できる。廃業するお店も出てくるんだろうなぁ。

ビットコインの下落
これまた釣り・魚話題ではないんだけど、ちょっと興味があります。仮想通貨。
興味が突然沸いたのはこの下落の話で、今現在の1ビットの価格は127万前後って感じか。ニュースになったのは一昨日ぐらいで、昨年末に200万を超すほどの勢いだったのに1ヶ月もせぬうちに70万落ちるんだな。これは韓国・中国が仮想通貨に規制をかけるという話が出た影響だけど、その時に国産仮想通貨の「o0ban取引所」を見てみたら、全く影響を受けてない(@_@;)
それもそのはずで、日本国内メインでまだ円との交換しかできないような未成熟の仮想通貨だ。国外の話題で左右される事はないのだが、驚いたのは年末に1コバン=700円程度だったのに、昨日は1700円ぐらいまで上がっている(@_@;)
たった1月弱なのに。

そこで遊び程度に投資して見る事にした。額は公表しないけれども(^_^;)
株も博打もパチンコすらやった事が無い私だから、こういう相場には全く無頓着だし大きな賭けはできないんだけど。まあ大きな痛手を被らない程度に。
暴落を見て手を付ける事は素人判断なのか何とも言えないけど、とりあえずチャートが楽しみです。

ジャパンフィッシングショー2018
・・・・が昨日から横浜「みなとみらい」にて開催されてます。言わずもがな。

ジャパンフィッシングショー2018

ぺったんこカニ」発見
なにこれ可愛い♪・・・と親父らしからぬ発言w

発見された新種「ペタンコユビピノ」

●YAIBA宮崎ペアマッチ懇親釣り大会(串間市・幸島界隈)2018/1/14

弟の件で今季の釣りは厳しいと思っていたけど、とりあえず落ち着いたので予定通り(._.)
※まだICUなんですが、とりあえず現状維持状態です。

という訳で今年2回目の釣りはタイトルの通り。参加者は14名+船釣り2名(計量は辞退)

YAIBA宮崎の公開サイトにはこの模様をすでに投稿致しました。※合わせご覧ください・・・
2018/1/14新春懇親釣り大会in幸島 ペアマッチ大会結果ご報告

P1140292s.jpg
朝6時集合・7時瀬渡しの予定です

まず瀬渡しの順番とペアマッチの相手を選ぶクジ引き
私は微妙な順位でした。12名中の9位。10位がいつものKAさんで、また一緒の瀬なのか??

P1140300s.jpg
今回はMA役員が自分の船で登場。YAIBAのシールが貼ってあるので「YAIBAご用達船」という事で(^_^;)
今回支部長はこの船で船釣りと瀬の監視だそうで・・・それも楽しそう。
皆の分のマダイの土産を期待してます!

P1140347s_20180115182006e36.jpg
私の乗った瀬は・・・

あれれ??
鳥島の沖瀬「太郎」・・・・って10日前と一緒。2回連続で同じ瀬とは(^_^;)

まずは記念写真をば・・・
P1140317s.jpg
絵にならない立ち姿・・・なんでだろ。痩せたら見栄えいいかな?


そして想像通り一緒だったのはKAさん。
YAIBA宮崎の門戸を共に同じタイミングで叩いた、このブログにもちょくちょく登場する連れ添いです。
そうなると個人戦も気合だ。今季ただ今私が2勝0敗だが(^_^;)

撒餌を準備していて気がついた。
オキアミブロック忘れた(^_^;)
※正確には1つは前日集魚剤と混ぜ込んでいるので、1角勝負という事になるけど、頼りないなぁ。
なんだか急に終わった気分・・・・とほほ。

とやる気を失った私と対照的に。
P1140322s.jpg
開始早々に竿を曲げるKAさん(@_@;)
P1140323s.jpg
本命だし。まあまあの型だし。

そして
P1140324s.jpg
隣の「次郎」でも竿が曲がる(@_@;)
P1140331s.jpg
曲がる・・・

あっと言う間に置いてけぼり。またも1人ボウズだ。

活発ではないけど時々ポツンと竿が曲がる。私以外

なんか・・・デジャブー。同じシーンを以前見たような。

先週との違いは撒餌。約半分で勝負と考えるとツライ。

2投目ぐらいに強烈に仕掛けをぶち切っていかれ、買ったばかりのウキをロスしたが、その後はPM1時過ぎまで全く無反応。
猛烈な餌取りがいるんだけどそれらすら釣れない・・・

前回より北方からの風が強い。風波も立っているがそれでも皆釣っているし・・・

昼過ぎに完全に考え方を変え、4Bウキと-5Bの二段ウキでドンと仕掛けを落とし、ハリも3号にしてちょっと遠投。
棚を2ヒロに固定して流すと・・・・

釣れた!
P1140336s.jpg
(T_T)

連続2匹・・・まあ今年2種目だが。

もう少し棚を落とすと

釣れた!

逃げた・・・(T_T)

タモ入れ失敗。大きさは35Cm程度か。本命だったけど・・・
3号ハリのリスクですね。

でももう釣れる気がする。そして・・・

P1140338s.jpg
やっと釣れたよ~小ぶりだけど・・・・

そして続けてコナガ27Cmも追加し2匹ゲット

でもその後波が足元まで来るようになって・・・・

不完全燃焼の終了

P1140343s.jpg
KAさんもスタートダッシュの割には厳しい釣果でした。同じ2匹だけど重量の差で今回は敗北

P1140333s.jpg
KAさんはこんな引きもあったけど呪いを掛けました~外れろ~外れた(^_^;)
※そんな事は考えてません。残念でした。

強烈だったけどもしかしてオナガ良型だったかも。ここは実績がある場所です。
※悪く考えたらサンノジかヒブダイだけど・・・

P1140345s.jpg
PM3時半の回収だったけど、瀬渡しの「ブルーマリン」が2時過ぎぐらいから沖で待機。
波が高めなのでサクッと回収できるように。結果的には30分の前倒し

結果

P1140361s.jpg
優勝したのは隣の「次郎」で釣っていたKIさん
前々回の油津大会で一緒だったトーナメンターです。上手ですね。
P1140165s.jpg
6匹の釣果で総重量4260gだけど、向かい風・寄せ潮の中で素晴らしい!

ペアマッチの優勝は
P1140359s.jpg
個人優勝のKIさんと、とにかくこの大会に強いミッチーさん

昨年に続く二連勝!

P1140363s.jpg
10日前に一緒だったYAさんは他魚の部の大物賞
とにかくお正月特別企画なので景品が良いのです(^^

そして抽選&ジャンケン大会
P1140364s.jpg
ずらり並ぶ支部持ち込み景品と個人持ち込み品

これまたくじ順は7番目と微妙な位置だったけど
P1140375s.jpg
P1140376s.jpg
ゲットしました(^^)/

さらにジャンケン大会で、最後の豪華景品
P1140369s.jpg
YAIBAのウィンドブレーカー

これも
ゲットしました!
最後に見せ場を作る私(^_^;)

ところで今回の大会には不参加ながら
Fathom仲間のMIさんが瀬渡し直前に登場。単独釣行だったようで・・・
瀬渡し前に見せてもらったバッカン乗せ。
P1140305s.jpg
自作です(@_@;)
低い瀬が得意なMIさんならでは。波にさらわれるリスク回避のナイスグッズ!
私も作ってみよう。

そして何より釣果が・・・・
26730881_1757733727855642_7.jpg
40~48を15匹
しかもPM1時回収だったようで。
我々の後便で出て、先に戻ってこの釣果。
大会全員分を合わせても、それを凌駕する結末でした(@_@;)

場所の差?いやいややはり腕前ですね。
ちょっと今後一緒の釣行は躊躇します(^_^;)
実は弟の件が無ければ7日に同行予定でした。

【釣果】
メジナ33Cm×1匹
クロメジナ27Cm×1匹
ノトイスズミ×2匹(30Cm程度)

今年はまだ3種・・・・・

2017年のデータあれこれ

2017年の釣りをデータ化してみた・・・

釣行回数
48回

釣った魚の数(順位)
一位メジナ(クロメジナ含む)
104匹※コッパ・リリース魚は適当
二位イサキ
36匹
三位マアジ
29匹※アジ子は適当
四位シマアジ
24匹
五位アカササノハベラ
14匹実際はもっとずっと多いかも
六位ゴマサバ
13匹これまたもっと多いだろう
七位イスズミ・マダイ
11匹
九位ヒイラギ
10匹これももっと多いな
十位クロホシイシモチ
9匹これもこんなもんじゃないけど

魚数
108種

40Cm以上のメジナの数
7匹

30Cm以上のメジナの数
58匹

東京で過ごした4日間

釣りとさかなのブログだけど、自身の日記的な役割もあるので公開する内容でもないけど書き留めておきます。
木曜日の初釣りの帰りに連絡があり、私の下の弟(次男)が心停止状態だという。
心臓が止まるなんてもう死んだも同然なんじゃないか。そう思うと涙があふれ出した。もう会話する事もないのか・・・
戻りの車中はとにかく「戻ってこい」と祈り、翌日から仕事だけどとにかく飛行機の手配をした。
東京八王子に住んでいて、病院も八王子なのだが、宮崎に住む三男と一緒に翌日向かった。
帰省客の多い時期の飛行機なので、空いていたのがPM2時過ぎの1便だけ。それまで時間はあるのでとりあえず職場に顔を出して上司に許可を貰い数日休む事にした。
病院に到着したのはPM6時を過ぎたぐらいで、「東海大八王子病院」という大きな病院だったが、弟の嫁さんと息子が待機していた。
ICUに入っているという事でマスク必須、きちんと除菌などして入った部屋は、10数名のベットが並んでいて医師・看護師で賑わっており、いろんな機材があってピーピーとあちこちから音を立てている。
我々が入るととても丁寧に看護師の方が対応してくれた。すぐに状況の報告を頂いた。
目の前に寝ていた弟は、元々不摂生で太っていたが、更に一回り巨大というかパンパンだ。不摂生というと申し訳ない。10数年前にバセドウ病を発生して精神的に敏感という感じで仕事ができなくなって自宅療養していた。
とても優しい弟だがバセドウ病の影響で躁鬱な状態を繰り返すので、かなり嫁さんに苦労を掛けている。その事は兄弟として申し訳ない思いが強いが、とても助かっている。
ずっと自宅にいるので動く事も少なく、当然ながら内臓も劣化する。それが続いた結果の今回の心不全だ。
自分自身で生きる気力も失っていて、病院にも行かないとダダをこねていたようだが、結果的には苦しみに耐えられず嫁さんに連れていってもらったようで、よほど今まで我慢していたのか緊急手術。
手術自体は無事に終わったものの、重度の心不全という事で心臓の代わりを担う装置から大きな管が体に入っている。他にも酸素吸入機とか複数の小さい管があちこちに取り付けられて、まさに重病患者の姿そのものだ。
手術してもらった担当医は行ったときは別の病院にいて、PM9時過ぎに戻るというので待合室で待機。
だいたい予定通りに戻って来られたその先生はビックリするほど若かった。恐らく30代だろう。
そして話はとても丁寧だった。聞いていると先生もチーム制で、弟に対して3名ほどは関わっているようだ。
それにしても先生も若いけどスタッフ全員が若いように見える。救急治療室だし夜中まで対応する事を考えたら年配の職員だときついのかも知れないし機器の操作も難しそうだから若さが必要な部門なのかも知れない。
話としては、とりあえず心臓の回復があるかどうかというのが先決で、他に腎臓・肝臓も機能していないし、特に左足には血流が無くて、実際見せてもらうともう凍傷した患部のように黒くくすんだ色をしており難しい状態だと悟る。
回復する見込みは一割程度との事で、とりあえず器械で延命しているのだという事は理解できた。血圧が上がらなければ明日なのか明後日なのか、と覚悟する。
その日は病院を出て八王子駅のホテルに泊まった。予約もしてなかったので飛び込みだったが運よく空いていた。
一緒に宮崎から行った三男は、仕事上どうしても翌日帰る必要があったのだが、とりあえず翌日の様子を見て帰る事にしていた。

朝、病院から嫁さんに連絡があり、人口心臓の器具を外すために手術するので同意のために来て欲しいと連絡があったそうで、我々も嫁さんからその連絡を受けて直ぐに病院に向かった。
行ってみると嫁さんが先に来ており話を先に聞いていたようだが、自力での心臓動作が、わずかだが回復したとのことで、これ以上は透析しないと危険という事もあって手術になるようだ。心臓は何とか回復したものの次は腎臓の問題で、きちんと透析できるのかどうか危ぶまれるものの、とにかく自力じゃないと透析もだし足の血流の影響も改善が難しいようだ。
手術を終えたのがPM1時過ぎぐらいだが、その後の血圧はまだ低いものの順調なようで、すぐに透析が始まった。
手術中に逝ってしまう危険もあったので、難関は突破した感じで一安心。それを見届けて三男は戻っていった。
私は翌々日まで残ることにして、妹が京都から出てくるのを待った。私は4人兄弟の長男で、次が妹、そして当事者の二男と末っ子の三男がいる。
3日目の朝は土曜日なので、前日まで病院スタッフや患者でごった返していた病院も割と静か。大きな病院なので休みの日のみ通過できる入口などがまどろっこしいが、とにかくICUに入ると、なぜか患者も半分ぐらいに減ったように見える。
そんな中でも我が弟は相変わらず沢山の計器類に囲まれ目覚める事もなく横たわっているけれど、透析のせいかちょっと肌の感じが良くなっていた。わずかだが身も引き締まった感じだ。体の中の水分で見た目も随分と変わるもんだ。
ところで足を見ると相変わらず黒々としている。血の気も感じないのでこれは切断する事になるのかと諦める。
とりあえず前日よりは良さそうなのでしばらく病院にいた後は早めに妹とホテルに戻った。
晩飯のために名前は聞いた事があるが宮崎には無い「世界のやまちゃん」のチェーン店があったので入ってみた。
割とリーズナブルな価格設定だ。若者が多い店だが残念ながらそれなりに濃いめの味付けで私の口には微妙。まあ不味いというほどではない。
お店に入る前に妹の携帯に病床のはずの弟から電話があった。意識も無いはずだが・・・ぞっとする。
私の携帯を見たら嫁さんから電話が数回。病院内で静音モードにしていたため気がついてなかった。
もしかして・・・・悪い予感が頭をよぎるが折り返して掛けてみたら病院に持っていく電動ヒゲソリの相談で胸を撫で下ろす。
私の携帯がつながらないので、妹につなごうとしたら番号登録しておらず、弟の携帯から掛けてきたというオチだった。

4日めも昼ぐらいには空港に向かうので、ちょっと早めに病院に行ってみた。
状態は変わらないが少し血圧が上がってきている。そして足先も少しほかほかした感触だ。つまり血が通いだした感じだ。
足の切断も間のがれたのかも知れない。予断は許さない状況ではあるが、とりあえず今日明日で事態が急変する事はないだろうと判断して病院を後にした。
妹も一緒に帰ったが、東京駅まで一緒に行って、妹は新幹線、私は空港に向かった。
病院とホテルを行き来するだけの3泊4日の東京だったけど、時間はあるものの他に何をするわけでもなく、ホテルに戻るとテレビ見てぼやっとしているだけだったけど、何とも言えぬ疲労感がある現在の状況。

病院の設備に驚き、スタッフのきめ細やかさと連携業務に驚いて、さらに人は簡単には死なないもんだと歓心もした。
そして臓器というのはきちんと役割を担っていて、綿密に連携しているんだという事をよく理解できた。
弟は50歳。まだまだ今から出来る事が沢山あるだろう。そして今回の事で前向きに生きてくれることを期待する。
きっと詰まっていた心臓周辺の血管も手術によって改善されたわけだから、以前より身動きしやすくなると思う。
元気になってこのブログを読む事になるだろうから、このことは言っておきたい。
「心では死にたいと思っても体は生きようとするんだよ。元気になることこそ、人に周囲に迷惑を掛けない唯一の選択!」

●瀬渡し磯(串間・鳥島)2018/1/3

2018年初釣りはYAIBA宮崎の数名で、串間の鳥島離れ瀬、名礁「太郎・次郎」
年末にK支部長が同行者を募られて、総勢6名での釣行となりました。

串間・幸島にある瀬渡しはシステムがよく解ってないんだけど、「太郎・次郎」は瀬渡し船「マリンブルー」の割り当て瀬で、他の瀬に乗りたければ船を変える仕組み?と聞いた事があるが詳しく知りません(^_^;)

さて大潮なので明け方の満潮時刻を避けてAM8時集合だったけど、ちょっとウネリがあるようで様子を伺い、結果的には8時半ぐらい。
P1030234s.jpg

2名づつ3ヶ所へ
P1030239s.jpg

まずは幸島の離れ瀬「丸瀬」に2名
同じ町に住むKeiさんとその連れ。渡ったときはまだ波が時々足元を洗う状態。こわ~

P1030240s.jpg
私とYAさんが「太郎」

そしてK支部長とTSUTOMUさんが「次郎」
P1030243s.jpg
「次郎」は遠投して届くほどの距離で、会話ができるぐらい。

まずはお正月の儀式!
P1030250s.jpg
お神酒を海に撒いて、私も一口(^_^;)

今年もいい釣りができますように!

撒餌撒いて潮を見るけどフラフラだ。
餌取り魚はいる感じだけど完全にアタリ潮。これは全誘導は厳しい・・・・

そうこうしていると
P1030244s.jpg
TSUTOMUさんが最初のタモ。9:15分
魚はまあまあ大物のようだがメジナでは無さそう(後から聞いたらヒダリマキ※タカノハダイ)

そして
P1030245s.jpg
9:29分。同じ瀬のYAさんにヒット!!
P1030247s.jpg
これまた外道。サンちゃんでした。いずれも潮が悪い証拠だ・・・

沈黙の時間が続き

1時間ほど経過の10:34
P1030252s.jpg
K支部長が、ついに本命!
どうも目の前に湧きグレがいるようだ

さあこっちでも湧いてくれ~

おや?
P1030260s.jpg
私の前を通り過ぎて、YAさんの前で沸いたようだ(@_@;)
まずは1匹目が11:45
P1030261s.jpg
う・・・羨ましい!40Cmにはちょっと足りないぐらいのサイズ

P1030264s.jpg
YAさんの2匹目。これも湧きグレ

P1030267s.jpg
同型ぐらいですね~12:09

P1030272s.jpg
3匹目!12:33
完全にハマってます。羨ましいというより私悲しい。写真写すばっか。

P1030275s.jpg
12:57
ついにTSUTOMUさんにも・・・・

本命
やばいよやばいよ。ボウズは私だけだ。他魚も釣れないし(T_T)

P1030280s.jpg
14:31
K支部長が追い打ちの2匹目
P1030281s.jpg

もう私泣きそうだ。心では泣いてますよ~

それにしても渋すぎ。ちなみに4回は切られてます。
どうも底にくっ付くほどに仕掛を落とすとカツンと魚反応があるのだが、瀬にあたって切れる感じ。

つまりは・・・釣れれば大物だけどなぁ。

もう昼飯も食わずに撒餌撒き散らかし・・・

終了予定10分前(15:54)

ついに!

思考錯誤で最後に狙いを定めたサラシの下あたり。
ウキを沈めて張りながらガンガン撒餌を投入し・・・・

ガツンと手元に反応があった後は、横の岩にぐいぐいと突っ込むが、なんとか強引に巻き寄せて・・・・

P1030285s.jpg
(^^)/43Cm!

って事でギリギリ終了間に合った~

これにて一件落着って感じで終了これほど嬉しい一尾は無いぞ。
これぞレジェンド橋本さんのお言葉「価値ある一尾」

そんな訳で
P1030287s.jpg
記念写真

回収時、船長の話では全体的に低調で、単発で数匹釣れただけだったようです。
その中では2人で4匹釣れた我々の「太郎」がもっとも良かったようで驚かれるぐらいでした。

さて実は・・・・
ちょっと困った事が発生しておりまして、詳細はまた後日。
ただしばらくは釣りにも行けない生活になるかも知れません・・・・
実は今、連絡待ちの待機状態で、目が冴えて眠れないのです。
ブログもしばし休憩かも。

メジナの絵

メジナの絵を描いてみました。正月だというのに暇を持て余し(^_^;)
img20180102_08213624s.jpg

でもって、一昨年12月に描いたのが・・・・
mejina_20180103033956832.jpg

今年の手抜き感がよく判る感じだ。時間も前回のほうが倍ぐらいかけてたと思う。
いずれにせよ完成して、こうやって再度眺めてみると微妙な出来です。

まあメジナは今後何度もチャレンジする事でしょう。

今年の目標

20180101.jpg

今年の目標

・出会った魚500種達成!
・遠征(場所は未定・南の島)
・体重10Kg減

該当の記事は見つかりませんでした。