FC2ブログ

宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

●YAIBA磯祭り九州大会(大分県・鶴見)2018/6/10

YAIBA宮崎が運営支援を受け持った「YAIBA磯祭りin鶴見」は参加者90名の盛大なる会でした。

私もメジャー大会初参加(((o(*゚▽゚*)o)))ドキドキ

P6101679s.jpg
近所にメンバーが数名いるので、遠方ということもあって車3名乗り合わせで出発。
夜8時過ぎに出発して約3時間半でちょっとだけ仮眠して、スタッフ活動はAM1時半より。

まずはテントを準備して、机並べて名簿・くじ(順位決定)・アンケート回収など役割分担

P6101675s.jpg

さすがにメジャー大会なのでYAIBAの運営責任者・土屋さんの段取りが見事で、我々も誰が何をするということがしっかり決められており、何ら苦労はしません。私は受付掛かりで、名簿に印をつけます。選挙の受付窓口みたい(^^)
簡単な仕事だと思っていたけど、90名の参加者が一同に受付に押しかけられると細かい名簿の名を探すのが老眼で一苦労。
何とかやりこなしましたけど・・・

P6101678s.jpg
その場でくじを引いてナンバーの取得。若い番号が有利で、2船で1便・2便に分かれますので半分から後は2便。
1便が先に有利な場所に乗ることになります。私は・・・・・68番。2便ですヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3とっても中途半端・・・・

私はスタッフ活動は行うものの選手としても参加でした。※背中を押されて・・・

沖は1便で埋まっているのか波があるのか、名も知れぬ湾内の浅い瀬に搭礁。雰囲気はチヌ釣り場だ。
P6101686s.jpg
北九州から来られた私より少し先輩の方と一緒で道具一式「がまかつ」の、いわゆるガマラーさんです(^_^;)

競技は朝6時~12時までで3時間交代。ガマラー先輩の方が若い順番(67番)なので、先に好きな場所を選んでもらって3時間後に交代しました。私は最初に沖に対して内側

沖方向に仕掛を投入すると、最初から表層に凄い数のアジ子らしき群れが見えるので1投で場所を変え、陸向きの場所をセレクト。
そこにはすぐに・・・・

(@_@)
P6101691s.jpg
表層までコブダイが。
そして棚はかなり浅め。底まで2mあるかないか

なので当然ながら
P6101682s.jpg
こやつらがうじゃうじゃ・・・って感じだ。
とても反応は良いのだが。

P6101689s.jpg
時々はこれ混じり。ちっこ過ぎるなぁ。

前半は潮の動きも鈍く、餌取りが多すぎるのでガマラー先輩も気力が無くなったようで、途中から休憩して雑談。話こんであっという間に3時間過ぎました。大会に参加される方って、あわよくば優勝しようと画策している方々なので腕もあります。そして拘りの道具や仕掛けも。そんな話を伺っていて得るものは大きいのです。

個人的には目の前に現れるコブダイが、集魚するごとにだんだん増えて、まあハリス1.5号では太刀打ちできないだろうと思ってはいたものの手応えを味わってみたいという欲が湧いた。しかし簡単にも掛かりません。見えている魚はやはり難しい。掛かるのはベラばかりだったけど1度だけシュッとウキが消えて、結構な重みの後に外れたのはたぶんコブ。ハリもメジナ4号。小さすぎる。

そして3時間後の場所で、沖側に座を構えると、そちらは足元が深く期待が膨らむ。でも底は見えるほどだしアジ子が待機している感じもある(^_^;)
そして前半同様にベラに・・・

P6101696s.jpg
イトフエフキ・・・とか
P6101699s.jpg
ジャリ子とか

コッパも釣れるが規定の25Cmにわずかに足りないサイズが2匹

ブダイ40Cmほど
サンノジ※ニザダイ30Cmほども混じったりして

ウキが消えて竿が伸されて・・・・・岸寄りに走っていった!
ガマラー先輩の足元あたりにウキが行き、姿が見えたのはまさしくコブ。
そのまま何とか力づくで引き寄せたら足元あたりまで浮いてきたので、もう捕えたつもりで手持ち写真のイメージなどが頭をよぎったが、その後はまた沖に向かって動き出し、その力に太刀打ちできません(@_@)
グイグイと糸が出ていき動かなくなった。瀬に潜ったのか・・・・
全く身動きしなくなったのでしばらく放置していたが、5分ほど経過して残念ながらハリス切れ。瀬切れしてました。
・・・・・まあだろうな。

まあでもいい引きを味わいました。これにて満足

まてまて、まだ規定メジナ釣ってないし

P6101688s.jpg

隣の瀬では1匹良型メジナ(らしき魚)のタモ入れの姿を見ました。
負けちゃならん~

だけども、あっという間に12時
P6101701s.jpg
タイムアップ

片づけだしたとたんにこやつらが。この辺の鳥は警戒心がないのか足元50Cmほどまで寄ってくる(@_@)

1時間ほど前から雨が本降りになり、とりあえず魚パッカンに入れていたコッパやブダイは写真も写すことなくリリース。
これほど渋い状態なら、もしかしてコッパでも入賞できるかと思ったけど、逆にこの魚を港に持ち帰るのも恥ずかしい気がしました。
まあ90名いたらそれなりに釣れているだろうし。

P6101705s.jpg
案の定

しっかり良型メジナが続々と持ち込まれる(^_^;)

その後はスタッフ活動に戻り
P6101710s.jpg
2018061201.jpg
※YaibaX・WEBサイト引用

私は皆さんに賞品を渡す係(^_^;)
5位の田中修二さんはシマノJAPANカップ2連勝の実力者。渡し船で分けなければ実際は2位の釣果だな。
YAIBA大会にも参加されるんですね~
ちょっと声掛けしずらいオーラあります。有名人が持つ特有のオーラって感じ。とても気さくな感じの方ですが。

P6101714s.jpg
YAIBA宮崎の役員メンバーが、司会・説明・ジャンケン大会などを仕切り

P6101718s.jpg
90名での集合写真

雨なのでサクサクと進行しながらも和気藹々。いい雰囲気でした。

P6101719s.jpg
終了後はスタッフで片づけ

というわけで雨の中でも盛大ながらもアットホームな雰囲気で終える事ができました。
上位3名が全国大会出場ということで、3名のいずれかに全国大会優勝を勝ち取って欲しいですね~

該当の記事は見つかりませんでした。