宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

373.カタボシイワシ

レア度★★★☆☆ 宮崎の防波堤で釣れた魚


ニシン科>サッパ属>カタボシイワシ
Sardinella lemuru Bleeker, 1853
PA158142s.jpg
2016/10/15 宮崎県延岡市北浦・熊野江防波堤 約25Cm

釣り仲間の集いで防波堤に行ったときに、サッパのようで違う印象のこの魚を見かけ気になっていたが、その翌日に仲間の1人、K君がしっかりと釣り上げてきてくれた。15Cm程度の個体が数匹に、特別に大きい写真の個体も。
魚好きの集まりなので議論となった。標準和名「サッパ」とは間違いなくその体高の低さから別種と思われるが、そんな魚が他にいるかどうかというと・・・

先日私が描いたこれ
P9287719s.jpg
・・・で見る限りはカタボシイワシなんだが・・・・

あれあれ?ちょっとまて。もしかしたら大きいのと小さいのはまた別種かな?
ちなみに小さい方は生時の写真を北海道から参加のHA君が写していた。それがこれで
hasegawa10.jpg
※HA君、写真をお借りします。

最初の写真では鰓蓋後端にはっきりとした黒班があるのが気になる。でもサッパじゃないよね。
3つを比較してみると、
PA158142s.jpg
hasegawa10.jpg
000730.jpg
一番下のサッパの写真とは、上2つはぜんぜん体高が違う。
だけどどうだろう。その上2つは同じ魚種なのか違うのか。

まあとりあえずいずれも個人的には「カタボシイワシ」として紹介しておこう。
研究者のDrムラニィもその場にいたので、確か1個体は持ち帰って調べている。

やはり一緒にいたIHさんの見解は、愛媛で釣った、WEB魚図鑑で同定判断してもらったカタボシイワシとは印象が違うとの事だったけど、これまた悩ましい。ちなみにその写真が
66461.jpg
※IHさん、写真をお借りします。

どうでしょう。写真の印象と実物って違うしなぁ。

ちなみにサッパ属の魚は3種で、サッパ・カタボシイワシ・オグロイワシ
ミズンはミズン属になるけど姿は似てるよな。

このグループはまだ案外と研究が進んでないようにも聞くので、もしかしたら新種を見つけ出す事が出来るのかも知れない、なんて期待もしちゃう。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/1011-8b982db8
該当の記事は見つかりませんでした。