宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

(お魚深堀・7)シロサバフグ

シロサバフグは宮崎で「金フグ」と呼ばれ一般流通しているが、釣り人にとっては厄介な餌取で狙う人は少ないだろうと思う。
食用で出回るし全国で獲れるから地域の名前が多数あるが、宮崎でいうキンフグ、よりはギンフグとか、カナトという呼び名が広く使われている感じがする。
流通しているとはいえど取扱いは「フグ」で、宮崎の条例では腸は抜かれ肝だけが残された状態で出荷する事が義務付けられている。
PA147986s.jpg

基礎知識
分布しているのは鹿児島県以北の日本沿岸、東シナ海。台湾、中国沿岸という事だが奄美・沖縄にはいないということかな?
厚生労働省が公開している「リスクプロファイリング」によると、まったく無毒というイメージのこの魚も、肝臓・卵巣・腸は食用不可ということになっている。成魚で35Cm程度とのことだが、以前何度かジギング釣行の際に釣れた数匹の個体は大きくて40Cmはゆうに超えていた。容姿は写真の通りで全体的に金色に照り輝く姿。九州では5~6月が産卵時期のよう。肉食の悪食で獰猛な印象だ。
漁ではワイヤーロープのはえ縄で捕える。とても歯が強く、細いワイヤーだと噛み千切るほど。

釣り
一般には狙わない魚だが、時々は外道として釣れ、割とその食味が有名な割には持ち帰られない。フグの仲間だという事で敬遠される。最近のソフトルアー・ライトジギングなどでは反応する魚だと思わるが、魚の反応があってスパっと仕掛が切れたりしたらこの魚が悪さしたのかも知れない。
以前ジギングで、目の前までジグを追ってきて、喰らいつく時の顔を今でも忘れない。普段はオチョボ口なのにガバッと大きく広げる事ができ、まさに「喰らい付く」という表現がぴったりで獰猛でオゾマシイ印象。怖い魚だ。
そんな魚だが、先日は狙ってみたらとても楽しかった。ワイヤーハリスにサバの切り身でぶっこみ釣り。置いておくとあっという間に餌は無くなる。引きずって喰らい付く反応に合わせる。船釣りの対象魚だと思っていたが先日は防波堤から。周囲にはエギングの釣り人がワンサカいたけど、この魚を狙うの我々だけだった。3名で1時間程度の間に20匹程度。時間を掛ければいくらでも釣れたが、たまたま集まっていた時期だろうと思われる。秋10月初旬から中旬という感じかも知れない。
PA147990s.jpg


食味
身は他の食用フグ(トラフグ・ショウサイフグなど)と比べたら弾力には欠ける感じで旨味も少ない感じだが無味無臭でちょっと淡泊ながら普通の魚に比べると別格の弾力。鍋料理に利用されるケースが多いが先日は「コブ締め」の刺身を食べさせてもらった。
とても美味。
201610kitauramesi (9)
※アカハタとの合わせ鍋

201610kitauramesi (7)
「コブ締め」の刺身。見た目は鶏肉のようだ。

宮崎県の扱い
みやざき金フグ振興会という漁業グループがあり、10月から翌2月までに獲れるシロサバフグを「みやざき金ふぐ」としてブランド化している。※宮崎県水産物ブランド認証品第9号認定
その基準としては100g以上の個体で、獲れたての魚をすぐさま氷締めして鮮度を保ち、外傷がなく金色が美しいものを流通させている。一本釣り・はえ縄で獲れたものが対象で網獲れは駄目だそうだ。

※宮崎県水産物ブランド認証品
第1号・宮崎カンパチ
第2号・北浦灘アジ
第3号・門川金鱧
第4号・ひむか本サバ
第5号・宮崎かつおうみっこ節
第6号・五ヶ瀬やまめ
第7号・宮崎焼酎もろみ漬け(シイラ)
第8号・宮崎一口あわび 浦の恵
第9号・みやざき金ふぐ


見分け方
PA228182s.jpg
シロサバフグは、姿形のそっくりな毒魚が仲間にいますので、よほどの自信がない限りは食べないでください。

ちなみに絵に描いてみたけどこの3種の見分け方は覚えておくべき。

シロサバフグなら・・・・
・頭部に小さい棘があるけど、これは指で触れてみないと判らないほどのもの。
2016102301.jpg
この棘がドクサバフグなら背鰭の手前まであります。
全体的に明るい印象だけど、それはドクサバフグも一緒。

クロサバフグも似ているけど尾鰭が黒っぽければ注意。ただクロサバフグは国内で獲れるものは無毒という事なので、釣れて食べて、間違っていたとしてもリスクは低いようだ。※でも食べないほうがいいですね。
hikakukinnhugu.jpg
(上)シロサバフグ(下)クロサバフグ

この写真で違いが判らない方は食べないでください(^_^;)

2 Comments

UFS says..."かなと!"
めちゃくちゃ羨ましいです。カナトはいつも唐揚げにするか、アヒージョにします。。。
うちはクサフグも食べる家庭で育ったので、いつかフグで死ぬんじゃないかと思い続けて30年。
いまだにこの味がやめられません。

今週もささっと仕事済ませて、早く釣りに行きたいですね~
2016.10.24 00:13 | URL | #mQop/nM. [edit]
あらら says..."クサフグ"
クサフグも食べちゃうんですね(@_@;)
以前どこかのHPで食べる方の記録を見た事もありますが、さすがに勇気がありません。シロサバフグはまあ自信がありますので食べますけど、何料理でも合いますもんね~

どうも水温は下がり、海の雰囲気も変わってきました。これからどんどん冬模様という感じです。さて次週は船釣りの予定は入ってますけどどうなることか・・・
2016.10.24 06:10 | URL | #aIcUnOeo [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/1013-cb24ea5f
該当の記事は見つかりませんでした。