宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

YAIBAのフィッシュキーパーとバッカン

YAIBAの釣り懇親会に参加したとき多くの方がフィッシュキーパーも持参されて、その時に初めて大会だと生きた魚で計量するのが基本なんだなという事も知ったんだけど、よくよく考えてみると活かしたまま置いておくのはとっても都合がよい。
たとえばメジナが10匹釣れてもその内に自宅消化ができるのは2~3匹で、それ以外は知人宅に配るという事になるけど、それも年に1~2回ぐらいは喜ばれるとして毎度毎度だとありがた迷惑って事になるような気もするし、鱗とか内臓もできるだけ処理して渡さないと大変だろうと思う。つまり配る手間まで考えたらそんなに持ち帰らないほうがよくて、生きたまま維持できるのであれば釣りの後に食べる分だけキープし、それ以外はリリースもできるわけだ。まあ中には大量に釣って市場に持って行かれる方もいらっしゃるようだが職業のような釣りは如何なもんだろう。

そんな訳でフィッシュキーパーが欲しいなと思っていた矢先、YAIBAの宮崎支部のK支部長が欲しいなら手配してあげますよ、と声掛け頂いて、ついでにバッカンも合わせてお願いしたのだが、それは約半年前の話。
その後、もう在庫が切れているとのことで一度はキャンセルし釣具店調達しようとも思っていたけど、実際に使うのは冬のメジナの時期だけになると思うので再手配してもらった。それも3ヶ月ほど前の話。

そして、忘れた頃の一昨日

「きましたよ~」

グッドタイミングだ。11月からは磯修行をしようと思っていたので好都合。YAIBAの新商品がいろいろと新発売されたようだ。だから新製品になる。

そんな訳で入荷致しました!
PA298268s.jpg
※左の小道具入れは以前親睦会で頂いたものです(^_^;)

YBK-7 ヤイバウルフバッカン40cm
PA298272s.jpg

今使っているものも比較的新しいのだが、ちょっと小さすぎて荷物が入らず不満があったので、一回り大きめの40Cmタイプ

PA298274s.jpg
新製品の特徴は底部分の圧着を強化しているらしい。壊れるのはここだもんね。

PA298275s.jpg
有難い事に撒餌シャクのホルダーと、もう1つは?マゼラーとか置くとこかな?

そしてYFK-5 ヤイバ ウルフフィッシュキーパー
PA298276s.jpg
やっぱデカイな。

YAIBAの商品紹介では・・・

①上ブタと内面メッシュの両方にメジャーが表示。
PA298281s.jpg

②正面の大型ポケットには、活かしブクが3つまで収納可。
PA298279s.jpg

③丈夫な簡易スリムホルダーが両サイドに付いており、 とても便利。
PA298277s.jpg

④ショルダーベルトとハンドルが付いており、 容量が重たくなっても運びやすい。
⑤ショルダーベルトが地面や磯に 付かないようにするため、 キーパー背面にショルダー ベルトホルダーが装着。
⑥底部分の圧着を強化しました。


って感じで、至れり尽くせり。スリムホルダーがわずかに斜めにくっ付けてあるのなんて、とても現場を理解した方の作りだ。いいお仕事です(^^ゞ
ちょっと気になるのは活かしブクが3つも入る理由は?1つでいいんですよね普通は(^_^;)

次回の磯釣行が楽しみ~

重ねるとこんな感じです
PA298282s.jpg

PA298283s.jpg

ちなみに釣友KAさんも一緒に購入されました。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/1018-19de157b
該当の記事は見つかりませんでした。