宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

375.ツマグロアオメエソ

レア度★★★☆☆ 宮崎沖の深場で獲れる魚


アオメエソ科>アオメエソ属>ツマグロアオメエソ
Chlorophthalmus nigromarginatus Kamohara,1953
PB138460s.jpg
PB138459s.jpg
PB138457s.jpg

「トモメヒカリ」という名で売られていたこのお魚

11月12日の釣行の後、瀬渡船「あゆ丸」が係留されている目の前にできている物産館「きらうらら」に寄って購入

トモメヒカリって標準和名なのかな?明らかにメヒカリ※アオメエソとは別種だろうと思って衝動買いしたのだが、メヒカリのパックに入っているサイズが12Cm程度なのに対してこの魚は大きく20Cmを超す。
まずは比較してみると・・・

PB138460s.jpg
PB138462s.jpg
上が「トモメヒカリ」として販売されていた魚で、下が「アオメエソ」

アオメエソが大きくなったら上のようになる訳でもなく、いろいろな違和感があった。写真で見てサクリと違うのは眼球の周囲かな?
これが状態(生きているか死んでいるか)によって違ってくるのかも定かではないけど、まあ違います。

さて自宅に戻って「トモメヒカリ」で検索してみたら、標準和名「トモメヒカリ」があるので、これこれ・・・
と思っていたけど、WEB魚図鑑出の解説の中に「尾鰭後縁は明瞭に黒くはならないことでツマグロアオメエソと区別できる。」とある。おやおや、写真の魚は尾鰭後縁は明瞭に黒いではないか。
つまりはこの魚はツマグロアオメエソ?

そこでWEB魚図鑑のQ&Aコーナーで質問したら、最近はWEB魚図鑑では淡々と登場してくれる天才MS君が応えてくれました。
3種(アオメエソ・トモメヒカリ・ツマグロアオメエソ)の比較写真を添えて。
その写真を見ると、トモメヒカリはお腹辺りの体高があり、確かに尾鰭後縁は黒くない。印象としてツマグロアオメエソのほうがスリム。そんな訳で写真の魚はツマグロアオメエソと断定です(^^ゞ
ちなみにWEB魚図鑑には投稿されてないので、これは上げておこう。たぶんMS君は過去に投稿していたんだろうと思うけど、今は写真を引き上げられてます(T_T)

さてツマグロアオメエソだが大きさは20Cm程度で、底曳網のアオメエソ漁で一緒に大きさが違うグループとして少量ながら入るらしい。

恐らくトモメヒカリとツマグロアオメエソは市場では区別されてないのかも知れない。
味はメヒカリ※アオメエソに比べると落ちるようだが、不味いわけではなく、体が大きいのでそれなりの高値で取引されている。一定の評価価格はないようだ。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/1032-7e13a511
該当の記事は見つかりませんでした。