宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

釣ってみたい魚・ワラスボ

よく「エイリアン」と表されるワラスボ。有明海に生息する珍魚だ。

PB158476s.jpg
※すみません。最近、相当絵が適当です(^_^;)

生きたワラスボは見た事はある。
柳川にある有明海の魚を集めた小さい水族館、その名は「おきのはた水族館」

以前仕事で柳川に行った際に、うなぎ屋が集まる観光エリアの一角にあって、興味があり入った事があるが、その時は時間もなくて「わらすぼ」だけは印象に残ったが他の魚はあまり記憶にない。「オヤニラミ」はいたな・・・
おきのはた水族館の件、先日NHKで紹介されていたけど、今、ここの館長を18歳の男の子が請け負っているそうだ。
元々この水族館ができたキッカケは、市場に勤める元館長が、だんだん減っていく有明海の水産資源を世に知らしめたいという思いから始められたそうで、元館長が高齢で管理が厳しくなったところ、18歳の現館長がやらせて欲しいと願い出たそうで、お客様の対応から水槽の管理を一手に引き受けているらしい。その子は将来的には研究者を目指しているようだ。相当しっかりとした受け応えに驚いた。

そんな訳で今度の日曜日にちょっと遊びに行ってみようか・・・なんて思っている。釣りの後に余裕があれば。

今週末は福岡に行くのだが、土曜日の夜は飲み会で、日曜日にIHさんと合流して筑後川河口で釣りの予定なので、その際に釣れるかも知れない魚のことを今週は調べてみたいと思っている。まずは「わらすぼ」

前置きが長くなったけど「わらすぼ」について

その容姿からグロい魚の代表ぐらいの位置づけだけど、有明の周辺では珍魚というか珍味ということで流通し、高値で取引されているようだ。この魚の資源減少も激しいようで、諫早湾締め切りほか護岸開発の影響をもろに受けた魚。
干潟に穴を掘り、その中で暮らすので目が退化している。
食材として出回っているけど、刺身などは不味くもないけど食感がいいわけでもなく美味しいという事でもないらしい。
土産物として、たぶん日持ちがする事が大きな理由だろうが干物・乾物を使う料理が主流。

釣りは・・・・釣れない事はないらしいけど、夜釣りかも知れない。IHさんは土曜日の夜から入る予定なので、行ったときにはすでに釣り上げているかも知れない。その時は写真撮影させてください(^_^;)

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/1033-c4fcf55e
該当の記事は見つかりませんでした。