宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

糸島の牡蠣

IMG_1960s.jpg
IMG_1962s.jpg
福岡の単身赴任時代に楽しかったイベントの1つの、冬の糸島の牡蠣小屋ツアー(^^ゞ
会社メンバーに声掛けて数名で、おにぎり・ビールに数種の調味料を持って旬の味を満喫してました。
糸島の牡蠣小屋は食材の持ち込みも可能な場所もあったり、豊富なメニューがある店もあったりと多彩で牡蠣の苦手な方を巻き込んでも楽しめる方式となっており、リーズナブルに楽しめます。牡蠣小屋によっては牡蠣以外の食材も豊富に揃えて販売しているところもあるようだ。

最近宮崎でも牡蠣小屋が流行っている印象はある。まだ入った事はなく様子も知らないので批判すべきでもないのだが、糸島だから成り立つ(牡蠣の産地)んだと思う。なぜ食べたいか?それは新鮮な牡蠣を安く(つまりは大量に)食べられるから。
きっと宮崎の牡蠣ってどこぞから仕入れたものだからそれなりに高いだろうと思う。糸島はとても大きなプレハブ小屋がずらりと並ぶ。数か所の港で30店舗近くの店がしのぎを削って、個性を見出しながらの営業で、今の時期から3月ぐらいまでは賑わいも凄くてお祭り状態だ。そんな中で食べるのが、たぶん気分的にも高揚していて美味しく感じるんだと思う。

そんな訳で行ってみようと思う(^^ゞ

明日は福岡(博多)で飲み会の予定だが、実際にはそれがメインイベントで、つまり昼間は自由。ゆっくり出かけて、飲んでゆっくり帰ってくればいいけど、せっかくの福岡なのでイベントを絡めたいと思っていたが、

・土曜日の昼食には以前の会社の後輩が付き合ってくれることになり「糸島の牡蠣」を実現!
・夜は博多駅※先日道路が没落した周辺
・翌日はIHさんと合流して筑後川河口で変魚種狙い
・その後、できれば柳川の水族館に行ってみたい

と、なかなか充実した2日間を過ごす事になったのです。

ここからが本題でして(^_^;)
せっかく行くんだからどこの牡蠣小屋に入ろうか、ネットで調べてみる本日のこのBLOGなわけです。

①まずはエリア

港ごとに下記のような数のお店が連なっているようだ。
・加布里(かふり) 2軒
・船越(ふなこし) 8軒
・岐志(きし) 13軒
・深江(ふかえ) 1軒
・福吉(ふくよし) 4軒

私は電車の線路が近い福吉漁港に2回行ったが、1度めに行った「牡蠣のますだ」というお店に感動してしまったので2度目もそこ。
「牡蠣のますだ」の特徴は炭火とガスバーナーの選択ができる。炭火は美味しいけど飛び散るリスクもあります。
まあここに行けば間違いないとは思っているけど、せっかく車で行くので他の場所を目指してみよう。

店舗が多いのが船越(ふなこし)と岐志(きし)なので、いずれかに絞ってみようと思う。

・岐志(きし)は13店舗と、もっとも数がまとまっているエリアで、中規模の小屋がそれぞれ特徴ある運営をされているらしい。
ちょっと調べてみたら牡蠣小屋の進化系という店が多いようで、牡蠣焼きだけではなく牡蠣を使ったオリジナルメニューを打ち出しているお店が多いのが特徴かも知れない。もともと発祥地区のようでプレハブ小屋だけではなく店舗型の店も3件あるが、そちらが古いのかな?
・船越(ふなこし)は8店舗だが大型店が多いそうだ。いずれのお店も300人以上の収容ができるらしいので大量の観光客にも対応できるようだが、つまりは賑わっているんだろう。でも大量の客が多い場所は経験上お店の方の対応もぞんざいな扱いじゃないかと警戒する部分はあるな。だけど牡蠣焼き本来の楽しみは出来そうな雰囲気だ。

まようが・・・・運命の分かれ道(^_^;)

船越にしちゃお。賑わいも楽しみたい。
②そこで8店舗の詳細

「みわちゃん」老舗
ガス火・生簀があり魚がいる※食べられる・新鮮さを保つろ過装置・牡蠣以外のメニューも豊
「豊漁丸」老舗
飲み物とおにぎりの持ち込みは可能・新鮮魚介が売り・・生レモンも販売
「マルハチ」老舗
炭火焼き・居酒屋のような豊富なメニューで丼もあり・牡蠣飯の無料サービス
「正栄」新店
飲み物とおにぎりの持ち込みは可能・綺麗・隣が気にならないセパレーター・調味料4種
「ケンちゃんカキ」新店
飲み物とおにぎりの持ち込みは可能・干しイカ絶品・セパレーター・調味料持参可販売有り
「カキハウスもっくん」新店
スタッフが若い・メニュー豊富
「服部屋」新店
飲み物とおにぎりの持ち込みは可能・服部のオジサンが有名らしい・セパレーター
「千龍丸」新店
炭火焼き・飲み物とおにぎりの持ち込みは可能・マグロ丼

など、ネットにある情報を簡単にまとめてみたけど、総合的にこのエリアは店舗が大きくてメニューが豊富なようだ。
新店舗はだいたいセパレーターがあって隣を気にせず食べることができ、トイレなども綺麗なようだ。
たぶんどこも飲み物とおにぎり持ち込みは可能なような気がする。

ま、どこに入っても同じようなサービスや雰囲気は味わえる気がしてきた(^_^;)
炭火焼きは2点

そんな中で本来の糸島の牡蠣のだいご味を感じる事ができるのは「豊漁丸」かな?って思ったりしてます。逆にセパレーターは邪魔かな(^_^;)多くのメニューも不要。とりあえずそこを目指してみよう。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/1035-9ffd5b9f
該当の記事は見つかりませんでした。