宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

◎瀬渡し磯フカセ(日南海岸)2016/12/10

出発前の投稿で宣言したけど
image-(8)s.jpg
離れ小島※仮名H岩

名前をきちんと書くか悩むが、とりあえず伏せておきます。(見る人がみたら判るでしょう)
もったいぶっているわけではなく、なんだか公にすると迷惑が掛かる気がするので(^^ゞ

宮崎市から日南市へ向かう海岸線沿いに鶯巣(おうさ)漁港はあります。伊勢海老漁の基地だけど、その漁師さんが今年から瀬渡しを始められた。名前は「瑛翔丸(えいとまる)」
※HPはないけどFBで情報提供されてます

最近「H岩」からの釣果を連続で上げられていて、一週間前に電話をしたら奇跡的に予約が取れた!
そこでISO師匠に電話をすると、最初はまあ行くよ・・・とあまり乗り気ではない返事。
そして2日前に「やっぱり辞めておくわ」と電話があった。事前の情報で、瀬渡しの船が小さい事から瀬付が怖いそうで、また「H岩」も結構大変らしい。1人でもいいかと連絡を入れたら問題無し。だけど1人だと荷物の積み上げ大変なんじゃないか?

PC108698s.jpg
※岩の右に瀬付されます

師匠から聞いたこの瀬は日南海岸でも特級瀬なんだそうで、瑛翔丸が日々挙げられているFBでのここの釣果は凄い。
逆に私だけ釣れなかったどうしようという不安もあるが、不安より期待が勝る。朝も2時には目覚めてしまった。

前夜、船長からちょっと早めに出ましょうと電話頂いた。この一帯には瀬渡しがもう1艘あり、そことの関係は疑問を感じていたが、話し合っている感じは無さそうで、つまり競争です。まだ暗いうちから出発することになり自宅も早めに出た。

波はさほど危険な感じはないが、真っ暗な中でこの瀬を見つけるのはなかなかスリルがある。船長も初体験らしい(^_^;)
どこだどこだ?とお互いに暗闇を眺めまわすと浮いてきた岩の足元は結構高低差がある波。なかなか怖い。
1人なので荷物を船頭にまとめると、岩に飛び乗った後は死にもの狂い。これ・・・
教訓、波1m未満で満潮・・・それ以外は怖すぎ。荷物の受け渡しができるから2名以上での上礁をお勧めします(^_^;)

そんな訳で暗闇のH岩は平らな場所も少なくて荷物がずれ落ちる危険もあるので、とにかく明るくなるまで待機。何を落としてもそこで釣り終了だもんな。結構神経をつかいます。

白々と明けてきて開始。雰囲気はある。

横から寄せる波に向かって岸方向にウキが流れるが、とにかく撒餌は足元に打ってちょっと先に投入すると2投目に

シマアジ! 30Cm程度。幸先よい。

さあ続くのかと思いきや、3投目にぐんぐん真横に走る大物(@_@;)
慎重に・・・・・プチン

ハリスざらざら。結構浅くて沈瀬が沢山あるようだ。

とにかく仕切直し

ところが大物を取り込めなかったせいか、反応も鈍くなって、撒餌にアジ子も寄ってきてしばし苦しい展開。
足元を狙うと時々サンノジ※ニザダイの、さほど大きくもないサイズがポツポツ。

この展開は事前に情報を頂いていたので、とにかく粘る。ちょこちょこと撒餌を切らさぬようにアジ子と戯れる。

時々凄い魚の群れが近寄ってくる。海表面をバチャバチャ。充分仕掛は届くのだが、投げてジワッと引き寄せても反応なし。
魚もメジナではない感じだが・・・はて?

そうこうしていると11時ぐらい・・・ボラが寄ってきた。チャンスなんじゃないか?アジ子を追い払ってくれ~

そしてチャンスタイム!

釣れだしました・・・

ポツポツだけど・・・

時々強引にかったくられたり、竿が立てられない事5回ほど(T_T)

仕掛けを作り直すか釣れるか・・・結構忙しいぞ・・・・

そんな訳であっという間に回収時間

楽しかった! ウキ2個ロスしたけど・・

回収の時間は満潮だったので、割とスムーズに船にも乗れ

港にて

PC108701s.jpg
10匹ちょっとの釣果だったと思ったけど

なんとメジナは17匹でした!!30~40Cm
&シマアジ1匹アジ子4匹(^_^;)・・・アジ子は多数リリース
持ち帰ってない魚はシツオがもう1匹とサンノジ3匹

メジナは大きいのが丁度40Cm。
格闘のすえ仕留めたシツオは48Cmでした。筋痛めた~、ので喰ってやる(^_^;)
シツオはノトイスズミなのでたぶん美味しいはず。

15094365_188207611642907_4283151297620938418_n.jpg

余韻残ってます♪

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/1053-de5a449d
該当の記事は見つかりませんでした。