宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

集魚材について

集魚材をまき散らして環境がどうこうという話も時々聞くけど、個人的には養殖しているような意識もあって、正しいのか否かは不明だけど、それにしても磯上物、つまりメジナ狙いだと皆、ばら撒くよなぁ・・・

個人的にも集魚剤を駆使して釣れた時の快感は何ともいえず気持ちいいのでそれなりに撒きます。
最近はメジナという魚についてはばら撒くほどに活性も高まるし寄ってくる印象はある。

あまり情報誌など参考にはしてないけど、どうも1回の釣行で使う集魚剤はオキアミ2~3角に、集魚袋2つぐらい。プラス付餌。
そうなると、だいたい2500~3000円分の餌をばら撒く勘定にもなるが、毎回これはきつい(^_^;)

船フカセ釣りを経験すると、パン粉1袋・オキアミ1角・それに付餌でだいたい1000円程度。
それでも昔、充分に釣れていたので、船と岸からの違いってなんだ?と思うと、たぶん魚影であってスレてるか否か・・・

そこで前回の釣りでは思い切ったチャレンジをしてみたのでした。
集魚材は普段の4分の1・つまり市販品の半分程度。そしてパン粉2Kgを2袋と、オキアミ1角・アミ半角
餌代を半分に抑えたのでした。付餌もオキアミ1角の中から確保。

たぶん釣り場の魚がそんなにスレてないと思うし、単独行動だったので他の方の餌に惑わされないだろうと思っての事です。
これで釣れるんなら申し分なし。
そして結果は・・・・

PC108701s.jpg

ようはパン粉中心だったのでシツオも多かったとも考えられるけど、メジナもちゃんと釣れました。

餌のメーカーさんに喧嘩売ってるわけでもないけど、店頭に並ぶ集魚剤の袋を見てどれが効果的なのか、正直判りません。
マルキューのグレパワーv9をよく使うけど、これはいい匂いがするから、で、人間がいい匂いだと感じるならば魚だってそうかもね。ぐらいの感覚です。でも、たぶんもっとも利用されているであろうv9を、特に人気ある瀬であればこの匂いは危険信号になってしまうかもしれないと思ったりします。

先日、YAIBAの忘年会で会話していて、確かに昔船釣りでは集魚剤なんて入れなかったし、実は集魚剤に抵抗感があって、アミ+パン粉だけで磯釣りしていた時期もあることを思い出した。餌代を浮かすためでもあったがそれなりに釣れていたもんな。

なので初心に戻り、だんだん増やしていったオキアミ&集魚剤はちょっと減らして、パン粉を多用してばら撒く事にします。
餌だってホントはパン粉で釣れるのも判ってんだけどなぁ。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/1055-cbdf88c0
該当の記事は見つかりませんでした。