宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

浮きグレ

最近の釣行では浮きグレの群れを毎回見かけるので、この時期の風物なのかも知れない。
この行動が産卵を迎えたメジナ達の儀式なんだろうと思うけど、以前7月ぐらいに大分に行った際にも見かけたので、産卵と直結しているわけもなさそうだ。

姿が見える魚を釣るのはまことに難しいが、浮きグレもしかり。
ただ、これを攻略できると満足感は大きい。何度か釣った事があるがだいたい40Cm前後の大型だ。

ネットで知らべてみると、浮きグレが表層で何をしているのかというと、捕食なんじゃないかという事だ。潮目付近で大きく口を開けてパクパクしている姿が身受けれられるが、その付近にアミ海老のような小さいプランクトンが集まっていて、それを食べているらしい。
今の時期にこんな集団行動を終えて、地寄りの瀬に散らばっていくのかな?

いろいろ試した事があるが、まずは表層にいるのだからハリスを思いっきり短くする(50Cmほど)のは駄目。
1ヒロ(1.5m)程度は欲しい。でも長すぎるといつの間にか餌は無くなる・・・
取りあえずイトは張って待つ。

先日はそれも無理で、上からではなく脇から攻める事を考えてみた。つまり直接群れの中に仕掛けを投入するのではなく、潮の流れに任せ自然に餌が群れに到達するイメージだ。結果オーライでした。
たぶん50m以上は流して、手にビビビと感じて合わせて、瀬際は岩が多いけど、掛かった場所が遠かった事が幸じて早めに浮かせることもできました。

まあ結局何がいいのか
その状況次第でいろいろ手立てを考えてみる。ハマれば釣れるって事ですね。それがメジナ釣りのだいご味。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/1060-1872ba8c
該当の記事は見つかりませんでした。