宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

クロダイ

kurodai.jpg
2017年の最後の釣行ではクロダイの自己記録更新魚が釣れて終る事ができました。サイズは50.5Cm
初の50Cmオーバー
そんな訳で早速その魚を写した写真を元に絵を描いてみた。大きくなると輪郭が歪になるなぁと描きながら思う。唇も厚い。
図鑑に載せるような絵なら棘の数とか鱗とかの数も意識せねばならないんだろうが、絵はそんな事どうでもよく、それらしくカッコよく描けたらいいと思ってます。

中学校の頃に親父に連れられて行ったキス狙いの釣りの際に、弟が15Cm程度だったと思われるがクロダイを釣った。
それが初の出会いで、親父から聞いたクロダイという響きが、なんとも勇ましく感激した。「鯛」が名につく魚というのはとても有難いもんだろうと思っていた。

本格的に釣りを始めて、しばらくはこの魚が釣れる事もなかった。狙っていたわけでもない。
私の師匠の1人SUさんが門川の沖磯で釣れたという50Cm超のこの魚を5~6枚だったと思うが釣った写真を見せてくれて羨ましいと思った。
その師匠に地磯に連れていってもらい、メイタクラスだが数釣りをしたのが初魚。サイズは30Cm前後。キチヌ混じり。
この時キチヌとクロダイの違いを意識した気がする。
01102916s.jpg

自己記録の48Cmはその後すぐに釣れた。宮崎市内の地磯。
それからも磯釣りをすると時々は釣れている。40Cm弱ぐらいがもっとも多い。不思議と38Cm程度。

昔のほうが釣れていたのはウキもB・2Bを中心にガン玉は当たり前で、底に近ければ釣れる感覚はあった。だけどだんだんとメジナ釣りが面白くなるにつれて軽いウキがメインとなって釣れなくなった。
なぜかこの魚に魅力も感じなくなったのは食味もあるが匂い。ボラもそうだけど鼻を衝く独特の泥臭さという感じだろうか、その匂いが苦手だ。なので釣れたらまあまあ嬉しいんだけど好んでは釣らない。
この魚を専門に狙う方も多いので失礼な話なんだけど、とにかく食材としての興味が無い。

「チヌ」という言い方が個人的には定着してしまったが、標準和名はクロダイ。
この魚は結構興味深い生態がある。幼いときはオカマちゃんだ。精巣も卵巣も持っているそうだ。大きくなるにつれ雌になる(卵巣が発達する)のが一般的で、ときどきは雄のままという個体もいるらしい。魚の性というのはとかく計り知れない。哺乳類が一つのパターンだというだけの話で、様々な形があるようだ。

狙ってもなかなか釣れないけど、簡単に釣れてしまうのがチヌ。そんな感じ。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/1064-86d8ee6f
該当の記事は見つかりませんでした。