宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

(お魚深堀・9)クロダイ

今朝は目覚めが早く、まだたっぷりと時間もあるし、かと言ってこれぞというネタもないのでそんな時の為のカテゴリー、お魚深堀です(^^ゞ
気になる魚の事を深く学んでみたいという気持ちなんだけど、頭に浮かんだのはクロダイ
年末・年始にかけて何匹か釣れたので。

クロダイ(黒鯛)
P1088840s.jpg
2017/1/8 32Cm
PC248797s_2017021503551243e.jpg
2016/12/24 50.5Cm

基礎知識
釣り人にとくに馴染みがあるこの魚は、「クロダイ」よりは「チヌ」、また若魚だと「メイタ」と呼ばれる。
北海道以南に生息し、琉球列島にはいない。朝鮮半島・中国沿岸・台湾にはいるそうだ。
沿岸の浅所に住み、磯場にも多い。防波堤でも釣りの対象魚として狙われる近場の大物だ。近似種のキチヌ同様に汽水域にも入ってくる。市場にはさほど並ばない。マアジとかマダイなどのように近海の漁対象としては生息域のせいか獲れないだろう。
姿はよく味もまあまあなので、量が取れるのならそれなりに扱われる魚だろうが、基本は釣り人の魚だ。
この魚の性が面白い。2歳で生殖活動ができるようになるが、3歳になると雄雌に別れる個体と同体のものがいるそうだ。
4歳になるとほとんどいずれかになり、5歳以上は雌が多いよう。
つまりは大型で成長しきったものはだいたい雌なんだろう。「のっこみ」という言葉はこの魚が春に軍団で外海から押し寄せてくる様を表現している。乗り込みという事だ。のっこみは最近他魚でも産卵時期の事を指す。
最近は産卵時期の事をスポーニングと表現される事も多いので調べてみると、これは恐らくブラックバス釣りの世界で使われる用語のよう。まあかっこいい言い方だけど・・・どっちでもいいかな。
チヌのスポーニングの季節は4~6月で、近似のキチヌは秋だそうだ。クロダイとキチヌは背鰭棘条部中央下の横列鱗数の違いで簡単に区別できる。クロダイは5.5枚でキチヌは3.5枚。まあ慣れてくれば一目で判るが大きな個体だと見間違う。その際は鱗の数を数えれば間違いなし。
ただ宮崎には4.5枚という個体も?ミナミクロダイ・オキナワキチヌはそうらしいけど以前研究者の方に聞いた話だともしかしてだけど別種の可能性もあるとか。
クロダイとキチヌのハイブリッドという可能性を問うと、産卵時期が全く違うのでそれはあり得ないそうだ。
第三のクロダイだなんて、夢とロマンがあるよな。ぜひ研究発表してください。
タイ科クロダイ属の魚は日本では5種で、本土に住むクロダイとキチヌと、奄美・沖縄に住むミナミクロダイ・ナンヨウチヌ・オキナワキチヌ。棲み分けているのが面白いが、以前クロダイという魚は深場を越えられないという話を聞いた事もある。
水深30mだとキチヌは釣れるがクロダイは釣れた事がないのは私の経験。沖瀬の水島でも見た事はない。海はつながっているから沖縄に泳いで行く個体もありそうだが、まあビビリなんでしょうか(^_^;)

釣り
50Cmを越すチヌを釣りたいと思うのがチヌ釣り師、なのかな?50Cmを超せば「年なし」と呼ばれて60を超せばロクマル70だとナナマル・・・
40Cmを超しても立派なチヌだけど、どうも雰囲気的には40超えでチヌと認められ、それ以下だとメイタらしい。違うかな?
そんなチヌ(クロダイ)だが、個人的にも今やチヌという言い方が定着してクロダイはむず痒い感じだ。釣り人のほとんどはそうじゃないのかな?クロダイっていうと格上の感じはするけど。
フカセ釣りをしていると狙ってなくても時々釣れる。だいたいは餌も取られず底付近まで付餌が行ったときだ。
狙うなら底付近を最初から流すのがいい。そのためにウキも浮力の強いものを使う。口も大きいからハリ掛かりしやすいように大き目のハリだ。チヌが浮遊しているエリアというのは底からだいたい1m程度だそうで、チヌ釣り師はその付近で餌が漂うように棚合わせをしっかりとする。
ウキ釣りの場合はそんな感じだけど、この魚の面白さは近場で釣れるということで、防波堤で「落としこみ」仕掛で狙う方も多い。
底ではなくて壁に付いているチヌを狙う。この際のメリットは撒餌をばら撒かないこと。つまりは荷物も少ないしクリーンな釣りができる。雑食性のチヌならではの釣りだが、動物性の餌を使って狙う。カニやイガイ(貝)など。
この釣りの面白さを語る方も多いし興味もあるのだが、個人的にはまだ経験した事がない。ゆっくりと仕掛を落として行って、道糸の変化でアタリを取るようだ。また宮崎は少ないが団子釣りとか、最近はルアーを使って狙う釣法も確立されている。
まあそれだけ馴染み深く魅了される魚なんだろうな。
個人的には狙った事がないものの、メジナ狙いのフカセ釣りで時々釣れる。全誘導仕掛の機会が増えた分チヌも釣れる印象。
また海が荒れている時に釣れる感じだ。そんなときにちょっと淀んだ場所で釣れる。
台風の時に防波堤湾内で狙うと釣れると聞くが、確かにそうなんでしょう。ただ台風の時って風も強いので釣りに不向きだよな。

食味
これが問題なんです。私には・・・
たぶん最初の印象の問題なんだけど、初めて食べたチヌが気持ち悪かった・・・身の質が。
チヌは地域・環境・餌で随分と食味の個体差があると聞く。江の島あたりでスイカを餌にチヌを釣るという話もあるが、ようは夏場に海水浴で訪れた人間のゴミ(スイカの皮など)を捕食して味を覚え、それによって釣れるという事だが、なんでも食べるしその個体が美味しいと思ったものを中心に食べるんだろう。養殖の魚と天然の魚の味が違うけど、同様に環境で変わるのでしょう。
そんな訳で狙わなくなった。もっと言えばそんな事を力説する釣り師匠のせいかも。
まあ言えるのはそんなに不味いとも思いません。ただ美味しいとも思わないだけ。これは完全に偏見です(^_^;)

その他
以前、佐賀県の波戸岬にある海中展望塔に行った時に、完全に餌付されているチヌ軍団の様子を見た事があるが、同じぐらいの大きさでも2種類に別れていて、1つは銀色の美しいタイプで、1つは黒々としたタイプ。
その後何がしかの記事で、これが回遊タイプと居付きタイプだと書いてあったけれども、そんなに大きく様子が変わるものなのだろうか?ちょっと疑問を感じている。

まあとにかく今後も時々は釣れてくれるであろうチヌ
狙っている方には失礼な話だけど興味が湧かない。湧かないけど釣れたらそれなりに嬉しいんですけどね。

kurodai.jpg
この絵は上の魚(2つ目の写真)をモチーフに描いてみました。
大きいのは形がちょっと歪。そんな事を意識しながら。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/1110-6fbfb49d
該当の記事は見つかりませんでした。