宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

あさっての仕掛

日曜日にあるYAIBAの懇親会で、どんな釣りをしようかチラチラと考えてまして、集魚剤の配分とか仕掛とか。

まずは寒グレの鉄則としては小ハリ・細仕掛になるのだろうか。

いつも持ち歩くハリスの太さは1.2・1.5・1.7・2号だが、普通は1.7号
1.2なんてほとんど使いませんし怖い。切れるリスクが高そうで。基本的な考え方としては、魚は糸の太さなんて測らんだろうし考えすぎる事もない・・・と思いつつ、細いほどに悟られないというのは一理あります。

ハリはグレバリの3号~6号で、基本は5号。活性が高く感じるときは6号にするし悪い時は4号。3号ともなると喰いはいいけどすっぽ抜ける確率随分高くなる印象だ。

餌の配合だけど、最近ずっとオキアミを1角にしてパン粉を多用しているけど、県北の魚は浮いてこない・・・というし寒グレは尚更かも知れないと思うと思案のしどころで、先日まとめ買いしたアミ成分がたっぷりの集魚剤は軽そうで如何なものかと思ったりして、まあ基本は濁って香りがあれば魚は集まるとも思っているのだが、どのように自然を演出できるかだよな。

何らかんらと言っても場所だと思う。
釣れる条件は1が場所で2が腕。場所といっても潮で釣果も変わるから、とにかくいい潮に当るといいのだが。

明日は休みだしじっくり準備ができる。今年は年末に家内に頼み込んで防寒着を買うつもりで許可もでたんだけど、釣具店で価格をみて私がビビってしまった。ちょっといい品(GORE-TEX®)だと4~5万が普通だもんな~。
取りあえず我慢して、明日は度重なる釣りで汚れたウェアの洗濯とか、できれば撥水加工したいな。
そう言えばエアーポンプ用の電池もそろそろ切れるのでは・・・買っとかなきゃ。

普段から雑誌など見ないのでトレンドの仕掛を知りませんが、釣場で見たり聞いたりしたものでこれはいいと思うのものが今の私の形。最近感じるのは遠投というキーワードなんだけど、そうなのかな?
まあ足元に餌取りが多ければ遠投だと思うけど、そこは臨機応変でしょう、って思っていてとにかくまずは魚が居る場所を探るのが私は基本。魚というより潮下を探して潮上に流す。これをしないと全誘導は馴染みません。

などと、ツラツラと頭に浮かぶ事を文字にしていたら、ふとヒラメイタ。新仕掛。
こりゃまずい・・・・
オーソドックスに攻めるつもりだったのに、試してみたい衝動。

もしそれで釣れたらご紹介します。いうほど特別なものでもないけど。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/1112-a43c9961
該当の記事は見つかりませんでした。