宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

383.オオメハタ

レア度★★☆☆☆ 鹿児島・錦江湾で獲れた魚


ホタルジャコ科>オオメハタ属>オオメハタ
Malakichthys griseus Döderlein, 1883
P3059298s.jpg
P3059303s.jpg

今朝、目覚めてから最初の作業はこの魚がワキヤハタ、なのかオオメハタなのかという事を調べる事、からでした。

鹿児島錦江湾の釣行の際、とくに桜島に行く時には必ずトイレ休憩などで立ち寄る「道の駅垂水」に鮮魚コーナーがあり、沢山置いてあるわけでもないけどこの魚はだいたいある。いつも買おうか迷うのだがついに先週日曜日に買いました。
4匹入って509円はちょっと高めだと思うけど、たぶん美味しい魚だから仕方ないか。
P3059274s.jpg

以前も突っ込んだ事があるが「メバル」って・・・
まあでもその地域の人に通じる表現が大事なんだよな。目が張っているから「目張」・・・見た感じそうだからメバルでもいいのだ。
だけど私的には鹿児島メバルと命名する事にする(^^

さてこの魚を購入する際に浮かんだ名は「ワキヤハタ」
以前調べた事があるのにオオメハタという名は浮かばなかった。どうでもいいけどワキヤハタってのが代表っぽい。
そして持ち帰り図鑑などを眺めると、印象がオオメハタだ。目がデカイという事だけだが。
そこで今朝はこの魚がいずれなのか、きちんと調べる事にした。
確実なのは側線有孔鱗数で、オオメハタは41-47でワキヤハタは48-51なんだそうだが、苦手だ。
だけど写真判断だが数えてみたら45ぐらい・・・この時点でオオメハタだ。
そして決定的なのが図鑑に表記されている「臀鰭基底が短い(臀鰭最長軟条よりも短いか、ほぼ同長)」という事。
最初は???だったけど、WEB魚図鑑に登録されている魚をよくよく見ていると

判った!

P3059298sss.jpg
こういうことだ

もう間違いありません。購入した魚はオオメハタ。まあ見た印象でも目が大きいのだ。

さてオオメハタの生態だけど、棲息しているのは100m以深(~600m)新潟県沖から南の深い海にいて、底曳き網で獲れるようだ。
漁獲量はさほど無く、地域によりけり。購入した魚はラベル表記の通り「道の駅垂水」の直ぐ近くにある牛根漁協発なのでその界隈で獲れたものだと想像できるが、錦江湾は水深がもっとも深い所で230mと聞いた事があるし(調べたら237mだそうです)、桜島の周辺で船釣りをしたことがあるが目の前が島なのに水深が80mって事もあった。つまり湾全体が深いのでこんな魚が獲れるのだ。
遠浅の宮崎だと100mの深さは、恐らく10海里(約18Km)ぐらいは沖に出ないと無いし、そのぐらいだと黒潮の影響を受けるので底曳き網は難しくなる。

食通を唸らせる「ノドグロ」ことアカムツと同類のホタルジャコ科なので、口の中が黒いのかな?と思い写真を写したが、同様に黒い。
オオメハタよりは鹿児島の呼び名「メバル」であったり全国的には「シロムツ」で浸透しているようだ。
美味しいんだろうと思っていたけど間違いありません。
P3079316s.jpg
ハッカクと一緒にバター焼きで頂きました。

その地域ならではの魚、というのを集めて周る旅というのも面白いかな?またワキヤハタも錦江湾で獲れるようなので探し出してみたい。

2 Comments

MS says...""
オオメハタとワキヤハタですが、なんとなくですがオオメハタの方が体が寸詰まりのような気がします。底曳網では曳く深さで種が違うことがあります。ワキヤハタの方はたくさん見ましたがオオメハタは少ない感じがしました。
2017.03.10 02:23 | URL | #/5UrdHk2 [edit]
あらら says..."生息域"
オオメハタの方が深く、ワキヤハタがちょっと浅いって何がしかで見たような気がします。
ワキヤハタのほうが多いんですね~
一緒に行った垂水の道の駅では、過去の写真を見てもオオメハタですね。
同じ場所で獲ってるんでしょうね。
2017.03.10 04:43 | URL | #aIcUnOeo [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/1132-12d02e29
該当の記事は見つかりませんでした。