宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

388.アヤメエビス

レア度★★☆☆☆ 石垣島で出会った魚


イットウダイ科>イットウダイ属>アヤメエビス
Sargocentron rubrum (Forsskål, 1775)
P4159733.jpg
2017/4/15 石垣島石垣港


夜釣りで釣れる代表的な魚に「テリエビス」というのがいて、ときにはうんざりするぐらいでそれしか釣れないから終わるって話を聞いたこともあるが、その中にレアな、こんな魚が混じると面白い。
個人的には夜釣りがとても苦手だ。理由は暗いのが辛い。たぶん目が悪いのが1つで暗い中で釣れた魚に対して色彩の感動が無い事があるかも知れない。写真を写しても上記のような影位置になってちょっと苛立ちも感じる。相応の機材を持ち込むのも理想だがそこまでの情熱があるかどうか。そもそも釣れるか否かかという状態でそんな道具を持って行く事が面倒だ。
ところが、最近行動を共にすることが多いIHさんは夜が得意で、寝る間を惜しんで釣りをしているしきっちりと結果を残される。
写真の魚もIHさん獲得魚だ。まあこのサイトで紹介する魚は自分で見て触れて写して、というのが基準だから1種ゲットではあります。
他力本願です(^_^;)

WEB魚図鑑に投稿されている数を見てレア度を勝手に評価しているけど、アヤメエビスは割と多め。
投稿の場所の多くは沖縄とか奄美とかだけど分布は広い(太平洋側)。宮崎からも投稿がある。
身体的な特徴は、パッと見た感じでは尾鰭・背鰭・臀鰭の内側が黄色が目立つが、もっと判り易いのは尾鰭の上下両葉が赤い。他のエビスの仲間は全体が赤い。※一部除く
もっと細かく判断するなら背鰭・臀鰭・尾鰭の基部に黒色斑がある。
体側背部にある黒色の縦線が1または2本である。
背鰭の鰭膜が深く切れ込む、そうだ。
写真の魚を見たらもう、一点の曇りもなくアヤメエビスだな。

テリエビスとの比較写真
P4159733.jpg
P9117630s.jpg
背鰭の様子(模様)が全く別ですね。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/1187-744f868e
該当の記事は見つかりませんでした。