宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

393.ミナミトビハゼ

レア度★☆☆☆☆ 西表島で出会った魚


ハゼ科>トビハゼ属>ミナミトビハゼ
Periophthalmus argentilineatus Valenciennes, 1837
P4169836.jpg
P4169838s.jpg
2017/4/15 西表島浦内川 約6Cm


九州電力だったと思うけど、コマーシャルか番組かのキャラクターでトントンミーというのがいて、この魚の事を沖縄ではそう呼ぶようだが、調べてみたら子供歌に「トントンミーのうた」というのもあるぐらいに馴染みの魚だ。

本土ではトビハゼ、で奄美以南だと主にミナミトビハゼでいいんだろうと思うけど奄美大島と沖縄本土ではいずれも生息しているようなので写真を残すなら背鰭の様子まで確認しないと判らないようだ。第1背鰭の先端が突出しているのがミナミトビハゼ。

生息域は似たようなもので干潟などの泥地帯やマングローブ地帯にいる。泥の上を飛び跳ねる魚で有明のムツゴロウと同じ環境で過ごしている。
ムツゴロウは割と大き目でこの魚は小魚。成魚で10Cmにも満たない。飛び回るこの魚を捕まえようとすると1mぐらいのジャンプが連続でできるそうなので難しいかも知れないが、ミナミトビハゼは割と食欲旺盛で簡単に釣れるようだ。トビハゼは難しいらしい。

鹿児島の水族館に干潟を模した水槽があり、たぶんトビハゼなんだけど養っているので、その姿を見ているととても愛らしくいつまでも眺めていることができる。沖縄では食用にもされるようだがさほど重要視されてないようだ。
まあ不味い魚ではないが小さいし捕え難いからでしょう。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/1199-0b79d98e
該当の記事は見つかりませんでした。