宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

400.ユメウメイロ

レア度★★☆☆☆ 西表島(沖)で釣れた魚
MY釣魚309種目


タカサゴ科>タカサゴ属>ユメウメイロ
Caesio cuning (Bloch, 1791)
P4179963.jpg
P4179960s.jpg
2017/4/16 西表島上原港沖 約28Cm


祝・お魚紹介400種目!・・・やっと日本にいる魚の一割ぐらいか。老い先微妙な年頃なので、あとどれぐらいの魚と触れ合えるのか。まあ1000種には届かせたいもんです。

記念すべき400種目にユメウメイロ。
何とも響きの良いこの魚の名は釣れた時に初めて知った魚名だった。連れて行ってもらった遊漁船の三拝云・前大船長は生まれは島で、若い時は都会に住んでらっしゃったようで言葉は標準語だし、魚名を聞いても現地の呼び名ではなく標準和名で伝えてくれる。以前石垣島に行ったときの船長は如何にも現地、という方で、現地で漁師ということになるともう印象はそれぞれでしょうが、想像通りの方でした。※想像はお任せ致します。
三拝云のHPにも自ら口が悪いように書いてあったので初対面のときは少しビビッていたが、基本的には優しく竹を割ったような直接的な物言いではあるが、それが好印象だ。そして魚名についてもしっかりガイドして頂けるのが有難かった。

そんな訳でユメウメイロという魚名を辞書を引くこともなく知ったのだが、和名の名付け親には感服致します。こんなロマンある魚名はめったにないかも。漢字だと「夢梅色」だな。

この魚はタカサゴ属で、現地だと大雑把にはやはり「グルクン」だ。ただし色合いと体高が違うので区別はされているようだが、沖縄では「シチューグルクン」と言われるそうだ。シチューとは?これまた不明確なんだけどメジナのことがシチューだという記事があったことと、ササムロがヒラーグルクンと呼ばれるそうで、つまりは細いか太いかを意味するのだろう。八重山ではアカジューとも呼ばれるらしいけど、それについてはWEB上にはとても情報が少ないのでどれほど浸透しているのか不明。

写真の魚が約28Cmで、その前に釣れていたタカサゴが小さかったので結構引いて大きくも感じた。さらには35Cm近くありそうな個体も釣れた。成長してそれぐらいだそうだ。残念な事にIHさんにも釣れたのだが抜き上げ失敗。釣れた魚カウントに拘られているのでとても残念なようだ。皆見てるし1種目カウントでいいと思うんだけど・・・。まあこれは船釣りすれば高確率で出会える魚でしょう。

ウメイロと配色が似ているのだが、科・属は別。

ウメイロ(上)ユメウメイロ(下)
P9227684s.jpg
P4179963.jpg

ウメイロはフエダイ科でユメウメイロはタカサゴ科
写真を見ても似ているともいえないけど、何より釣れ立ての状態は、ウメイロは写真のように汚れた感じで決して美しい魚だとは感じないものの、絶命して置いていたら斜めの配色の境がくっきりと出て色もはっきり分れ綺麗に見えてくる。
片やユメウメイロは最初から綺麗だ。残念ながら写真の個体は何か大型魚が一旦かじったような歯型があるし鱗が剥がれているんだが、それでも実物は綺麗だった。

味もよく(グルクン全般)何料理でも合いそうだ。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/1209-df773734
該当の記事は見つかりませんでした。