宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

402.サザナミトサカハギ

レア度★★☆☆☆ 西表島で釣れた魚
※MY釣魚310種目


ニザダイ科>テングハギ属>サザナミトサカハギ
Naso vlamingii (Valenciennes, 1835)
P4179982.jpg
P4179986.jpg
2017/4/16 西表島上原港沖 約35Cm
P4170005.jpg
2017/4/16 西表島上原港沖 約25Cm


西表島の船釣りで、グルクン狙いという事で貧果ではあるけど目的のグルクン(タカサゴやユメウメイロ)が釣れて、最初に我々は魚種が多いほどいいという要望を伝えていたので場所を移動し仕掛けはそのまま他魚狙い。
船長の話では浅瀬にニザダイがいるという。

ニザダイか~。西表でニザダイ釣ってもなぁ・・・まあ他の魚もいるんだろう。

写真の1つめの魚が釣れた時に船長が、「ニザダイだっ」・・・ええ?ニザダイって似ても似つかぬ魚ですけど(^_^;)
と心の中では嬉しいボヤキ。
何だこれ?

さすがにユビキタス社会なので、そこが西表島であっても船の上であってもネットはつながります。つながらないのは甑島の岩の上だけ(^_^;)
直ぐに魚名は判明しました。サザナミトサカハギだ。
ちなみにIHさんはすでに宮古島で取り込み済み。私は初なので嬉しかったし結構大きいので引きも強く楽しかったのでした。
それにしても、確かにニザダイ科だ。たぶん船長にしてみればテングハギでもカンランハギでも何でもニザダイなんじゃないかな?
などとこれまた心の中で突っ込みしつつ・・・・

どんどんこれが釣れだした。2匹は写真上のタイプが釣れて、3匹めは大きさがほとんど変わらない2つ目の写真の模様。
釣れたタイミングが一緒なら並べて比較ができるが、バラバラだしリリースしてしまうので実際には別魚のように見えた。
ちなみに食べてもまあまあらしいけど、グルクンが釣れていたらこれはリリースだそうだ。島の方でも好みが分れるらしい。想像ではサンノジ※ニザダイのような感じなんだろう。

船の上で、デジタルカメラに写した最初の写真と比較してみたり、ネットで調べてみたりしたが、どうも同種に思えた。
特にそう思ったのは体表の模様。こんな模様が別種で入らないだろう。そうするとこれは雄雌の差なのか?
だったらカラフルな方(真ん中)が雄だろうな。鳥でも魚でもカラフルなのは雄・・・じゃない?

さらには小さいのも釣れた(写真下)。えっと・・・これまた別種?いや一緒でしょ。

結果的には二人で10匹ほどは釣れた。その場所ではこればかり・・・
もういいやという感じだったが船長は昼寝しているし、釣れなくなるまで粘った。1種は別魚も釣れたので、まあ充分目的は果たした。

南方系ではあるが、本土でも獲れている。WEB魚図鑑を見るとそのほとんどが奄美以南でフィリピンなどからの投稿も多いが、唯一宮崎から「はちべえ」という方が投稿されている。場所は・・・磯・・・ですか(^_^;)
写真の感じからすると10Cmほどの若魚で、磯とはいえど防波堤で水深は無さそうだ。透明度から考えても南エリアじゃないかな?
9月だけど黒潮に乗って流れ着いた個体だと思われる。

特定の場所に行けば群れているんだろうけど、どこでも釣れるという訳では無さそうなのでレア度は2ポイントにしました。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/1213-f098bd2c
該当の記事は見つかりませんでした。