宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

417.モヨウモンガラドオシ

レア度★★★★☆ 宮崎で釣れた魚
MY釣魚317種目


ウミヘビ科>ゴイシウミヘビ属>モヨウモンガラドオシ
P6170909s.jpg
P6170911s.jpg
2017/6/17 串間市鳥島 約90Cm スルルー/キビナゴ餌


まだまだ未開の釣りとしては、川釣り・磯の底物・沖のトローリングなどがあるけれども、今はまっているスルルー釣りだと未知の魚が釣れる期待感が大きくて、もちろん大物が出る可能性もあって、数は釣れなくても満足感は得られる釣りになります。

6月17日の釣りの最初の獲物が初見のこれだったので、もうその日は1日満足感は得られました。
ウキがわずかに反応したように見えたので合わせてみたら、また根掛かりっぽいが巻き上げれる??瞬時にウツボと確信。
でも上がってきたのが普通はグネグネと曲がるタイプではなくて、まさに爬虫類の蛇の動きだったので警戒・・・
細いので重量はなく抜き上げられたが、その模様からも危険が香りが漂って扱いに困った。爬虫類のウミヘビだと猛毒があると聞くし、どうしたものか。
でもよく見たら鰭があるように見えるし、ちょっとばかり宙釣りにしていたら糸に巻き付いてきたので確信した。これはウツボの仲間に違いない。
それにしても細いせいか暴れ方も激しくて、これをどう撮影しようか迷ったけど、クーラーボックスで眠って頂く事にした。
サッと入れてハリスを切ってパタンと蓋を閉じて20分ぐらい放置。無用な殺生はしたくないけど長物は結構丈夫なので仮眠状態にはなっても復帰することが多い。けれども・・・

蓋をあけたら見ただけで判る粘液。やってもた~食材いれっぱだった。魚もたぶん絶命している感じ。ゴメンね~

まあとにかく写真撮影。長物の基本スタイルの「つ」の字にして・・・おお?結構長い。
宙釣りの時から気になっていた顔。犬歯の部分がやたらに目立つ。先は尖っておらずユニーク。
その顔を見て、たしか何とかドオシとかオドシとか、そんなやつじゃなかったかな?と考えていたが、同行の紅はるかさんがこれじゃないかと携帯で見つけてくれたのでした。間違いないでしょう。(この様子は釣行記にも書いたけど)

本土でも普通にいるようだが太平洋側であり、離島・南方には多いようだ。割と釣りの外道として釣れるようで、WEB魚図鑑にはまあまあ登録があって凄くレアな魚というほどではないが珍しい部類かも知れない。

それにしても魚類のウミヘビと爬虫類のウミヘビが紛らわしいけれども、爬虫類のウミヘビはコブラの仲間が進化したものという話もあって猛毒を持つらしい・・・と以前聞いた事があり警戒してました。
魚類のウミヘビは毒は持たないものの気性はそれなりに荒いので、やはり警戒したほうが良さそう。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/1241-6918a4b5
該当の記事は見つかりませんでした。