宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

426.アヤトビウオ

レア度★★☆☆☆ 宮崎で獲れる魚


トビウオ科>ハマトビウオ属>アヤトビウオ
Cypselurus poecilopterus (Valenciennes, 1846)
P8120224s.jpg
2017/8/12 門川獲れ魚を販売するマルケイ水産にて購入 25Cm


WEB魚図鑑を覗くと、この魚がトビウオ科の中ではもっとも投稿数が多くレアな魚とも言えないのかも知れないけど、個人的には初めて意識した。鰭を見てまだ未登録の魚だと思って購入した。

過去にこのブログ内で記事を残しているトビウオ科の魚は1種。ハマトビウオだけだ。
宮崎で獲れるトビウオ科の魚の代表的なものがハマトビウオで、串間市で名物の「トビウオすくい」の対象魚がそれ。30Cmを超す大型のトビウオだが、恐らく宮崎に住む多くの方はトビウオという魚に種類があるなんて考えてもいないし、30Cmを超すのが普通だと思っているに違いないが、たぶん他所だとトビウオのイメージは違うんだろうなと思う。きっと大きくても手の平ちょっとぐらい。
ハマトビウオの紹介に書いているけど日本産トビウオって6属29種ある。そのほとんどは大きさは30Cm未満で40Cm前後のサイズならほぼハマトビウオと断言していいんだろうと思うけど、小さいなら迷うべきで、結構難しいらしい。

だが写真の魚は羽根にある模様から「アヤトビウオ」と判断するのは容易な、優しい魚だ。
房総半島以南の南日本。~台湾東部沿岸、大平洋の熱帯域に分布するそうで初夏に南日本で産卵するそうだ。
小型なので流通せず、産地でのみ消化される事が多く価格も安いらしい。

トビウオと言えば「あごだし」のあご、がトビウオの事だが、「あごだし」は九州でも北部、特に博多界隈であったり離島の五島などで盛んに使われる。煮干しと比べても上品で濃厚なコクが出ると言われるが、そのトビウオとは産卵時期に日本海側で大量に獲られる小型の「ホソトビウオ」が利用されるよう。宮崎でもダシを取るために乾燥して販売されているトビウオは北部九州産だと思うが、写真のアヤトビウオは獲れたときに時々販売されている程度なので貴重なのかも知れない。

4 Comments

MS says...""
たしかにアヤトビウオは市場ではみかけても商店などでならんでるのは見ませんね。もしかしたらハタンポとかと一緒に潰して売ってるかもしれません。
2017.08.25 22:05 | URL | #/5UrdHk2 [edit]
あらら says..."潰す?"
練物ってことかな?
ほとんど市場に行った事がないので判らないんですが、魚によってまちまちな対応なんでしょうね~
2017.08.31 04:15 | URL | #aIcUnOeo [edit]
MS says...""
そうです。オバチャンとかが俎板の上でおろしてぐりぐりやってます。衛生的には^^;ですが、なかなか美味しそうです。
2017.08.31 11:36 | URL | #/5UrdHk2 [edit]
あらら says..."そうなんだ"
食べてみたいね~。この練物は何々が入ってますってきちんと表記されていたら面白いのに。
2017.09.01 04:38 | URL | #aIcUnOeo [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/1286-5873e9a1
該当の記事は見つかりませんでした。