宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

54.マハタ

レア度★★☆☆☆ 鹿児島・錦江湾で釣れた魚
MY釣魚NO・54


ハタ科>ヒポルソドゥス属>マハタ
Hyporthodus septemfasciatus (Thunberg, 1793)
000391.jpg


ん~。属名ぜったい覚えられんな~。ひぽるそどぅす・・・って。

(マ)が頭に付く魚って、まあそのグループの代表種のようなもので、思うに、メジャーでカッコいい魚が多いかも。マダイ・マサバ・マアジ・・・・
そんな中でもハタの代表種マハタという魚はハタの仲間の中でももっとも大きくなる種で、100Kgを超すようなものを「カンナギ」と言ってクエと同様に憧れの釣魚でもあるわけだ。
釣って知ったことは絶命すると体表面に凄い粘液を出す。だから宮崎だと「ヌメリ子」と言わるんだなと悟った。
クエの子供の事をそのように呼ぶが、ハタ類の子魚(とは言っても大型になる種の子供で、釣れても40~50Cm程度のそれなりのサイズの魚)をだいたいそう呼ぶようだ。つまりクエもヌメるんだろうな。釣った事ないけど。

マハタは幼魚のうちは浅場にいて、成長とともに深場に移動するそうだ。つまり大型は深海釣りになる。それに対してクエは大きくても浅場に生息する。
美味いけど癖がないというか、淡泊だなと感じた記憶がある。コアジ生餌で何度か釣った事があるんだけど、最近はご無沙汰だな。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/135-a959ce43
該当の記事は見つかりませんでした。