宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

451.コブダイ(若魚)

レア度★★☆☆☆ 大分(佐伯)で購入した魚


ベラ科>コブダイ属>コブダイ
Semicossyphus reticulatus (Valenciennes, 1839)
P2180590s.jpg
2018/2/18 佐伯市(海の市場)で購入 24Cm


宮崎県人には馴染みの薄いコブダイ。カンダイとも呼ばれる。
大きなものは1mを超す。成魚でだいたい80Cmほど。この大物は大分や愛媛の港や防波堤には普通に足元にいて、時には釣りの邪魔をしてくれるらしい。狙っても怪力で普通の竿だと伸されて上げるのは難しいようだが、その駆け引きに魅了されて狙う釣り人も多いようだ。特に瀬戸内海に多いようだけど、分布としては「下北半島・佐渡島以南の沖縄県をのぞく各地。朝鮮半島、南シナ海。岩礁域にすむ。」とのこと。そうすると宮崎もエリアという事になるが見たとか釣れたという話は聞いた事がない。

写真の魚はまだ若魚で24Cmだが、これだけ見るとなんとも魚らしい流線型の姿で色もシックで、まあ可もなく不可もなくオーソドックスな魚なんだが成魚だとその個性はオンリーワン。
img20180223_05114920s.jpg
デフォルメではあるけどだいたいこんな感じだ(^_^;)
頭と顎のコブが極端に出張って、人面魚とも表すことができそうだ。とにかく一度釣りたい魚

ちなみにだけどベラの仲間で日本三大珍魚といえば
P5051775s.jpg
クギベラ
P4180114.jpg
ギチベラ

そしてコブダイ・・・・って事でよいのではなかろうか?容姿の変わったベラ類です。

さてコブダイは釣りたい魚であると同時に食べてみたい魚でもある。購入した魚は今現在まだ冷凍しており食してません。
ただ食べてみたいのはコブの部分で、想像するに極端な脂身なのかゼラチン質ということのような気がするが、釣れてもそのサイズの魚を加工する鍋もないかもなぁ。
ところでこの魚を購入した18日は珍魚を求めて北上していったわけだが、実は数日前にFB(フェースブック)でこの魚を見かけて気になっていた。つまり珍魚を求めるというよりこの魚を求めていたわけです。
北浦や蒲江の鮮魚コーナーを見渡してはコブダイなかろうかと思いを馳せて、佐伯に付いた頃には脳内思考率100%コブダイだったので、見つけた時はすかさず価格も見ずに手を伸ばしました。ちなみに購入価格は200円、なかなかリーズナブル。
購入後、釣り大会の場で「こんな魚見つけましたよ~」と自慢したけど、皆さん興味は無さそうでがっかり。そりゃそうか。

コブの食味を記事にしたブログなどないかと探していたら、とても面白いサイトを見つけました。

デイリーポータルZ「コブダイのコブの中身はどんな味?」

おーそうなのか!という面白い記事構成となってます。こんなサイトを目指したい。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/1406-39091b5e
該当の記事は見つかりませんでした。