宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

461.ブチブダイ

レア度★★★★☆ トカラで釣れた魚
My釣魚335種目


ブダイ科>アオブダイ属>ブチブダイ
Scarus niger Forsskål, 1775
P5051343s.jpg
P5051359s.jpg
2018/5/5 トカラ列島悪石島 約30Cm


悪石島で昼間に私自ら釣れた初めて見る魚2種目で、魚名が???でそのような魚が最も大好物なわけなので、言ってみれば悪石島に行った目的をまんまと果たせた魚なのです。
持っていったタブレットにて「WEB魚図鑑」を閲覧するとすぐに魚名は判りました。ブチブダイ・・・
さて何が「ブチ」なんだろうと思ったけど、恐らく幼魚の際に体全体に白斑がある(小さいうちは腹部に白点が集中している)様子の事からのようだ。

同サイズ(30Cmほど)の色合いが違う個体が立て続けに釣れた。写真の通りだが見ての通り青っぽい雰囲気ののものと赤っぽい雰囲気で、決定的に違うのが尾鰭の上下両端の長さだ。上の方が長い。これを見て別魚なのか?とも思ったけれど、胸鰭の上・目の後方にある明るい短めの帯班がいずれにもあって、それを見て同じ種の魚だなと思った。
恐らく上はコテコテの雄で、下は雌か中性なのかなんて思うけど手持ちの文献では判りません。基本的に雄と雌の色合いの特徴差というのはないという何がしかの文献の記載もある。
ちなみに先日購入した1400種登録がある「小学館・日本魚類館」には記載がなく、「山渓・日本の海水魚」に詳細が載っていたので参考にさせてもらっているが、前書はブダイに費やされているページが2頁で、山渓だと14頁と、圧倒的に写真情報が多く種数も多い。余談な話となったけど、つまりこの魚は一部の本にしか紹介されてない、割とレア魚だということだ。

大きさは50Cmほどにはなるようで、癖のない美味しい魚だそうだ。
印象としては普通のブダイより若干体高があり丸みを帯びていて「こデブちゃん」だ。

2 Comments

MS says...""
確かに「日本魚類館」は詳しく解説などありますが、残念ながら魚種数はあまり多くなく、魚の検索には使いにくいかもしれません。あと「ベラ・ブダイ図鑑」では日本産は雌雄で違いが殆どないとされていますね。それにしてもブチブダイは釣ってみたい魚なので、羨ましいです。あと、今度アカマツカサ系の魚釣ったら送ってくださいね、詳しく見ます。
2018.05.11 16:20 | URL | #/5UrdHk2 [edit]
あらら says..."「ベラ・ブダイ図鑑」"
「ベラ・ブダイ図鑑」いいなぁ。欲しいな。
「日本魚類館」は読み物として面白いんですけど、魚を調べたいときには結構残念です。
今回私は一切の魚を持ち帰りませんでした。一部はIHさんが食べるために持って帰ったんですけど私はクーラーボックスも持参せず(荷物になるので)
次回はしっかり持ち帰って送りますね。
2018.05.12 04:15 | URL | #aIcUnOeo [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/1469-d6d5c508
該当の記事は見つかりませんでした。