FC2ブログ

宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

475.ツバメコノシロ

レア度★★★☆☆ 宮崎獲れ鮮魚店で購入


ツバメコノシロ科>ツバメコノシロ属>ツバメコノシロ
Polydactylus plebeius (Broussonet, 1782)
P9152414s.jpg
2018/9/15 門川獲れ鮮魚店「マルケイ水産」にて購入 20Cm


マルケイ水産というお店はまことに楽しく、ドル箱にごった積みされている魚の中を注意深く見ていると、時々こんな魚を見かける。門川周辺の市場を駆け回って、競りを終え売れ残った魚をまとめて買い集めているんじゃないかな?と思う。
門川から宮崎は車の移動で約1時間半程度で、だいたいPM2時前後ぐらいに専用のトラックでゴソッと運ばれてきて、お店の中央にある陳列台に無造作に並べられる。PM2時過ぎだと客は業者が多い。業者とは宮崎市内で夜の飲食店を行っている方々だ。
朝市場で水揚げされた魚は鮮度が高いことをご存じなんだろう。値段も安い。顔馴染みになると予約もされているようだ。

ひとつ前に紹介したリュウキュウヨロイアジはカイワリが何匹も入ったドル箱の中に、そっくりだけどちょっと違う魚って感じで見つけたが、ツバメコノシロは別の箱の中で2匹発見。
1種類だけ・1匹だけをレジに持っていくのはちょっと恥ずかしい。2匹だと堂々とザルに入れて並ぶ。ただこのお店は魚の価格よりは処理(さばいて身を提供)費用で稼いでいると思えるので、私のように変わった魚を姿のままという客はあまり好まれないのかもしれない。それでも最近何度も通っているせいか顔を見るとニコッともされるし何より安くしてくれる。レジがおばちゃんかお姉さんだと安いが、オジサンだと高いというのがポイント(^_^;)。とにかく今回2匹買って120円。缶ジュース1本分だ。

ツバメコノシロはもっとも釣りたい魚の一つだ。宮崎に生息していて釣れるのが判っているのにまだ釣った事がない魚。意識しだしてからもう4年になる。
最初に強烈に印象に残ったのは2015年5月17日。今では様々な釣りで行動を友にするIHさんとの初対面釣行の際だ。
釣りを終えて港の定期船船付の表層にて見つけたこの3Cmほどの魚。
IMG_6478s.jpg
あまりにも他の幼魚とは様子が違うが捕まえる事はできず望遠にて撮影
各所に問い合わせして「ツバメコノシロ」幼魚だと結論づけた。

その年の10月に行われる釣りオフ会に、私は2日目から参加したが初日に数匹釣れたそうだ。延岡市北浦の道の駅の前にある浜で、狙いはキス釣りだったが波打ち際にて釣れたそうで大きさは25Cmほど。そしてオフ会の雑談にてこの魚は10月ぐらいには浜がある宮崎の各所で釣れるという話を聞いた。間違いないのは釣れた北浦なので、翌年も翌々年(つまり昨年)も竿は出したが釣れない。多分そこそこの群れで回遊しているんだと思われるので、その群れに遭遇しないと釣れないんだと思う。いつかはまぐれで釣れるんだろうと思ったが、ちょっと諦めていた。

「あごなし」とも呼ばれるその容姿は写真の通りで、恐らくは砂地に潜む小動物を捕食しているのだろう。WEB魚図鑑に投稿されている地域は神奈川県より以南で太平洋側からのみだが、文献による地域は「南日本。インド洋・西部太平洋域」だそうだ。
死滅分散魚との事で、南で生まれた魚が潮に乗って北に来るようだ。成長すると45Cmほどになるが、日本ではさほど大きな個体は見られず30Cm前後のよう。南で居ついたものは成長するけど、北に流されてきた個体は大きくなる前に死滅してしまうってことかな。
鮮度の良いものは刺身で美味いそうで、東南アジアでは重要な食糧。日本では漁獲量が少ないため価値は低いようだ。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/1539-c338ee88
該当の記事は見つかりませんでした。