FC2ブログ

宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

チヌを狙う大会に参加

kurodai.jpg
メジナが九州では極寒の冬場に狙う魚なのに対して、それ以外の時期に周年釣れるチヌ
フカセ上物釣り師はイメージとしては11月~3月はメジナで、それ以外はチヌ、という感じだが、私はチヌの部分が「他魚※多魚」になる。

このブログで何度か書いているけど、チヌを狙う釣りは全くしていない。
大きく二つの理由があって、何度か食べたチヌがあまり美味しいと思わなかったこと。特に刺身は白身ながら細い血管の筋みたいなものが目立って、じっくり見たら気持ち悪くなったことがある。
もう一つの理由が先日亡くなったISO師匠の影響だ。フカセ釣りを始めた当初から、師匠が釣れてもリリースする姿を見ていて価値ある魚だと思えなくなったこと。しかもメジナ釣りの外道としてまあ時々釣れるので、わざわざ狙って釣る魚ではない。

なんて書くとチヌ釣り師に怒られるかな・・・あくまでも私はです(^^

では、真剣に狙って釣れるのか?私はこの魚はマグレでしか釣れないぐらいに感じてます。当然今まで敬遠しているわけですが、今週末は・・・

大会!

同じ町に住むYAIBAの先輩「ヨッシー」さんから誘ってもらって錦江湾で「黒魂」の大会だと聞いてます。
「黒魂」とは、ウキメーカーのキザクラが発売しているチヌ用のウキの事です。それの大会なんだろうなぁと漠然と思っていたんだけど大会要項など全く判りません。ネットに載っているぐらいに思っていたけど今朝調べてみても・・・無いなぁ。
まあ、よかろう。とにかく錦江湾に行ってチヌを釣るイベント。

そうなると狙わなきゃならないわけですが、まず思ったのが竿。チヌはメジナ狙いの竿と比べてもデリケートな竿先を持つ専用のものが発売されているので、つまりはデリケートな魚なんだろうなぁと思う。けど高いから購入は断念。

ハリはチヌ用に大きさで数種類持っていればいいだろう。

ウキは・・・「黒魂」だけにそれを購入するべきか、手持ちのメジナドングリで狙うべきか。何でもよいのならとりあえず購入は抑えておくとして、最近のチヌ釣りのイメージは、ウキを見えないぐらいまで落として底に着底させて探る釣りなんだろうなと思っている。だから浮力も00号とか000号とか、ほぼマイナスウキだ。

ハリスはメジナと一緒でいいと思うので、問題は餌だよな。

チヌ用の集魚材は沢山販売しているけど、正直何をセレクトすべきか全く不明。
基本的には付餌と馴染めば何でもいいと思っているので、まあお店で袋に書いてある能書きを見て選ぶことにしよう。
付餌の考え方が多様で、メジナ同様のオキアミから、団子・カラーオキアミとか・・・動くものには敏感な魚だから虫エサもいいんじゃなかろうか。昔からサナギなどはよく使われるけど。

とにかく狙った事がないので想像がつきません。

実際には狙うふりして珍しい魚(初めての魚)が釣れたらとても嬉しいけどな、なんて思ってます(^^

ところで

突然今朝は初冬の様相
11月に行く奄美もそれなりに寒くなるのかもなぁ。
この時期から吹く北風の事を西表島のFB友は「ミーニシ」といい、せいゆう丸の船長は「青北」(アオギタ)と紹介してますが、とにかく冷たい北方からの厳しい風が西日本・沖縄の端のほうまで吹き込んできたようです。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/1551-6b0e18ef
該当の記事は見つかりませんでした。