宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

71.スズメダイ

レア度★☆☆☆☆ 宮崎で釣れる魚
MY釣魚NO・71


スズメダイ科>スズメダイ属>スズメダイ
Chromis notatus (Temminck and Schlegel, 1843)
9907246.jpg
写真の魚は鹿児島県長島の防波堤で釣ったもので、宮崎ではまだ釣った事がない。狙った事はなくたまたまアジ子釣りのサビキに掛かったもの。狙ってないので釣ったこともないと言えるけどポピュラーな魚と想像できる割には見ないな。

2015年5月19日追記
P5170665s.jpg
2015年5月17日の防波堤の釣りで釣れたものです。

上の写真と比べても随分と色合いが違うけど、WEB魚図鑑に問い合わせしたところ、標準和名「スズメダイ」という回答を頂きました。確かにね~。色は違えど姿や特徴は一緒かも。

釣り歴10年超にして、初めて宮崎で釣れた個体なのです。姿は見えていたから居る事は判ってたんだけど、数が少ないので今まで釣れてなかったと言えます。上の写真を写した鹿児島県の防波堤ではアジ子と合わせ入れ食いだったのに。
地域によってスズメダイの仲間は変わるもんです。宮崎は圧倒的にオヤビッチャが多いし、喜界島に行くとロクセンスズメダイが多いかな。

この魚が代表種のように標準和名でスズメダイの名を持つのは、この仲間の中で最も北地区まで生息していて、青森にまで居るし越冬もする。日本海側にも居るということで、つまり日本中に居るんだと思う。
前記の通り宮崎は微妙に少ないけど沖縄や小笠原諸島などはかなり少ないんだそうだ。

食材にもされるし観賞魚にもされるよう。

九州の北部でいう「あぶってかも」は、この魚の塩焼きのことだが、魚自体を指すという記載もある。
食べた事はないけど美味しいそうだ。その言い方の通り、炙ると鳥のカモのような風味があるんだと聞いた事があるが、他にも「炙って噛もう」そんな魚なんだという事も語源と言われているらしい。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/157-2a35cbd9
該当の記事は見つかりませんでした。