FC2ブログ

宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

502.ユメカサゴ

レア度★★☆☆☆ スーパーマーケット購入魚


メバル科>ユメカサゴ属>ユメカサゴ
Helicolenus hilgendorfi (Steindachner and Döderlein, 1884)
P1193667s.jpg
2019/1/19 スーパーマーケット購入 鹿児島産


禁断のスーパーマーケット購入です(^_^;)
これがニジマスとかコイとかサンマとかなら、このサイトではまだ紹介できていない魚だけど買いません。とりあえず珍しいとか、調べてみたいものに限定です・・・

ということで「ユメカサゴ」
お店では「鹿児島県産・ホゴ」と書いてありました。ホゴとは宮崎でカサゴの事を指します。
だけど、標準和名のカサゴではないことは目の大きさとか模様で判るし、まあまあ小遣いで何とかなるので買ってみました。とりあえず加工(鱗や内臓が処理されている)はされていないので。

お店のお薦めということで、20匹ぐらい並べてあり、確かに目の状態を見たら鮮度は高そうだ。写真映えもしそう。
自宅に戻り、白い発砲スチロールの上で鰭を立て、日なたにて写しましたので色彩もはっきりです。

調べてみたらこの魚で良さそうだが、頼りにしているWEB魚図鑑では釣り魚として登録の数がまあまあ多い。
岩手県以南。朝鮮半島南部、東シナ海。水深150~500mの砂泥底にすむそうだ。WEB魚図鑑では九州では奄美大島と沖縄からの投稿があるものの他所からは無く、恐らく深場を狙う遊漁船が少ないからだろう。

普通のカサゴと比べると目が大きいことと鰓蓋上方に黒色斑があるのが特徴で、お店に並んでいた個体を注意深く見ると黒色斑は薄かったり濃かったりしていた。また写真の魚は背部にちらほら黒点があるが、これが目立つ個体とほとんど無い個体があった。

ノドグロとも呼ばれているようだ。普通ノドグロといえばアカムツのことだが、この魚も地域によって呼ばれるそうなので紛らわしい。区別するために「ノドグロカサゴ」という言い方もあるようだ。実際に口の中の写真を残さなかったが黒いようだ。
体長は25~30Cm程度。写真の魚は27Cmでした。

2 Comments

MS says..."あれ..."
お久しぶりです。なぜか九州南部のユメカサゴてこんな模様ですよね。
あと学名がなんか違うような(サザナミハギ属・・・??)
2019.01.20 01:36 | URL | #- [edit]
あらら says..."ありがとうございます"
九州南部のユメカサゴって模様が独特なんでしょうか?
何せ初めて意識的に見たものでなんとも判りません(^_^;)
学名も一応変更しました。それにしても大したものです。これが間違っていることを気がつくとは。
2019.01.20 02:15 | URL | #aIcUnOeo [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/1629-fc7ea4ab
該当の記事は見つかりませんでした。