宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

94.ヒラスズキ


スズキ科>スズキ属>ヒラスズキ
Lateolabrax latus Katayama,1957
PA230867s.jpg

スズキといえば、お魚の代表と言うほどの魚で、スズキ目に属する魚は多い。
そんなスズキについて日本産魚といえば「スズキ」「ヒラスズキ」「タイリクスズキ」の3種とされている。タイリクスズキについては養殖業者が種苗を近年中国から盛んに持ち込んだ事により、これが逃げだしたものなどが広がったと考えられている。

スズキが河口などを中心に生息しているのに対して、ヒラスズキは浅瀬の磯場である。淡水条件がなくても生息できるのがヒラスズキだと考えられる。もしくはスズキが貪欲に河川に入りこんで時にはかなりの上流までベイトを追う能力を備えたのに対して、ヒラスズキはその選択をしなかったのか。

磯場中心に釣れるので、釣り対象としては気軽とは言えぬが熱心なルアーマンや、宮崎では海フライという手法で狙うアングラーもいる。
大きいものは1m程度まで成長すると思われる。

私は過去2回、この魚と思われる魚と格闘し、そして2回ともに逃している。いずれも力負け。ハリにかけるのは簡単で、2回とも磯上物仕掛だったけど、海面がざわついて小魚が飛び跳ねだすので、その場所に何でもいいので餌をつけてルアーのようにアクションを入れると、突然の引き込みだ。ただその引きの強さに成すすべがない。きちんと対応できる仕掛だったら良かったんだけど。一度大物が釣りたいもんだ。

このサイトで登場するISO師匠が、夜釣りでミズイカ※アオリイカを狙って、まんまとその仕掛で釣り上げた。
水面に浮かぶまで大きなミズイカと格闘してるつもりだったんだそうだ(笑)

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/196-ebeca65f
該当の記事は見つかりませんでした。