宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

125.ウグイ

レア度★☆☆☆☆ 渓流から河口まで、何処にも馴染む魚


コイ科>ウグイ属>ウグイ
Tribolodon hakonensis (Günther,1880 )
P6200887s.jpg
2015/6/26 延岡市土々呂
DSCF0063s.gif
宮崎市一ツ瀬川河口

この魚は淡水魚だと思われがちだが、いや淡水魚だけど海でも見かける。
海といえど汽水域だけど、あまり川が流れ込まない防波堤などでも見かけた事がある。でも渓流域にもいるし河川全域に生息している。
そんな魚はなかなか居ない。とてつもなくいろんな領域に順応できる魚というわけだ。

私の出身地えびの市では「イダ」と呼んでいた。宮崎市あたりだと「ハヤ」とも言われるが全国的にハヤは馴染まれた呼び名のようだ。
子供の頃から釣りは好きで、鯉を狙う仕掛けでこの魚が釣れたし鯉についで大物の魚なので嬉しかった。
中学時代にはルアーフィッシングも覚え、むやみに当てもなく川に投げこんで、時々相手してくれたのもこの魚。
渓流釣りでもっぱら釣れる魚は3種で、ヤマメと、アブラハヤとこのウグイ。

そして海釣りでもキチヌ狙いの河口や川の下流では、かなり大型のこの魚が相手してくれる。
写真の魚のサイズは40Cmほどだ。50Cmを超えるという。
春に産卵時期のウグイはオレンジ色の縦筋が目立つ。近似種の「マルタ」とは、かなり区別が難しいけど、マルタは東京湾、富山湾以北生息とのことなので迷わない。

大きいと小骨が邪魔で食べにくく、食用としては人気はないが、宮崎でも山間部なら貴重なタンパク源としてきちんと料理される。小型なら煮付けて食べても臭みなどは感じない。
大きくなると個体差があって、雑食性だと思われるので匂いがきついのかもしれない。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/242-c874d88b
該当の記事は見つかりませんでした。