宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

126.タナバタウオ

2002年に出会った魚


タナバタウオ科>タナバタウオ属>タナバタウオ
Plesiops coeruleolineatus Rüppell,1835
DSCF0004.jpg

図鑑に記載してあるサイズも成魚でだいたい7Cm、とても小さい魚だ。磯の外道でもあるが、よっぽどハリが小さい仕掛でなければ釣れる事もないだろう。タイトプールなどでも見かける魚だ。

雄は婚姻色として頬の部分が黄色くなるよう。

名前の由来を調べてみたが、タナバタウオだけに「七夕」と何か関連があるのかと思いきや、「海遊館」のサイトでちょっと記載があったけどほとんど判ってないそうだ。
見た目にも七夕との関連は感じられない。基本的にグレーベース色で、どちらかと言えばシーラカンスのお子様ようなイメージ(シーラカンスの幼魚を知っているわけではないけど)

ときにこのような小さい魚が釣れても、魚名を調べる目的があれば釣りが余計に楽しくなる。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/243-07ece989
該当の記事は見つかりませんでした。