宮崎で釣り。たまには遠征したい!

いろんな魚が楽しいし、美味しく食べたい。のんびり釣りたい(^^ゞ

△瀬渡磯(串間市・荒崎)2015/1/17


もう風が凄すぎ。ほとんどお仕置きだな(^_^;)

今日の同行者は「ハマちゃん」
昨年3月にISO師匠と同行↓
http://ararafish.blog.fc2.com/blog-entry-110.html

とにかく風が強く、風裏になるポイントということで室丸の活動エリアの最も奥にあるビンダレ瀬
44615.jpg
※この写真は2012に写したものだけど、今回はこの写真のほぼ裏側

普段でも30分以上かかるこの場所に、今日は1時間ぐらい移動で費やしたのかも。船首が海に突っ込むほどの大きな風波の中を、操船凄い。到着で一仕事終えたようなもんです。

さて・・・・一匹目
P1166593s.jpg
普段より更に小さいオナガでスタート。

2~3匹釣れた後に

P1166595s.jpg
アポゴン君←学名が「Apogon」
※テンジクダイ科のクロホシイシモチです。潮が動いてない証拠だな。

集中的に足元に撒餌を入れていたら、
P1166597s_201501180607235a6.jpg
ちょっとサイズ良し。足裏台のメジナが続けて3匹(27~30Cm)

全誘導仕掛けだったんだけどウキのプカプカ感が風波とマッチしないので、半誘導ちょい沈めに変更

一投目からスカッと引き込む。

しか~し。数投目で風にもまれて仕掛けが無茶苦茶に。

巻き込みの風が左右から吹いてくるので、仕掛けを再度作るのもだんだんイラだち・・・

やる気が失せた(-_-)割と短気なんですよね。

ウキを外して足元にオモリのみで流すと、すぐにブダイ(30Cm)。
だけど竿先にトラブルがあり、もたもたしている間にハリが外れた(^_^;)

しばらく休憩して、全誘導にて再開。

すると・・・

1176604s.jpg
小さいなと思って抜き上げたら、意外と大きくて驚いた。チヌとしては若者だけど。

そして直後に、わずかにウキがモゾモゾとしているので合わせてみると・・・

写真のチヌの何倍もの重量で沖に動き出した(@_@;)

わずか10秒ほどの格闘にて・・・・残念ハリ外れ

経験から考えるにチヌの大型か、はたまたハタ類か。

だんだん期待感が増したところで、船長からホイッスル(T_T)

波風強いから早めの回収

帰りの船中、BLOGの人ですね。って声掛けられた。人に見せるために公開してるんだけど、照れ臭いというか恥ずかしい(^^ゞ

陸に上がると・・・
P1176608s.jpg

穏やかじゃん(T_T)

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ararafish.blog.fc2.com/tb.php/245-0333abba
該当の記事は見つかりませんでした。